PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ハトガル3、湖畔散歩とか


201707310053385d0.jpg
宿の犬か迷い犬

今日は宿に籠ってブログを片付けていました。朝夕冷え込む北部の町にいながらゴビ暑い熱いと書き続けるのも、そろそろ終わりにしなければ。





201707310053386eb.jpg
ビジターセンター

なんていいつつ、結局じっとしていられなくて散歩に出ました。私は日本にいるときは酷い出不精なのですが、旅先では割と動いてしまいます。周りの旅人達がワクワクする話をしているのが聞こえて来るので、じっとしていられなくなるのです。

で、用もないのにビジターセンターを訪れたのですが、今日は開いていました。昨日も一昨日も閉まっていたのに、三度目の正直とはこのことです。

が、入り口は開いていたものの、畳一畳ほどの空間を開けて、向こうにある二番目のドアに鍵がかかっていました。畳一畳にはフブスブル湖周辺の地図看板と、「こんなものが見られますよ〜」という紹介写真が置かれているのみです。

きっと明日来れば次のドアが開き、何日か連続で来ればラスボスに会えるのでしょう。





20170731013235ce6.jpg

さて、他の旅人達から聞いた話の中で、今回最も心踊った内容はこちら。ロシアへの国境越えの話から何となく手持ちの地図アプリを拡大したら、これが出てきたのです。ブリヤード共和国とは一体!?

ブリヤード共和国とは、ロシア連邦を構成する共和国の一つ。東シベリアのバイカル湖の南東部に位置する。元々はモンゴル系のブリヤート人の居住地であり、伝統的な牧畜などが営まれていた。民族構成はロシア人、ブリヤート人など。現在はロシア人が全人口の7割を超え、混血も進んでいる。

とのことです。Wikipedia先生より。


連邦国家を分解して考えたら、こういう小さな国が世界中に沢山あるんですよね。さらに、公式非公式も無視してシーランドとか入れた日には世界は一体何百ヶ国になってしまうんでしょう。なんだかワクワクすると共に、若干引き気味の私でございます。

「世界一周の定義」みたいな話になってくるのですが、世界一周と大きく出たからには何らかのゴールを見いださなければいけないわけで、それを「全ての国に行く」に定めるとしたらそれって可能なのか?いや国際情勢的に不可能だろう。そもそも国の定義とは?どこまでを国とカウントするのか?一歩足を踏み入れたら一カウントなのか?飛行機のトランジットで物理的には入国してるけど記録上はしてない場合は?

などなどなどなど疑問が膨らんでいき、頭が痛くなるのです。

そしてとっくにゴールを見失っている私です。
どこまで行けば「世界一周完了」になるんでしょうか。
終わりが全く見えません。





20170731005338fb4.jpg

201707310053383b0.jpg

201707310129275e9.jpg

2017073100533810c.jpg

話が大幅に逸れましたが、引き続きハトガル散歩です。

今日はいいお天気なので、湖がキラキラ輝いて綺麗です。





20170731012927f79.jpg

ゴミをいっぱい拾ってきました。

湖畔クリーン大作戦とかではなく、今晩用の着火材です。手持ちのゴミは燃やし切ってしまったので。こういう準備をするのも火遊びの楽しさの一つなので、液体着火剤とかは敵だと思っています。まああれはあれで面白いんですけど。





20170731012927535.jpg
本日の晩ご飯

本日も宿の食堂メニューより、ビーフトマトスパゲティです。麺が伸びています。




20170731012927523.jpg

で、火遊びと晩酌をしてから寝ました。
とっても楽しい3日間でした。

明日はウランバートルに戻り、そのままバスを乗り継いで別の町に移動します。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| モンゴル | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/746-95e0afb4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT