PREV | PAGE-SELECT | NEXT

空港で知人を捕獲する

トルコと日本の関係について、すごく好きなエピソードがあります。

エルトゥール号遭難事件と、トルコ航空によるイラン在留邦人救出という2つの出来事です。
私はネットで知りましたが、テレビでも何度か特集されているそうです。

1890年、トルコからの使節艦エルトゥール号が和歌山県沖で台風に巻き込まれ、座礁、沈没するという事故が起きました。この事故は乗組員500名以上が亡くなるという大惨事となりましたが、近隣の村の住民達が夜通し救助にあたり、69名の命を救う事ができたそうです。
このときの救援活動と、日本国民からの義援金、そして、日本政府が行った生存者をトルコに送り届けるなどの支援活動はトルコ国内でも大きく報道され、トルコの人々に知れ渡ることととなりました。

それから時は流れ95年後の1985年3月。
イラン・イラク戦争において、フセイン大統領が突如「今から48時間後より、イラン上空を飛ぶ航空機は無差別に攻撃する」という宣言を出し、イランにいる外国人居住者達を大混乱に陥れました。それぞれの国が、それぞれの国民を脱出させるためすぐに航空機を飛ばしましたが、日本は当時の法律やその他様々なものが傷害となり、対応がひどく遅れてしまいました。他国の協力により少数名ずつ脱出を図る事は叶いましたが、時間はあまりに少なく、宣言時刻まで残り数時間となっても、未だ数百名の日本人がイランに取り残されていました。
そのとき、残る全ての日本人を救出してくれたのが、トルコの航空機でした。
日本の要請を受けたトルコ政府は、元はトルコ国民救助のための航空機を危険を承知で増便し、それに日本国民全員を乗せてくれたのです。このときトルコ政府及びトルコ航空は、「エルトゥール号遭難事件の恩を返したまで」と、95年も前の事件のお礼だと、言ってのけたそうです

トルコオオオオオオ!!!



このエピソードを聞いたこともあり、私はトルコに異常なまでの親しみをもっているのです。
嘘か真か、トルコ人は親日だという嬉しい情報もあります。なら、私も親愛でもってそれに答えたいのです。
そしてしつこいようですがケバブが好きなのです。ケバブの次にトルコが好きです。




さて、今日は日本から来る知人と合流する日です。

海外旅行に行ったことがないので一度行ってみたいという知人が一人で飛行機に乗って
ここイスタンブールのアタテュルク空港に降り立つので、到着ゲートを出てきた所を取っ捕まえます。

私の初めての海外旅行は大学の卒業旅行で友人達と一緒でした。
2回目は一人で行きましたが、私は2回目でもかなり緊張したのにこの人はよく一人で来られるなと妙に感心してしまいました。私がビビリなだけでしょうか。

貧乏旅行な訳でもない知人をドミトリーに泊まらせるのは気の毒なので、知人と行動を共にするこの5泊は私も贅沢してホテル泊まりです。と言ってもシングル2500円とか、3000円とかの安いとこですが。久しぶりに羽根を伸ばそうと思います。




昨夜の宿から本日の宿に荷物を移し、空港へ。

トルコ人に聞いたら2時間かかるとか一時間とか皆適当なことを言うので
間を取って一時間半前に出ました。実際は一時間15分くらいでした。



P7225221.jpg
イスタンブール/アタテュルク空港

大きくて綺麗な空港でした。
地下鉄駅の真上にあるのでとても行き易かったです。


到着時刻から一時間以上経っても出てこないので私に捕まる前に現地警察に取っ捕まったかと思いワクワク不安になりましたが、単に入国審査が混んでいただけだそうで普通に出て来ました。おもしろくない安心しました。


合流した知人と共に再び市内へ。
とりあえず宿に荷物を置いて、その辺りをうろつきました。



P7235246.jpg
支援物資

と、その前に支援物資の受け取りです。

100均で買った衣類圧縮袋(左のゴミ)が破れたので、ちゃんとしたのを買って来て貰いました。
一週間くらいの旅行なら100均で問題ないですが、長期に使用するなら旅行用品店などできちんとしたのを購入する方が良いということが分かりました。さすが700円の品。手触りからして違います。



P7225227.jpg

P7225228.jpg


午後3時という中途半端な時間ですが、とりあえず腹ごしらえをしました。

上がイスケンデルケバブで、
下がオルマンケバブです。



IMG_1227 2

ケバブって色んな種類があって、私がいつもケバブと呼んでいる上の写真の様なものは
「ドネルケバブをパンかピタに野菜と一緒につつんだもの」、というケバブの中のほんの一例です。
ドネルケバブサンドとか呼んだりします。


P7286215.jpg
ドネルケバブ(左)

ドネルケバブはこれです。
スパイスを効かせた肉を山積みにし、焼けた所から削ぎ切りにしたものです。
だいたい牛か鳥で、ときどき羊です。


外国のケバブは本場のそれと違ってシーザードレッシングみたいなソースがかけてあったり、
フランスのだとポテトとセットになってたり、色々と違います。
本場の味付けは肉のスパイスのみの場合がほとんどです。

でも私は今後もこの形状のものを総じてケバブと言い続けようと思います。
外国でケバブと言えばこれを指すし、現地でも外国人向けにそう表記してあったりするので。




P7225222.jpg

グランドバザールを見に行ってみましたが日曜なのでお休みで、一部のお店だけ開いていたので冷やかしに行きました。流暢な日本語を話す、トルコ人というよりは日本人に近い顔の謎のおじさんがいました。



P7235238.jpg
ブルーモスク

ブルーモスクは開いていましたが、礼拝の時間に重なってしまったので自重しました。
なので外観だけ。



IMG_1671.jpg
ドンドゥルマ(トルコアイス)

写真はチョコですが、バニラが絶品です。
雪見大福に良く似た濃厚な味です。

実は、トルコアイスは年中食べられるわけではないらしいです。
テッサロニキで知り合った日本人女性がトルコ人に聞いたという話によると、このアイスの材料(ヤギ乳だったかな?忘れました)は7月下旬〜8月頃からしか手に入らず、彼女が来た7月上旬にはまだ無かったんだとか。



IMG_1669.jpg
トゥルンバ

本当のトゥルンバは俵型をしているはずですが、多分これも変化形のトゥルンバだと思います。
サクサクに揚げたドーナツみたいな生地にシロップがしみ込んでいるお菓子です。



IMG_1670.jpg
ボザ

キビを発酵させた飲み物だそうです。少しの酸味と甘みがありドロッとしています。
好き嫌いが分かれる感じ。私は割と好きでしたが、暑い日に飲むにはそぐわない生温さとドロドロ感でした。


調子に乗って甘い物を食べ過ぎて気持ち悪くなりました。
トルコの甘味どれもすごく美味しいです。ここに住みたいです。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| トルコ | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

トルコは私が行きたい外国第3位です。

(第1位は韓国 第2位はイギリスだけどね)

ブルーモスクとカッパドキアに行きたいのおおおおお

行くなら是非写真お願いします

| ウニ | 2012/07/31 01:27 | URL |

おお。何か統一感のないセレクトだけどなんでその3つ?笑

ブルーモスクの写真は次の記事で載せるよ。
カッパドキアは今いるサフランボルの次の次に行く予定だよ。
カッパドキアは長居の予定なので沢山写真載せるよ◎

| 低橋 | 2012/07/31 15:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/96-33471b93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT