PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アンバランゴダ経由、コロンボ帰還


本日はコロンボに帰ります。

ゴールからコロンボまでは列車もバスも沢山ありますが、私は途中のアンバランゴダに立ち寄りたい関係からバスで行くことにしました。

いや列車でも行けるしそちらの方が安いのですが、列車の次の出発は40分ほど先なので本数の多いバスでさっさと行ってしまおうと思いまして。そしたら午後イチのアンバランゴダ発コロンボ行きの列車にも調度良いタイミングになります。



・・まあバスは50分出なかったし、渋滞に巻き込まれ列車の倍の時間がかかったし、午後イチの列車は今日は運休だったので、私のナイスアイデアは全て無意味に終わったんですけども。




20180503220636649.jpeg

20180503220636274.jpeg

空しい気持ちになりつつも、車窓からの景色を紹介する理性的な旅人、私です。

ゴール〜コロンボ間の列車は海岸線沿いを走る景勝鉄道として人気があるそうです。でもバス通りの方が列車より海に近いのでオススメですよ!(負け惜しみです。)




201805032206367be.jpeg
アンバランゴダ・バススタンド

たった30キロの距離に一時間半ほどかけて、ようやくアンバランゴダに到着しました。

早速観光に行きたいのですがバックパックが重いので、とりあえず荷物預かり所を探すことに。声をかけてくれたバス勧誘のお兄さんに聞いたところ、「バススタンド内には無いから駅に預けたら?」とのことでした。




201805032206362e2.jpeg
アンバランゴダ駅(裏口)

鉄道駅はバススタンドのすぐ隣にあり、裏口みたいなのから簡単にアクセスすることが出来ました。




201805032206365e5.jpeg
認定・荷物預かり所

荷物預かり所は見当たりませんでしたが、駅員さんに聞いたら「あっちだ」とあっちを指差され、あっちにいた別の駅員さんに聞いたら「そっちだ」とそっちを指差されたので、あっちとそっちの間にあったこちらの待合室を荷物預かり所ということにしました。

一応ワイヤーロックはかけましたし、田舎の小さな駅ですのでまあ大丈夫でしょう。大丈夫じゃなかったらその時です。




20180503220636904.jpeg

身軽になった身体で駅を出ましたが、町がえらく静かです。

何を隠そう、いや昨日も書いたので今さら何も隠せませんけど、今日と明日は仏教関係の祝日なのです。ほとんどのお店が閉まっております。




20180503220722c13.jpeg
仮面博物館

ただ、ありがたいことに目的の仮面博物館は開いていました。

ここアンバランゴダは仮面の町として有名なのだそうです。その仮面とは本来悪魔払いの儀式に用いられるものでしたが、昨今はすっかり観光業や土産物としての活躍目覚ましく、悪魔の噂はどこへやらという感じです。

そんな仮面の町の伝統を集約したこちらの博物館ですが、残念ながら写真撮影禁止でした。

なので文章で説明しますと、鮮やかで面白い顔のお面が沢山展示してあって、身長100センチはありそうな大きな操り人形が不気味で、二階にある仮面ショップは面白いけどそれなりのお値段がしましたよ、とそんな感じでした。




201805032207224f7.jpeg

博物館の近くには仮面工房らしきものがいくつもありましたが、これまた残念ながら、軒並み閉まっていました。

何しに来たんでしょうね私は。いや博物館は見られましたけど、何かこう、スリランカ日記の最後を鮮やかな仮面写真と工房見学ワクワク日記で楽しく締めくくりたかったなあ~なんて下心がですね。

ボートサファリと言いホエールウォッチングと言い今回と言い、どうも観光運が離れて行っていますね。




20180503220722f74.jpeg
アンバランゴダ駅再び

駅に戻って来ましたが、次のコロンボ行きは16月8日だそうです。11カ月待ちですか。いや、でも外国は基本的に月と日を逆に書きますから、8月16日かもしれません。3ヶ月待ちですね。

駅員さんに聞こうにも窓口が閉まっており、仕方なく駅にいる一般人全員に聞いて回ったところ、皆さん口を揃えて「次の列車は15:16だ」と言います。どうやらこのキャンディ行きの列車はコロンボ経由で、この15月16日みたいなのは15:16を指しているようです。




20180503220722329.jpeg
バススタンド再び

再びバススタンドに移動しました。15:16は2時間後なので、そんなに待ちたくなかったのです。

また、スリランカ鉄道の公式サイトで調べた限りでは今日の14:15発というのもあったのですが、「今日は祝日だから来ないよ」とのことでした。何故「今日は祝日だから来ない」列車が今日の列車検索でヒットするのでしょうね公式サイトさん。




20180503220722dd7.jpeg
本日のおやつ

バスに切り替えたはいいものの、かなりの頻度で走っているはずのコロンボ行きがなかなか来ません。昨日一昨年とゴールの町を歩いた限りではコロンボ行きなぞ15分に一本、下手したら5分に一本ほど見かけたというのに、やはり祝日の影響でしょうか。


その後、「コロンボ」と書かれたプラットホームにておやつを食べながらバスを待つこと一時間。急にハローと声をかけられたので顔を上げると、一服盛られたインド人みたいな怪しげな風貌の男性が、インド人みたいなベタベタの英語で話しかけてきました。

その人はインド人ばりに顔を近接させながら、「今日は祝日だからバスは来ない。タクシーで行くしかない」とインド人みたいなことを言って来ました。「ふーんじゃあ列車で行くよ」と答えたら、「列車は夜遅くまで来ない」とまたインド人みたいなことを言いだします。

なので先ほど写した列車タイムテーブルを見せたら、何事も無かったように「バスは来ないがエアコン付きのスペシャルバスなら手配できる。たったの500ルピーだ」と相変わらずインド人です。ちなみにコロンボ行きエアコンバスの値段は200~せいぜい300くらいのはずです。

なので無視してさらに5分ほど待ったら、




2018050322072225a.jpeg

バスは普通に来ました。

インド人!インド人!


いやスリランカ人か。




201805032208148de.jpeg
本日の列車

上記のバスは30分待っても40分待っても出発してくれなかったので、結局列車で行くことにしました。

2時間かけて駅とバススタンドを行ったり来たり。スリランカに踊らされていますね。




201805032208144b5.jpeg

本日も列車は混んでいましたが、初めてドア横の席を確保することができました。席というか、単に開けっ放しのドアのところに勝手に座っているだけです。

窓際席よりさらに強い風が来るドア席はちょっと危険ですが、解放感は一等賞でした。




201805032208143eb.jpeg

車窓からの景色はやはりバスより少し遠いものの、列車旅のロマンは計り知れないものがあります。




20180503220814b9a.jpeg

201805032208145bd.jpeg

だんだん海に近づきバスルートを飛び越えた列車は、「海岸線を行く列車の旅」そのものになりました。




201805032208145a5.jpeg

コロンボが見えて来ました。

3週間前に一度来ているはずなのに、何か違う顔に見えます。私も3週間で成長し・・とかそういう事ではなく、角度って大事だなという話です。




20180503220851227.jpeg
コロンボ駅

着きました。




20180503220851e2b.jpeg

宿に向かう道すがら、こんなものを目にしました。

今日明日は仏陀の誕生日だか入滅日だかその両方だかと言うことでちょっとしたお祭りなのですが、写真のこれはダーツでしょうか。だいぶ巨大ですので、ボールか何かをぶつける感じかもしれません。仏陀の顔に。いいんですかそれ。

しかもダーツの内容がえらいこっちゃです。大体のところは仏陀ヒストリーの穏やかな部分を切り取ってあるのですが、




2018050322085181d.jpeg

一個入滅が混じってるんですけど。

これを当ててしまったらどうなるんですか。入滅させられるんですか。




20180503220851ced.jpeg
本日の宿

本日の宿は、前回とは違う所にしてみました。

前回の宿に不満があったわけではなく、ただの気分転換です。しかし前回の宿と徒歩一分、距離にして150mくらいしか離れていないので、何の気分転換にもなっていません。




201805032208514f3.jpeg

繰り返しになりますが、今日と明日は仏陀の何かで祝日です。で、「町に出ればフリーフードにフリードリンク、フリーアイスもあるよ!」と宿の人が言うので揚々と出てきたのですが、イルミネーションは見事なもののどこにも食べ物がないじゃないですかガッデムガッデム。




2018050322085146a.jpeg

仕方がないので前回来たのと同じ食堂に入り、値段も聞かずに「コレとコレとコレ!美味しそうですね!!」とランボー怒りの指差し注文しました。

後から「すんごい高かったらどうしよう」と顔面蒼白しましたが、実際は200ルピー(140円くらい)とお手頃価格でした。そしてお値段以上にとっても美味しかったので、一気に幸せになったのでした。

そんなわけで、スリランカ旅も本日でおしまいです。明日は夜の便でインドに戻ります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ ゴールからアンバランゴダ

ノーマルバス50ルピー、所要1時間半くらい。列車もあり、こちらの方が速いし安い。35ルピー、45分~1時間くらい。

○ アンバランゴダからコロンボ

列車三等75ルピー、所要1時間半くらい。バスも頻発。

○ コロンボの宿

「Backpackers Paradise Colombo」
ドミ一泊5.5ドル。朝食が良い感じで、珈琲紅茶はいつでも飲み放題。ホットシャワーが非常に優秀。施設は全体的に綺麗で新しく、過ごしやすい。ただ、Wi-Fiはあるが登録が必用かつ使用制限があり、しかも遅くてほぼ使い物にならなかった。キッチンはあるが料理は禁止、お湯を沸かしたりサラダを作るくらいならOK。共用スペースがあまり広くなく、チェックアウト後も長くは居させてもらえない。

駅近くから市バス103番に乗り運賃13ルピー、10分くらい。前回泊まった「Colombo City Jumbo Hostel」と目と鼻の先。(4/10日記参照)

| スリランカ | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メチャクチャ参考になりました!

以前ミャンマーのモンユワ大仏のタレコミをさせて頂いたマサラです。
安心して読めたスリランカ旅がとうとう終わってしまいましたね。
私は今年9月に丁度3週間(低橋さんと同じ位の期間)スリランカに行く予定なので非常に参考になりました。
本当はスリランカなんて小さい国だから2週間旅して1週間は瞑想センターに籠ろうかと思ってましたが、低橋さんがこんなに移動しまくっても3週間じゃ足りなかったほど思ってたより見所満載だと知りびっくりしました。こうなったら頑張って低橋さんと同じようなルートで周ろうと思います。
そしてとうとうインドに戻られたんですね。私もインドは4年前に40日位旅しまして、低橋さんが感じてらっしゃるもろもろのインドへの思いに激しく共感しています(笑)
めげずにこれからも頑張ってください!(特に北インド)
毎日応援してます!
長くなりましたが最後にインドのオススメポイントを。マイソールの近くなのでちょっとルート的に今回はもう無理かもしれませんが、私はハレービドとべルールと言う所の遺跡の彫刻がインドで見た中でダントツ好きでした。両方共規模は大きくありませんが物凄く細かくて保存状態も最高に良かったです。チャンスがあったら是非。

| マサラ | 2018/05/06 01:34 | URL | ≫ EDIT

Re: メチャクチャ参考になりました!

>マサラさん

こんにちは!その節はありがとうございました。

スリランカは思いのほか時間が必要でしたが、私はインドビザ取得に取られていた時間もあるので、3週間めいっぱい周ったらすごく良い旅になる気がします。楽しんでいらしてください!

インド共感ありがとうございます笑。そして旅行情報もありがとうございます。今調べたらおお!?これは!となりました。マサラさんはほんと魅力的な旅情報をお持ちでいらっしゃいますね。是非ルートを組んでみたいと思います!

| 低橋 | 2018/05/06 22:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/931-e42ecc4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT