PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ネパール入国


<9/8ネパール入国>

20180929131539c77.jpeg
インド・ネパール国境の橋

ネパールに入国しました。


さらばインド!もう二度と来るまいぞガハハ!



20180929200142939.jpeg
ネパール側イミグレ(この坂を登った上)

私はネパールビザを持っていないので、ここで一ヶ月アライバルを取得しました。

が、一つ大きな失敗をしました。 

ネパールビザは15日、一ヶ月、三ヶ月の三種類あり、入国後の延長も可能です。私は「一ヶ月じゃ足りないけど三ヶ月も要らないから、まずは一ヶ月取得して後から一ヶ月延長して、計二ヶ月にしよう」という考えから一ヶ月ビザを取得したのですが、実はその「延長」って奴が大変割高だったのです。実は、一ヶ月+延長一ヶ月の計二ヶ月と、最初から三ヶ月取るのとは同じ100ドルでした。

それでも二ヶ月で出国するなら特に問題はありませんが、入国後に真剣にネパールプランを立て始めたら「あれ、これ二ヶ月じゃ全然足りないのでは」という事に気づきまして。最初から三ヶ月取っておけば100ドルだったのに、延長二ヶ月で計三ヶ月にした場合はなんと160ドルです。

延長料金が割高な事を知らなかった訳ではないんです。それはちゃんと事前に知っていて、「延長は最初の二週間までが一律30ドルでその後は一日2ドルか。ということは一ヶ月延長したら45ドルだね!」

ってどういう計算をしたらそういう答えが出るんですかこの脳筋が!!



20180929131539c8d.jpeg
カーカルビッタ・バスパーク

201809291315396ef.jpeg
両替屋通り

まあそれはそれとして、ネパール入国です。今日はこのまま移動したいので、まずはバスパーク(バスターミナル)近くの両替屋で余ったインドルピーをネパールルピーに替えました。

100インドルピーは160ネパールルピーで固定なのだそうで、4,040インドルピーがほぼそのままのレート計算で6,215ネパールルピーになりました。

なお、100ネパールルピーは98円くらいなのでほぼ100円で計算でき、とっても楽チンです。なのに私は一度インドルピーに換算しないと物の値段が分からない可哀想な頭になっているので、100円と言われても全然ピンと来ません。



20180929131539294.jpeg
本日の朝ごはん

とりあえず腹ごしらえ。

その辺の屋台で「何でもいいから食べさせてください」的な注文をしたら、出て来たのは毎度お馴染みカリー&ロティでした。

そうかネパールもカリーなのですね。何となくモモやトゥクパのイメージが強かったですが、そうか、カリーなのですね。そうか・・・(飽きております。)

でも、インドとは若干趣の異なるカリーだったので良かったです。サラッと爽やかな感じ。それにカリーと一言で言ってもその種類や味付けは様々ですから、まだまだ色んな味を楽しめそうです。(でも飽きております。)



<同日9/8、イラムへ>

20180929131847666.jpeg

本日はこのままイラムという山の上の町に移動します。以前コメント欄にてお勧めして頂いた町です。教えてくださった方、ありがとうございます!



20180929131539734.jpeg
12:30頃イラム到着

8時過ぎにカーカルビッタのバスパークを出て、隣町でシェアジープに乗り換え、昼過ぎにはイラムに着きました。ここまで大変スムーズでしたが、スムーズだったのは沢山の人に親切にして頂いたからです。     

カーカルビッタで両替屋まで連れて行って貰えた事から始まり、乗り場の分かり辛い隣町行きバスまで案内して貰え、その人は私がイラムに行きたがっている旨を運転手さんにしっかり伝えてくれ、それを受けて運転手さんは私をイラム行きの分岐で降ろしてくれ、サービス係さんも「あのジープに乗りなさい」と親切に教えてくれました。

誰も「バスは無いよタクシーしかないニヤニヤ」とか言わないし、「バス乗り場は遠いよタクシーで行くしかないニヤニヤ」と言って実際は徒歩2分だったりしないし、「◯◯まで200ルピーだニヤニヤ」と言われたけど本当は30ルピーだったりしないし、約束と違う場所に連れて行って「え、◯◯まで行きたかったのぉ?じゃあ追加300ルピーだニヤニヤ」とか言って来たりしません。何ということでしょう。ここは本当にインドなんでしょうか。あ、ネパールだった大・混・乱!!


世界ってどうしてこんなに違うんですかね。陸続きのすぐ隣の国じゃないですか。同じ太陽に照らされ、同じ風が吹いているんですよ。

そりゃ両国色々な背景があるのでしょうけど、似たような顔をした人々にそんな急に親切にされると、昨日までの体験とのあまりの違いに頭が混乱して人間と言うものが分からなくなります。



20180929131539cee.jpeg
イラムの宿「FRIEND'S HOTEL &  LODGE」

まだネパールSIMを買っていないので検索が出来ず、GPSも働いてくれなかったため宿探しに苦労しました。どのへんに宿があるのか、そもそもジープを降りたここはどこなのかも分からなくて。

でもまあ何とかギリギリ予算オーバーの宿を見つけたので、そこに収まりました。そして後から安価そうな宿を沢山見つけ、キイ悔ちいとなるのでした。



20180929131847291.jpeg
イラム紅茶

イラムは紅茶生産の盛んな町で、爽やな風味をもつイラムティーにはファンも多いそうです。

実際飲んでみたそれは、その辺の茶屋の安価なお茶だったにも関わらずとっても美味しかったです。



20180929131847c29.jpeg

2018092913184750d.jpeg

20180929132105867.jpeg
茶畑散歩

イラムの町は茶畑に取り囲まれるようにして家々が建っているので、少し歩けばすぐ素敵なお茶ロードに出る事ができます。



20180929131847ee4.jpeg
イラムの町並み

特別何かがある訳ではない小さな小さな町ですが、そんなのどかな雰囲気に惹かれ、三泊くらいゆっくりしたい気持ちになりました。酒屋も飲めるレストランも沢山ありますし。

でも、実際は一泊で出て来ました。理由は宿の冷水バケツシャワーがこの高地では辛すぎることと、ビザが(今のところ)一ヶ月しか無いということで気持ちが落ち着かなかったからです。


<9/9 ダランへ>

20180929132105649.jpeg

20180929132105c2a.jpeg
ダラン・バスパーク

次はジャナクプルに行きたいのですが、少し遠いので中継地点としてダランまで移動しました。今日はここに泊まり、明日ジャナクプルを目差そうかと。

しかしダランはなかなか大きな町で騒がしく、暑いしGPSは相変わらず動かないし宿は全然見当たらないし、次々に声をかけてくるカトマンズ行きバス勧誘に乗りかけました。夜行に乗れば今すぐ寝れるという理由で。

その後「どうせ乗るならジャナクプル行きでしょう」と我に返ったのでその辺のバス会社窓口数軒に聞いてみたものの、夜行バスも今日の昼便ももう無い様でした。



201809291321057ad.jpeg

20180929132105f9e.jpeg
ダランの宿「Hotel Janaki」

まだ午後二時ですしローカルバスを乗り継げば行けると思いますが、バス窓口の人が近くの宿を紹介してくれたので予定通りダランに泊まりました。

で、荷物を置いて町を歩いてみたら、ネパールの携帯会社最大手だという「Ncell」の公式ショップがあったので、ここでSIMカードを購入しました。インドより前までは現地SIMなぞ無しで旅をしていましたが、人は一度便利さを知ってしまうともう元には戻れないのです。

ネパールのSIMカード購入はとっても簡単でした。パスポートと顔写真だけ持って行ったら後は全部やってくれ、五分ほどで手続きは完了、ネットも電話もすぐ使えるようになりました。内約はよく分かりませんが、30日間ネット5G+通話いくらかが付いたプランで、SIMカード代を含め595ルピー(600円)でした。



20180929132303ac3.jpeg
本日のお昼ごはん/ポーク・ダルバート・タルカリ

お昼ごはんはダルバート・タルカリにしました。ダルが豆スープ、バートがご飯、タルカリがおかずの事だそうで、北インドで言うところのターリー、南インドでのミールス、北東インドでのライスと似た感じの定食メニューということになります。

何が嬉しいって、ご飯もおかずもおかわり自由なことです。メインの肉系おかず(今回はポーク)は駄目みたいですが、野菜のおかずはたらふく食べさせて貰えます。

思えば南インドミールス、北東インドライスもおかわり自由でしたが、北インドだけはおかわりをくれないと言う北インドへの恨みがまた一つ(以下略) 



20180929132303d54.jpeg
本日の晩ごはん/ポーク・モモ

ネパールでは豚肉も食べるのかこの町だけなのか、豚肉料理に沢山出会えました。ネパールはヒンドゥー教徒が多いので牛は食べないようですが、チキンやバッファローなどの肉料理はよく見かけます。インドほどベジタリアン色は強くないようですね。


明日はジャナクプルに移動します。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングに参加しています。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

◯ インド北東部からネパールへ

シリグリのニュージャルパイグリ駅前から、国境の町カーカルビッタ(ネパール側)行きのシェアジープが出ている。所要40分くらい、運賃150インドルピー。外国人はインド側イミグレ前で途中下車する。

その他、シリグリのバススタンド付近から国境行きのバスも出ているそうで、こちらの方が安いと思われる。

◯ 国境越え、ネパール入国

インド側イミグレは橋の手前左手(林の奥にあり分かり辛い)。そこから徒歩または力車で国境の橋を渡り、ネパール側イミグレは橋の先、右手の坂を登った所。ビザを事前取得していない場合はここでアライバル取得。2018年9月現在、15日間25ドル、1ヶ月40ドル、3ヶ月100ドル。入国後の延長もできるがだいぶ割高。
イミグレ付近に両替屋やATMは見当たらず、私はバスパーク近くの両替屋を利用した。国境から徒歩1、2分。

◯ カーカルビッタからイラム

直行バスは無いようで、まずは西方向に行くバスに乗り、隣町チャラリーChaaraliで下車、所要20分くらい、運賃20ルピー。イラムに行きたいと言えば分岐前で降ろして貰える。分岐にはイラム行きのシェアジープ乗り場がある。イラムまで所要3時間少々、運賃300ルピー。

◯ イラムの宿

「FRIEND'S HOTEL & LODGE」
バスパークを出て少し坂を登った右手側。トイレ冷水バケツシャワー付きのツイン1,000ルピーを800ルピーにしてもらった。wifiあり、ファンあり。トイレシャワーは奇麗じゃない。高地なので冷水シャワーは辛い。トイレシャワー共同の部屋もあるっぽかったが聞きそびれた。

◯ イラムからダラン

バスパークからビルタモード行きのシェアジープに乗り所要3時間、300ルピー。ビルタモードのバスパークでダラン行きに乗り変え3時間、200ルピー。チャラリーの分岐でも乗り換えられるかも。

◯ ダランの宿

「Hotel Janaki」
トイレ冷水シャワー付ダブル700ルピー。トイレシャワー共同の部屋もあったらしい。wifi、ファンあり。部屋もトイレシャワーも割と清潔。
バスパークと公衆トイレの間の道(Koshi Rajmarge)を南に進み、最初の角(Shanti Path通り)を左折、徒歩すぐの左手側。看板が現地語で読めない。

| ネパール | 19:51 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

低橋様何気に雨季が終わってトレッキング行けそうじゃないですか!
わたくしめも現地simいらない派でしたけど一度使ったらもう手放せないですね。
これからも良い日記と漫画楽しみにしてます

| | 2018/09/29 22:00 | URL |

> 雨季が終わって

そうなんですよ!以前ネパールに近づいた時(インド北東部の前)には雨季真っ盛りでネパールトレッキングはもう諦めるしかないと思っていたのに、自分の旅の鈍足っぷりが見事にこれを解決しました。笑
お陰様でトレッキングシーズンどんぴしゃりなので、歩き倒すつもりでおります!

| 低橋 | 2018/09/30 15:01 | URL |

ご存知な点が多いと思いますが、ここ2年で行ったネパールのトレッキングについて気がついた点をお知らせします。

■エベレスト街道(2年前)
・宿はWiFi・ホットシャワー・充電共に有料が多い。
・ナムチェではWiFi無料のカフェがあった。
・エベレストBCに近づくに連れ物価が上がっていく。トイレットペーパー1ロール最高で500円近くもしたので、余分に持っていった方がよい。
・エベレストBC方面と比べてゴーキョ・ピークは圧倒的に観光客が少ないのでのんびりできる。
・昨年からエベレスト街道ではTIMSは不要になったようです。代わりに別途入場料を徴収されるそう。
・私は飛行機を利用しましたが、カトマンズからサレリ(Sarelli)まで乗り合いジープで移動できるそうです。道は相当ひどいようですが、飛行機と比べれば圧倒的に安いです。
・所々に清水が湧いているので、水を汲むことは可能。気になるのであれば浄水用タブレット(1個数円程度)をカトマンズの薬局で購入して使用すればよい。高いがミネラルウォーターも購入できる。

■アンナプルナ1周(昨年)
・マナンまでジープ道が開通している。そのためジープ通過後は埃っぽい。
極端に言えばマナンまで乗り合いジープで移動し、その後3日間でトロン・パスを越えてムクティナートまで移動可能。
・マナンは水や食料が他の村と比べて圧倒的に安い。
・宿はWiFi無料・ホットシャワー無料・充電無料が多い。
・所々に清水が湧いているので、水を汲むことは可能。気になるのであれば浄水用タブレット(1個数円程度)をカトマンズの薬局で購入して使用すればよい。高いがミネラルウォーターも購入できる(マナンだけは安かった)。
・ムクティナートからジョムソンまで乗り合いジープで移動可能。トレッキングをしている欧米人を見かけたが、途中の道が水没しており大変そうだった。
・ジョムソンからポカラまで公共バスで移動。約12時間。ジョムソンからしばらくは河川敷の道なき道を進むので相当揺れる。早めに予約して前方の席を確保したほうがよい。
・割りと大きな村ではNcellのsimでインターネットができた。

■その他
・カトマンズの日本食レストラン「絆」のかつ丼は安くておいしかった。
・カトマンズでレートが1番良かったのはTourism Bank
・トレッキング用品はポカラよりもカトマンズの方が安い。探せば定価販売の店もある。
・カトマンズで熱燗ビールトゥンパ(Tongba)を試してみて下さい。

| ハマ太郎 | 2018/10/05 17:54 | URL |

>ハマ太郎さん

ありがとうございます!!
トレッキングについては今少しずつ調べていますが、まだまだ情報不足の状態ですし中々イメージが掴めずにいましたので、生の情報を教えて頂けて大変ありがたいです!特にTIMS廃止については全くの初耳でしたので、教えて頂けて良かったです。のこのこ取りに行くつもりでおりました。トイレットペーパーについても、そんなに高いのですね・・驚きました。いざとなったら山上で買い足せばばいいやなんて思っていましたが、十分な量を持参したいと思います。

エベレスト街道は、教えて頂いた飛行機を使わないルートで行ってみたいと思います。例の絶景空港には大変興味がありますが、やはりお安い方がということで。トレッキングの期間は出来ればタンボチェ・ゴンパのマニリンドゥ祭に合わせたいので、登りで寄るか下りで寄るか、そもそも合わせて大丈夫なのか(祭り期間中の宿の確保など)を今調べているところです。
十月のネパールはお祭りだらけだそうですね◎色々と楽しみです。

アンナプルナはエベレスト街道の後、11月に入ってからのスタートになると思うので、だいぶ寒くなってるかなという点を少し心配しています。寒い方が温泉が気持ちいいかななんて呑気な事も考えていますが。笑
トレッキング用品はカトマンズで揃えるのが良いとのことで、やはりこちらを後にするのが良さそうだなと思いました。

カトマンズの日本食レストランも、是非行ってみたいと思います。日本を出てそろそろ一年になりますので、日本食が大変恋しい頃合いです。カツ丼、いいですね!もう「丼」、「白米」というだけで夢のごはんです。
熱燗ビール!?も是非是非試してみます!

| 低橋 | 2018/10/06 02:29 | URL |

マニリンドゥ祭は日本語の情報が少ないですね。タンボチェの宿は10軒弱だったような気がします。
昨年11月下旬からアンナプルナに行きましたが気温は問題ありませんでした。トロン・パスで小雪に降られた程度です。
念のため事前に簡易アイゼンを購入しておきました。
ティリチョ湖へ行く途中に落石注意のエリアがしばらくあり、そこが唯一危険なところでした。

寝袋が夏用でしたらカトマンズでインナーシーツを購入するとよいでしょう。本当かわかりませんがシルクを書いてあるものが数百円で購入できます。

24 October 2018:First day of Mani Rimdu Festival (3,867m)
25 October 2018:Second Day Mani Rimdu Festival (3,867m)
26 October 2018:Third Day Mani Rimdu Festival (3,867m)

| ハマ太郎 | 2018/10/06 14:28 | URL |

アンナプルナ一周はポカラを起点にして、余分な荷物はポカラの宿に置いていった方がよいです。
ベシサハールまでのバスはポカラの街中近くのバスターミナル(カトマンズからのバスが発着するところ)から早朝でています。

| ハマ太郎 | 2018/10/06 14:38 | URL |

>ハマ太郎さん

色々教えて頂きありがとうございます。本当に助かります。
タンボチェの宿は10軒ですか・・祭中はかなり混雑しそうですね。お祭りのメインは最終日と聞いたのでそれに合わせるのが理想でしたが、初日とかその前とか、早めに着いた方が良さそうな気がしてきました。

アンナプルナに行くのは、私もそれくらいの時期になりそうです。寝袋は夏用ですので冬用をレンタルしようかあるいは購入かなどと悩んでおりましたが、インナーシーツでも良いのですね◎荷物が重くなるのも怖いので、出来るだけ軽めのもので調整したいです。

一つ質問があるのですが、エベレスト街道もアンナプルナ一周もそこそこ長期になると思うのですが、カトマンズやポカラの宿はそんなに長いこと荷物を預かってくれるのでしょうか?皆そうしているはずだとは思いつつ、二週間以上になるのでどうにも不安で。。
教えて頂けますと嬉しいです。

| 低橋 | 2018/10/08 19:43 | URL |

カトマンズやポカラの宿では問題なく無料で預かってくれました。
ちなみにポカラの宿はNew Annapurna Guest Houseというところです。この周辺ですとバスターミナルまで徒歩で移動できますし、TIMSを発行する施設も近いです。

エベレスト街道もアンナプルナ一周の宿はどこでも毛布を貸してくれます。
ピーク時でなければ二枚以上貸してもらえます。一枚しか毛布がなくて寒かったのはエベレストBC近くの宿くらいでした。
11月後半になると観光客が少なくなるようで、交渉すれば宿代がタダになることが多かったです(宿で食事をすることが条件です)。

| ハマ太郎 | 2018/10/08 20:48 | URL |

>ハマ太郎さん

荷物の件、そして毛布の件も安心しました!エベレスト街道はおそらくピーク時にあたるので、ある程度寒さ対策をしていきたいと思います。宿情報もありがとうございます。来月まで大切にメモしておきます。
11〜12月は10月に比べ人も減り、景色もより美しくなるそうですね。エベレスト街道はマニリンドゥが見たいのでそれに合わせますが、アンナプルナはゆっくり出発して寒さと景色と温泉を楽しみたいなあなんて思っています。

| 低橋 | 2018/10/09 15:30 | URL |

カトマンズからサレリへの行き方はこちらのブログが詳しいです。

http://otamajyakushiman.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

私が登山用品を購入したカトマンズの定額販売のお店は、名前は覚えていないのですがレストラン絆のある通りの南方向、グーグルマップにあるMount Everest Equipment Storeの並びです。店主がシェルパ人女性なのですぐわかると思います。
ここのお店より安いところはあると思いますがそこそこ安いので、値切り交渉が面倒ならオススメです。
あとSonamというネパールブランドの製品は結構良さげです。セール中であれば偽物ブランド商品よりちょっと高い程度です。

| ハマ太郎 | 2018/10/10 02:34 | URL |

>ハマ太郎さん

ありがとうございます!陸路情報はなかなか出てこなかったので、現地で聞き込みするしかないと思っていました。かなり具体的な情報を頂けたので、これを頼りに最新情報を聞きに行ってベストルートを決めたいと思います。今のところはサレリ経由を第一候補に考えています。教えて頂いたブログを読んだ後だとちょっと怖いですけど。。笑

本日カトマンズに着きましてタメル地区の近くに宿を取ったので、徐々に必要品の買い出しも始めたいと思います。あとカツ丼も食べてきます!

| 低橋 | 2018/10/10 16:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/982-3920ef35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT