PREV | PAGE-SELECT | NEXT

老船・ロケットスチーマー


この日の日記を見たら

Jさんが
朝ごはん


の二行しか書かれていませんでした。思考停止していたんでしょうね。
そういう訳ですので、思い出しながらちまちま書いて参ります。



怒濤の展開から一夜明け。

少し早めに起き身支度を整え一息ついていたら、ムスリムの正装に身を包んだJさんが突如現れワワワワワとなりました。

私「わざわざ来てくださるなんて!!すみません!遠かったですよね!?本当にすみません!!」
Jさん「バイクだとすぐですよ~大丈夫大丈夫( ´∀` )b」

しかもJさんは、私が現地SIMカードをまだ買えていないことを知りそれを買ってきてくれ、チャージまでしてくださいました。

ありがとうとごめんなさいが限界突破して、頭がパーンしそうになりました。



20180723001439ff3.jpeg
本日の朝ごはん

Jさんと共に現れたヘッド、にっこりBさん、その他婦警さんや知らない人達と改めて今回の誤解や真実や結末を話し合い全員が納得した後は、何故かその全員で朝ごはんを食べに出かけました。ヘッドが奢ってくれました。

その後は全員で記念撮影をしました。その場にいる人ほぼ全員がスマホを取り出し代わる代わる撮影した他、個別にツーショット写真やスリーショット写真なども撮りました。全員ニコニコのワイワイでした。私だけが冷や汗ダラダラでした。何だこの展開。



20180723001439bd7.jpeg
凱旋パレード中

さらにその後は、パトカーに乗せられその後ろからはJさんを始め何人もの警察の人がバイクで付いてきてくれ、道行く人々に大注目され手を振り返すという凱旋パレードみたいなことになりました。私のメンタルはもう駄目です。誰か。



20180723001439e99.jpeg
ロケットスチーマー乗船

で、念願のロケットスチーマーに乗船しました。私はもう目が回っていてそれどころじゃないですけども。

出港までまだ時間があるのでJさんやヘッド達も一旦乗り込み甲板で談笑したのですが、ここでヘッドから「それで結局何しに来たの?(6回目)」という質問が飛び出しました。まだ納得しとらんかったんかい。

「観光です(6回目)」はもう使えないとようやく察した私は、こんなこともあろうかと用意しておいたバングラ専用スーパーカード・ローラさんを出させて頂きました。皆さんご存じ、モデルのローラさんは、バングラデシュ人のお父様と、日本人とロシア人のハーフであるお母様を持つバングラハーフの女性です。ロシアクォーターに関しては私も今Wikipedia先生を読んで知りましたけども。

そんなわけで、画像を見せながら

私「このローラちゃんと言う子は日本の人気モデルで、バングラ人の ~省略~ というわけで私はバングラデシュに興味を抱いたのであります。」
ヘッド「なるほどそうか。」

納得して貰えたようです。

ありがとうローラさん。愛らしき女神よ。


今回の件、そしてこの後のバングラ旅を通して身をもって知ったことは、バングラの人達はこの国に観光的魅力があるとは全く考えていないということです。

彼らは自国に観光客など来るはすがないと考えており、外国人を見かけたらその人は仕事か海外協力隊かジャーナリストあたりに違いないと考える様です。「私達は観光客ですよ」と答えても、「なんで?何を見に来たの?本当に観光客?」と返される始末。

かなり魅力的な国だと思うんですけどね。そりゃ確かに派手な世界遺産や壮大な景勝地は無いかもしれませんが、のどかな風景があって温かい人達がいて、ちょっとした見所があって、それで十分ではありませんか。のんびり穏やかな旅を楽しみたい人には最高の国だと思うんです。

まあ行く先々で取り囲まれ全くのんびり出来ない点や、観光客であることを信じて貰えず警察署に軟禁される点はさておき。




2018072300143939e.jpeg

Jさんと警察の皆さんに何度もお礼を言い、念のためヘッドとも連絡先を交換した後は、大きく手を振って皆さんと別れました。

恐ろしくて刺激的で温かな出会いでした。



20180723001439e99.jpeg

そんなわけでロケットスチーマーです。

ロケットスチーマーは80年くらい前に造られ未だ現役の外輪船で、全部で4隻あります。うち、本日乗るのはレプチャ号です。他の船とどう違うのかは存じません。



20180723001439942.jpeg

20180723001439654.jpeg

外輪です。

かっ!!っっこいい!!!

でしょう。これが見たくて。



20180723001649ed9.jpeg

20180723001649431.jpeg

エンジンルームです。頼んだら特別に見せてもらえないだろうかなんて思っていましたが、特別扱いなど無くても入り放題でした。



20180723001649a3b.jpeg

20180723001649acd.jpeg

操舵室です。老船の頭部分。痺れるったらないですね。



201807230016493c2.jpeg

201807230016499b1.jpeg
本日の寝床/2等寝室

本日の寝床です。

今回買ったチケットは二等寝室で、エアコン無し、ファン付き、トイレシャワーは共同のツインルームとなっております。

モレルガンジ・ダッカ間の料金は二人で使うと一人1,050タカ(1,400円くらい)ですが、一人利用だと二人分を払わなければいけないと実際一人で乗った人から聞いております。



201807230018059cd.jpeg
シャワー

なにぶん古いのであまり綺麗とは言えませんが、掃除はしっかりされています。しかしシャワーはバケツ式で、茶色い川の水そのままなので一応やめておきました。あまりサッパリしなさそうですし。なお、手洗い場の蛇口から出る水も川の水そのままです。「絶対飲まないように」とJさんから言われております。



2018072300180521c.jpeg
二等食堂

ご飯を食べるスペースもありますが、部屋でも一応食べられるし一等食堂を使わせて貰うこともできるようです。私達も夕飯時はそちらにお邪魔しました。



2018072300180507a.jpeg

そんなことより、二等食堂の脇に普通に客室のスペアキーが放置してあるのが滅茶苦茶気になります。鍵の意味がないではありませんか。

二等エリアには物売りの少年や物乞いの人達が好きに入って来るし、窓から部屋の中を覗きこんできて何十分も帰ってくれないし、あまり落ち着ける状況ではありませんでした。

残念なことではありますが、乗られる方は貴重品の管理など十分お気をつけください。



20180723001805bb5.jpeg

20180723001805b41.jpeg

一等客室及び食堂です。こちらはエアコン付き。二等客室は満室だったのに対し、一等客室はだいぶ余裕があるようでした。値段は確か、二等の1.5倍~2倍くらいだったと記憶しております。



20180723001805ba9.jpeg

二等は船尾にあるのに対し一等は前の方に造られているので、こんな特等席が設けられています。

私共は一等の客ではありませんが、サービス係の人がご厚意で入れてくださいました。爽やかな風が吹いていました。



201807230020338c0.jpeg
エコノミー席

エコノミー席です。席というか大広間に雑魚寝する形です。夜になると皆横になるので、足の踏み場もない感じに。

大変興味深かったですが、絶対取り囲まれて休む暇もないだろうという恐怖から利用は控えました。一睡もできない自信があります。



2018072300203338f.jpeg
売店

2018072300203398f.jpeg
チャー

売店です。

お菓子やチャーはまだ安い方ですが、ボトル入りの水やジュースはべらぼうに高いです。持ち込みを推奨します。

そしてチャーですが、あとから相方ちゃんが「川の水沸かしてました」という衝撃の事実に気づいてしまい、二人して無言になるのでした。ある程度透き通っていればまあ沸かせば大丈夫でしょと思うのですが、あの色はまずいと思うんです。



20180723002033853.jpeg

この色です。



20180723002140d89.jpeg

20180723002140149.jpeg

20180723002140c4e.jpeg


201807230020338aa.jpeg

風景はあまり変わりませんが、のどかで良い感じです。

小さな港に停まり人々が乗り降りする様子を見るのも楽しいです。



201807230021408da.jpeg
洗い場

インドと同じくバングラでもお弁当文化が強いようで、船内にはお弁当箱や食器を洗うスペースもありました。お弁当はいいですよね。宿にキッチンがあったら、私も昼はお弁当で毎日遠足気分を味わいたいです。



20180723002140267.jpeg
船内販売

なんだか可愛らしかったので撮りました。お姫様ボックスですね。



2018072300233461f.jpeg
本日のお昼ごはん

20180723002334cb0.jpeg
おやつ

20180723002334f14.jpeg
晩ごはん

食事は持ち込んでもいいし、少し長めに停まる港があるので降りて何か買ってもいいし、一等または二等食堂で頂いてもいいです。

私達が頂いた昼食と夕食は一食ひとり160タカで、おやつが何故か一番高くて180タカでした。料金は下船時にまとめて支払います。

このおやつですが、夕方4時ごろに現れたサービス係さんに「ブレックファスト食べる?」と聞かれ、何故この時間に明日の朝食の話を?と思い「ディナーのこと?」と聞き返したら「いや、ブレックファストだ」とキッパリ言うので「じゃあお願いします」と答えたら、おやつでした。美味しかったので別に何でもいいですけども。



201807230023349c8.jpeg

2018072300233411c.jpeg

日中は蒸し暑かったですが、日が落ちるとだんだん涼しくなってきて気持ちよく眠る事ができました。



2018072300233456a.jpeg
翌朝8:00ダッカ着

翌朝8:00。予定の6:00より良い感じに2時間遅れ、ダッカに到着しました。

以上、ロケットスチーマー乗船日記でした。


次回は首都ダッカと近郊の観光についてまとめます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングに参加しています。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ ロケットスチーマー

http://www.biwta.gov.bd (BIWTC公式サイト)

クルナとダッカを結ぶ外輪船。モレルガンジ朝9:30発、翌朝6:00ダッカ着。ただし大抵遅れるとのこと。
モレルガンジ発着は年中・ほぼ毎日あるが、クルナ発着は時期によって無くなったり本数が少なかったりする。よってサイト内の運航スケジュールは正確ではない。必ず現地で確認を。

モレルガンジ・ダッカ間二等寝室(ツイン)一人10,50タカ。その他の運賃は公式サイト参照。

| バングラデシュ | 22:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

笑ってはいけないのだけど

少し笑ってしまいました。本当にすいません。
登場人物全員に悪気が無いだけに、気持ちのやり場がないですよね。

低橋さんのブログを読みながら、旅に出たいけどバックパックは無理だなと痛感しています(軽いギックリ腰になったので、あまり荷物を担げない)

中央アジアへは8月に入る予定ですか?丁度犠牲祭にあたるので、華やいで良いと思いますよ。

| らいら | 2018/07/23 13:45 | URL |

低橋さまいつもお疲れ様です
なんだかんだ無事で良かったです。
バングラデシュといえばカワウソ漁だと思うんですが見かけましたか?

| | 2018/07/23 15:20 | URL |

お疲れ様でした

インドと言いそしてバングラデシュといい心身ともにくたくたでしょう。今までもこれからも気の遠くなるような旅を続けていかれる低橋さんを思うとなんてたくましい、素晴らしいこと。でもそこにはいつも何かがある。行かないではいられないのですね。しかも対人恐怖症としてはさらに辛いものがあるし。でも面白いし、楽しいし、そして、、あなたのような旅のあり方が私は大好きです。 いつも応援しています。お体を大切にして良い旅を。

| みちよ | 2018/07/23 19:09 | URL |

Re: 笑ってはいけないのだけど

>らいらさん

いえ、どうぞ笑ってやってください。笑
このときは流石に大混乱でしたが、私も今は思い出すたびちょっと笑えてしまいます。

バックパックは本当に腰に悪いと思います・・!私も移動日が続くとミシミシと嫌な感じになるときがあって、そうしたら無理せず休むようにしています。あと、肩と背中と膝もやられます。。

中央アジアについて、犠牲祭はものすごく興味があるのですが、これから東北インドを回ってネパールを見て・・の後になるのでとても残念ですが犠牲祭には間に合わなさそうです。

| 低橋 | 2018/07/24 02:19 | URL |

ありがとうございます。
本当にどうなることかと思いましたが、おかげさまで私はすこぶる元気です。

>カワウソ漁
そんなものがあるとは知りませんでした。カワウソを獲るのかと思ったら、カワウソに協力してもらって魚をとるんですね。今調べてみたら今回行きたくて行けなかった南部マングローブ林エリアでやっているみたいなので、次回のお楽しみが一つ増えました。ありがとうございます!

| 低橋 | 2018/07/24 02:27 | URL |

Re: お疲れ様でした

>みちよさん

ありがとうございます。
このあとブログでも書いて参りますが、バングラデシュは本当にトラブル続きだったので流石にくたびれました(笑)でも、楽しかったです。みちよさんも書かれている通り、「行かないではいられない」のです。旅の病ですね。
対人恐怖症はお医者さんにかかったわけでもないただの自称ですし、ごく軽いものだと思うのでちょっとしたやり取りなら大丈夫なのですが、インド人といいバングラデシュ人といい軽いやり取りでは終わらせてくれないので、しょっちゅう追い詰められています(笑)ショック療法で治ったりしないかなあなんて考えてしまいますが。でもなんだかんだで楽しくやっているので大丈夫です◎ありがとうございます!

| 低橋 | 2018/07/24 02:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/956-f5aa9b46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT