PREV | PAGE-SELECT | NEXT

バンガロール行きバスがややこしかった話

次なる目的地はプッタパルティという町です。

ここハッサンからプッタパルティに行くにはまずバンガロールまで行き、そこでプッタパルティ行きのバスに乗り換える必要があります。

が、このバンガロール行きバス乗車がついツイッターで実況しちゃうくらいややこしかったので、本日はその実況ツイートと共にお送りしたいと思います。



<5/30 バンガロール行きバスがややこしかった話>


201806150534114c1.jpeg
ハッサン・セントラルバススタンド

シュラバナベラゴラ観光を終えた日の夜。

私はネットで予約しておいた23:30のバンガロール行きバスに乗るため、少し早めにハッサン・セントラルバススタンドに来ました。





暇潰しにツイッターなぞやりつつ待つこと一時間半。

その一時間半の間にバンガロール行きのバスは何台も来ていて、今も目の前に3台ほど停まっていて、どれが私の予約バスなのかさっぱり分かりません。なので23:30のちょうど10分前に来たバスに当たりをつけ、運転手さんに「これってこのバスですか?」と予約画面を見せてみたところ、「そうだ」というお返事を貰えたので私はそれに乗りこみました。

23:30ちょうどにバスは走り出し、その後しばらくしたら車掌さんが来ました。なので支払い済みであることを証明するため再び予約画面を見せたのですが、「このバスじゃない」と言われバスを降ろされました。

ちなみにバススタンドからはだいぶ離れた街灯のない道行く人もいない暴走自動車と唸る野犬だけがたむろする深夜の田舎道での出来事でした。




2018061505291050a.jpeg

もう予約の時間はとっくに過ぎてるしバス行っちゃってるんじゃないのか?何のために乗車前に確認したと思ってるんだ?あのイエスは何だったんだ?支払い済みの195ルピーお前が返してくれるんか?おお?

と髪を逆立てながら、ヘッドライトの明かりを頼りに歩いてバススタンドに戻ったのは23:50。

ほぼ諦めつつも「もしかしたらバスが遅れているかも」という一粒の可能性を信じ、案内窓口のおっちゃんに「このバスもう出ちゃいましたよね?」と予約画面を見せてみたところ、「大丈夫そこで待っていなさい」的なお返事が来ました。期待通りと言っていいのかまさかと言っていいのか、バスは本当に、少し遅れていたようです。ラッキーでした。


そして、





その一時間後にしたツイートがこちらです。

少しどころじゃなく遅れているようです。




20180615081731268.jpeg

この間にもバンガロール行きは何台も来たのでその都度確認しに行く私。そして全て「違う」と言われ撃沈する私。

どのバスも空席はあるのでさっさと乗り換えてしまえば楽なのですが、支払い済みの195ルピー(320円くらい)が惜しいばっかりにひたすら予約バスを待つという(主に財布が)可哀想な私です。




201806150529102cc.jpeg

途中で「予約確認メール2(乗車直前確認メールみたいなの)にバスの車両ナンバーが記載されている」という事実に気が付き、「おおこれは見つけやすいぞ!」と一瞬浮かれたものの、




201806150817316c2.jpeg

「いやでもここインドだし記載通りのバスが来るかどうか・・バスナンバーと運転手と車掌さんと案内窓口の4箇所に確認して多数決を取るくらい慎重に行かないと・・いやそもそも本当にバスは遅れているのか?実はもう行っちゃってるんじゃないのか?待っていたら来るのか?本当に来るのか?」

とだんだん疑いを濃くしていく私。






しかし、ここで転機が。

バスが来るたびにソワソワと動き回る私を心配してくれたのか、発車待ち中らしきバス乗務員さん達が声をかけてくれたのです。 

そして、使用言語が違うためにうまく会話は出来なかったものの身ぶり手振り&予約画面で状況を伝えたところ、一人の乗務員さんが「予約確認メールに記載されていたバス乗務員の番号に電話をする」というスーパープレーをしてくれ、「あと30分くらいで来るってさ」という明確な答えをくれたのです。




20180615052910e1e.jpeg

来るか来ないか分からなかったバスが「確実にもうすぐ来るバス」に変わったことにより、私はようやくホッと胸を撫で下ろしました。


しかしその30分後。





バスが中々来ないばかりか上記ツイートのような出来事があり、私はまた混乱し始めました。

「道が混んでいるか工事中とかで全てのバスが遅れを出し、出発時刻がズレこんでいるのだろう」と勝手に解釈していたのですが、どうやらそういう訳ではないようです。遅れているのは私の予約バスだけということになるとつまり・・どういうことだってばよ?状態です。




201806150817315bc.jpeg

その後、「あと5分待って来なかったら別のバスに乗ろう・・・でも10分後に来たら?」「じゃあ10分待って来なかったら諦めよう。でも15分後に来たら?」と脳内堂々巡りを繰り返し、さらに待つこと30分。

「30分後に来るよ」という答えを貰ってから既に1時間経っているし、実際の予約時間からは2時間半が経過。私がバススタンドに到着してからの時間で言うと、ぼちぼち4時間が経とうとしています。現在深夜2時前です。

私はようやく予約バスを諦め、別のバスに乗る決断をしました。




20180615074110963.jpeg

適当に乗り込んだバンガロール行きバスは、他のバスがそこそこの乗車率であるのに対し何故かガラガラでした。具体的な数字を出しますと、私と仙人みたいなお爺ちゃんの二人しか乗っていませんでした。しかも車内は薄暗くて不気味だし、先程まで「バンガロール、バンガロール」と呼び込みをしていた車掌さんはいつの間にかいなくなっているし、運転手さんは全く見当たらないし、一体このバスは何なんだろうとだんだん不安になって来ました。

そして暗闇の中ピクリとも動かない仙人の後ろ姿にビビりながら待つこと10分弱。私はついに耐えきれなくなり、バスを飛び出しました。




201806150533308e2.jpeg

人が沢山乗っていて明かりもついていて今にも出発しそうな別のバンガロール行きバスを選び直し、乗り込もうとした瞬間。突然、小さなお子さんを連れたご夫婦に声をかけられました。

旦那さん「君バンガロールに行くの?うちの妻もなんだ。一人で乗せるの心配だから一緒に行ってやってくれないか?」

とのことでした。

特に断る理由もないので、いや人見知りという弱点はありますが良い大人がそんな理由で断るのもどうかと思うので、私は奥さんと一緒にバスに乗り込み隣同士で着席しました。


そしてバスが走り出した瞬間、私の携帯に電話がかかりました。




20180615053330598.jpeg


私が予約したバスの乗務員さんからでした。






奥さんに事情を告げて謝りながら慌ただしく別れ、バスを止めて貰って運転手さんと車掌さんに平謝りしながら飛び降り、まだ外にいた旦那さんにも事情を話して謝り、「お~いここだよ~( ´∀` )ノ」と笑顔全開で手を振ってくる予約バス車掌さんに「お前も謝らんかい」と若干の憤りを覚えながらも、私はついに目的のバスに乗り込んだのでした。深夜2時5分の出来事でした。




2018061505341169c.jpeg
バンガロールKSRTCバススタンド・ターミナル3

そして翌朝、バスは無事にバンガロールに到着し、




2018061505341132c.jpeg
プッタパルティ・バススタンド

その後バスを乗り換え、昼頃には目的の町プッタパルティに到着しました。

(心理的に)異様に長い一日でした。


次回はプッタパルティについてまとめます。一時期日本でも話題になった奇跡のアフロ、サイババさんの町です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングに参加しています。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ ハッサンからバンガロール

KSRTC 州営バス予約サイト

KSRTCノーマルバスが深夜まで頻発。所要3〜5時間、運賃195ルピー〜。マンガロール発バンガロール行きに途中乗車する形。寝台バスもある。

○ バンガロールからプッタパルティ

バンガロールのKSRTCバススタンド・ターミナル3より、プッタパルティ行きのバスが出ている。164ルピー、所要4時間くらい。

北から来た場合はアナンタプルを経由する。アナンタプルからプッタパルティ78ルピー、2時間半くらい。

| インド | 23:53 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

インド時間?

こんにちは。大変でしたね。ご無事でしょうか?
こうして読んでいても、予約したバスに一体何が起きたのか分からないですw
ましてや、夜中にそんなトラブルになったら何が何だかですよね。
お疲れ様でした、ゆっくりミールスでも食べて下さい。

| カンナ | 2018/06/15 19:19 | URL |

Re: インド時間?

>カンナさん

ありがとうございます。無事です。笑
既に乗車していた(始発から乗っていたと思われる)人々は折り重なるようにぐったり眠っていたので、途中で故障でもして立ち往生してしまったのかもしれないですね。。

| 低橋 | 2018/06/16 01:12 | URL |

暴言ファン

病み上がりの後だったろうに大変でしたね
「バスに乗る」ってだけの話しがこれだけ騒動になるなんて
恐るべしは、インド?×低橋さん?=相乗効果?
メンタルをやられてしまうのも納得です

『衝撃の事実に気付いたのですが、私喋り方がブログみたいに…』 in ツイッター
ブログに時々登場する罵詈雑言なんかもそのまま喋ってたりしたら…
ちょっと、想像しちゃったら、なんだかもぅ、笑えて、笑えて…

つぃさっきまで文語調&丁寧過ぎにお話しされていたかと思うと、いきなり
『その鼻へし折ってシシトウみたいな顔にしてやろうか!』
なぁ~んて言われちゃったりするのでしょうか?

いつ吐いたかもぅ忘れちゃっただろうなぁ~こんなセリフ(爆)
いつでもこんな名言が飛び出すような元気な旅が続きますように!

| BLEU | 2018/06/16 09:47 | URL | ≫ EDIT

Re: 暴言ファン

>BLEUさん

いつもは割とスムーズなのですが、このときは何だかミラクルの連鎖が起きたみたいですね。笑

語学力の問題およびインド人と喧嘩するのが面倒臭いという考えから、普段はどんなにムカついても穏便&完結な会話だけでやり過ごしていますが、一度本気で頭に血が上って日本語で暴言を吐いたことはあります笑。自分の吐いた暴言がそのまま自分の耳に入って自分で引いて、スッと落ち着いたんですけども。怒鳴った訳ではないし内容も分からなかったはずですが、相手も何かを感じ取ったのか急に大人しくなったのがちょっと面白かったです。インド人が空気を読んだ!?と。笑

| 低橋 | 2018/06/17 14:54 | URL |

低橋さまいつもおつかれさまです
ジョジョに詳しい低橋さまに質問なんですが、インドには便器の中に豚がいるトイレがあるそうですが使ったことはありますか?
豚が顔を出したら棒で叩くタイプのやつです

| | 2018/06/18 22:21 | URL |

バスの送れ、途上国ではありがちですね。自分もモロッコのとある街で夜明け前(ほぼ深夜)、かなりの長時間バスを待ち続けたことがあります。まあ、その時は次から次へとバスが来るなんていうことがなかったので、ただ待つのみだったのですが。インドは経済発展が著しく移動する人の数もうなぎのぼりで、特にバンガロールは大きな街ですから、そこ行きのバスの便数も多く大変でしたね。しかし、インドのバスの遅れといえば下川裕治氏の本で読んだ(はずの)話なのですが、バスの中のテレビが故障して、映画を楽しんでいた客が騒ぎ出して、テレビの修理が始まりそれによってバスがとんでもなく遅れてしまうというような話が書かれていました。本当?という話ですが、インドならありえる話だなあと思いながら読んだ記憶があります(記憶がかなり曖昧ですが、その文章、まぼろしではなかったと思います-笑)

| オフ | 2018/06/19 10:40 | URL |

わははw
多分コルカタにあるんじゃないですか?ちなみにバラナシの久美子の家は豚洗式では無かったですけど。笑

| 低橋 | 2018/06/20 16:20 | URL |

>オフさん

バスが全く来ない状態で待つ方が精神的にキツそうです。。

>映画のせいでバス遅延
そのお話、私もなんとなく聞き覚えがあるような気がしたのですが何か別の話とごっちゃになっているかもしれません。でもすごくインドっぽいお話なので、色んな所でそういう事件が起きていそうですね。笑

| 低橋 | 2018/06/20 16:29 | URL |

確認しました

先日は本の確認ができない環境から記憶を頼りにコメントしたので、後から本当の話だったかどうか不安になりました。で、自宅の本棚を確認した所ありました。下川さんの『バスの上から世界が見える』という本で、その中に「ビデオが止まればバスも止まる」という文章がありました。インド恐るべし、です。まあ、だいぶ前の話なので、現在はかなり状況が異なるとは思いますが。

| オフ | 2018/06/22 22:05 | URL |

Re: 確認しました

> オフさん

ありましたか〜なんだかちょっと嬉しいです。笑
娯楽に全力投球のインド人らしいお話ですね。先日私もバス内映画上映を体験したのですが、映画の内容がすごく御都合主義というかありえない展開を見せるというか、一般人のおっちゃんが後半急に強くなってギャング達を素手で倒して美女をゲットして踊り出したので笑いました。

| 低橋 | 2018/06/26 06:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/945-713ff518

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT