PREV | PAGE-SELECT | NEXT

グラーツ観光&今度こそスロベニアへ

車両切り離しによる邦人連れ去り事件から一夜明けて。



IMG_1368.jpg

ホテルの星の数を見てビビり、朝食を食べに行くだけなのに
一番綺麗な服を来て髪型を整えて準備体操をしてから臨みました。

が、実際行ったら周りはTシャツ短パンとかで拍子抜けしました。





さて、今日こそはスロベニアに渡りたいです。

次なる目的地であるスロベニアのポストイナへはユーロナイトという夜行2本で行けることが分かったので、これを買いに朝一で駅に行きました。が、残念なことに早くも満席になっていました。

なので行き先を変更して首都リュブリャナへ。
これなら午後発の良い便があります。乗り換え一回、所要3時間半です。

本当はポストイナまでの便も沢山あるのですが、乗り換えの少ない、良い時間のものが見つからなかったので。
今日は半日グラーツ観光をしたいので3時くらい発の便が良かったのです。

なお、マリボルは経由地であって目的地ではないので未練はありません。



マックのWiFiでリュブリャナの宿の予約もしました。

昨日の失敗はグラーツの宿の事はもちろん、予約しておいたマリボルの宿に行けなくてキャンセル料を100%取られているのも効いてるのでかなり躊躇しましたが、ここで「宿は取らない方がいい」という発想に行ったらミシュコルツ事件の二の舞を踏む事は目に見えています。なので、シーズンが明けるまでは可能な限り事前予約をすることに決めました。

参考までに、

(1)ミシュコルツ事件:安宿が見つからなくて高い宿に泊まらざるを得なかった事件。
(2)グラーツ事件:予約した宿に行けずにキャンセル料を取られた上、予定外の地で高い宿に泊まった事件。


のことを言います。

そのうち
(3)○○事件:高い宿すら見つからなくてマックで夜を明かす事件。
(4)△△事件:マックが無く駅も閉まって路上でとうもころし抱えて泣く事件。


が追加される予定です。
(3)はともかく(4)は断固避けたいです。

あと、

(5)コシツェ事件:宿は見つかったけどマックでマックラップの開封方向を間違えて中身が全部出た事件。

というのもあります。
宿が見つかったからといって油断は禁物なのです。




P6302597.jpg
グラーツ市内

そういえば以前グラーツに来たくて堪らなくなったことがあります。

でも何が目的だったのか思い出せないので、とりあえずツーリストインフォメーションに行って地図とパンフを貰って隅々まで探してみました。すると、「収蔵量の多さが自慢の武器庫」というのが載っていました。

これです。




今日は結構時間があるので、まずは展望台に行ってみることにしました。
グラーツ市内には小高い山があり、その上には時計塔という観光名所があります。さらにその上の頂上まで行くと、グラーツ市内が一望できる展望スペースになっているようです。


P6302437.jpg

P6302453.jpg

頂上まではケーブルカーに乗って行きました。帰りは歩いたのですが、
これが結構な距離とキツイ坂だったのでケーブルカーを選んで正解だったと思います。



P6302461.jpg

頂上から見たグラーツの街並みはオレンジの屋根が鮮やかでとても綺麗でした。

ただ、頂上に点在するカフェの傘が邪魔であまり良い写真が撮れないのが難点です。




P6302479.jpg
時計塔

お城が無くなった今、グラーツのメインシンボルとも言えるのがこの時計塔です。
お城はハプスブルク時代にフランス軍に壊されてしまったそうです。

そういうわけで山の上は広い公園になっており、時間をかけて見学する場所はないので早々に下山しました。


私は歩きましたが、時計塔の近くからエレベーターで降りることもできます。
エスカレーターではなくエレベーターです。山を突き抜けて下っていくと思うとちょっと可笑しいような。



P6302485.jpg

途中、謎のトンネルがあったので入ってみました。

中は所々洞穴のような場所があり、観せる目的っぽい照明が付けられているのですが、電気ケーブルが散らかっていたり光量がたりなかったりであまり完成された空間とは言えず、何を目的としたものなのかよく分かりませんでした。



P6302498.jpg

トンネルの先は街に繋がっていました。横にはエレベーター乗り場もあります。
この写真の風景が面白いので、ケーブルカーで登った方も是非裏から街へ降りてみて下さい。




お次は数年前に行きたくてたまらなかった場所だと思われる武器庫です。

これまでにも「武器庫」という名前の展示施設には色々行きましたが、これまでのそれは「武器博物館」であって「武器庫」ではなかったんだなと認識を改めました。

ここはまさに武器庫でした。


P6302550.jpg

こんなんです。すごいでしょう。

入口からして結構狭く、小さそうな建物なので「ここに本当に4万点あるの?」と思いましたが納得。
今にも兵士達が現れ、武器を手にとって出陣しそうな雰囲気です。


P6302507.jpg

触らないで下さいって書いてあるけど触りたくなる気持ちちょっと分かります。
触りたいというより、あまりにも大量に積まれているので展示物ということを忘れそうになるんです。



P6302581.jpg

カブトを被り、剣を持って写真を撮れます。
写真の子は良いノリですね。


武器庫は本当に圧巻でした。
興味がない人でも入った瞬間思わず吹き出すと思うので、是非足を運んでみて下さい。





グラーツは美しい街で他にも見所は沢山あるのですが、
あっという間に時間が過ぎてしまったので駅に戻って電車に乗りました。

オーストリアの鉄道はよく整備されており、ECなどの長距離列車は全く揺れないし静かです。

書いてなかったですがシベリア鉄道は滅茶苦茶揺れます。トイレで着替えるなんて至難の業ってくらい。
あとポーランド鉄道も結構揺れた気がしますが、鈍行に近い列車だったので仕方ない気もします。



IMG_1377.png

列車の乗り換えは国境付近でありました。

またおかしな所に連れていかれてはたまらないので、

1、ネットで調べたプラットフォームを確認し、(そこに電車はいなかった)
2、駅の時刻表を確認し、(何故か載ってなかった)
3、駅員さんに聞き、(ようやく目標を発見)
4、列車入口の行き先表示を三度見し、(一応全車両見たけど全部リュブリャナ行きだった)
5、乗り込む前に「この"車両は"リュブリャナに行きますか?」と車掌さんに確認し、

ようやく安心して乗りのみました。
グラーツで植え付けられたトラウマは深いです。


2時間後、無事リュブリャナにたどり着き、プラットホームに降りた瞬間ガッツポーズをした私を、他の旅行者が奇異の目で見ていました。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| オーストリア | 08:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

武器庫 すんごいですねぇ~~
写真で見てても圧巻ですv-218

それと、★★事件 あまり増えない方がいいとは思うんですが、BLOG読んでる方は「面白い」です(´∀`*)ウフフ

| daoo | 2012/07/09 10:40 | URL | ≫ EDIT

>daoo先生

以前お世話になっている人に「どういう内容が面白いですかね?」と聞いたら
「トラブル」と即答してくれました。笑

私もトラブルが起きるたびに「ブログに書こう」と思えるので、
笑い話にできる余裕ができて助かってたりします。笑

| 低橋 | 2012/07/10 03:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/74-4248807e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT