PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スリランカへ


201804131400472db.jpeg

本日はスリランカに飛びます。

着地点の名前はコロンボ。首都ではないけど一番大きな都市で、実質首都みたいな扱いの街です。そんなことよりコロンボって名前アフリカ感がありますよね。




201804130118579f1.jpeg

チェンナイ空港に向かう道中に、道端屋台でエネルギー補給しました。

酸味のあるトロッとしたスープに、食べたことがないような何か覚えがあるような不思議な風味の肉が入っていました。さて何の肉でしょうなあとは思いましたが、こういうのは深く考えないことにしています。




20180413011857265.jpeg
チェンナイ国際空港

早く着きすぎたのでラウンジで時間を潰し、頃合いを見て出国ゲートへ。インド出国は思ったより時間がかかりました。

審査官が何故かパキスタンビザのページをまじまじと見ているし、何かメモっているし、ここへ来てパキスタンビザが効いて来たか・・!!と大変ビビりました。結局使わなかったパキスタンビザは、単にインド人を挑発するだけのページと化しています。

でも、よく見ると他の人達も結構時間がかかっているようです。時間がかかるだけでなく連行されてる人もいるので、そっか~目をつけられてるのは私だけじゃないのね~良かった良かった安心できねえ。

連行された人達(欧米系バックパッカー)は別カウンターで何かをした後すぐ釈放されていたので、多分ですが、「90日で一回出国」の期限が過ぎていただけなんじゃないかと思います。

インドビザは最近改変され、6カ月ビザを持っていても3カ月で一度出国しないといけない事になったそうなのです。「一回の滞在は90日まで」とビザに小さく印字されており、あまりに目立たないので私も全く気づいていませんでしたが、別の件について調べているときに偶然このことを知り、事なきを得ました。オーバーしていたとしても罰金を払えば済むそうですが、この広い国では隣国に逃げることは容易ではないし、周りはどこもビザが必要な国ばかりなのでなかなか面倒な改変です。

まあビザルールがコロコロコロコロコロコロコロコロ変わることで有名なインドですので、来年にはまた変わってるかもしれないしさらに改悪されているかもしれないし、どうしてこうインドと言う国は1から10まで旅行者を振り回し平気な顔で以下略。





20180413011857fc9.jpeg
本日のフライト

しかし、そんなインドとも今日でお別れです。

このとき勢い余って




20180413142556a4c.jpeg

というツイートをしましたが、実際は三週間後にチェンナイに戻る往復券を買ってしまっているので、束の間の別れに過ぎません。

ただ捕捉しますと私の暴言は北インド限定、もっと言えば北インドの観光に携わる糞野郎共限定のものであり南インドには別に恨みは無いので、次回戻る先は南インドなんだと思えば心を保てます。北インドで荒んだ心をスリランカで癒し、さらに南インドで人々の優しさに触れたら、この座り込んだ目も再び立ち上がりインドを見る目が変わるかもしれません。

嫌なら行かなきゃいいじゃんという声が聞こえて来そうですし、インド側にしたってこんな暴言吐きまくるジャップにわざわざ来てほしくないでしょうが、インド人の性質を考えると何を言われようが金さえ落とせば満足しそうというか、そもそも奴らは私のことを喋る財布としか見ていな(キリがないので以下略。)




20180413011857da1.jpeg
バンダラナイケ国際空港、コロンボ

コロンボ(郊外の空港)に到着しました。所要2時間半。スリランカは仏教国と言うことで、大きなお大仏様が迎えてくれました。



スリランカ入国は実にあっさりしたものでした。

私はスリランカビザをネットから事前申請しておいたのですが、これが記入する項目が少なく分かりやすい上、「申請後24時間以内に発給」という非常にありがたいシステムでした。そして私の場合、2分で発給されました。少し割高になりますがアライバルビザもあります。

スリランカ!スリランカ!


その発給ビザナンバーを携えての入国審査。若干ドキドキしながら列に並びましたが、審査はパスポートを見せるだけの簡単なものでした。ビザナンバーの提示も求められなかったし、出国フライトの有無とかも一切聞かれなかったし、ものの1分でビザシールをペタッと貼ってくれ、その横に入国スタンプをズバーンと押してくれました。

スリランカ!!スリランカ!!




20180413011857a0d.jpeg
本日の晩ごはん

すでに深夜2時過ぎですが、お腹が減りすぎて倒れそうだったのでまずはフードコートへ。今日は朝からあの変なスープしか口にしていないのです。フードコートは、フードコートとは名ばかりのただのパン屋でしたが、十分です。買ったのは魚フレーク入りのパイとミルクパンです。スリランカは魚介をよく食べる国らしく、フィッシュなんちゃらというパンが沢山売られていました。

パンは二つで110ルピーでした。まだスリランカのお金や物価のことをよく知らないので為替計算アプリを叩いてみたら、76円くらいとのこと。76円と言うとインドなら45ルピーです。ナルホドナルホド、空港で45ルピーならかなり安いんじゃないでしょうか。


・・・・。


なんで今インドルピー挟んだ?




201804130118573bc.jpeg
本日の寝床

すっかりインドに毒されておりショックを隠せないので、もう寝ます。今夜は空港泊です。

バンダラナイケ空港は深夜2:30でも煌々と明かりが灯されており、免税店も両替屋もATMもパン屋も携帯ショップも絶賛営業中でした。あと隅々までとっても綺麗に掃除されているし、簡易のインフォメーションデスクも開いているし、警備員がちゃんと巡回しているし、出来すぎなくらいよく出来ていました。

インドのコルカタ空港で寝た際に、両替屋のレートは阿呆みたいに悪いわ、ATMは無いわ、変に薄暗いわ、そのへんに死体袋みたいなインド人が転がってるわ、蚊は唸ってるわで非常に苦労したことが思い出されます。




20180413011925d1a.jpeg
空港で入れるDialogツーリストプラン

しかしそんなバンダラナイケ空港は、明るすぎて眠れないという弱点がありました。横になれるベンチもないですし、その辺りで言うと空港泊には向いていません。

で、あまりに眠れず暇なので、とりあえずスリランカの携帯SIMを買ってみました。到着ロビーには携帯会社が何軒も軒を連ねていましたが、私はその中からスリランカ最大手だというDialogを選びました。30日間有効、SIM代金込みで、プランの詳細や料金は写真の通りです。



インド入国までは頑なに現地SIMには手を出さなかったのに、一度便利さを覚えてしまうと駄目ですね。いつでもどこでもネットが使えるというのは旅を10倍くらい楽にしてくれましたが、旅の醍醐味は9割くらい減っている気がします。でもこのご時世にわざわざ文明の利器を避けて不便を突き進むと言うのも、なんとなく空しさを覚えるのです。

この空しさは、本当は船や陸路で「お金はないけど時間はある」旅人特有のロマンを追いたいのに、いまや空路の方が安くて何かおかしなことになっている状況にちょっと似ています。

自分に言い聞かせるかのようにずっと「旅人」を名乗り続けている私ですが、本当は「期間が長いだけのただの海外旅行者」に過ぎないことは自覚しています。

どうして現地SIMを買うだけでそんなネガティブ思考に到達できるんですかそういうところが根暗なんですよいい加減にしてください。



話が逸れましたが、空港で買う現地SIMは笑っちゃうくらい便利で楽でした。パスポートを渡して書類をちょっと書いただけで後はSIM入れ替えからセッティングまで全て窓口の人がやってくれ、5分後にはもう電話もネットも使えるようになっていました。

ただし、楽チンな分少し高いです。少しどころかだいぶ。翌日コロンボ市内でいくつかSIMカードの宣伝板を見かけましたが、値段は忘れましたが「え、そんな安いの!?しくじった・・」と思いました。個人的には、お金より楽さを取りたい人や一分一秒でも早くネットを使いたい人以外は、街に出てから買った方がいいのではと思います。楽なのは本当に楽です。そういう意味では空港購入がおススメです。


その後、バックパックにもたれていたらいつの間にか熟睡しており、起きたら首と腰をやられていました。

明日の日記に続きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

◯ チェンナイ国際空港、チェンナイ

チェンナイ市内鉄道で行ける。最寄駅は「Tirisulam」。国際線ターミナル内は出国前ホール、出国後ホール共に充電場所、フリーWiFiあり。WiFiは携帯番号登録、SMSでパスワード受け取り、使用リミット45分間。

◯ バンダラナイケ国際空港、コロンボ

24時間しっかりオープン。深夜に着いても両替、ATM、携帯SIM購入、タクシー移動など全て問題なし。フリーWiFiなし。充電はざっと見た限りでは見当たらなかったが、どっかにあるかも。コロンボ市内へは日中はエアポートバスが出ている。

| スリランカ | 22:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スリランカ文字

こんにちは、いつも楽しく読ませていただいています。スリランカ編待ってました!
私が中学生の時に青年海外協力隊員としてスリランカに行って来た美術教師がいました。その先生が黒板に「スリランカの文字ってこんなんやでー」って書いてくれたのがもう、何て言うのかな、くるくるってイメージしかなくて。よーあんなん覚えられるわ!って思った記憶があります。

スリランカは島国だし単一言語なのでしょうか? どこもあのくるくる文字なのでしょうか? いつも楽しく素敵な写真ばかりですが、今回はスリランカ文字も探しつつ楽しませていただきたいと思っています(^^)

ちなみに先述の美術教師は、その日以降ニックネームが「スリランカ」になりました(^_^;)

| ぱうこ | 2018/04/15 10:09 | URL |

Re: スリランカ文字

>ぱうこさん

スリランカ先生いいですね。笑
スリランカの文字は可愛いですよね。本当によく覚えられるなーと感心します。文字同士の違いもよくわからないですし。。
土産物屋とかにスリランカ文字をデザインしたTシャツとかバッグとかが売っているようなのですが、何が書いてあるのか分からないので怖くて手が出せません。笑

| 低橋 | 2018/04/16 10:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/912-c745c41b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT