PREV | PAGE-SELECT | NEXT

マクロード・ガンジで食べたチベット料理まとめ


ひとつの記事にする程のものでもない簡易のまとめです。旧正月休業祭りじゃなかったらもっと色々食べてみたかったのですが。大食漢の腹の見せ所でしたのに。

追加3枚を除いては以前一度載せたものです。



<マクロード・ガンジで食べたチベット料理まとめ>


2018021903442679b.jpeg
Gyathuk1/Jimmys

ギャートゥクというすごく美味しいチベット料理があると聞いて頼んだ一皿です。

事前に得た情報ではマトン挽肉が載っており少し酸味がありパクチーが添えられていて・・とのことでしたが、何か違う料理が来ました。醤油っぽいこっくりスープに、ズッキーニと菜っ葉と鶏肉が載っていました。

まあ店によって色々違うのだろうということで、検証を続けることに。




20180225051438bc0.jpeg
Gyathuk2/200階段の一番上の店

別の店で頼んだギャートゥク。

麺とスープの味は上の店と似ていると言えなくもないですが、載っているものはマトンと野菜の炒め物で、そこは異なっていました。ちなみにマトンは私が選んだだけで、チキンバージョンもベジタリアンバージョンもありました。ということはギャートゥクをギャートゥクたらしめているのはこの麺とスープか!?と一瞬思ったものの、たった2店では検証にならず。本当は5店は試したかったのにガッデムでございます。

というわけで、「レシピを聞いてこい」とこの人見知りに無茶振りをしてくれたお姉様。スープはマトン挽肉を炒めたついでに出汁をとって塩と黒胡椒と醤油と何かオイスターソースっぽい味もしたのでその辺を混ぜて、麺は普通のラーメンかソーメン辺りで代用して、そこにさっきのマトン挽肉と何か野菜とパクチーを載せて、噂の酸味についてはライムを絞るなりすれば多分なんとなくそれっぽい味になると思うので、それで納得してください。二杯食べただけじゃよう分かりませんでした。マトンさえ入れれば美味しくなると思います。

以上、ギャートゥクレポートでした。

また別のチベット圏に行ったら検証の続きをやりたいです。




20180222021759077.jpeg
Keema Thukpa/Jimmys

ギャートゥクのレシピ(模造)を提出したのでもう真の目的は果たしたのですが、一応、引き続きチベット料理レポートです。

こちらはキーマ(ひき肉)トゥクパ(ヌードル)。肉が選べると言うのでマトンにしたら、これがギョッとするほど美味しかったです。マトン万歳と思いました。もうこれがギャートゥクでいいんじゃとも思いました。豚や鳥ではこの味は出ません。味付けは、これまたちょっと醤油っぽかったです。




20180211014841239.jpeg
前に食べたネパール料理店?のトゥクパ

ちなみに以前シムラとサラハンのネパール料理店で食べたトゥクパはどちらも少し酸味がありましたが、チベット料理店のトゥクパは(少なくともこのお店のは)酸味はありませんでした。

でも今思えば、これらの店は別にネパール料理店では無かったかもしれません。何か勝手にそう思い込んでいましたが、今調べたらトゥクパはもともとチベット料理のようですし。




20180219194834552.jpeg
Thenthunk(左)/店名不明

タントゥク、又はテントゥク。

停電のせいでこんな写真しかなく何も伝わらないかと思いますが、左がタントゥクです。前回この写真を載せたときにトゥクパですと書きましたが、よくよく思い返してみたらこれタントゥクでした。一緒に食べたマトン・モモがあまりに美味しくてタントゥクの記憶が吹っ飛んだのです。

タントゥクとは、きしめんをさらにつぶしたみたいな薄くて幅の広い、短めの麺のことを指すようです。別の店の英語メニューには「手でプレスした麺」みたいなことが書かれていました。

このお店のタントゥクは麺自体もスープも急いで仕上げましたみたいな感じでイマイチでしたが、おそらく店を選べばとっても美味しいトゥルトゥルタントゥクが食べられるんじゃないかと思います。スープに入ったタントゥクもあれば、あんかけみたいなのもあるようです。




20180224231440fc6.jpeg
Aloo Phing(右)とTingmo(左)/Jimmys

アルーフィングとやらはジャガイモ、春雨、チンゲン菜の入ったスープで、味付けはギャートゥク1とよく似ていました。何を隠そう同じ店だからです。

今回のスープはややとろみがあり、蒸しパン・ティン(グ)モとよく合っていました。そしてお腹の中でティン(グ)モがスープを吸って急成長を遂げ、後からウッとなるのでした。




201802250514380f0.jpeg
Dry Thukpa/Tibet Kitchen

ドライトゥクパ、その名の通りドライなトゥクパです。肉が選べたのでもちろんマトンにしましたが、濃い味のマトン挽肉が麺に絡んで大変美味でした。少しパサつきというかまあドライな感じもしますが、雰囲気としては油そばっぽい感じで、麺は普通のラーメンに近い食感でした。




20180225051438892.jpeg
フライド・モモ/その辺の路上

しょっちゅう食べてるフライド・モモです。モモはネパール料理だと思っていましたが、チベット料理だったのですね。今wikipediaを読んで知りました。「モモはネパール料理だと思っている日本人が多いが・・」と書いてありました。テヘッと思いました。

蒸しモモも揚げモモもすもももももももものうちですが辛いタレが付いており、これがよく合います。マナリーでは野菜のモモかチキンモモが多かったですが、マクロード・ガンジではこれにマトン・モモが加わり、これがまたべらぼうに美味しかったです。肉汁たっぷりで。マトンがあれば世の中は上手く回ります。北海道かモンゴルに移住したいです。

マクロード・ガンジの路上で売ってるフライド・モモは半分ジャガイモのモモを入れてくれるのですが、これがホクホクでとっても美味しいです。残り半分の野菜のモモは、何故かどの店もイマイチです。


以上、マクロード・ガンジのチベット料理一覧(旧正月の罠バージョン)でした。色々と中途半端なのは私のせいではありません。無念なり。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| インド | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/869-bb8f0351

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT