PREV | PAGE-SELECT | NEXT

クルナ② バゲルハットの世界遺産


201807182101335d1.jpeg
BIWTCヘッドオフィス

本日はダッカ行きの老船・ロケットスチーマーに乗るべく、朝イチでチケットを買いに行きました。昨日聞きに行った港は少々遠いので、本日訪ねたのは偶然にも宿と同じ通りにあったヘッドオフィスです。

が、

オフィスの人「今日は船ないよ。」
「週一運航で木曜だけだよ。」
「次回は7/5。(5日後)」


とバッサリ斬られてしまいました。

昨日港で言われた「イエース!トゥモロートゥモロー!」は何だったのでしょう。


しかし、ここからもう少し南下したモレルガンジという町に行けば、月曜朝の便に乗れるそうです。明後日です。クルナは始発駅ですが河の水量の関係で時期によってはここまで船が来られず、途中駅のモレルガンジなら年中・ほぼ毎日運航しているそうで。

しかし本当に明後日乗れるのか、当日でもチケットが買えるのか、早めに予約しないと満席になるのでは?と大変不安だったので、クルナのヘッドオフィスからモレルガンジのオフィスまで電話予約を入れてもらいました。実際そういうサービスはしていないっぽいのですが、私があまりに必死の形相をしていたからか、助けてくださったのです。

私一人なら乗り損ねようが何日待たされようが構わないのですが、今回は相方ちゃんがおり私の乗船希望に付き合って貰っている形なので、ある程度計画的にいかなくては振り回してしまいます。彼女は「私は何でもいいですよー」と言ってくれるのですが、そうはいっても、そうもいかないではありませんか。

ここ数年ずっと他人との密な関わりを避けて生きてきたので、人との距離感がうまく掴めない情けない私でございます。



20180718210133bdb.jpeg

モレルガンジには明日移動するとして、今日一日は暇なのでクルナ近郊の世界遺産を見に行きたいと思います。

そのためにバスターミナルまで歩いて移動したのですが、昨日の列車に引き続き私達外国人はまあ目立って目立って目立ちまくって芸能人か?というくらい声をかけられまくってしまいました。

上の写真をよおーくご覧ください。

お気づきだろうか・・バングラ人ほぼ全員が笑顔全開でこちらを見つめている事実に・・・

私はもう動悸息切れ目眩酸欠で倒れそうです。この国怖いです。こっちを!見るんじゃない!



201807182101331f1.jpeg
チャー休憩

インドでお馴染みのチャイは、この国ではチャーと呼ばれているようです。

お味はインドのそれとよく似ていますが、インドではチャイ=ミルクティ一択だったものが、ここではミルク入りかストレートかたまに聞いてもらえます。また、インドのチャイはショウガやカルダモンなどスパイス入りのお店も多かったのに対し、バングラのそれはシンプルなミルクティです。濃厚ですごく甘いのは、コンデンスミルクか何かを使っているのかなと思いました。

別の露店で珈琲を頼んだ際は、紅茶にインスタント珈琲の粉を入れて「はい珈琲」と出してくれたので驚きました。中々にがらっぱちな作り方ですが、紅茶の香りがする珈琲は意外と悪くなかったです。



20180718210133c7c.jpeg

町の至る所にブラジルとアルゼンチンの国旗があるのでなんじゃらほいと思いガン見隊に聞いてみたら、サポートがどうとか言っていたので「ブラジルとアルゼンチンの政府がバングラデシュの経済支援をしてくれているのかな?」とか思っていたら、



20180718210133224.jpeg

「俺たちブラジル・アルゼンチンのサポーター!!」

が正解でした。

世界は現在ワールドカップに大熱狂中。自国チームが出場していないバングラの皆さんは、ブラジルとアルゼンチンを特に応援しているのだそうです。

バングラデシュでテレビが一般化された頃にちょうどマラドーナさんが選手として大活躍中で、そこからの流れで現在もアルゼンチンチームが大好きなんだそうで。ブラジルは何故か分かりませんが、きっと強くて格好良いからなのでしょう。

あと、「同じアジアチームとして日本も大好きだよ!応援してる!」と皆さん言ってくださいました。わたくし大変申し訳ないことにサッカーには詳しくないのですが、自国のチームを応援してもらえるというのはこんなに嬉しいことなのですね。



20180718210229186.jpeg

201807182102293ce.jpeg

20180718210229e44.jpeg
本日出会った風景



20180718210229503.jpeg
渡し船

目当てのバスターミナルが川の向こうだったので、渡し船に乗りました。3タカ(4円)でした。そしてまさかの立ち乗りでした。大して揺れはしませんが、ちょっと恐ろしかったです。



2018071821022990f.jpeg
本日のお昼ごはん

対岸に着きましたが、バスに乗る前に腹ごしらえです。本日のお昼ごはんはチキンカリーとフィッシュカリーにしました。バングラデシュでは、カリーのことをトルカリと呼ぶそうです。

インドカリーとは少し似ているけど少し違って、ちょっとカリー風味がする煮物みたいなお料理でした。どちらかと言うとスリランカカリーに似ています。塩気があるのと結構な辛さなのとで、ご飯がよく進みました。



20180718210425b87.jpeg

到着しました。世界遺産です。

世界遺産という四文字ばかりに注目するのもなんですが、名前がよく分からないので四文字呼ばわりでご容赦ください。クルナ近郊にあるバゲルハットという町の、4~6キロほど手前にある古いモスク群です。「バゲルハットの遺跡群」とかそんな感じの名前でしょうか。

なお、バングラデシュにはここの他にもうひとつ世界遺産と、自然遺産があります。その自然遺産とは世界最大級のマングローブ林を誇る国立公園で、是非是非是非行きたかったというか個人的にバングラ旅最大のハイライトだったのですが、季節が合わず行けませんでした。現在雨季真っ盛りでモンスーンやらアジエンスーンやらが吹き荒れており、ボートツアーが出ていないようなのです。

そんなわけで、正直だいぶやる気をなくしているバングラ旅2日目の今日です。



20180718210425073.jpeg

20180718210425475.jpeg
シャッド・ゴンブズ・モスジット 

話が逸れた上になんだかテンションが下がってしまいましたが、バゲルハットの世界遺産です。こちらは「シャッド・ゴンブズ・モスジット」という名前で、「60個のドーム」という意味だそうです。

が、



201807182104251f7.jpeg
(博物館にあった模型)

77個ありますね。


・・どういうこっちゃと半日頭をかかえてしまいましたが、このあと知り合った地元バングラ人男性が素晴らしいヒントをくれました。

実はこの「シャッド・ゴンブズ・モスジット」という名前は、発音の仕方によっては「ドームの屋根」または「60の柱」という意味にも聞こえるそうで、実際屋根はドーム状だし、柱は60本あるらしいし、そちらの意味なら何も間違っていないのです。

つまり、「二つが混ざって違う意味の名前になっちゃったんじゃないかな」ということです。

ものすごくスッキリしました。地元の人の話を聞くというのは素晴らしい体験であり、最高の授業ですね。



20180718210425e38.jpeg

2018071821155441f.jpeg

20180718211554655.jpeg

その後も別のモスクを見学したり、ヤギの喧嘩を見学したり、木こりのお仕事を見学したりしながら歩き、



2018071821155402b.jpeg

2018071821155447e.jpeg

20180718211554a6b.jpeg

3キロほど離れた別の世界遺産エリアへ。

その間に出会った地元バングラ人の皆さんも、例に漏れず大変フレンドリーでした。大人も子供も目が大きくて、瞳がとても綺麗なのが印象的でした。


ところで先程からずっとバングラ人と書いておりますが、バングラデシュとは「ベンガル人の国」という意味であり、バングラデシュ人(を勝手に略してバングラ人)とは「ベンガル人の国の人」という意味になり、要するにベンガル人であり、じゃあベンガル人って書けばいいじゃんと言われるとバングラ人のベンガル人とインド人のベンガル人は同じベンガル人でもちょっと性質が違う感じがしますから、ベンガル人と書くとどこガル人なのか分からないしバングラ人って書いた方がバングラ人のベンガル人って事が明確になり分かりやすいんじゃないかな〜

・・という上の文章がややこしすぎて何回も読み直してしまった方!

もっと時間を大切に使った方がいいですよ。



201807182116495a9.jpeg

20180718211649976.jpeg
カーン・ジャハーン・アリ廟

また話が逸れましたが、世界遺産です。こちらはこの辺りを治めていた人のお墓です。

お墓ですがご覧の通りの明るさで、人々の憩いの場となっています。サッカーボールも飛びまくりのぶつかりまくりです。お墓だっつーに。



20180718211649b4b.jpeg

廟の隣には大きな池があり、沐浴をしている人がいました。沐浴というか水浴びというか。どうもただの風呂代わりっぽいです。

そしてここで、一人のバングラデシュ人男性と知り合いました。日本語を流暢に話されるJさんという方です。日本人の奥様がおり、ご本人もずっと日本で働いていらっしゃるそうです。



2018071821164984f.jpeg

2018071821164902d.jpeg

Jさんが周囲の村を案内してくださいました。

最初の世界遺産エリアからここまで歩いたときにも思いましたが、この辺りは実にのどかで雰囲気が良いです。

以前はこの辺り一帯に何百ものモスクがあったそうですが、今はほとんど残っていません。しかしそのわずかに残ったモスクが現役で使われていたりして、歴史の舟の上に現代の人々がそっと乗りこんで移動しているような、ゆったりした時の流れを感じます。



201807182118199fa.jpeg

村と遺跡の見学を終えて廟まで帰る途中、「ワニが出たぞ~」との連絡を受けて見学に行かせて貰いました。何でも、近くの池に巨体なワニが住んでいてときおり顔を見せてくれるそうなのです。



201807182118196aa.jpeg

ワニです。

いやワニはいいのですが、近くないですかこれ。大丈夫なんですか。



20180718211649b4b.jpeg
先程の池

しかもこの池、どう見ても先程地元民が沐浴していたのと同じものなのですが。

私「襲われたりしないんですか?」
Jさん「何年かに一回ガブリとされてますけどね〜(笑)」


笑い事なんでしょうか。



201807182118197c3.jpeg
ワニとごはん(捌いてからあげていました)

この池には元々ワニが住んでいて、しかしその子は数年だか数十年前だかに死んでしまったのだそうです。

で、ワニがいなくなったことを寂しく思った地元民が、わざわざどこかから連れてきて放流したのがこの子なんだそうです。この子以外にももう一匹いて、二人して地元民に大変愛されているのだとか。ときおり食われているにも関わらず、何故その愛を貫けるのでしょうね。分からない世界です。



帰りはJさんがバス乗り場まで案内してくださり、無事クルナに戻って来ました。

本日はW杯・フランスvsアルゼンチン戦の夜。バングラ人達は皆町中の電気屋だったり即席スクリーンだったりを固唾を飲んで見守っていましたが、試合終了後は、昼間の破顔大笑が嘘のようにションボリしていました。


明日はモレルガンジに移動します。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングに参加しています。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ クルナ発のロケットスチーマー

http://www.biwtc.gov.bd(BIWTC公式サイト)

時期や天候によってスケジュールが変わるので、上記URLに載っている運行表は正確ではない。私が旅した6月下旬は週一、木曜のみの運行だった。モレルガンジ発なら日曜以外のほぼ毎日運航していた。

○ バゲルハットの世界遺産群

クルナ市街地東側のRupsaガートから渡し船で対岸に渡ると、バスターミナルがある。運賃3タカ、所要2分くらい。バゲルハット(Bagerhat)行きのバスに乗り、バゲルハットの町から4~6キロ程手前の遺跡群前で降りる。運賃50タカ、所要一時間くらい。60ドームモスクがあるエリアと霊廟の村は3キロほど離れているが、力車が何台も待機しておりシェアだと一人10〜20タカくらいで行ける。
ジャッド・ゴンブズ・モスジットのみ有料で、200タカ。その他は無料。

| バングラデシュ | 22:55 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

バングラデシュ編も楽しく読ませて頂いております!

写真みんな微笑みながらこちらを見ていますね!ガン見してますね!笑

引き続き楽しみにしています☺

安全で素敵な旅になりますように!

| ピロシキ | 2018/07/19 07:46 | URL |

低橋様いつもお疲れさまです
バングラデシュといえばベンガルトラだと思うんですが、野生のトラを見つけるツアーってありましたか?
あと、トラは好きですか?

| | 2018/07/19 12:22 | URL |

時既に遅しかもしれませんが

①イランへはトルコから抜けられます。イスタンブールからバスで東へ〜エルズルム〜タブリーズ〜テヘランというルートです(イランに居たトルコ人留学生達が利用していたルート)

②イランからトルクメニスタンに抜けられれば、トルクメニスタン〜ウズベキスタン〜キルギスやタジキスタンに抜けられます。そこからタシュクルガンを目指せばウイグル自治区入りです。

③もしパキスタンに行くなら、総選挙が終わってからの方が良いです。今、立候補者を狙ったテロが複数の州で起きています。
私は2年前にラホールに滞在しましたが、外出時は常に知人(パキスタン人)と一緒でした。

情報が古いし役に立たないかもしれませんが。

| らいら | 2018/07/19 14:15 | URL |

>ピロシキさん

ありがとうございます。
バングラデシュは本当に視聴率100%という感じで、どこを向いても誰かと目が合うし、チャイを飲みながら顔を上げると人だかりに全面包囲されていたりするのですごく怖かったです。笑

| 低橋 | 2018/07/20 02:08 | URL |

> ベンガルトラ

ありがとうございます。
ベンガルトラを見に行くツアーは見かけませんでした。今回あまり野山に行けなかったので、南部の国立公園とか北部の田舎の方に行ったらそういうのもあったかもしれません。
あと、トラ大好きです。大型動物は全部好きです。小型動物も好きだし虫とか爬虫類とかもだいたい好きです。

| 低橋 | 2018/07/20 02:16 | URL |

Re: 時既に遅しかもしれませんが

>らいらさん

沢山の情報をありがとうございます。

トルコからイランは抜けられるのですね。最近中東周辺の情勢がゴチャゴチャなので、その辺りももう駄目なのではないかと思い込んでいました。大切にメモさせて頂きます。
トルクメニスタンは、現状トランジットビザしか取得できないと聞いて悩んでおります。一国を駆け足で抜けてしまうのがどうも寂しくて。駆け足だろうと、全く見ないよりは見た方がいいとは思うのですが。。でもそこさえ越えてしまえば中央アジアから中国に抜けて帰国できるので、是非そうしたいです。
パキスタンはビザが切れてしまい、再度取得しようにも自国でしか取れないようなので、今回は断念せざるを得ない状況です。教えて頂いた総選挙がらみのテロも含め、もう少し治安が落ち着いてくれたらいいなと強く願っています。今最も行きたい国の一つなので。。

実際体験された方からの情報は何よりも為になるし、とてもありがたくて嬉しいです!教えて頂いてありがとうございました!

| 低橋 | 2018/07/20 02:36 | URL |

ネット検索してみました

ネット検索してみましたが、トルコ〜イラン国境閉鎖の情報はありません。それ以外にも、アゼルバイジャンやアルメニアルートもありました。カザフスタンに抜けられれば、ウズベキスタン経由で道は繋がりそうです。

トルクメニスタンへはウズベキスタンからもツアーが出ているので、一旦抜けた後再入国という手も使えるかもしれません。

今の時期アジアは暑さのピークなので、くれぐれもお体ご自愛下さい。

| らいら | 2018/07/20 21:05 | URL |

低橋様中央アジアのルート考えてるんですか?

イランに入国するとアメリカのビザが必要になってからトルクメニスタン→アゼルバイジャンに船で行く人が多かったですよ
トルクメニスタンもイランも独特で見る価値はあると思います

| レッドポーション吉田 | 2018/07/21 17:33 | URL |

はじめまして!
いつも楽しく読ませて見させて貰っております♪
常に読み逃げでした😅
久々の電車で暇なので、コメントしてみました!

この先も楽しい旅を!ご安全に!!


大切に時間を使えてない人よりww

| ryu | 2018/07/21 18:40 | URL |

Re: ネット検索してみました

>らいらさん

ありがとうございます。完全に私の思い込みだったようです。その辺りは陸路国境越えで繋げそうということで、今からワクワクしてしまいます。
トルクメニスタンツアーの件も、教えて頂いてありがとうございます。自力で慌てて行くより、ツアーで間違いなく行って帰るのが良いかもしれないですね。その辺り含め、改めてルートを考えたいと思います。

現在は標高高めの町にいますので、暑さに関してはしばらくは大丈夫そうです。
らいらさんもどうぞご自愛ください。

| 低橋 | 2018/07/21 23:58 | URL |

>レッドポーション吉田さん

はい。出来ればインド・ネパールの後中央アジアを回って、ウイグルの方からぐるっと日本を目指したい考えです。ちょっと最近トラブルが多いので、色々予定が狂いそうな予感もしているのですが。

イランはそういう問題もありますよね。アメリカにはまだ行っておらず、そのうち行くこともあるでしょうから少々気になっております。

トルクメニスタンーアゼルバイジャンの船は以前一度調べまして、でもトルクメニスタンのトランジットビザが出入国日とか色々厳しそうだからどうかな?と思っていたのですが、そのルートを利用している人が沢山いらっしゃるのですね。素晴らしい情報をありがとうございます。船で国境越えなんて素敵です。

| 低橋 | 2018/07/22 00:09 | URL |

>ryuさん

はじめまして!いつも見て頂いてありがとうございます。
電車の中の暇つぶし、大変光栄です。目標が「最高の暇つぶしブログ」なので。笑

そして読み返したのですねあれを。なんというか、すみませんw

| 低橋 | 2018/07/22 00:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/954-32d031a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT