インド東海岸南下日記


201805182047044fc.jpeg
2018/05/01〜05/15 ルート

2週間分のまとめです。次からはもう少し短い期間でまとめます。
情報は全部まとめて一番下に置きました。


<5/1~5/3 チェンナイ>

20180518021512774.jpeg
チェンナイの宿

スリランカからインドに再入国し、相変わらずのとっ散らかりっぷりにドン引きしつつ適当な宿にチェックインしました。



2018051802151276b.jpeg
Express  Avenue Mall

インドの携帯SIMは、旅行者が買ったものは3ヶ月で使えなくなってしまうそうです。

いやいやそんな面倒臭いシステムあるわけが・・と思い前回買ったSIMをスマホに挿し直してみたところ、まだチャージが残っているはずなのにウンともスンとも言いませんでした。インド。

なので新しいSIMカードを買いに、大型ショッピングモール内にあるインド携帯会社最大手・Airtelの直営ショップへ。町中にも買えるところはあったのですが、どこも外国人お断りで買えませんでした。コルカタは割とどこでも買えたのですが、町によってこうも違うものなのですね。



20180518021512fb6.jpeg
本日のお昼ご飯

残念ながら、本日はメーデーということで新規SIM契約は出来ませんでした。なのでお久しぶりのバーガーキングを食べてすごすご帰りました。



2018051802151223e.jpeg
2日目のお昼ご飯

翌日再びAirtelショップを訪ねました。

が、パスポートコピーをとって書類を作ってサインまでして軽く2時間はショップにいたのに、結局買えませんでした。理由はよく分かりませんがでしたが、とにかく明日また来るようにとのことでした。ケンタッキー怒り食いです。



201805182051531d7.jpeg

ところでハンバーガーショップや軽食スタンドに行くとものすごい量のケチャップを貰えるのですが、そんなに使わないので溜まる一方です。いや置いていけばいいだけの話ですけども、そのまま棄てられる所を何度も見てしまったのでなんか忍びなくて。一回オムライスでも作りますかね。



20180518021512e6e.jpeg
昨日の晩ごはん

チェンナイ滞在3日目。ついにSIMカードを買うことができました。宿から毎日歩いてモールに通い、Airtelショップ滞在時間も優に5時間を越えたところでようやくです。

記念にまたバーガーキングを食べましたが、写真を撮り忘れたみたいなので昨日の夕飯のドーサを載せて誤魔化しました。どっちも原材料は小麦粉なので大丈夫です。

3日連続でジャンクフードを食べて満足したので、明日からはまたカリー漬けの日々に戻ります。



<5/4〜5/5 ポンディシェリ>

20180518021558714.jpeg

20180518021558bc9.jpeg
ポンディシェリ風景



201805180215588a6.jpeg
ポンディシェリの宿「Valentine Hostel」

ポンディシェリに移動しました。ポンディシェリはフランス植民地時代の名残を残す町で、現在は連邦直轄領となっています。


ということは!




201805180216534a9.jpeg

酒税が安いということです。

ポンディシェリ!ポンディシェリ!



20180518021558992.jpeg
通ったバー(屋上)

宿近くにあったこちらのバーは、キングフィッシャー中瓶が全種一律120ルピー(200円)。格安ではないですが、他の州のバーに比べたらだいぶ安いはずです。つまみも安くて美味しくて、大変良いバーでした。

町の酒屋はさらに安く、一本60ルピーで販売していました。100円です。

ポンディシェリ!ポンディシェリ!



201805180216534a9.jpeg

20180518021653afb.jpeg
一人飲み会一日目


20180518021653afd.jpeg

201805180216534b4.jpeg
一人飲み会二日目

一日目のつまみはお通しのスナック盛り合わせとガーリックチキン。二日目のつまみはお通しの豆とパニール・マンチュリアンでした。パニールはチーズ、マンチュリアンは何か知りませんが生姜が効いていて美味でした。



20180518021653728.jpeg
なんとか寺院

飲むだけではアレかなと思い、一応観光もしました。

こちらは残念ながら内部は撮影禁止だったのですが、主にガネーシャさんを奉った寺院だそうで、各種ガネーシャさんの彫像だかレリーフだかが見事でした。見事と言っておいて彫像だったかレリーフだったかも思い出せない矛盾です。とりあえずなんでも褒めとけと言・・いや何でもないです。



20180518021653316.jpeg
ガネーシャさん(中央)

各種ガネーシャさんて何じゃいという件ですが、何故か20分ほど前から後ろを付いてくるチェンナイ出身のおっちゃんによると、ガネーシャさんは地方とか宗派とかによって逸話や姿形が若干異なるのだけど、このお寺にはその各種様々なガネーシャさん像が並んでいるから勉強になるよね!とのことでした。

おっちゃんはヒンドゥー教徒とのことですが、ナンディーさん(シヴァ神の乗り物の牛)の名前が出てこなかったのでモグリかもしれません。



20180518021744cec.jpeg
本日のお昼ご飯

おっちゃんが何故かお昼ご飯にも付いてきたので、ドサクサに紛れて奢って貰いました。

本日のお昼ご飯はチキン・ビリヤニです。カリー味のこってり炊き込みご飯みたいな感じで、これがとってもこってりだけど癖になる美味しさで一気にハマりました。何故今まで食べなかったんでしょう。どこにでも売っているのに。



201805180217447eb.jpeg

20180518021744a41.jpeg

先ほど載せたバーの近くにはフルーツジュース屋さんがあり、ここのミックスフルーツジュースが一杯15ルピー(25円)とお安い割に結構な量をくれるので、嬉しくて一日二回飲んでいました。昼に一杯、一人飲み会の後に一杯です。酒臭い身体が一瞬でフルーティな香りに包まれる気がします。(気のせいです。)



<5/6〜5/9 オーロヴィル>

20180518021744ddb.jpeg
オーロヴィル

満足したのでオーロヴィルに移動しました。これは先日書いたので飛ばします。

オーロヴィル日記



<5/10 ポンディシェリ再び>

201805180217449dd.jpeg
本日の宿「Villa Olivia」


20180518021836e71.jpeg

20180518021836f3b.jpeg
一人飲み会三日目

もう一回だけ飲むついでにブログを書・・・間違えたブログを書くついでにもう一回だけ飲もうかなと思い、ポンディシェリに戻って来ました。本日のつまみはお通しの豆、チリ・パニールとなっております。

オーロヴィルは別の州なのでお酒は別に安くなく、そもそも売っているところを見かけませんでした。なんと絶望的な理想郷なのでしょう。住めません。



201805180216534a9.jpeg
1日目

20180518021653afd.jpeg
2日目

20180518021836e71.jpeg
3日目

ところでこちらをご覧ください。

なんか知らんけどお通しがどんどんショボくなっております。ついでにつまみも量が減りました。どういうつもりでしょうか。



<5/11 タンジャヴール>

201805180218364f8.jpeg
タンジャヴールの宿「Ganesh Lodge」

本日は料理が美味しいと評判のチェッティナドゥ地方の中心都市・カライクディに行くつもりでしたが、手前のタンジャヴールに着いたあたりで日が暮れました。

ポンディシェリからカライクディは一日で行ける距離ですが、朝ポンディシェリを出る際に宿の人が見当たらずチェックアウトに時間がかかり、10:30くらいに宿を出てバススタンドまで歩いて、バスもなかなか見つからず右往左往して、結局ポンディシェリを出たのがお昼近くになってしまったのです。

まあ急ぐ理由もないので、本日はタンジャヴールで一泊することに。そして明日には美食の町だぞうという事で一日絶食してみたら、就寝直前にエネルギー切れを起こし魂が抜け出そうになりました。明日起きられるかな?と思いました。二つの意味で。



<5/12 タンジャヴール〜カライクディ>

20180518021836b72.jpeg
ブリハディーシュワラ寺院

本日はカライクディに移動しますが、その前にちょっとタンジャヴール観光をしてみます。南インドの宿は24時間制の所が多いらしく、チェックインの24時間後までに出ればいいので、昨夜遅くにチェックインした私は急いでチェックアウトする必要がなくとっても気楽です。

と言うわけで来てみたこちらはブリハディーシュワラ寺院と言って、



201805180218362c6.jpeg

2018051802183620e.jpeg

2018051821583726f.jpeg

本殿がド迫力、



20180518021926c09.jpeg

20180518021926516.jpeg

本殿前に鎮座する巨大ナンディーさんと天井画が素晴らしく、



201805180219260e0.jpeg

20180518021926f41.jpeg

さらに本殿を囲む建物では沢山の鮮やかな壁画が見られます。

それなのに入場無料です。確か世界遺産と聞いた気がしますが、無料です。どうしたんでしょうかインド。一体何を企んでいるんでしょうか。



20180518021926771.jpeg
カライクディの宿「RASIK REST HOUSE」

寺院観光の後は速やかにバスに乗り、カライクディに移動しました。

この町もTwitterでお薦めしていただき、やって参りました次第です。教えて頂いた方、ありがとうございます!



2018051802200986f.jpeg
本日のお昼ご飯

ネットで紹介されていた有名店、「Friends Family Restaurant」に来てみました。Restaurant Family Friendsだったかも。先ほど書きました通り、ここチェッティナドゥ地方はご飯が美味しいことで有名らしいのです。

なので昼はミールスを食べて色んな味を堪能し、



201805180220090a9.jpeg
本日の晩ごはん

夜は名物っぽいチェッティナドゥ・チキンを食べました。

さすが美食エリアと言われるだけあって、本当にとっても美味しかったです。スープはサラッとしているのですが、味がすごく濃厚というかしっかりしているのです。チキンも大ぶりでプリプリやわらか。

昼のミールスに付いて来た魚のフライもフワフワで美味しかったですし、火の使い方が上手なんだろうなあなんて分かったような事を書いてみましたが私は別に料理に詳しい人ではありません。



<5/13 マドゥライ>

201805180220094ef.jpeg
マドゥライの宿「Lodge Selection」

マドゥライに移動しました。ここマドゥライは南インドではチェンナイに次ぐ大都市とかそんなんだった気がしますが、調べもせずに言っているので違うかもしれません。とりあえず都会です。

なので飛ばそうかと思ったのですが、通り道ですし面白そうなお寺がありますし、そのお寺を見るだけなら半日観光で済みそうだったので来てみることにしました。



201805180220099b7.jpeg
本日のお昼ご飯

南インドと言えばやはりミールスです。北のターリーと似たようなものですが、ミールスはなんたってお代わり自由の店が多いのが魅力です。

でもこの店はお代わり自由ではなく、それなのに次から次へとおかずをくれるので「リミテッドって書いてなかったっけ?」とか思いながら全部食べたら、会計時にミールス単体金額の約三倍を請求されました。ですよねー。



2018051802200917d.jpeg
Jigarthanda

読み方が分からないのですが、地元の人が飲んでいるのを見て美味しそうだったので頼みました。

なんだかよく分からない甘い飲み物で、甘すぎる点に目を瞑れば私は割と好きでした。店の紹介によると、牛乳をベースに作られたヘルシードリンクなのだそうです。食感と風味からするとココナッツも入っていそうな気がしますが、詳細不明です。



20180518022049a5e.jpeg

腹ごしらえが済んだところで本日のメインイベントへ。こちらはマドゥライ自慢の名所、ミーナクシ・アンマン寺院です。



2018051802204936b.jpeg

20180518022049304.jpeg

20180518022049925.jpeg


インド!!


って感じしますね。この視覚的やかましさとか表情とか特に。神様っぽいおっちゃんのお尻が妙にセクシーなのもイライラします。



201805180220499d8.jpeg
東側入り口

こちら側から入るのが良いと他の旅人さんのブログで教わったので、そのようにしました。

中は財布や貴金属などの貴重品以外は持ち込み禁止で、靴やカバンは入り口前のクロークに預けなければいけません。去年くらいまでは携帯はOKだったようですが、2018年5月現在はそれも駄目になっていました。というわけで写真がありません。

そのせいでやる気をなくしたというか、実は入る前から既に暑さにやられ宿に帰りたい一心でしたので、ささっと見学してすぐに出てきました。連日の灼熱バス移動と暑さ及び蚊の襲来により安眠できない日々のおかげで、そろそろくたばりそうです。



<5/14 カーニャクマリ>

2018051821362329b.jpeg

カーニャクマリに移動しました。インド最南端の町です。ようやくここまで来ました。



201805182136587f2.jpeg

20180518213804ad3.jpeg
カーニャクマリ風景


20180518213804fb1.jpeg
カーニャクマリの宿「Hotel  Ganga」

カーニャクマリは立派に観光地をやっているのでホテルの数が多いですが、見るからに安宿って感じのボロホテルは見かけませんでした。比較的安価そうな宿は一応ありましたが、どこも満室でした。実際満室なのか外国人お断りなだけなのかは分かりませんが、分かったところでどうしようもありません。

で、結局400ルピー(650円くらい)の予算オーバーの宿に泊まりました。最近はもう宿探しは40分くらいが限界です。30分を過ぎたあたりからクラクラして来るんです。



20180518213804a01.jpeg
インド最南端の夕焼け

カーニャクマリは海から昇る太陽と沈む太陽の両方を見られる町としても人気が高く、私もさっそく日の入りを見に出掛けましたが、ビューポイントに着く前にお日様がお隠れ遊ばしました。



20180518213804f71.jpeg
本日の晩ごはん

空しい気持ちになりつつ頼んだ夕飯のグリーンピースカリーが美味でした。



20180518023736469.jpeg
翌朝

翌朝は早起きして日の出を見に行きました。

えっらい人が多くてめげそうになりましたが、耐えること一時間。




2018051802373670d.jpeg

30分ほど前に日の出時刻が過ぎましたが、今日はお日様お休みみたいなので宿に帰りました。日の出も見られず日の入りも見られず。私は何しに来たんでしょうね。


次回は西海岸北上日記です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングに参加しています。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

特に明記が無い限りバスはノンエアコンノーマルバス、宿のシャワーは冷水です。
2週間分をまとめたせいで分かりづらくなってしまったので、次回からはもう少し短めにまとめます。


◯ チェンナイの宿

「Mount Palece」
チェンナイセントラル駅から南に2キロくらい、「Tamil Nadu Government Super Specialty Hospital」の南側に安宿が集まるエリアがある。その中の、Gulam Murthusa 通り沿い。トイレバス付きのシングル一泊300ルピー。ファンあり、WiFiあり。ほどよく清潔に見えるがベッドがなんか痒い。屋上に洗濯物を干せる。詰め替え用の水が無料。周りには売店や食堂が沢山あり、ショッピングモールも徒歩20分くらいと便利な立地。ただし駅が遠い。(主に市バスを利用)

○ チェンナイでAirtelのSIMカード購入

チェンナイ空港アライバルゲート付近には携帯ショップはない。最終的に購入したのは「Express Avenue Mall」内にあるAirtel公式ショップ。

必用なもの:パスポート、証明写真(3×4のを持って行ったが何でも良さそう)、滞在先ホテルの住所。パスポートコピーはその場で取ってくれた。「インドの知人の名前と連絡先」は、聞かれたが「いない」と答えたら向こうで何とかしてくれた。アクティベートとチャージをしてすぐ使える状態にまでしてくれた。

Airtelの初期購入プランは、2018年5月現在以下の三種類。SIMカード代込み。
① 電話とSMS無制限、ネット一日1.4G×28日間/225ルピー
② 同上84日間/495ルピー
③ 同上90日間/559ルピー


○ チェンナイからポンディシェリ

C.M.B.Tバススタンドのプラットホーム2から直行バスあり。運賃180ルピー、所要4時間半くらい。

○ ポンディシェリの宿

「Valentine Hostel」
ドミ一泊6ドル。ドミだけど二人とか三人部屋。Wi-Fi、ファン、キッチンあり。シャワーはお湯が出る。ホワイトタウンの駅寄りにあり、駅から徒歩5分くらい。

「Villa Olivia」
ドミ一泊5ドル。三人ドミ。Wi-Fi、ごく簡易のキッチンあり。寝室のみエアコンあり、夜間だけつけてくれる。アパートの一室を使ったホステルなのでかなり小さい。「Valentine Hostel」と経営者が同じで、宿の人は基本こちらにはいないので困ったときは「Valentine Hostel」へ。そっちも割といないけど。

○ ポンディシェリの安価なバー

名前知らない。メイン通り(Rue Mahatma Gandhi)沿い、駅方向から10ブロック目あたり、左手側の屋上。一階に同じ値段のエアコン付きバーもある。


○ ポンディシェリからタンジャヴール

直行便もあるはずだが早朝の一本しかないそうで、別の町を経由して行く方が本数が多い。私はチダンバラム経由で行った。ポンディシェリからチダンバラム運賃50ルピー、所要2時間。チダンバラムからタンジャヴール運賃100ルピー、所要4時間。

○ タンジャヴールの宿

「Ganesh Lodge」
オールドバススタンド北東の角あたり。トイレシャワー付のシングルが265ルピー、ダブル420ルピー。ファンあり、Wi-Fiなし。チェックアウトは24時間制。


○ タンジャヴールからカライクディ

直行便もあるが私は別の町を経由して行った。タンジャヴール・オールドバススタンドからニューバススタンドまで9ルピー、10分くらい。ニューバススタンドからパドゥコッタイまで45ルピー、1.5時間。パドゥコッタイからカライクディまで37ルピー、1.5時間。

○ カライクディの宿

「RASIK REST HOUSE」
ニューバススタンド南側の道を西方向に15分ほど歩いた右手側。有名店らしいフレンズ・レントランまで徒歩3分。トイレとバケツシャワー付のシングルが400ルピー。ファンあり、Wi-Fiなし。24時間制。


○ カライクディからマドゥライ

ニューバススタンドからマドゥライまで60ルピー、2時間。バスはオールドバススタンドにも立ち寄る。マドゥライ到着バススタンドは郊外にあり(Mattuthavani Bus Stand)、そこから鉄道駅まで15分くらい、12ルピー。

○ マドゥライの宿

「Lodge Selection」
トイレシャワー付シングル350ルピー。シャワーは脳天直撃型だが水量はまずまず。Wi-Fiなし、ファン、簡易デスク、テレビあり。駅から徒歩5分くらい。24時間制。チェックイン後その場で新しいシーツをかけてくれるのが良かった。

○ マドゥライのミーナクシ・アンマン寺院

靴預け無料、カバン2ルピー、携帯10ルピー。携帯はカバンの中に入れてしまえばOK。敷地内に入るのは無料だが、屋内の何か(本殿?)は有料っぽかった。


○ マドゥライからカーニャクマリ

駅の南にあるPeriyarバススタンドから郊外のMattuthavaniバススタンドまで12ルピー、15分くらい。Mattuthavaniバススタンド8番ホームよりナーグルコイルNagercoil行きに乗り218ルピー、4時間半くらい。ナーグルコイルはカーニャクマリ近郊エリアの主要都市。私はナーグルコイル行きが出るところだったのでこれに乗ったが、8番ホームにはカーニャクマリとも書いてあったので直行便もあるかもしれない。ナーグルコイルからカーニャクマリまで23ルピー、所要1時間弱。

○ カーニャクマリの宿

「Hotel  Ganga」
トイレシャワー付のダブル一泊400ルピー。Wi-Fiなし、ファン、簡易のデスクあり。400ルピーの部屋は地下なので携帯の電波が入り辛い。似たような設備の500ルピーの部屋は階上にあるのでもう少し快適だと思う。メイン道路沿い、North Roadの少し手前(北側)。似たような宿がいくつか並んでいたので系列店かも。シャワーヘッドはあるが使い物にならなかった。多分24時間制。

| インド | 19:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

インド人の距離感(漫画2本)


20180514053917486.jpeg


20180514053917dce.jpeg

インド人は物理的にも心理的にも一瞬で距離を詰めて来るのですごくウザい怖いです。


ところでブログだけ見てくださっている方と、ツイッターだけ見てくださっている方と、ブログとツイッターの両方を見てくださっている方の割合はいかほどでしょうか。ということをブログで聞いても二番目の答えは得られないとは思いますが。ブログ改革に伴い比重がツイッターの方に偏って来ているので、二つの兼ね合いをどうしたらいいのかなと思案中です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングに参加しています。記事が面白かったらクリックお願いします。

| インド | 23:39 | comments:30 | trackbacks:0 | TOP↑

エコヴィレッジ・オーロヴィル


5/6~5/9にかけてオーロヴィルに滞在した日々のまとめです。


20180511022040a28.jpeg

オーロヴィルとは、南インドの東海岸沿いにあるエコヴィレッジです。Twitterにてお薦めして頂き馳せ参じました。教えてくださった方、ありがとうございます!

オーロヴィルは世界最大のエコヴィレッジであり、環境実験都市であり、「理想郷」とも形容される町です。

村なのか都市なのか町なのかハッキリせんかいと自分でも思いますが、ネットで調べたら村とも都市とも町とも書いてあったので仕方ありません。でも実際には村でも都市でも町でもなく、森です。




20180511022040500.jpeg
ビジターズセンター

オーロヴィルはポンディシェリから北に10キロほど行った所にあり、力車で20分ほどで来ることができます。

この力車乗車にあたりドライバーのお兄さんと激しい口論を繰り広げた私は到着時点で完全に目が座っており、どう見ても理想郷に足を踏み入れてはいけない人間の顔をしていましたが、入場に際しては得意の顔芸で乗り切ったので大丈夫でした。




20180511023809370.jpeg

オーロヴィルの現在の人口はおよそ2,550人。住人の国籍は52ヵ国に及び、うちインド人の割合は1,080人だそうです。創設者がフランス人であるためか、フランス人の住人もかなり多いようです。

インド人なんかわざわざエコヴィレッジに来なくてもエコを地で行っていると思うのですが、そこらへんどうなんでしょうか。うんこ燃料とか究極のエコだと思うのですが。逆にフランスのエコはあくまで快適さ・文化と自然の融合・ちょっとしたお洒落さみたいなものが欠かせないと思うのですが、うんことの兼ね合いはどうなっているのでしょうか。



まあそうは言っても私はエコヴィレッジというものが何なのかボンヤリとしか分かっていないので、ちょっとWikipedia先生に聞いてみることに。

エコビレッジとは、持続可能性を目標としたまちづくりや社会づくりのコンセプト、またそのコミュニティ。 エコビレッジは、以下のように定義されている。

・ヒューマン・スケールを基準に設計される。
・生活のための装備が十分に備わった住居がある。
・人間が自然界に害を与えず、調和した生活を行っている。
・人間の健全な発達を促進する。
・未来に向けて持続的である。


とのことでした。



ついでにオーロヴィルについても聞いてみたところ、

オーロヴィルとは、インドのタミル・ナードゥ州にある国際的な共同体のこと。インド人思想家・宗教家であるオーロビンド・ゴーシュのパートナーであったフランス人女性ミラ・アルファサによって、1968年に設立された。世界中の人々が、民族・国籍・思想信条を乗り越えて調和することが目指されている。

とのことでした。




20180511022040165.jpeg

右の人がオーロビンドさん、左の人がミラさんです。オーロビンドさんはインド人、ミラさんはフランス人とのことです。

お二人についてさらにWikipedia先生を読み進めていくと、

オーロビンド・アクロイド・ゴーシュ (1872 - 1950)は、インドの反英独立運動家、宗教家、霊性指導者、ヨーガ指導者、インド哲学者、詩人、神秘思想家、インテグラル・ヨーガの創始者。彼の支持者は彼を神の化身とみなした。

「マザー」の名で知られるミラ・リチャード(ミラ・アルファサ)は、オーロビンドの霊性の親密な協力者であった。彼女はパリの文化的・霊的な生活に没頭し・・・


と続きこの時点でもうお腹いっぱいになれるのですが、こういう神・精霊・魂の全部盛りみたいな人でないと理想郷の創造なぞ出来ないのかもしれません。




20180511022040cc2.jpeg
本日の宿

本日の宿は値段だけ見てだいぶ僻地に取ってしまったのですが、周りが森でなんにもなくて、とっても素敵なところでした。いや周りが森で何もないのはオーロヴィル中どこでもそうなのですが。

宿までは知らない人のバイクで送ってもらいました。ビジターズセンターから宿はだいぶ離れているので気合いを入れて歩き出したのですが、通りすがりのバイクお兄さんが途中まで乗せてくれ、そこからは別のバイクお兄さんが宿まで乗せてくれたのです。

最初の人はここに5年住んでいる住人の方で、二人目の人は現在滞在2ヶ月目でゆくゆくはここに住みたいと考えている旅行者の方でした。

お二人とも声かけの爽やかさと私を降ろしてくれた後の速やかな去りっぷりがあまりにも見事で、そうかこれが理想郷の住人か・・と感動しました。そして軽い絶望も覚えました。私とは住む世界が違い過ぎます。私なんてさっきまで

「あの力車マン次会ったら刺し違えてでもやったるぞ」

とか考えていたのに。



201805110220408c9.jpeg
本日の相棒

201805110238090bd.jpeg
マトリマンディール入場申し込み会場

宿には無料レンタル自転車があったのでこれを借り、再びビジターズセンターにやって参りました。オーロヴィルにはマトリマンディールという瞑想室があるのですが、内部を見学するには前日までの予約が必要と聞いたので、それをしに来たのです。

が、残念ながら明日は満席で、明後日はお休みとのことでした。というわけで見学は明明後日までお預けです。




201805110238092e0.jpeg
ブティック

とりあえずビジターズセンター内を見学してみることに。ビジターズセンターは来場者の玄関口であるのと同時に村の中心でもあるので、インフォメーション、オーロヴィルに関する展示会場、ギャラリー、カフェ、ショップなど様々な建物が密集しています。

私普段は時代に付いて行けない人間の意地で出来るだけカタカナを控えようとするのですが、オーロヴィルはなんかお洒落でカタカナを使わずに感想を述べることができません。

なんたってこの村にはおフランスの風が吹いているのです。カフェでリストランテでブティックです。おトイレットゥにセッチングしてあるのはトイレットゥペッパリーノです。




20180511023809f4e.jpeg
ライブラリー

20180511023809379.jpeg
ムービーシアター

村内にはライブラリーもあるしシアターもあるしブックストアもあります。




201805110238096b2.jpeg
ベーカリー

ベーカリーやミニスーパーもあるし、何故かどの店も全然主張して来ませんが森の中の至るところにカフェやブティックがあります。




201805110244104ba.jpeg
ドッグ

20180511024410903.jpeg
ホウボクアニマルズ

20180511024410bcb.jpeg
ヤセイアニマルズ

ドッグもいるし飼いアニマルもいるし野生アニマルもいます。まったくもって藪からスティックです。




20180511024410fdc.jpeg

20180511024410200.jpeg

もう疲れたので正気に戻りますが、村内はほぼ森なので散策がめちゃんこ楽しいです。オーロヴィルは最初荒野の状態から始め、植林し水を引き何十年もかけてこれほどまでに緑豊かな村に作り上げたのだそうです。素晴らしいことです。

森の中に何本かメインの車道があるのですが、通るのはバイクや自転車ばかりでその数も少ないので、空気がとても綺麗です。また、車道以外にも地図に乗っていない小道が沢山あるので毎日冒険&迷子です。普通に歩いたらトウモコロシが一日20本くらい必要になるレベルの迷宮ですが、GPSとチャリンコがあれば迷宮散策も何のその。看板も何もなくいきなり現れる森のお店達は、毎日新鮮な驚きと楽しさを提供してくれます。




20180511024603be1.jpeg

20180511024603eaf.jpeg

201805110246036c9.jpeg

アート作品らしきものもそこかしこに点在しています。しかしこちらも主張が少なく、急にポンと現れるところがいやらしくなくて良いです。暮らしとアートのごく自然な結び付きを感じます。

日本では「美術鑑賞は高尚な趣味」「アートってなんかオシャレ」みたいな変なイメージがありますが、本来、文化芸術と人々の暮らしは切っても切り離せないものであり、もう少し日常に溢れてくれていいし、気軽に付き合って良いもののはずです。そういった意味では、森の中に車が突き刺さっているこの光景はある意味自然なことなのかもしれません。いや光景としては不自然極まりないですが、不自然が自然に存在しているその不自然さを自然に受け入れる心のゆとり的な・・ちょっと何言ってるのか分からなくなってきましたけども。




20180511024603e75.jpeg
チキンビリヤニ

20180511024603dc2.jpeg
チキンカリー

201805110248378eb.jpeg
ミールス

オーロヴィルはエコヴィレッジであるがゆえに有機野菜の栽培に力を入れているので、村内のレストランやカフェはそういった所が多いです。なのでどうしても、お値段は外よりちょいと高めになります。

と思いきや、インド感溢れる普通の安食堂もちゃんとありました。私は「Dinesh Restaurant」なる食堂が安くて美味しくて好きだったので、昼は毎日ここで食べ、夜は宿のキッチンで自炊していました。




201805110248379fc.jpeg

カフェやレストランやその他のお店を利用する際には、ひとつ気にしなければいけないことがあります。住人じゃなくても利用できるのかどうかです。

オーロヴィルは金銭のやり取りを最小限に抑えた社会を目指していることから、チャージ式のプリペイドカード「オーロカード」というのを発行しており、住人達は主にこのカードで支払いをして生活しているそうです。旅行者もこれを作ることはできますが、宿の人に聞いたら「無くても利用できる店は沢山あるし、短期滞在ならわざわざ作らなくてもいいかも」とのご意見だったので、私は作りませんでした。

ここは観光地ではなく、人々の生活の場です。ですので住人と冷やかしに来た旅行者の間に住み分けという名の壁が建つのは仕方のないことですが、基本ネガティブ思考の私はオーロカードが無いことにより利用できない店を前にして、なんとなく疎外感に似た寂しさを覚えたのでした。




201805110248373e3.jpeg
マトリマンディール

森をさまよっているうちにあっという間に3日が過ぎ、マトリマンディール見学の日がやって参りました。

マトリマンディールは、ここオーロヴィルの物理的、精神的中心地になっている巨大な瞑想室です。創設者亡き今ここはある種の聖地であり、ただの瞑想室ではない特別な場所になっている様子です。




20180511024837407.jpeg

マトリマンディール内部見学ツアーは、まずは紹介ビデオを見るところから始まります。オーロヴィルの理念、在り方、創設者のミラさん(通称マザー)の目指す未来。紹介ビデオからはそんな大切なことを沢山学べそうでしたが、なにせ語学力と集中力が無いことから全然聞いてなかっ

いや、別に茶化しに来た訳ではないんですよ。私も良い感じに人生拗らせてますから「生き方」とか真剣に考えていて、ここに来たら何か気付けるかもしれないなんて思ったりもしていたんです。でも、結構早い段階で「私はここには住み辛いな」ということに気づいてしまったものですから、若干やる気を無くしたというかモゴモゴ。




2018051102483785e.jpeg
マトリマンディール内部構造

マトリマンディール内部は瞑想室と言うことで撮影禁止なので、ここからは口頭でお伝えいたします。写真は展示室にあった模型です。実際にはこんなバックリ割られてはおらず、巨大なゴルフボールのような見た目をしています。


マトリマンディール内に入るにはまず靴を脱ぐ必要があります。裸足で中に入るとまず1階瞑想室に出ますが、ここは金色ゴルフボールの真下にあり、風の吹き抜ける気持ちの良い瞑想スペースです。

続いて二階に上がりますが、瞑想室に入る前にまず真っ白な靴下を借りて装着します。これは良いアイデアだなと思いました。わたくしモスクとかよく行きますが、あそこは皆が裸足で入るために結構芳醇な香りがするのです。洗いたての靴下でそういったものをブロックするのは、集中力を高める瞑想室には必要な措置であると感じました。

二階瞑想室はまさに「瞑想室」で、ひんやりと冷えた広い部屋の中央に大きな水晶が置かれ、その水晶は天井からまっすぐ伸びる太陽光に照らされ神秘的に輝いていました。周りの人が動く際に起こる衣擦れの音以外はほぼ全くの無音で、精神統一にはもってこいの環境に思えました。精神を統一したことがないので想像に過ぎませんが。


ひねくれた見方をするとこの空間はすごく宗教施設っぽくて若干の怪しさを覚えるのですが、わたくし無宗教ながら宗教が持つ役割であったり人々への影響については日々真剣に考えておりまして、多くの日本人が持っていると思われる「宗教」という二文字への拒絶は、それほど強くありません。ここオーロヴィルが宗教施設とは言いませんが(そういう側面は実際あるしそれはそれでいいと思いますが)、こうした精神の拠り所というか、中心地というか、見つめる対象というものは必要なんだろうなと思います。

そしてこの「雰囲気ありまくり」な空間も、きっと必要なのです。何かをしやすい環境、雰囲気というものは実際あるではないですか。落ち着いたカフェでの読書であったり、図書館での勉強であったり、森の中での深呼吸であったり。雰囲気って大事だし、それは別に否定する必要はないんじゃないかなと思うんです。

まあ上記は無宗教で不勉強でただの観光客な私個人の感想であって、実際のこの施設は色々な理論と計算のもとで設計されており、私などには想像も及ばない重要な機能を持っているのだと思います。




20180511024908b19.jpeg
巨大樹

瞑想室近くには、巨大な樹がありました。このエリアにはカメラは持ち込めないので、写真は別の所にあった少し小さめの同種の樹を写したものです。

この樹が実に不思議なつくりで、真ん中に立派な幹を持つ親玉みたいな樹があって、それが四方に枝を伸ばし、それを支えるように若い木々がスラッと延びていました。その若い木々はただ親玉を支えているのではなく、親玉の伸ばす枝とすっかり同化してしまっています。

支えながら同化し、いずれ同じものになっていく。文字に起こすと何だか侵食されているような印象を受けますが、支えあって成長しひとつの大きなものになっているその姿は、このオーロヴィルの村そのものを表しているように見えました。




2018051102490880f.jpeg

オーロヴィルでの4日間の滞在を通して感じたのは、精神的にも物理的にもゆとりがあって良い村だなと言うことと、理想を追うには理想だけでは片付かない部分があること、理想は誰にとっても理想なわけではないこと、私にとっての理想郷はここではなかったということです。

最後はただの精神的引きこもりの愚痴なので飛ばすとして、他3つを順番に追わせて頂きますと、

この村は広くてゆったりしていてほぼ森で、交通の便とかを考えると不便極まりないのですが、そこが良いのだろうなと思いました。村がゆったりなら人もゆったりで、私は結局参加しませんでしたがヨガ教室とか音楽の何かとかダンスの何かとかワークショップとかが沢山あって、贅沢をしない代わりに文化的な営みを大切にしている部分が非常に良いなと思いました。平和だなあと、ごく自然に思える毎日でした。

理想を追うには・・に関しては、この村のある意味閉鎖的な側面を見てそう感じました。住人になるためには一定の期間と審査がいること、そしてそれは決して簡単な行程ではないことから、嫌な言い方をすれば選民思考、そして閉鎖的な村社会の側面を感じたのです。つまるところこの村は「世界中全ての人」を受け入れるつもりはなく、選ばれた人のみで理想の未来を築こうとしているのが現状なのではないかと。でも、それは仕方のないことであるとも感じます。誰でも構わずどんどん受け入れたら、村の思想に反する変な人も入って来ます。乱暴な商売を始めたり、住人同士の衝突が起きたり。それを避けるためには、「相応しい人」を選び「相応しくない人」を拒否するシステムがきっと必要なのです。

この辺り次の「理想は誰にとっても理想なわけではない」に繋がりますが、世界中が同じ理想を掲げているのなら、戦争なんて起こるはずがありません。そうじゃないから人はぶつかるのです。ならば同じ理想を追う人間のみを集めてその理想の中で平和に生きていくことも、許されていいのではないでしょうか。気に入らないならこの村に入らなければいいだけの話なのですから。

理想は、誰にとっても理想なわけではありません。上に書いた通りこの村には様々な教室やワークショップがありますが、私は一人が好きな事と若干対人恐怖症の疑いがある事から多くの人が楽しく集う場には踏み込めず、この村の理想である「民族、思想を越えて人々が調和した生活を・・」から滲み出る「みんなで集まって仲良く暮らそう」感にはとても付いて行けません。どうぞ仲良くなさってください、でもどうか、私のことは放っておいて。というのが本音です。

わたくし以前南米にある某大型農場で半年ほど過ごさせて頂きましたが、「コミュニティ」って大変だなと当時苦しく思った気持ちを、このオーロヴィルで少し思い出しました。

一人では生きていけない。でも他人と関わるのは怖い。でも一人では生きていけない。

そんな人間にとっての理想郷は、この世にあってくれるのでしょうか。(やっぱ山かな。)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングに参加しています。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ ポンディシェリからオーロヴィル

ポンディシェリ中心部からビジターズセンターまでトゥクトゥクで20分くらい。私は片道250ルピーで乗った。近くの村まで来るバスもあるので、宿の場所によっては利用できる。(詳細は以下)

○ オーロヴィルの宿

「BLUE  LOTUS」
直前割引でドミ一泊5ドルだった。朝食つき。Wi-Fi、ファン、共同キッチンあり。無料レンタル自転車、有料レンタルバイクあり。猫が5匹、犬が2匹いる。徒歩10分の所にミニスーパー、パン屋あり。ビジターズセンターからは数キロ離れており徒歩だとちょっと辛い。隣村Alankuppamまで徒歩10分で、こことポンディシェリ・バススタンドを繋ぐバスが約一時間に一本出ているので、それに乗って直接宿近くまで来てしまうのが安いし楽。運賃20ルピー、所要40分くらい。このバスはビジターズセンターは通らない。

○ マトリマンディール内部見学

内部見学は個人ではできずツアーのみ(無料)。前日までの予約が必要。予約会場はインフォメーション向かいの建物の二階で、申し込み受付時間は午前10:00~11:00、午後14:00~15:00の一日二回。要パスポート。火曜は開かない。時期にもよるだろうが予約は割とすぐ埋まるので、2、3日前とか早めにしておいた方がいい。

内部見学ツアーは8:45ビジターズセンターのビデオルーム集合、15分間のビデオ観賞、バス移動、チュートリアル、10:00~45分間内部見学と瞑想体験、11:00頃ビジターズセンター帰還。

2回目以降は個人でも行けるようになるとか聞いたが未確認。

○ マトリマンディール外観見学

外から見られるポイントはいくつかあるが、viewpointが一番見やすい。無料。インフォメーションの建物内にviewpointへの入場券窓口及び入り口がある。行く前に10分間の紹介ビデオを見る。入り口からviewpointまでは1kmくらい歩くが、足の悪い人などは送迎サービスもある。入場券だけ先に受け取って自転車などで移動してもいいと思う。

| インド | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

インド人のYESとNO




すでにTwitterに上げましたが、こちらにも載せておきます。

と思ったら動画が重すぎて載せられなかったので分割しました。

と思ったらTwitterの埋め込み機能とやらがあったのでやっぱりそのまま載せました。

なんで機械もネットも弱いくせにコミックやムービーを駆使してニュージェネレーションのブロギングにジャストコミュニケーションとか言っちまったんですかね。言ってないけど。




以下、せっかく作った分割動画を捨てるのも勿体ないので記事にしました。別に畳み掛けようとしている訳ではありません。そしてインド人に喧嘩を売っている訳でもございません。(ただし悪意はあります。)


※ gif動画を多数含みます。動かない様でしたらページを再読み込みしてみてください。
それでも動かなかったらインド人のせいだと思って諦めてください。

<インド人の頷き方>


2018050903115787c.gif

インド人はYESのとき変な頷き方をするので、YESなのかNOなのか分からず非常に混乱します。せめて笑顔の一つでも見せてくれたら雰囲気で察せられるのに、こういう頷き方をする人は何故か大抵無表情なので、本当にわかり辛いです。




201805090314520e4.gif

たまに笑顔全開の人もいますが、こういう人は口も一緒によう動くので頷き方とか表情とか関係なく「YESなんだな」と分かります。

しかしそういう人は大抵が典型的インド人なので、そのイエスは絶対信用しないぞコンニャロー。




20180509031452ce6.gif

一方、NOの方は私達日本人にも理解しやすい振り方をしてくれるので混乱は少ないです。でも実際のところは首は振らずに真顔でNOと言う人の方が多いように思います。

なお、このイエスとノーのジェスチャーはスリランカ人も同じでした。ただスリランカ人のイエスはどちらかと言うと、




201805090314520e4.gif

こっちでした。

いやこんな阿呆みたいな顔はしていませんでしたけども。




201805090412347bb.jpeg
ブルガリア人の場合

ちょうど良い画像があったので引っ張って来ました。ブルガリア人も変わった首の振り方をしますが、彼らはイエスとノーのジェスチャーが完全に逆になっているようです。この漫画の人はブルガリア人の友人です。

ただ、実際ブルガリアを旅した際にはそういうジェスチャーをする人にはほぼ出会わず、特に混乱することはありませんでした。一人だけイエスで首を振ってくれたご婦人がいましたが、上の画像のような振り方ではなく、




201805090314520e4.gif

こっちでした。

いやこんな阿呆みたいな顔はしていませんでしたけども。




インド人の話題に戻ります。先ほど「実際のところは首は振らずに真顔でNOと言う人の方が多い」と書きましたが、激しく首を降ってくれる人もいます。


2018050904083709d.jpeg
観光業の人です。

以下、インドでよくあるトゥクトゥクドライバーとの会話です。


201805090335125ba.jpeg


20180509033512ae6.gif


20180509033512630.jpeg


20180509033512116.jpeg


20180509033512ae6.gif


20180509033512173.jpeg


20180509033935f7b.jpeg


20180509033512ae6.gif


20180509033935ef8.jpeg


20180509033935be5.jpeg



以上です。




20180509040257174.jpeg
現在の画像フォルダの有様

現在森に囲まれた爽やか極まりないエコヴィレッジに滞在中なのに、何故私は一日中宿に篭ってインド人の腹立つ顔を量産しているのでしょうか。理解できません。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| インド | 22:40 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

ブログ一旦終了からの速やかな再開


ブログのやり方を変えようと思います。

6年間長々と続けてきた長文ブログを止めて、代わりに漫画やイラストや動画などを中心としたもう少しとっつきやすい旅ブログにしたいと思っています。

見てくださっている方を意識してという部分もあるし、自分がやってみたいだけという部分もあります。



20180506213859bc8.jpeg
旅漫画1話の1ページ目(再掲)

http://watatobu.web.fc2.com(わたりどり漫画版)

というわけで漫画です。


最近読み初めて下さった方、特にスマホから見てくださっている方には全くこのページの存在がアピール出来ていませんでしたが、実は旅漫画は以前から手を出しておりました。

旅中はなかなか時間が取れず日々のブログを書くので精一杯でしたが、これを辞めればその分旅漫画が描けるし、今までやりたくてもやれなかったしょうもない小ネタにも時間を割くことができます。インド人の頷き方解説動画とか。いやインド人をgifで頷かせる為だけに6年続けてきたものを捨てる訳では決して無いんですけども。



Twitterにも書きましたが、という前置きも書き飽きたのでそのまま貼らせて頂きますが、


20180506213859216.jpeg

20180506213859747.jpeg

こういう考えをずっと持っていました。

まあこれは酔ったときにだけ現れるちょっぴりおセンチでウィーアーザワールドに片足突っ込んだ私が書いたものであって、実際のところはそこまで大それたアレではなく、「ピコーン!漫画の方が読みやすいんじゃなかろうか!」という程度のシンプルな理由です。でも最後の一文は本当です。

あとこのツイートは酔った勢いですが、長文ブログから旅漫画ブログに移行しようという案はちゃんと一年以上前から考えていた事であり、酔いにまかせた決断ではないので大丈夫です。酔いが覚めても「やっちまった・・」とかは思っていません。ブログに最初に書くつもりだったのに何フライングしてんだこの酔っぱらいがとは思いましたが。



別に一記事使って発表するほどの事でもなかったですが、そういう感じでございます。

文章での旅日記も完全にやめるわけではなく、書きたいときには書こうと思います。ただ毎日書くのはやめます。情報も出来るだけ落とします。現地情報の収集は個人的な趣味でもあるので、続けられるところは続けたいと思います。

今後はTwitterでの発信を増やしたいと思っていますので、ご面倒ではありますが、もし良かったらTwitterの方もフォローしていただけますと幸いです。文字制限ピッタリに文章を調整するのが趣味です。趣味が多いですね。地味で内向的な趣味が。


以上です。探り探りではありますが、とにかく一度試してみます。

これまで長いことお付き合いくださり、本当にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 未分類 | 21:37 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

再びインドへ


20180505210604d6c.jpeg
コロンボ中心部風景

深夜2:40のフライトまで暇なので宿ロビーに籠城しようかと思ったのですが、流石にそんなには居させて貰えませんでした。なので遊びに出たのですが、祝日ということであれもこれも閉まっていました。行く場所がない、暑い、帰る場所もないという悲しすぎるスリランカ最終日です。

コロンボ博物館とやらに行きたくてお金を残しておいたんですけどね。前回滞在時に行っておくべきでした。




20180505210604507_201805052106058b4.jpeg
本日のお昼ごはん

とりあえずお昼ごはんにしました。

今夜はおそらく空港で食べることになりますので、これが最後のスリランカローカルご飯ということになります。というわけでお馴染みのライス&カリーです。160ルピー(110円くらい)。観光客向けのお店にもローカルのお店にも沢山行きましたが、やはりローカルのお店の方が美味しく感じます。




2018050521060453a.jpeg

引き続き時間つぶしです。

こちらはそのへんのジュースバーで頼んだフルーツサラダなのですが、何故かしょっぱかったです。砂糖と塩を間違えたんでしょうか。今時そんなベタな真似をする人がいるんですか。

行く場所がない、暑い、帰る場所もない、しょっぱい ←new!

という悲しすぎるスリランカ最終日です。




20180505210604507.jpeg
エアポートバス(と言いながらエアポートからそこそこ離れた所で全員降ろされるエアポートバス)

ジュースバーをはしごしてなんとか夕方まで粘り、出来るだけ時間がかかりそうな市バスに乗ってバンダラナイケ国際空港に移動しました。到着時刻は20:00です。通常1時間のところを2時間かかりました。渋滞グッジョブです。

ところでバンダラナイケ国際空港って何か頑張らないと国際空港みたいな雰囲気がありますよね。あるいはやったろうやないけ国際空港。どちらにせよ、ガッツが感じられる良い名前だと思います。




20180505210604ec3.jpeg
ミニスーパー

バンダラナイケ国際空港の出発ロビーは変わった造りで、ロビーとチェックインカウンターの間にセキュリティチェックがありました。チェックイン可能時間まであと3時間ある私は、まだここに入ることができません。

が、幸い手前のロビーにも簡単な軽食スタンドやミニスーパーがありましたので、パンやお菓子を食べつつ大人しく時間が来るのを待ちました。




201805052106477e0.jpeg

このお菓子が好きでよく買ってました。別にスリランカ名菓とかではないです。




20180505210647f62.jpeg

あと、スリランカはジンジャークッキーが美味しいですよと以前教えて頂き、「オレンジとグリーンのパッケージの」が良いとのことでしたが、これでしょうか。グリーンが足りない気がしますが、これが一番事前情報に近かったのです。

これが正解かは分かりませんが、生姜がよく効いており美味しかったです。教えて頂いた方、ありがとうございました!



その後なんとか3時間潰し、チェックインカウンターに向かいました。

先ほど触れました通りチェックインカウンター前にもセキュリティチェックがありましたが、ここではまだ水を持っていても大丈夫でした。

というかすっかり忘れて最後まで持っていたのですが、結局誰にも何も言われないまま機内まで持ち込めてしまいました。搭乗口までにセキュリティチェックは何回かあったのに、一体何をチェックしていたのでしょうか。ペットボトルの中身が魔法のお水だったらどうするのですか。



話が前後しましたが、搭乗前にまずはチェックインです。ここでは係のお姉さんから「インドの後はどちらへ?」というデッドボールを食らいました。いわゆる出国券問題です。

私「ね、ネパールへ・・」
お姉さん「チケットはお持ちですか?」
私「バスで行くので持っていません」
お姉さん「チケットが無いんですね?」

綺麗なお顔で凄んだ後(ど迫力でした)、私のパスポートを後ろにいたマネージャーみたいな人に見せるお姉さん。

マネージャー「オッケー!」

オッケーでした。




20180505210647408.jpeg
免税エリア

嫌な汗をかきましたが、お姉さんが見せていたのはどうやらインドビザのページだったので、ビザ取得済みなら出国チケットが無くても問題ないのかもしれません。もちろん、航空会社や受付の人の判断によって違うとは思いますが。



さて、そんなわけで無事スリランカ出国も済ませ免税エリアにやって参りましたが、非常に困ったことにどのお店もドル表記のみでした。スリランカルピーは使えないということでしょうか。何か食べようと、具体的には外から見えていたバーガーキングに是非行こうと思ってお金を取っておいたのですが。

ドルも一応用意して来ましたが、スリランカルピーを残しておいても今後当分使うことはないので、ここで使い切ってしまいたいです。





20180505210647b4e.jpeg

20180505210647892.jpeg

幸い一ヶ所だけスリランカルピー表記のあるサンドイッチ屋さんを見つけたので、残った860ルピーをギリギリまで使って夕飯を買い込みました。総額840ルピー(580円くらい)です。

これだけ買って580円ならさほど高くない感じもしますが、今日のお昼ご飯はあれだけ食べても160ルピーでした。840ルピーがいかに贅沢価格かお分かり頂けると思います。お陰様でめちゃんこ美味しかったです。




20180505210647722.jpeg
仏陀再び(ということは出発と到着が同じロビーと言うことでそれはセキュリティ上大丈夫なのかと)

その後さらに二時間ほど潰し搭乗口に向かいましたが、待合室からインド行きフライトの搭乗口までが既にインドでした。

彼らは何故ベンチがあるのに床に座るのでしょう。何故長椅子が空いてるのに床で寝るのでしょう。何故みんな並んでいるのに当然のように順番を抜かすのでしょう。何故お肌が触れ合うレベルで密着してくるのでしょう。何故広範囲に渡り強いマサラ臭が充満しているのでしょう。

「インドとの戦いはインドに入る前から始まっている」という、インド旅人なら誰もが知る名言をふと思い出したのでした。




20180505210721299.jpeg
チェンナイ空港前で飲んだチャイ

そんなこんなで、無事チェンナイに着きました。入国審査は特に問題なく、何も聞かれず一分ほどで終了しました。

インド再びです。戻って来てしまいました。

こんなことを言ってはいけないのですが、正直な気持ちを言うと滅茶苦茶気が重いです。一度でもこの国に来られた方は分かってくださると思うのですが、この国すごく面白いけどすごくすごく疲れるんです。「それが良いんじゃないか」という どうかしてる 大らかな方は別として。

まあまだ南インドなので、どちらかと言うとスリランカ寄りなのが救いです。真の戦いは北に戻ってからです。




20180505210721cfe.jpeg
出口付近風景

ところで、チェンナイ空港の到着ホールがイカれていました。通常、国際空港の到着ホールと言うものは

入国審査

荷物受け取り

到着者用待合室(空港泊はここで)

出口


という感じの所が多いと思うのですが、ここチェンナイ空港は


入国審査

荷物受け取り




だったのです。


びっくらしました。矢印に沿って歩いたらいきなり外に放り出されたので。


私は到着が夜明け近くでしたし、前回インド滞在時に下ろしたインドルピーが残っていたので事なきを得ましたが、到着が深夜の人はどうすれば良いのでしょう。

入国審査の辺りに両替屋があったような気もしますが、それをスルーして待合室で両替屋またはATMを探そうと思っていた人は、文無しで深夜の電車も動いてない銀行もないATMもないチャイ屋はあるけどお金がない真っ暗な空港外に放り出されることになります。そこからどう起死回生をはかったら良いのでしょうか。

実際には文無しでタクシーに乗り「まずはATMに寄ってくれ」という技が使えるかもしれませんが、初めてインドに来たピカピカの旅行者にそんな無茶をさせて良いのでしょうか。

そもそも深夜到着の場合その難易度や危険度は一気に跳ね上がる訳ですが、「夜中の移動は怖いからまずは空港で大人しくしていよう」と考えていた慎重で善良な旅行者を文無しで夜の街に放り出し上記のような無茶をさせることを何とも思わずせめて「この先空港外です、再入場できません」の一言くらいあってもいいのではないかという本っ当インドのそういう所が私は(興奮してきたので以下略)




20180505222451aa8.jpeg

20180505210721543.jpeg
宿近くの町並み

近郊鉄道に乗ってチェンナイ中心部まで移動しました。

駅から安宿エリアまで30分ほど歩いたのですが、インドは相変わらずインドでした。別に悪口を言いたいわけじゃないんですよ。ただ、インドだなあって。一回更地にした方がいいんじゃないのこの国




20180505210721276.jpeg
本日の宿

ネットで紹介されていた安宿街に移動し、適当な部屋にチェックインしました。

この後はインドSIMを買い直したり南下したり暑さにやられたり、また騒がしいインド旅を続けておりますなうです。もしかして「なう」ってもう古いですか。



というわけで、以上、6年も続けてしまった(空白期間もあるけど)低橋の世界旅行ブログでした。

唐突に完。


Twitterにてフライングしましたが、今後はブログの形態を少し変えたいと思っています。今までの様な毎日長文日記はもう止めるので、決意の証に「完」とか書いてみましたが、ブログ自体は特に終わる予定はございません。

詳しくは次の日記に書かせて頂きますので、今後とも宜しくお願い致します。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

◯ バンダラナイケ国際空港(出発ロビー)

チェックインロビーには時間が来ないと入れないが、その手前のロビーにも土産物屋、ベンチ、軽食スタンド、コンビニ、両替屋など色々ある。電源はあるが電気が来ていなかった。Wi-Fiもあるがチケットナンバー?か何かを入れないと使えない仕組み。

チェックインロビーは特に何もなし。さっさとチェックインして出国するのみ。

出国後の免税エリアは免税店、カフェ、レストランなど色々ある。ほとんどの店がドル表記のみ。スリランカルピーは使えない?(未確認)。こちらも電源はあるが電気が来ていなかった。搭乗口付近は試さなかったのでもしかしたら使えるかも。

◯ チェンナイの宿

「Mount Palece」
チェンナイセントラル駅から南に2キロくらい、「Tamil Nadu Government Super Specialty Hospital」の南側に安宿が集まるエリアがある。その中、Gulam Murthusa 通り沿い。トイレバス付きのシングル一泊300ルピー。ファンあり、WiFiあり。ほどよく清潔に見えるがベッドがなんか痒い。屋上に洗濯物を干せる。詰め替え用の水が無料。

| スリランカ | 21:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

アンバランゴダ経由、コロンボ帰還


本日はコロンボに帰ります。

ゴールからコロンボまでは列車もバスも沢山ありますが、私は途中のアンバランゴダに立ち寄りたい関係からバスで行くことにしました。

いや列車でも行けるしそちらの方が安いのですが、列車の次の出発は40分ほど先なので本数の多いバスでさっさと行ってしまおうと思いまして。そしたら午後イチのアンバランゴダ発コロンボ行きの列車にも調度良いタイミングになります。



・・まあバスは50分出なかったし、渋滞に巻き込まれ列車の倍の時間がかかったし、午後イチの列車は今日は運休だったので、私のナイスアイデアは全て無意味に終わったんですけども。




20180503220636649.jpeg

20180503220636274.jpeg

空しい気持ちになりつつも、車窓からの景色を紹介する理性的な旅人、私です。

ゴール〜コロンボ間の列車は海岸線沿いを走る景勝鉄道として人気があるそうです。でもバス通りの方が列車より海に近いのでオススメですよ!(負け惜しみです。)




201805032206367be.jpeg
アンバランゴダ・バススタンド

たった30キロの距離に一時間半ほどかけて、ようやくアンバランゴダに到着しました。

早速観光に行きたいのですがバックパックが重いので、とりあえず荷物預かり所を探すことに。声をかけてくれたバス勧誘のお兄さんに聞いたところ、「バススタンド内には無いから駅に預けたら?」とのことでした。




201805032206362e2.jpeg
アンバランゴダ駅(裏口)

鉄道駅はバススタンドのすぐ隣にあり、裏口みたいなのから簡単にアクセスすることが出来ました。




201805032206365e5.jpeg
認定・荷物預かり所

荷物預かり所は見当たりませんでしたが、駅員さんに聞いたら「あっちだ」とあっちを指差され、あっちにいた別の駅員さんに聞いたら「そっちだ」とそっちを指差されたので、あっちとそっちの間にあったこちらの待合室を荷物預かり所ということにしました。

一応ワイヤーロックはかけましたし、田舎の小さな駅ですのでまあ大丈夫でしょう。大丈夫じゃなかったらその時です。




20180503220636904.jpeg

身軽になった身体で駅を出ましたが、町がえらく静かです。

何を隠そう、いや昨日も書いたので今さら何も隠せませんけど、今日と明日は仏教関係の祝日なのです。ほとんどのお店が閉まっております。




20180503220722c13.jpeg
仮面博物館

ただ、ありがたいことに目的の仮面博物館は開いていました。

ここアンバランゴダは仮面の町として有名なのだそうです。その仮面とは本来悪魔払いの儀式に用いられるものでしたが、昨今はすっかり観光業や土産物としての活躍目覚ましく、悪魔の噂はどこへやらという感じです。

そんな仮面の町の伝統を集約したこちらの博物館ですが、残念ながら写真撮影禁止でした。

なので文章で説明しますと、鮮やかで面白い顔のお面が沢山展示してあって、身長100センチはありそうな大きな操り人形が不気味で、二階にある仮面ショップは面白いけどそれなりのお値段がしましたよ、とそんな感じでした。




201805032207224f7.jpeg

博物館の近くには仮面工房らしきものがいくつもありましたが、これまた残念ながら、軒並み閉まっていました。

何しに来たんでしょうね私は。いや博物館は見られましたけど、何かこう、スリランカ日記の最後を鮮やかな仮面写真と工房見学ワクワク日記で楽しく締めくくりたかったなあ~なんて下心がですね。

ボートサファリと言いホエールウォッチングと言い今回と言い、どうも観光運が離れて行っていますね。




20180503220722f74.jpeg
アンバランゴダ駅再び

駅に戻って来ましたが、次のコロンボ行きは16月8日だそうです。11カ月待ちですか。いや、でも外国は基本的に月と日を逆に書きますから、8月16日かもしれません。3ヶ月待ちですね。

駅員さんに聞こうにも窓口が閉まっており、仕方なく駅にいる一般人全員に聞いて回ったところ、皆さん口を揃えて「次の列車は15:16だ」と言います。どうやらこのキャンディ行きの列車はコロンボ経由で、この15月16日みたいなのは15:16を指しているようです。




20180503220722329.jpeg
バススタンド再び

再びバススタンドに移動しました。15:16は2時間後なので、そんなに待ちたくなかったのです。

また、スリランカ鉄道の公式サイトで調べた限りでは今日の14:15発というのもあったのですが、「今日は祝日だから来ないよ」とのことでした。何故「今日は祝日だから来ない」列車が今日の列車検索でヒットするのでしょうね公式サイトさん。




20180503220722dd7.jpeg
本日のおやつ

バスに切り替えたはいいものの、かなりの頻度で走っているはずのコロンボ行きがなかなか来ません。昨日一昨年とゴールの町を歩いた限りではコロンボ行きなぞ15分に一本、下手したら5分に一本ほど見かけたというのに、やはり祝日の影響でしょうか。


その後、「コロンボ」と書かれたプラットホームにておやつを食べながらバスを待つこと一時間。急にハローと声をかけられたので顔を上げると、一服盛られたインド人みたいな怪しげな風貌の男性が、インド人みたいなベタベタの英語で話しかけてきました。

その人はインド人ばりに顔を近接させながら、「今日は祝日だからバスは来ない。タクシーで行くしかない」とインド人みたいなことを言って来ました。「ふーんじゃあ列車で行くよ」と答えたら、「列車は夜遅くまで来ない」とまたインド人みたいなことを言いだします。

なので先ほど写した列車タイムテーブルを見せたら、何事も無かったように「バスは来ないがエアコン付きのスペシャルバスなら手配できる。たったの500ルピーだ」と相変わらずインド人です。ちなみにコロンボ行きエアコンバスの値段は200~せいぜい300くらいのはずです。

なので無視してさらに5分ほど待ったら、




2018050322072225a.jpeg

バスは普通に来ました。

インド人!インド人!


いやスリランカ人か。




201805032208148de.jpeg
本日の列車

上記のバスは30分待っても40分待っても出発してくれなかったので、結局列車で行くことにしました。

2時間かけて駅とバススタンドを行ったり来たり。スリランカに踊らされていますね。




201805032208144b5.jpeg

本日も列車は混んでいましたが、初めてドア横の席を確保することができました。席というか、単に開けっ放しのドアのところに勝手に座っているだけです。

窓際席よりさらに強い風が来るドア席はちょっと危険ですが、解放感は一等賞でした。




201805032208143eb.jpeg

車窓からの景色はやはりバスより少し遠いものの、列車旅のロマンは計り知れないものがあります。




20180503220814b9a.jpeg

201805032208145bd.jpeg

だんだん海に近づきバスルートを飛び越えた列車は、「海岸線を行く列車の旅」そのものになりました。




201805032208145a5.jpeg

コロンボが見えて来ました。

3週間前に一度来ているはずなのに、何か違う顔に見えます。私も3週間で成長し・・とかそういう事ではなく、角度って大事だなという話です。




20180503220851227.jpeg
コロンボ駅

着きました。




20180503220851e2b.jpeg

宿に向かう道すがら、こんなものを目にしました。

今日明日は仏陀の誕生日だか入滅日だかその両方だかと言うことでちょっとしたお祭りなのですが、写真のこれはダーツでしょうか。だいぶ巨大ですので、ボールか何かをぶつける感じかもしれません。仏陀の顔に。いいんですかそれ。

しかもダーツの内容がえらいこっちゃです。大体のところは仏陀ヒストリーの穏やかな部分を切り取ってあるのですが、




2018050322085181d.jpeg

一個入滅が混じってるんですけど。

これを当ててしまったらどうなるんですか。入滅させられるんですか。




20180503220851ced.jpeg
本日の宿

本日の宿は、前回とは違う所にしてみました。

前回の宿に不満があったわけではなく、ただの気分転換です。しかし前回の宿と徒歩一分、距離にして150mくらいしか離れていないので、何の気分転換にもなっていません。




201805032208514f3.jpeg

繰り返しになりますが、今日と明日は仏陀の何かで祝日です。で、「町に出ればフリーフードにフリードリンク、フリーアイスもあるよ!」と宿の人が言うので揚々と出てきたのですが、イルミネーションは見事なもののどこにも食べ物がないじゃないですかガッデムガッデム。




2018050322085146a.jpeg

仕方がないので前回来たのと同じ食堂に入り、値段も聞かずに「コレとコレとコレ!美味しそうですね!!」とランボー怒りの指差し注文しました。

後から「すんごい高かったらどうしよう」と顔面蒼白しましたが、実際は200ルピー(140円くらい)とお手頃価格でした。そしてお値段以上にとっても美味しかったので、一気に幸せになったのでした。

そんなわけで、スリランカ旅も本日でおしまいです。明日は夜の便でインドに戻ります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ ゴールからアンバランゴダ

ノーマルバス50ルピー、所要1時間半くらい。列車もあり、こちらの方が速いし安い。35ルピー、45分~1時間くらい。

○ アンバランゴダからコロンボ

列車三等75ルピー、所要1時間半くらい。バスも頻発。

○ コロンボの宿

「Backpackers Paradise Colombo」
ドミ一泊5.5ドル。朝食が良い感じで、珈琲紅茶はいつでも飲み放題。ホットシャワーが非常に優秀。施設は全体的に綺麗で新しく、過ごしやすい。ただ、Wi-Fiはあるが登録が必用かつ使用制限があり、しかも遅くてほぼ使い物にならなかった。キッチンはあるが料理は禁止、お湯を沸かしたりサラダを作るくらいならOK。共用スペースがあまり広くなく、チェックアウト後も長くは居させてもらえない。

駅近くから市バス103番に乗り運賃13ルピー、10分くらい。前回泊まった「Colombo City Jumbo Hostel」と目と鼻の先。(4/10日記参照)

| スリランカ | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ゴール観光


201805030130147d3.jpeg

ゴールは元城塞都市で、写真の海にひょこっと突き出た部分が旧市街、それ以外が新市街と呼ばれています。観光地として人気があるのは主に旧市街です。




201805030130142eb.jpeg
旧市街

来ました。

バスに乗るつもりだったのですが全然止まってくれなかったため、宿から40分かけて歩いて来ました。まあバス停じゃないところで乗ろうとしたからなのでしょうが、この町バス停がどこか全然分からないんです。これだから都会は。(←言いがかり)




2018050301301459d.jpeg

20180503013014b5a.jpeg

201805030130140c7.jpeg
要塞

旧市街はそれ全体が要塞跡地で、壁に沿ってぐるっと一周するのに15分もかからないくらい小さいです。




20180503013014045.jpeg

海の水がえらく綺麗で驚きました。

東海岸から南西海岸までぐるっとバス移動をしましたが、スリランカの海はどこもすごく綺麗でした。そりゃ魚介もピカピカで美味しいわけです。




20180503013109b92.jpeg

201805030131094ed.jpeg

旧市街はなんだかお洒落です。そして外国人観光客にも人気の町とあって、おシャンティーレストランやカフェが沢山あります。

私はもうスリランカ滞在日数が3日を切っているということで、最後にちょっと贅沢するぞお!今日はいつもの4倍、700ルピー(500円くらい)まで出しちゃうぞお!この国では700ルピーもあればお洒落ランチにデザートまで付けられるんだぞお!手始めに人気店だというクレープ屋さんに行ってみようかな!でへへ☆

と入店したらクレープ一個が1,000ルピー越えでした。

トボトボと店を後にしました。




2018050301310911c.jpeg

20180503013109358.jpeg
ヒストリカル・マンション

私営博物館です。個人コレクションですので趣味満載だし基本的に解説とかは無いし色んなものがゴチャゴチャに並べられているし、普通の博物館より圧倒的に見にくいのですが、それがすごく面白かったです。

私営博物館には度々立ち寄りますが、どこもすごく面白いです。普通の博物館が教育施設であるのに対して、私営博物館はただの趣味の空間だからです。内容が何であれ、「好き」と「情熱」の集合体が面白くないわけがありません。




201805030131368e5.jpeg

201805030131361f6.jpeg

20180503013136382.jpeg

興奮して沢山写真を撮りました。




20180503013136f9f.jpeg
宝石の研磨機

博物館の一部は宝石店になっており、スリランカ各地で採れた大きな宝石やそれを使ったアクセサリーが売られていました。

アクセサリーは形の歪んだものやホコリを被っているものも多く、道頓堀あたりの路地裏で売られていたらこれ絶対偽物でしょと誰もが疑うお姿でした。が、ここは宝石の本場スリランカですので、そんな見た目のものでも本物なのかもしれません。世の中にはアンティークというややこしいジャンルもありますし。



ゴール近郊にはラトゥナプラという一大宝石採掘地があるのですが、この博物館で売られている宝石もラトゥナプラ産のものが多くあるとのことでした。

イギリス王室伝統の指輪だか王冠だかにもラトゥナプラ産の宝石が使われているし、どっかの国の誰かが持ってる何かもここ産の何かなのだそうで、とにかく有名な町のようです。残念ながら私は今までもこれからも宝石とは全く縁の無い人生なので、よく知らないのですが。興味はあるんですけども。




201805030132274ce.jpeg
オランダ教会

続いてオランダ教会へ。ここゴールの町はその立地と港の優秀さからオランダ、ポルトガル、イギリスなどに次から次へと支配された歴史をもっており、その時代の建物が多く残っています。




2018050301322730c.jpeg

201805030132274bf.jpeg

床が踏んでいいのかどうかすごく悩む感じでした。

ゴールだかこの教会だかの歴史を刻んだプレートなのだそうです。普通にベンチの下敷きにされていますがいいのでしょうか。しかも骸骨とか死神っぽいのとかが描かれているし、教会のお庭はいかにもなお墓がズラリと並んでいるし、壁に貼られたものや置かれている調度品も妙に雰囲気があるし、なんかこの教会呪われていそうです。




201805030132279f3.jpeg
地下墓地

地下墓地があると聞きましたが、中は空洞でした。ここじゃなかったのかも。




20180503013227293.jpeg
本日のお昼ごはん

旧市街を出まして、バススタンド内にあった食堂で遅めのお昼ごはんにしました。毎度お馴染みライス&カリーです。

ゴールときたら大きな町のくせに食べるところが少なく、昨日から安そうな食堂探しに苦労しております。旧市街はレストランだらけですが高過ぎますし。




201805030132275c5.jpeg
トカゲ

その後宿に戻り15:00くらいから1時間ほど仮眠を取ろうとしたら、目が覚めたら夜の9時前でビックリしました。夕方散歩に行こうと思っていたのにガビーンです。そして文句を言いながら枕に顔を埋めたら、次の瞬間深夜2時でした。えええ夕飯も食べてないしブログも書きたかったのに日付が変わってる!?と思った次の瞬間夜が明けました。なんか疲れてたみたいです。


明日はというか今日は、コロンボに移動します。でもその前にアンバランゴダという町に寄ってみます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| スリランカ | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ミリッサ②ホエールウォッチング

今ホエール、ウォッチング・・と打とうとしたら予測変換でホエールうどんと出てヨダレが出ました。



2018050102484755b.jpeg

20180501024847480.jpeg
本日の船

しょっぱなから世界の愛鯨家達に喧嘩を売りつつ、本日はホエールウォッチングに出掛けます。

スリランカは鯨やイルカウォッチングのメッカなのだそうで、今いる南西海岸や先日までいた東海岸にて、ほぼ年中そうしたツアーに参加することができるようです。しかも鯨遭遇率はかなり高いらしいです。

私が今回申し込んだツアー会社も「本日見られた鯨の種類と数」を高々と掲示し、その横には「鯨が見られなかったら翌日もう一度ツアーに参加できます!または半額返金いたします!」と書かれていました。全額返金という思いきったツアー会社もありましたが、流石にそこまでしなくていいですよと思いました。




20180501024847abc.jpeg
本日の朝ごはん?

ツアーは朝食込みとのことでしたが、船に乗ってすぐにこんなものを頂けました。これが朝食でないことを願うばかりです。




20180501024847b52.jpeg
酔い止めと水

ピントがアレですが、酔い止めと水を貰えました。いきなり錠剤を渡されたから滅茶苦茶警戒してしまいましたよ。

実際船はかなり揺れ、グロッキーになってしまった人も沢山いました。6時間を越えるツアーなので、船酔いする方は要注意です。




20180501024847efb.jpeg
7:00 出航

地元漁師の皆さんが手を降ってくれました。




201805010248479ff.jpeg
本日の朝ごはん

出港後、ちゃんと朝ごはんが出てきてくれました。量には激しく異議ありですが、久しぶりに食べたハムがとろけるように美味しかったので満足です。




20180501024946064.jpeg

20180501024946a3f.jpeg

20180501024946cfe.jpeg

一時間もしないうちにイルカの群れに遭遇することができました。これには乗客一同大興奮。




201805010249467c4.jpeg

上手く写真に撮れませんでしたが、イルカ達が空高くクルクルポーイする姿も見ることが出来ました。野生でもこんな水族館みたいな真似をするのですね。何が目的なのでしょう。




20180501024946abd.jpeg
漁船

201805010249467a5.jpeg
ライバル船

その後かなりの時間をかけて船を走らせ、ぐるりと海を一回りしたかと思ったら、




2018050102503736a.jpeg
13:15 帰還

ツアーは終了しました。

鯨いなかったんですよ。




20180501025037473.jpeg
ホエールの絵をウォッチング中

計らずしもタイトル詐欺みたいになってしまったので、ツアー会社近くの路上に飾ってあった絵を載せておきます。この辺の海に住む生き物だそうです。シロナガスクジラがいるではありませんか。これは会いたかった・・・

野生生物なので思うように行かないのは仕方がない事ですが、やはり残念ではあります。そして「半額返って来るのかな?」とせめてもの希望を抱いてしまいましたが、「鯨は見られなかったけどイルカは沢山見たから許してプリーズ」みたいな事をウィンクと共に言われたら、もう何も言えませんでした。(ウィンクにイラっとしました。)


まあそれはいいのですが、12:00には終わるはずのものが鯨を探して予定より長めの航海となりましてですね、その間暇だったので船上でがっつり昼寝をかましたら、私の麗しのあんよが大火傷を負ってしまいました。直射日光に晒されていたのはハーフパンツを履いた下半身だけだったので、膝下だけが真っ赤です。

現在のところ、顔タイ人、腕インド人、腹日本人、膝下ただの酔っぱらいみたいな配色となっております。自分で言うのもなんですが、かなり不気味です。




20180501025037cfb.jpeg
ゴールの町並み

宿に預けてあった荷物を受け取り、ゴールに移動しました。ゴールとはゴールではなくゴールという町の名前です。ガレとも呼ばれるそうです。ミリッサからはバスで一時間くらいでした。




201805010250377d9.jpeg
本日の宿

20180501025053f02.jpeg
本日の晩ごはん

20180501025037abe.jpeg
本日の野犬

ウェーイ系の野犬に絡まれ、何度も飛びかかられた結果先日新調したばかりのTシャツに穴が空きました。




20180501025053c59.jpeg

明日明後日は仏教関係のお祭りなのだそうです。お祭りが多いですね。

なんかインドもスリランカも3、4月あたりはそういう時期らしいです。


明日はゴール観光をします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ ホエールウォッチング

私が参加したのは朝7:00発、一人3,000ルピーのツアー。金額は時期によって大きく変動するとのことで、チケットには6,500ルピーと印字してあった。

朝5:30~6:00ごろホテルピックアップ、送迎、朝食、お茶、水、ジュース、ライフジャケット、保険など込み。12:00~14:00ごろ帰還。

| スリランカ | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ミリッサとその周辺


20180501013000d07.jpeg

20180501013000c2c.jpeg

宿の庭がほぼジャングルでした。



2018050101300077c.jpeg
ドラゴンフルーツだかジャックフルーツだか(何でしたっけ)

201805010130005aa.jpeg
珈琲の木

20180501013000367.jpeg
カシューナッツの木

上の小さい方が実で、下が我々のよく知るカシューナッツです。実はもっと大きくなるし、綺麗な赤色になります。




2018050101300002d.jpeg
カリーリーフ

カリーリーフは正式名称なのかどうか分かりませんが、「スリランカのカリーには絶対入れるのよ~」と宿のおばあちゃんが教えてくれました。言われてみれば、カリーを食べているとよくこんな葉っぱが出てきます。




20180501013058dcb.jpeg
本日の朝ごはん

宿の朝ごはんが豪華でした。というか、予約サイトで朝ごはん写真を見たことでここに泊まることを決めました。

頂いたのはバナナロールです。中身はバナナまるごととココナッツを甘く煮たっぽいソースで、生地にもどうやらココナッツが入っているっぽいです。カリーと言いよく食べるカンカンコットゥといいお椀型のホッパーと言いアレと言いソレと言い、スリランカのココナッツ使用率の高さには驚かされます。

あと、ココナッツの実がオレンジに近い黄色なのも驚きました。黄緑色のしか見たことがなかったものですから。




20180501013058d84.jpeg

20180501013058627.jpeg
ミリッサ散歩

今日はホエールウォッチングツアーに参加するつもりだったのですが、すっかり忘れて呑気に散歩しております。どちらにせよツアーは早朝発だったので、もう遅いのですが。

そもそもツアーに参加するお金がないです。残金450円。これでは宿代も払えないのでお金を下ろす必要がありますが、唯一見かけたATMが使えず、ちょっと困りました。




2018050101305837e.jpeg
ウェリガマ・バススタンド

仕方がないので通りがかったバスを捕まえ、隣町までやって参りました。

何故お金を下ろすだけでバスに乗らなければいけないのでしょう。そんなつもりは全く無く散歩がてら宿近くで下ろす気満々だったので、油断して部屋着でプラプラ来てしまいました。まあ部屋着も外着もほぼ一緒なんですけども。

なお、後から分かったことですがミリッサにもATMは4、5台ありました。




2018050101305810a.jpeg

ウェリガマもまた小さな町ですが、ミリッサよりは格段に大きかったです。なんたってバススタンドがあるし、各種銀行や酒屋もあります。

目当てのバンク・オブ・セイロンもすぐに見つかり、無事小金を入手することが出来ました。手数料が無料なので御用達なのです。ミリッサにはバンク・オブ・セイロンは無いようでしたので、わざわざ隣町まで来た意味は一応あったと言えます。手数料の代わりにバス代がかかっていますけど。




20180501013146a1b.jpeg

用事は済みましたが、このまま帰るのも寂しいので少し観光してみることに。

まずは海を見て、




20180501013146c73.jpeg

魚市場を覗き、




20180501013146bfe.jpeg

最後にフルーツパフェ(90円)を食べました。

観光終わり。




201805010131461f8.jpeg

またバスに乗りミリッサに戻ってきましたが、やることもないのでとりあえずビーチを見に来ました。

ビーチにはレストランやバーが立ち並び思いの外繁盛していましたが、想像通り西洋人しかいませんでした。場違い感甚だしい私はそっと通りすぎるのみです。





20180501013146173.jpeg

きらびやかなビーチを100mくらい歩いたら眩しすぎて正気を失い、昼間っからビールを頼んでしまいました。何故世界には光と影があるのでしょう。

一応、スリランカビールを飲んでみたいな~というのは前から思っていた事でした。そして雷様が唸りだしたものですから、どこかで雨宿りする必要もありました。言い訳ですけど何か問題あるんですかっ。

それはさておきお久しぶりのビールです。スリランカと言えばこちらのライオンビールが有名で、世界のビール大会だか何だかで賞を取ったこともある優秀なビールなのだそうです。お味はというと、なんかあんまり覚えていないのですがモルトだかホップだかの風味若干強めのキレ味抜群、なかなか美味しいビールだったような、他の記憶と混ざっているような。




20180501013214bd2.jpeg
本日の晩ごはん

小雨の隙に宿に戻り、雨が止むのを待って再び外出しました。本日の晩ご飯はその辺の小汚い食堂でツナトマトロッティを頼んだら、すごく小さかったです。「少ない」って「美味しくない」より悲しいです。




20180501013214f6c.jpeg

なのでバケツヨーグルトを買って帰りました。

故意に忘れてましたが、樹液(昨日の日記参照)を片付けなければいけなかったのです。




20180501013214f77.jpeg

まずは一口味見して、そのあとで樹液をドバーしました。

カードと呼ばれるスリランカのヨーグルトは濃厚というか固いというか、何とも力強い食感に強い酸味がありました。甘味はありませんので、樹液をかけるにはもってこいです。

肝心の樹液がけヨーグルトのお味はと言うと、まあそこそこ美味しかったです。樹液自体もちょっと変わった風味なのですが、ヨーグルトと合わせることにより何かしらのミラクルが起きてサバの押し寿司みたいな味に。しかし食べているうちに脳と舌が麻痺してきたのか、ヨーグルトのキャラメルソースがけみたいな味になったような気がします。




20180501013214a4c.jpeg

かなり頑張ったのですが、これだけしか減らせませんでした。

残りは宿のジャングルに撒いたろかなとか考えましたが、何の罪もない宿の人を昆虫テロの餌食にするわけにはいかないので止めました。

結局どうしたかと言うと、宿のおばあちゃんに引き取って貰いました。4日後にはインド行きフライトに乗らないといけないので、持ち運ぶのも食べきるのも少々辛かったのです。おばあちゃんはかなり喜んでくれたので、良かったです。樹液お好きなんですかね。


明日はホエールウォッチングに行きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ ミリッサからウェリガマ

ゴール方向に行くバスに乗り、運賃30ルピー、所要20分くらい。

| スリランカ | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT