PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アグラへ移動


20180203001830aba.jpeg

201802030018308f4.jpeg
サモサを食べながら乗り合い力車仲間募集中

本日はアグラへ移動します。タージ・マハルがある町です。オルチャからは列車で3、4時間と非常に近いので、午後の列車でのんびり参ります。





20180203001830660.jpeg
ジャンシー・ジャンクション駅

列車は本日もスリーパークラスです。短距離の昼便ということで普通座席もありましたが、大して値段は変わらなかったのでスリーパーにしました。昼寝しようと思って。




2018020300183094a.jpeg
車内風景

どっこい今回のスリーパークラスは前回乗ったガラガラのそれとは全く違い、だいぶ混雑していました。

まず私の席に知らん人が座っているし、仕方なくその横に座っても一切詰めてくれないし、インド人は他人と接触することに全く抵抗がない国民性なのでグイグイぶつかってくるし、ピッタリくっついて来るし、ペタペタ触ってくるし、車内はむせかえるようなインド人臭が充満しているし、数時間なので構いませんがこれが長時間になったらちょっと辛いかもなと思いました。

インド人臭に関しては、人の体臭をとやかく言うのは良くないので慎重に言葉を選びますと、スパイスと汗と便所の匂いが混じったような臭いです。あ、はっきり言ってしまった。

いや、スパイスと汗はいいんですよ。日本人だって醤油くさいとか言われていますし。ただ便所臭いのは何なんですかね。トイレ前ならともかく何故その臭いが車内に充満するのですか。誰ですか公衆トイレ経由で列車に乗り込んだのは。

あとついでに文句を言わせて頂きたいのは、何故頭上からお菓子の粉が降り注いでくるのかということです。上段で食べること自体は別にいいんですよ。そこが貴方の席なのですから。ただ下に人がいるのですから、こぼさないように気を付けてくださいよ。いや人がいなくても気を付けなさいよ。大人でしょうが!





20180203001830d03.jpeg
アグラ駅ホーム

アグラ駅に到着しました。疲れました。そして人が多いですね。オルチャに帰りたいです。

駅の外に出たら案の定オート力車愚連隊に取り囲まれ戦争になりましたが、割愛します。いちいち触れていたらキリがないので。

一応記録を残しますと、交渉という名の喧嘩の末支払った金額は、アグラ・カント駅からタージ・マハル付近の町中までで50ルピーでした。オート力車のチャーターです。ちなみに言い値の平均は150〜200でした。

タージ・マハル付近まで(具体的な場所は不明)なら乗り合いが出ているようですので、こちらは20くらいで乗れるのではないかと推測します。あくまで推測です。




20180203005422ec2.jpeg
本日の宿

本日の宿は、事前に予約しておいたお久しぶりのドミトリーです。一泊165ルピー(280円くらい)となかなかのお手頃価格。大きな観光地はあまり好きではないですが、旅行者が多い分安宿も沢山あるのはありがたいです。

宿のオーナーらしき人は大変気さくで明るくて、「僕ら友達!フォーエバー!インドは世界一安全な国だよ!エンジョイ!」みたいなことを言っていました。インド人だなと思いました。

私達はこれで永遠の親友になったらしく、その後やたらと絡まれドミ部屋まで頻繁に遊びに来られ話始めたら止まらず人の話を聞かず、インド人だなと思いました。




2018020300190579b.jpeg

20180203001905a15.jpeg
本日の晩ごはん

宿はタージ・マハルまで徒歩10分という好立地にあるために、その周辺は高そうなホテルやレストランばかりが並んでいました。一応、ダウンタウンの内側に入ればお手頃そうな食堂も見かけましたが、今日は移動しただけで異常に疲れたので宿の有料晩ごはんで手を打ちました。

ら、これが大変良かったです。野菜炒めとダール(豆のカリー)とごはんとチャパティというシンプルなメニューなのですが、おかわり自由だったのです。本当にいくらでも食べてOKとのことだったので、沢山おかわりしました。

おかずの顔が見えない薄暗い屋上で食べるのは訳の分からん体験ですが、火を起こしてくれたので温かく、幸せでした。「明日も宿で食べる」で決定です。


明日はタージ・マハルとアグラ城を見に行きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○アグラの宿

「Rainbow Hostel (Big Brother Hostel)」
ドミ一泊165ルピー。タージ・マハルまで徒歩10分。宿のほぼ全域に届くWi-Fiあり。ホットシャワーはあるが、お湯が沸くのに時間がかかるので浴びる1時間前に申告しておくと良い。部屋によってはトイレシャワーが無いらしく、頻繁に宿の人や他ドミトリーの人が入ってくるのが若干落ち着かない。150ルピーの夕飯は美味しくておかわり自由。

| インド | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/849-919b2eb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT