PREV | PAGE-SELECT | NEXT

エローラ遺跡とダウラターバード要塞


20180328205345459.jpeg
本日の朝ごはん/バジャとチャイ 

宿前の屋台にて、玉ねぎとほうれん草が入ったかき揚げとチャイです。二つ合わせて20ルピー(35円くらい)。


今日は近郊のエローラ遺跡を見に行きますが、明日の足を確保するためにあちこち駆けずり回ったせいで午前中まるっと潰れてしまいました。今日はもう一ヶ所行きたい所があるので、急いで参りたいと思います。





20180328205345792.jpeg
エローラ遺跡

こちらは昨日行ったアジャンター遺跡よりだいぶ近く、市バスで一時間かからず来ることが出来ました。

エローラ遺跡は、

34の石窟が垂直な崖に掘られており、5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や修道院などから構成されている。仏教寺院の数は12窟で、ヒンドゥー教寺院は17窟、ジャイナ教の寺院は5窟。それぞれ石窟は近接している上に、作られた時期も重なっている。

です。Wikipedia先生より。

写真は16番寺院です。チケットオフィスが何故か真ん中の16番あたりにあり、入場したらこれだったのです。何故というか16番が一番の見所でここだけ見て帰りたい人がいるからでしょうけど、そういうフランスはパリだけ見とけばOKみたいな考え方は勿体ないと思うので、ちゃんと1番から順に回りたいと思います。

ちなみに私、フランスはパリしか行った事がありません。てへ。




20180328205345646.jpeg
1番石窟院

というわけでそびえる16番を一旦シカトして、1番石窟院へ。寺院同士が仲良くくっついているので、大した距離ではありませんでした。

そして、残念ながら一番は一番地味でした。




20180328205345833.jpeg

ここエローラ遺跡も、昨日行ったアジャンター遺跡と似た構造をしています。岩壁を一つ一つくり貫いて寺院を作ったど根性も一緒です。アジャンター後期とエローラ前期はややかぶっていますので、影響し合った部分もあるかもしれません。





20180328205436bc1.jpeg

20180328205436f98.jpeg

2018032820543625c.jpeg

20180328205436c78.jpeg
仏教寺院遺跡(1~12番)

いちいち何番とか覚えていられないので、気に入ったところを載せて行きます。

まずは仏教寺院から。こちらは5世紀から7世紀に作られたものなのだそうです。仏教寺院群に限らず、エローラ遺跡の寺院群は数字が大きくなるほど新しいものと考えて良いようです。

1番のようなあっさりしたものは小部屋を備えた僧院で、上に載せた彫像溢れる石窟がいわゆる本堂です。

Wikipedia先生によると

初期の仏教は己の救済だけ追究する内向的な思想であったという。そのため瞑想室のような閉空間を必要とした。時代が下がるにつれ、徐々に宗教は大衆を救う大乗的なものに変化し、それにつれて石窟寺院も開放的になっていく。

とのことで、一番が一番地味で、その後華やかになって行くのにはちゃんと理由があったようです。宗教の精神性が美術に如実に現れていて、何十世紀も未来の人間がそこから歴史を紐解いて行けるのは、大変面白い事であると思います。





201803282055450da.jpeg

2018032820554576b.jpeg

201803282055457cd.jpeg

20180328205545345.jpeg
ヒンドゥー教寺院遺跡(13~29番)

途中から速やかにヒンドゥー教寺院群に移行します。3つの宗教がここまで隣接しているって凄いことだと思いますが、それぞれの宗教の起こりや関係性を考えると、意外と自然な事なのかもしれません。




20180328205545594.jpeg

二、三階建ての大がかりな寺院が多いです。しつこい様ですが、手掘りです。




201803282056399f7.jpeg

2018032820563940a.jpeg

仏教もヒンドゥー教も共に偶像崇拝が認められていますが、その造形を見るとやはりヒンドゥー教は派手と言うかお祭り騒ぎというか、いかにもインド人が好きそうな感じです。

こちらはヨガの一種でしょうか。手足の数が多いのでもう何が何だか分かりませんが、とにかく何かのポーズを取っている神々だということは分かります。

余談ですが、これの前で同じポーズを取るヨーロピアンの写真を撮らされました。





201803282056392d9.jpeg
ガネーシャさん

よくわからんものを散々見せられた後に知っている神様に出会えるこの安心感。入信してしまいそうです。




20180328205908003.jpeg
16番

写真の順番が前後しますが、こちらかエローラ遺跡の不動のセンター、第16番石窟寺院です。ちなみにヒンドゥー教です。





20180328205755b11.jpeg

20180328205755077.jpeg

20180328205755d8b.jpeg

20180328205755d1a.jpeg

20180328205755115.jpeg

201803282057554aa.jpeg

これを手作業で掘った&彫ったそうです。

イカれていますね。




20180328205908ff3.jpeg

17番から先は少しだけ離れているため、こんな道を通って移動します。

あのしゅんごい16番の感想もう終わり!?って思ったでしょう。人が多すぎたんですよ。あと石窟の反響を利用して騒ぐインド人のうるささが常軌を逸していたんですよ。15分が限界でした。

そんなわけで16番の混雑っぷりと17番からの閑古鳥っぷりはまるで別世界のようで、私は今爽やかな風を胸一杯吸い込んでいるところです。遺跡がなんぼのもんじゃい。





20180328205908315.jpeg

20180328205908504.jpeg

20180328205908003_2018032820590955d.jpeg

この辺りはヒンドゥー教寺院ですが、ときおり奥歯の神様を見かけます。まあ普通に考えたら台座なんでしょうけど、それにしたって奥歯です。そして本体はどこへ行ったんでしょうね。ヒンドゥー教の神々は若干落ち着きがないところがあるので・・




2018032820590806e.jpeg

27番まで見学しましたが、ここから先へは行けないようです。良い感じの道なんですけどね。

このことは去年ここへ来た方のブログを拝見して知ってはいたのですが、一年経つのでそろそろ復旧しているかと思っていました。残念です。





201803282059457d2.jpeg
シャトルバス

しかし27番から先へ行けないかというとそういうことではなく、16番前からシャトルバスが出ていました。運賃は往復で21ルピー。だからその運賃はチケット代に含・・もういいや。




20180328205945e33.jpeg

20180328205945c1c.jpeg

20180328205945fd0.jpeg
ジャイナ教寺院遺跡(30~34番)

移動距離はほんの1.5kmくらいなので、あっという間に到着しました。

何か着た方がいい人達が写りこんでいるのは、ジャイナ教の一派閥・空衣派のあれであると思われます。

この先、旅の通り道と言えなくもない辺りに空衣派の人達が闊歩するジャイナ教の聖地があるのですが、行こうか行くまいかだいぶ悩んでいます。全裸の人はできれば見たくないけど、そこまでする宗教人達と、その人達が普通に暮らす町は見てみたい気がして。自分自身が無宗教だからこそ、宗教が持つ力というものに興味が尽きません。



さて、最後かなり駆け足でしたがこれにてエローラ遺跡観光は終え、もうひとつの目的地に移動したいと思います。評判の良い29番遺跡をすっ飛ばしてしまいましたが、もう仕方ありません。何を隠そうもう16:00を過ぎているのです。次の目的地「ダウラターバード要塞」は18:00で閉まるので、移動時間を考えると本当にギリのギリです。午前中のロスが悔やまれます。

そんなわけで急いで遺跡を出て幹線道路にてバスを待ちましたが、なかなか来ません。
  ↓
するとシェアジープに声をかけられ、すぐ出るというのでこれに乗ることに。
  ↓
しかしすぐといいながら全然出ず、そしてバスが二台ほど通りすぎていくのを目撃しました。
  ↓
くそ~インド人めがと思いながら勝手にジープを降り、次のバスを待ちます。
  ↓
バスはすぐ来ましたが何故か止まってくれません。走り去る車窓からバス停がどうとか言われましたが、ここバス停じゃないんですか?頼んますぜ地図アプリさん。
  ↓
振り向くとさっきのジープはもういません。そして次のバスが全然来ません。

何もかもがうまくいかない、そんなインドの午後です。


私が悪いのか!?インド人に翻弄されてるだけな気がしてならないんだけど本当は私が悪いのか!?そうなのか!?





2018032820594570e.jpeg

別のシェアジープに乗り、無事ダウラターバード要塞に移動することができました。写真は到着直前に撮った要塞です。超格好良いでしょう。コメント欄にて教えて頂き、ここの存在を知りました。

教えて頂いた方、ありがとうございます!




20180328210033e4c.jpeg


20180328210033010.jpeg

20180328210033990.jpeg

20180328210033b9d.jpeg

2018032821013384a.jpeg

見学時間が一時間しかないのでまたしても駆け足になってしまいますが、ダウラターバード要塞はめちゃんこ格好良かったです。

我らがWikipedia先生によると、

高さ200メートルの円錐状の丘の上に築かれたダウラターバード要塞は、中世インドで最強の要塞の一つであった。

とのことです。

最強!!最強!!

なんでしょうねこの二文字の熱さは。「俺らマジ最強ww」とか言ってる人を見ても可哀想な人としか思いませんが、それが要塞ともなれば本当に最強なのだろうと言うことが察せられる為、そのドキドキは図り知れません。もっとお近付きになりたいけどちょっと怖くて、でもそのスリルがたまらない!

って恋でしょうか。わたくし叶わぬ恋をしています。





20180328210133ea4.jpeg

ダウラバーダード要塞は要塞と言うだけで格好良いのに、さらにその立地が素晴らしいです。標高200mあるという小高い丘をせっせと登って行くと、




20180328210133909.jpeg

201803282101334f2.jpeg

こんな景色が拝めます。

最強!!最強!!


すみませんね語彙が足りていなくて。一応「素晴らしい 類語」で検索してみたのですが、言葉をこねくり回してもこの感動は伝わらないかなと思ったんです。

若者の使う「ヤバイ!」「パネぇ!」は言葉としては乱暴に聞こえるけれど、その思いを伝える手段としてこれほど適切な表現もないのかもしれないなと思う昨今です。枕草子だって現代語に訳したら「~って超キレ〜、超カワイイ〜」くらいしか言っていませんし、ヤバイもいずれは風情ある古語録に加わるのかもしれません。眼下に広がりたるはマジヤバしですよ。




20180328210211617.jpeg
コウモリ地獄

20180328210211b69.jpeg
手癖の悪い猿


20180328210211d22.jpeg

2018032821021108c.jpeg
スーパー遺跡タイム(日の入り直前)

もう少しゆっくり見て回りたかったですが、残念ながらタイムリミットです。




20180328210211c2c.jpeg
本日の晩ごはん

本日の晩ごはんは宿近くの屋台にて、初めて食べるインドのフライドライスです。ぶれてますがチャーハンです。インドチャーハンはやや中華味がしつつもしっかりスパイスと辛味を効かせており、譲れないインド魂を感じました。


明日はムンバイ経由でゴアに移動します。一泊二日の行程です。

その前に、北インドの周遊ルートを一回まとめたいと思います。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ エローラ遺跡

アウランガーバードのセントラルバススタンドから市バスに乗り、エローラ・ケイブ下車、運賃40ルピー、一時間弱。入場料500ルピー。16番前の広場から32番に行くバスは21ルピー。1.5キロくらいなので歩いてもいい。

○ ダウラターバード要塞

アウランガーバードとエローラ遺跡のちょうど中間くらいにある。エローラ行きのバスに乗りダウラターバード・フォートで途中下車してもいいし、シェアジープやシェア力車に乗ってもいい。私はエローラからの帰り道に寄った。エローラから要塞はシェアジープで30分くらい、30ルピー。要塞からアウランガーバードはシェア力車で20分少々、同じく30ルピー。

| インド | 21:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

一番が一番地味だったり
センターの十六番があっさりだったり
とても面白かったです!笑

低橋さん本当に文才があるなあと心から尊敬します。
旅を続けながら、毎日これだけの文を書くのも大変なのに、本当にいつもお疲れ様です!いつか漫画も含め、旅本にならないかなぁと願っています!

僕も今インドです!
低橋さんのジョードプルジャイプール情報をもとに1週間だけですが旅してます。
ラッシーやオムレツなどまわりました!

僕はもうすぐ帰国ですが
低橋さんは周りなんて気にせず(Twitter見ました。)
旅を続けてください!

低橋さんのブログを見て
情報を得たり楽しんだりされてる方たくさんいますよ!
見ず知らずの人にそんなことできるなんて、本当にすごいと思います。

いろいろ偉そうにすみません!
これからも応援してます!

インド暑すぎですね笑
お体に気をつけてくださいね!

| ピロシキ | 2018/03/29 02:20 | URL |

はじめまして!

いつもブログ楽しみにしています。
ブログを読んでインド熱が高まってきてます!アジャンター&エローラはそのなかでもかなり行きたいところ。要塞も初めて知りましたが気になります
そのうちわたしもインドに飛んでそうです

| わっしー | 2018/03/29 07:31 | URL | ≫ EDIT

>ピロシキさん

ありがとうございます。ツイッターの件は酔いが醒めたら色々恥ずかしくなるんだろうなあと思いながら投稿しましたが、案の定翌朝悶絶しました。笑
でも日本で苦しんでいる人達に伝えたかった思いは本当なので、酔った勢いでも何でも、言えて良かったです。

インド旅行楽しんでいらっしゃるようでなによりです!あの辺り良いですよね◎私も他の旅人さんにオススメしてもらって行きました。オムレツもラッシーももう一度食べたいです。特にラッシーは、ジャイプールやジョードプルのものが一番美味しかった気がしてます。

残りの旅程、暑さに体調を崩されないようお気をつけて良い旅をなさってください!

| 低橋 | 2018/03/30 01:03 | URL |

Re: はじめまして!

>わっしーさん

はじめまして、こんにちは!

アジャンター&エローラ、とっても良かったです。構造は似ていますがアジャンターは壁画が綺麗だし、エローラは三宗教の共存が興味深かったです。要塞は私も人に教わって知ったのですが、エローラの通り道で行きやすいですし、外国人観光客にはそこまで有名ではないのに実はすっごく良いので、是非是非!

| 低橋 | 2018/03/30 01:08 | URL |

ダウラターバード、良いですよね。

この辺、雨季に行くと緑が濃くて、また良いです。

ところで、前の方の記事にあったマンドゥ、雨季もしくは雨季あけ直後の緑の濃い季節に行ってみたいと思いました。良い場所を知ることが出来ました。

| オフ | 2018/04/02 21:24 | URL |

>オフさん

ダウラターバードについて教えて頂きありがとうございました!遠くから見ても実際入城してみても、どちらもすごく格好良かったです。

マンドゥは、現地の人も「雨季がいい」とお勧めしてくれました。あの断崖絶壁の世界が最も映えるのは、やはり緑の深い時期なのだそうです。私も雨季にまた再訪してみたいです。

| 低橋 | 2018/04/05 01:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/899-61a18f34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT