PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上海街歩き② 上海博物館


本日は上海博物館に行きます。ここは中国三大博物館のひとつで、残る二つは前回行って酷い目に遭った故宮博物館と、南京博物館とのことです。

そんな立派な博物館なのになんと無料だそうです。中国さんどうしたんですか。






20170817022644b04.jpg
本日の朝ごはん兼昼ごはん

まずは早めのお昼ご飯。

三大博物館というからにはかなり大きな博物館でしょうから、閉館まで出てこられないことを見越しての腹ごしらえです。本日は排骨飯にしました。骨までほろほろで美味です。






201708170226445a9.jpg
上海博物館


20170817022644cb0.jpg
に入るための行列

閉館まで云々以前に、入館にえらく時間がかかっております。荷物チェックがあるのでそのための行列のようです。

が、一時間並んで荷物チェックを終え博物館に入ってからも、さらに謎の行列が続きます。これは一体何待ちなんでしようか。まさか来場者が多すぎて、ずっとこうやって並びながら見学するんでしょうか。そんな芸当が中国さんに出来



そして行列タイムも優に二時間を越え、腰が痛くなってきた頃・・・





20170817022644e44.jpg

私は今、この何の興味もない特別展に並んでいるのだと気がつきました。


常設展のための通常行列じゃなかったんですね。
大英博物館展に用はないのですが。少なくとも、二時間並ぶほどの用は。



さっさとこの列から脱出します。

私「すみませんここ(列を囲む柵)から出ていいですか?常設展が見たいんです」
監視員「大英展は見ないってこと?Are you sure?(本気で?)」


いや、そんな風に言われると見なきゃいけない気が・・・





20170817022644b4b.jpg

結局離脱して、常設展を見に行くことにしました。

大英博物館は既に英国で見たのでいいのです。そしてそこはうちの姉が英国に行くたびに一週間籠って出てこなくなるという狂気と呪いに満ちた場所でもあるので、あまり近づきたくないのです。


それはさておき上の写真ですが、私が並んだ所の反対側にある常設展用の入り口です。

空いてますね。





2017081702271132d.jpg

201708170227114e0.jpg

常設展です。青銅器や色んな器を集めた展示室と、





2017081702271146c.jpg

家具類の展示室が良かったです。





20170817022741bc3.jpg

そして民族衣装の展示室がまた!!

中国各地に暮らす民族達の衣装を展示してあるそうです。たまりません。






20170817022741541.jpg

この辺りが好みです。マネキンが何故か半笑いなのは気になりますが。






2017081702274133b.jpg

201708170227418e4.jpg
魚の皮の服

こんなのもありました。

強度はいかほどなのか、生臭くないのか、猫に襲われたりしないのか、炎天下にこれを着て歩いたらいい感じに焼けてくるのか、そして美味しいのかなど、興味は尽きません。





201708170227415d3.jpg

お面の展示も良かったです。

お面と言えば、我らが愛知の星・民族博物館リトルワールドのお面コーナーも実に見事なので、皆来たらいいと思います。たまにやる世界のスープフェスタとかビールフェスタとかが楽しいです。さらに、世界中のビールや食べ物が買えるお土産物屋が魅力的です。年間パスを買えばたった3回で元が取れるので、興味のある方はそちらがお勧めです。

以上、宣伝でした。金は受け取っておりません。

今船の中でこの日記を書いていたら隣に座った日本人カップルが「名古屋はなんもねえよ~?(笑)」という話を初めたので、カッとなって書きました。

まあリトルワールドは犬山市ですけど。
名古屋はなんもねえよ。






20170817022804493.jpg

20170817022804beb.jpg
舟山路周辺、旧ユダヤ人居住区

行列のお陰でそこそこの時間になってしまったので博物館からは撤退し、本日はもうひとつ。旧ユダヤ人居住区を見に来ました。ここは迫害から逃れたユダヤ人達が居住していたエリアで、今でも当時の建物が残っています。





20170817022804075.jpg

建物は中国のそれとは大きく異なりますが、現在そこに住むのは中国人なのでしっかり中国色に染まっていました。まず電線まみれなのが完全に中国ですし、相変わらずそこに洗濯物を干してますし、なんかとっ散らかっています。こういう各国文化のごった煮みたいな雰囲気はとても好きです。





2017081716532585c.jpg
ユダヤ難民記念館

こちらももちろん目的の一つでしたが、残念ながら閉館後でした。
大英博物館の呪いの余波が・・・






201708170228555c5.jpg

ユダヤ人居住区近くには4年ほど前に閉鎖したばかりの監獄跡地もあるということで、見に来ました。刑務所だとマイナスなイメージしかないですが、監獄と聞くと血生臭い大正ロマンみたいな変な興奮を覚えるのは何故なんでしょう。

しかし上の写真は実は監獄でも何でもなく、ただのその辺にあった壁です。監獄がどこにあるのか具体的な場所を知らないのです。なのでとりあえず監獄と言えば!の高い壁を探そうと思いまして。

写真のこれは、私でも頑張れば越えられそうなくらい低かったので違うと思います。






201708170228554c4.jpg

201708170228557f1.jpg

その後も壁を見つけてはキョロキョロし(公安に見られたら嫌だから)、背比べをして高さを測るという滅茶苦茶怪しい行動を繰り返しましたが、それらしきものは見当たらず。






20170817022910454.jpg

壁に囲まれたこんな空間ならありましたが、
以前はここに監獄があったけど閉鎖後とっとと解体しちゃいましたよ~

・・・ということでいかがでしょうか。もうこれでいいですか。暗くなってきたので帰りたいです。





2017081702285582e.jpg

結局、これが一番監獄っぽいかな?と思ったのですがどうなんでしょう。





201708170228550d8.jpg

20170817022855d11.jpg

別サイドはただの素朴な住宅小道です。この壁の向こう側が監獄なのではないかという推理です。

監獄ですかねこれ。なんか違う気が。
まあいいやこれが監獄ということにしましょう。監獄監獄。ナイス監獄。






201708170229109cc.jpg
最後の晩餐

上海最後の晩餐は、前回食べてべらぼうに美味しかった記憶のある肉入り月餅にしました。中華風ミートパイみたいな感じで、サクサクな生地に肉汁じんわりでとても美味しいのです。沢山お店があり、皆さん何個も箱入りで買っていきます。

その後は少しお土産を買って、宿に帰りました。
明日は帰国船に乗ります。


追伸: 監獄はやはり取り壊し済みだった模様です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 中国 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/763-fcd75527

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT