PREV | PAGE-SELECT | NEXT

バラナシ⑥最終日


20180129012003973.jpeg
本日のお昼ごはん兼晩ごはん

ちょっと残金が心許なくATMも働いてくれないので、節約しました。2つで12ルピー(20円くらい)でした。

ATMにお金が入っていないのかカードが合わないだけなのか分かりませんが、前回コルカタで下ろしたときも何台か試さないといけなかったので、一発で上手く行かないのはインドATMの仕様だと思うことにしています。

道端揚げ物屋台で買ったこちらは、黒っぽい方がほうれん草と豆の揚げ物で、茶色い方が肉入り揚げパンみたいな食べ物でした。





201801290120037f6.jpeg
牛の尻

今日は午前中はブログ更新と次の町の情報収集に当て、午後は牛の尻を追いかけていたら列車の時間が来たので特に何もしておりません。

ですが、バラナシに関して載せ忘れた写真や話題があるので今回はそれを書きたいと思います。時系列は滅茶苦茶です。あしからず。





20180129012003f8f.jpeg

20180129012003908.jpeg
犬コレクション①普通の犬

よく撮れた犬写真のまとめです。

バラナシはコルカタ以上に野犬の多い町でしたが、皆のんびり穏やかなので危険な感じはしませんでした。ただどの犬も皮膚病を患っているらしく、所々毛が抜け落ちてかぶれているのは可哀想でした。





20180129012105e38.jpeg

20180129012105547.jpeg

2018012901210509f.jpeg
犬コレクション②子犬大家族

前にも載せたものが混じっていますが、バラナシ犬家族です。生まれて間もない子犬達とその家族の姿を毎日見られたのが、バラナシ最大の喜びでした。






201801290121052e2.jpeg

201801290121058e6.jpeg

20180129012105d34.jpeg
犬コレクション③スヤスヤの犬達

バラナシの犬は子犬も成犬も実にのんびりしており、だらけきった寝姿が大変愉快でした。コルカタや他の国の犬達は近づいたら敏感に察知して飛び起きたり目を開けたりしていましたが、バラナシ犬は駄目です。完全に野生を失っております。





20180129012147e76.jpeg
わたりどり

早朝ボートに群がる鳥の群れを見て「ち、鳥葬・・・」とか思ったのですがそういうアレではなく、餌をやっていたようです。今くらいの時期になるとバラナシには渡り鳥が沢山やって来るのだそうで。ちなみに私は第一希望山の肥やし、第二希望鳥葬、第三希望犬の餌です。火葬は勿体ないから嫌です。





201801290121479cf.jpeg
虎柄のヤギ

いつも同じガートにいる謎の子ヤギです。





20180129012147a2f.jpeg

20180129012147158.jpeg

201801290121471bc.jpeg
コーラム

街中やガートでこういう絵や模様をよく見かけるのですが、コーラムというものなんだそうです。

鮮やかなチョークで描かれたこれは、主に南インドのヒンドゥー教の人々が行なっている風習で、魔除けやおまじないの類なんだそうです。ただバラナシは若干現代アートの気配漂う町ですので、これらの一部は宗教儀式ではなくそっちの可能性もあります。





2018012901224317a.jpeg
おかし

サクッと揚げた小麦生地をジュワッとシロップに浸けた感じのお菓子で、こちらも道端揚げ物屋台で買いました。

すごく美味しいのですが、震えが来るくらい甘いので3日くらい砂糖はいいやという気持ちになります。渋いお抹茶かブラック珈琲と共に頂きたいお菓子です。





20180129012243340.jpeg
おかし2

「世界一甘いお菓子」と言われていると聞きましたが、もしかしたら私にそれを教えてくれた人がそう思っているだけかもしれません。世の中には世界一がごまんとあることですし。でももうこれが世界一でいいですよってくらい甘かったです。

サクッ

「ぐわっ!」

バタッ

「はわわわわわわ・・・」(全身の震え)

って感じの甘さでした。角砂糖齧るより甘いってどういう事なんでしょうか。





2018012901224337c.jpeg
ビール

バラナシは宗教都市なので基本的には飲酒禁止っぽいのですが、こっそり売っている店もあるそうで、先日遊びに行った日本人宿で一本だけ飲ませてもらいました。コルカタでもあまり見かけなかったし、インドはタイやミャンマーに比べ飲みにくい印象です。

今は寒いので飲めなくてもそれほど苦にはなりませんが、南の暑いエリアに行ったら是非飲ませて頂きたいものです。まだインドのベストつまみは候補すら上がっておりませんので、これからのお楽しみなのです。





20180129012243d12.jpeg
ラスト・チャイ

チャイなんかどこでも飲めるのですが、ガンジス川を見ながら飲むチャイはこれが最後です。ガンジス川を見ながら飲むチャイは、やはり少し特別な感じがしました。





20180127111433f9c.jpeg
参考画像:オート力車

さて、本日はまた夜行列車でカジュラホという町に移動します。

まずは駅に行かないといけませんが、結構ギリギリの時間になってしまったのでオート力車で参ります。私は値段交渉とかはあまり得意じゃなく、4キロ歩くよりよっぽど疲れるのであまり乗りたくないんですけども。

駅までの相場は知りませんが、昨日サールナートからの帰宅時に逆ルートで乗ろうとしたら150だとか200だとか言われたので、おそらく50ルピー(90円くらい)とか、せいぜい100ルピーくらいで行けるんじゃないかと踏んでいます。

が、案の定と言いますか、オート力車愚連隊は皆「200だ!」「300だ!」と強気の金額を言ってきます。「高すぎる」と立ち去ろうとするとすぐに

「じゃあ150!」

と下がりますが、まだまだ高いです。


「じゃあ500!」

何が「じゃあ」なんでしょうか。





201801290122437a9.jpeg
サイクル力車の座席から

結局オート力車はやめて、サイクル力車に声をかけることに。こちらの方が時間がかかるので少し安いはずです。ドライバーさんの負担はこちらの方が上なのに、世知辛い世の中です。

サイクル力車のこぎ手さん達は皆最初は100とか150とか言っていましたが、「50しか出しません」と貫いたら早い段階で折れてくれた人がいたので、その人に頼みました。もう少し安くても行けそうでしたが、人一人乗せてチャリを漕ぐキツさを思うと無理に値切れませんでした。あと、そろそろ出ないと本当に列車に乗り遅れてしまいます。


しかしサイクル力車は思いの外快速で、良い時間に駅に着いてくれました。ありがたかったのと初のサイクル力車が楽しかったので、約束より少しだけ多めにお渡ししました。





20180129012243f9c.jpeg
バラナシ駅

列車の出発まで少し時間があったので駅周辺の目についたATMを全て試したのですが、4台試してもどこもお金が出てきませんでした。コルカタでもそうだったと最初に書きましたが、あの町では確か3台目くらいには下ろせたと思います。一方バラナシは既に10台近く試しているのに全滅です。

思わずネットを開きキャッシュカードのアカウント情報をチェックしましたが、特に利用停止措置などは受けていないようです。

バラナシのATMはどうなっているんでしょうか。これから行く先は田舎町のカジュラホでその次はさらに田舎のオルチャという町なので、是非ここで下ろしておきたかったのですが。





20180129012305705.jpeg
本日の列車

本日の列車が来るはずのプラットホームには、別の列車が停まっていました。なので「これが出たあとカジュラホ行きが来るのかな?」と思って待っていたのですが、実際はこの列車のうしろ4車両だけカジュラホ行きがくっついているという形で、それを駅員さんから聞いた時点で既に出発10分前だったので大分慌てました。列車がとにかく長くて。





201801290123054d9.jpeg

20180129012305dd2.jpeg
本日の寝床(一番上)

本日もAC3クラスですが、随分空いていました。

回りは外国人バックパッカーと韓国人らしき団体様で埋められていましたし、車両のクラスだけでなく行き先によっても客層は随分変わって来るようです。この列車の行き先は大都市ではなく小さな観光地ですので。

列車が遅れなければ、夜明けより少し前にカジュラホに着きます。一風変わった世界遺産で有名な町です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| インド | 22:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

低橋様は野良犬なでなでしたりするんですか?
私は皮膚病の子でもかわいく近寄ってきたら触っちゃいます

| | 2018/01/29 16:03 | URL |

皮膚病より狂犬病が怖くてあまり野犬には近づきませんが、向こうから可愛く寄って来たら私もつい触ってしまいます。

| 低橋 | 2018/01/30 03:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/844-0c58b1c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT