PREV | PAGE-SELECT | NEXT

カトマンズ日記


<10/10〜15 カトマンズ>

20181118211855330.jpeg
カトマンズの宿「Himalayan hostel」

カトマンズではだいぶダラダラしました。いやこう見えても瞑想修行漫画を描いたりトレッキングの準備をしたり一生懸命生きていたのですが、宿の人に「まだトレッキング行かないの?」と度々聞かれる程度にはダラダラしていました。

また、カトマンズには美味しいお店が沢山あることから、毎日食べ歩きをしていました。



20181118211423e69.jpeg
タメル地区

201811182114237d0.jpeg
の、飲み屋

飲みに行ったり、



2018111821142318b.jpeg

201811182114238c5.jpeg
「Japanese restaurant KIZUNA」天丼、カツ丼

安くて美味しいと評判の日本食屋に行ってみたり、



20181118211423acc.jpeg
隣の韓国料理屋

その隣の韓国料理屋もまた美味しかったり、



20181118211423ce9.jpeg
New Everest Momo Center

人気のモモ屋さんはヨーグルトっぽいソースが大変美味だったりしました。

なんてことをしていたらみるみるお金が減ってギョエーとなったので、夜は自炊をして節約したりもしていました。



201811182118553a5.jpeg

201811182118552d7.jpeg

20181118211855b49.jpeg

ただ食うだけの日々だった訳では勿論なく、一応観光もちょっとはしました。まあここしか行っていないのですが、名前は何だったかな。忘れましたが丘の上の寺院です。



20181118211855ade.jpeg

こちらはモンキー・テンプルとも呼ばれているとかいないとかで、お猿がいっぱいいます。私はもう猿には飽きているので、こういうのは別にいいです。



20181118212004b24.jpeg

丘の上の寺院なので景色が良いです。



20181118212004e02.jpeg

このジトっとした目はブッダ・アイと言って、その名の通り仏陀のおめめです。仏の顔はとうの昔に使い切っていそうですね。無言の圧力で部下を退職に追い込みそうです。



201811182120043a2.jpeg

こちらは土産物屋に売っていたポータブルマニ車です。

回した分だけお経を唱えたことになるという都合の良い御利益のあるマニ車ですが、このポータブルマニ車さえあればいつでもどこでもお経唱え放題。わたくし以前バングラデシュの呪いにかかった際に藁にも縋る思いでこのポータブルマニ車を買いかけましたが、すんでのところで踏みとどまりました。そしてその代わりにチベット寺院を見かける度そこにあるマニ車を回しまくり、呪いの解除を願い続けました。そのかいあってか、ここ数ヶ月は何とか無事に過ごせております。困ったときの神頼みです。



20181118212120e8e.jpeg

その他の時間は、主にトレッキング準備に当てていました。皆大好きエベレスト街道トレッキングです。登るやつではなくエベレストがよく見える所まで行って帰ってくるだけのやつです。ルートや費用などの情報を調べるところから始めたので、思いのほか準備に時間がかかってしまいました。

写真は防寒用に買い足した、ノースフェ◯スと書いてありますがノー◯フェイスな訳がないウィンドブレーカーです。1,500円。旅行者ホイホイ地区のタメルにはトレッキング用品店が過剰にあり、トレッキングに必要なものは全てここで揃える事が出来ます。日本で買うより格段に安いので(パチモンだから)、手ぶらで来てここで全て揃えてしまうのも有りです。持って帰れないですけどね。偽ブランド品は税関で引っかかります。

防寒着については私は手持ちのそれだけで乗り切るつもりだったのですが、その辺の旅行会社数軒に聞いてみたら「山の上の方は朝夕マイナス十度くらいになるよ」みたいな事を明るく言われ、聞いただけで凍死しそうになったので慌てて買いました。



2018111821212022a.jpeg

厚めの手袋や靴下も買いました。手袋は防寒着としてあまりにポンコツで、靴下は伸縮性皆無で使い物になりませんでしたが。手袋200円の靴下400円。安物買いの何とやらですね。



2018111821212035b.jpeg

左からサブバッグ、日焼け止め、フェイスマスク、エマージェンシーシート、トレッキング地図です。

サブバッグは村歩きや宿に荷物を残してのミニトレッキング用で、いつも使っているサブバッグでは大きすぎるので新たに購入しました。こちらも北顔と書いてありますがそんな訳がありません。600円でした。そして二日でジッパーが壊れました。

フェイスマスクは防寒と防塵用です。かなり乾燥しているらしいので。100円。防寒には薄すぎますが、ネックウォーマーを持っているのでそれと併用します。

エマージェンシーシートは防寒用に使えるかなと思い購入しましたが、買ったことを忘れ、そのまま下山まで陽の目をみることはありませんでした。確か250円くらい。

トレッキング地図はワクワクしながら買いました。確か500円くらいでした。



201811182121202d1.jpeg

水筒と浄水タブレットです。水筒350円とタブレット一箱200円。エベレスト街道では湧き水が簡単に手に入るらしく、しかしそのまま飲むのは危険なので、浄水器か浄水タブレットを使用するのが良いそうなのです。

タブレットは水1リットルに対し一錠放り込み、30分ほど待てば浄水完了、という代物です。インドで鍛えた私の腹は湧き水ごときでやられない気がするのですが、最近よく襲われる謎の下痢と高熱はどう考えても感染症の類なので、阿保な事を言わず大人しくタブレットを使用します。

件の下痢と高熱に関しては、カトマンズでもまた襲われました。今回は39.5℃まで上がり、やはり38度台とはヤバさが違いますなあとフラフラの頭で思いました。そしていくらなんでも一ヶ月で三回の高熱はおかしいとようやく気付いたので、薬局に行って症状を説明し、抗生物質を貰って来ました。お陰様で熱は出なくなりました。多分治ったのかなと思います。



20181118212120414.jpeg
トイレットペーパー

わたくしとうの昔にインドスタイル(水洗式)に切り替えているのでトイレットペーパーは必要ないのですが、山頂は水が凍っていて使えないですよと聞いたので、大人しく買いました。しかも山頂でこれを買うと一個500円するそうなので、念のため多めに用意しました。



20181118212433f33.jpeg
おやつ

おやつはいくらまででもOKです。だって大人ですものオホホ。あとは乾燥対策に飴ちゃんと、宿でのお楽しみに珈琲や緑茶を買いました。飴ちゃんは買っておいて大正解でした。トレッキングルートの一部は本当に乾燥と土埃が酷くて喉を痛めたので。珈琲と緑茶は意外と使いませんでした。お湯を買うのもコップに粉を注ぐのも面倒臭くて。トレッキング日記でまた書きますけども、だいぶ体調を崩し色々と余裕が無かったのです。



20181118212433f30.jpeg
札束

山中でお金を切らしたら命も一緒に終わるので、かなり多めに用意しました。一応一箇所だけ、山中のナムチェという町にはATMがあるそうなのですが、私のシティバンクカードはネパールと相性が悪いのかほとんどのATMで使えないので、ナムチェで確実にお金が下ろせるとは言い切れません。

心配性なので予想金額の倍+α用意しましたが、当然そんなに使うはずはなく、半分以上はそのまま持って帰って来ました。


そんな感じで準備が整ったので、次回はエベレスト街道トレッキング日記です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングに参加しています。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

◯ カトマンズの宿

「Himalayan hostel」
ネットで予約できる。タメル地区まで徒歩5分くらいの所にあり、静かでなかなか良い環境。wifiそこそこ優秀。キッチンあり。ホットシャワーは時間にもよるが、タイミングが良ければ熱々のお湯が出る。屋上に洗濯物を干せる。徒歩すぐの所にスーパーや八百屋あり。

| ネパール | 04:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/993-0e08d0e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT