PREV | PAGE-SELECT | NEXT

南部ザミンウード国境越え②、北京へ


20170809082745f82.jpg

おはようございます。夜明けと共にトイレ休憩です。だいぶ南下してきたのに朝はまだまだ寒く、夏だということを忘れそうになります。

バスは7:00ごろにはザミンウードに着いたものの、国境がどうやら8:00にならないと開かないらしく、それまでバスも他の車両も長蛇の列を作って皆で待ちぼうけしました。





201708090827454ed.jpg

8:00になり、車両達がいっせいに動き出しました。

まずはモンゴルの出国審査。の前に、出国税か何かと思われる5000Tg(220円くらい)の支払いがありました。モンゴル人の皆さんは1000Tgでしたので、外国人料金があるのだと思います。後ろでオタオタする私達外国人勢に5000Tg札を振って見せてくれた係の人の好プレーがありがたかったです。

そして、




201708090820476be.jpg

出・国!!

いやあ怖かった。

本来、出国でどうこう言われることはあまりないはずですが、3日前の例のアレでがっつりパスポートコピーをとられているので、ブラックリストに載ってるんじゃないかと心配で。せっかくパスポートが新しくなって色んなしがらみから解放されたと思ったのに、また変な不安要素を蓄積しております。何も悪い事してないのにパスポートが常に鈍色です。

なお、日付を見ると3日ほど余裕があるように見えますが、30日カウントで言うと明日の6日が滞在リミットでした。でも最終的に一日早く出られたので、いい感じに終われて結果オーライだなと思います。早すぎても勿体無い気がしますし。


さて、モンゴル出国のあとは中国の入国審査です。
両国間の審査会場はバスで一瞬です。





2017080908204744d.jpg

入・国!!

いやあ怖かった。本来、入国でどうこう言われることは結構あるかと思うのですが、加えて今回は目の前で二人連行される瞬間まで見てしまったのでまあ~~生きた心地がしませんでした。三人目はきっと私だろうと。あ、でもあまりドキドキするとサーモグラフィーに引っ掛かって別件で連行されるのでは!?落ち着け私・・・!

ってずっと考えてました。すごく疲れました。




その後はまたバスに乗り、あっという間に二連浩特のバスターミナルに到着しました。

ここからは上海まで一気に行きます。本日はまず北京へ。

電光掲示板を見ると北京行きのバスはまだまだ空席が沢山あり時間も選び放題でしたが、バス勧誘のおっちゃんがわざわざ紙に書いてまで16:30のバスを勧めてくれたのでそれにしました。

切符は窓口で買った公式のやつなので、おっちゃんが客を集めなければいけない理由が分からないのですが、中国のバスは人を沢山乗せた方がドライバーの賃金が上がるとかそういう仕組みなんでしょうか。一月前に北京から二連浩特に行くために乗った闇バスみたいなやつといい、中国バスの仕組みが全く分かりません。そもそも公式とか非公式とか無いんでしょうか。窓口で扱っているバスと扱っていないバスの違いは一体?





201708090820474c7.jpg
余ったモンゴルトゥグリック

現在の時刻は午前10:00。バスの発車まで随分時間がありますので、とりあえず財布の中身を整頓しました。モンゴルトゥグリックをバックパックにしまい、代わりに中国元を出します。

モンゴルトゥグリックは、数えたら38,390Tg(1,730円くらい)余っていました。いい感じです。そこまで大量に余った訳でもないですし、次またこの国境に来たときのウランバートル行き列車代に充分足りる金額です。丁度良し。ただ割と少額紙幣が残り、面倒な札束になってしまったのが失敗でした。





201708090820471e0.jpg
本日のお昼ご飯

バスターミナル脇にあった食堂でお昼ご飯です。

頼んだのは何か麺料理。メニューの中国語を読めないでいると係の人が気をきかせてモンゴル語メニューを出してくれ、余計読めなかったので一番上のを頼んだらこれでした。

前から思っていたのですが、中国のラーメンって味が薄くないですか。店にもよりますが。塩気もそうですが、それ以上に出汁が利いていない感じがします。

と思いGoogle先生に聞いてみたら、やはり薄いようですね。中国や台湾は、ラーメンに限らずスープの類は薄いことが多いのだそうです。そしてそれはスープを飲み物と捉えているからで、ご飯のおかずだったり麺を美味しく食べるための味付けだったりする日本の考え方とは違うからだよ~みたいなことが書いてあるサイトがあり、納得しました。

もしかしたらラオスみたいに、味付けは自分でしなさいシステムなのかなと思っていました。そしていつもうっかり黒酢を投入し、すっぱい麺を食べていました。





20170809085424e6f.jpg
二連浩特国内便待合室

昼食後は、待合室でひたすらバスを待ちました。前来たときは気づきませんでしたが、このターミナルには無料Wi-Fiが飛んでいたようです。壁に電源が沢山あって充電できるし、なかなか良い待合室です。Wi-Fiがあるならこれ幸いと、今後の旅程に関する予約を色々と片付けました。

帰国の日が近づいており船の予約も既にしてしまっているので、ここからは割と計画的にいかなければいけません。いやこれまでも計画的だったんですけどね。その計画がうち崩れたというだけで。





20170809082119eff.jpg
本日のバス

お久しぶりの寝台バスです。そして先程、明日の上海行きの夜行寝台を予約成功したのでもうこっちのもんです。上海まで寝るだけ。




http://jp.ctrip.com/

中国鉄道その他予約サイト「Ctrip」

このサイトが滅茶苦茶便利です。手数料はかかりますが、「夜行列車は油断するとすぐ売り切れる、そして窓口は言葉の問題が・・」という我々外国人旅行者には大変助かる、日本語&日本のクレジットカード対応です。上のリンクはサイトですが、アプリの方が圧倒的に使いやすいです。キャンセルや払い戻しもボタン一つで簡単。是非お試しください。

以上、宣伝でした。金は受け取っておりません。





20170809082119cf9.jpg

20170809082119420.jpg

その後時間通り出発したバスは、恐竜のいる草原を走り抜けました。一月前に見た恐竜博物館の近くを通ってるのかな?と思いましたが、GPSを見たら全然場所が違いました。

恐竜博物館のときも思いましたが、良い展示の仕方です。恐竜像と解説を並べるのではなくただ恐竜だけを走らせているのが、太古の昔の風景を再現しているかのようでロマンがあります。こんな展示の仕方もあるのですね。

広い土地があるからこそできる、壮大な遊び心です。


明日は多分夜明けごろに北京着、正午発の列車で上海に向かいます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ モンゴル→中国国境越え

所要時間だいたい一時間半くらい。モンゴル出国時に5000Tgの支払いが必要。

○ 二連浩特から北京へバス

運賃220元、所要12時間くらい。


20170712014736875.jpg
時刻表

| 中国 | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ザミンウードの出入国スタンプって

モンゴル制限時間内の脱出おめでとうございました^^
低橋さんにはこれに懲りず中国と周辺他国との国境リスト(通れるか通れないか)を作ってもらいたいくらいです♪
私も時間に縛りがなければ低橋さんみたいに危ない橋を渡ってみたいものです。

ザミンウードではスタンプをパスポートの最終ページに押したがるんでしょうかね。
私が行ったときもいきなり最終ページに押してくださいやがりました。

| Haruka | 2017/08/10 13:16 | URL | ≫ EDIT

Re: ザミンウードの出入国スタンプって

>Harukaさん

国境越えであまり無茶を繰り返すと本当にブラックリストに載る可能性が・・笑

ザミンウードスタンプは本当にもう、コンニャローと思いました。前のパスポートは確かギリシャかどっかが最終ページに押してくれたような。いやウクライナだったか・・。一回「入国スタンプどこ!?」ってキレ気味に言われたことがあって、お前んとこの審査官が適当に押すからでしょうが!って思いました。笑

| 低橋 | 2017/08/10 22:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/756-a6de2e7e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT