PREV | PAGE-SELECT | NEXT

万里の長城


201707062028296c2.jpg

豪雨と雷の音で目が覚めました。
今日は万里の長城に行こうと思っていたのに、何てこったです。

しかし半分以上諦めつつも10時頃まで待ってみたら雨は細くなり、そして「雨の日なら長城も空いてるかもしれない!」と思いついたのでやはり行ってみることにしました。



長城はその名の通りえらく長いためいくつも名所があり、そのうち3、4箇所が北京から行ける名所として有名のようです。一番行きやすくて人気なのは「八達嶺長城」という所ですが、相当混雑するようなので止めました。こんな雨の日なら人も減るかもしれませんが、雨の上混雑してたら目も当てられません。

なので、割と空いている上に美しいと噂の「慕田峪長城」に行ってみることにしました。





20170706202829e77.jpg

着きました。

本来は2本の市バスを乗り継いで来るはずでしたが、一本目のバスを降りた際に次のバスについて聞いた人がうっかりタクシードライバーの人で、あれよあれよと言う間に他のご家族連れと相乗りで長城まで行くことになったので早かったです。

まあ一人10元(160円くらい)払えばいいとのことでしたし、何よりご家族連れに「さ、行くわよ!」みたいなノリで来られたら今さら「私はいいです」とは言えなくて。




20170706202829615.jpg
入場券とシャトルバス往復チケット

タクシーの運転手さんはこの先の入り口まで送るよと言ってくれましたが、往復のシャトルバスチケットを買ってしまったので私はここでお別れしました。

チケット売り場から長城入り口までは、5キロほど離れているそうです。






シャトルバス乗り場までは土産物屋やレストランが並んだ通りを歩きます。バーガーキングがありますね。久し振りに見ました。好きです。でも中国は普通の食堂がお安いので、わざわざ高い外国チェーンに入るには勇気が要ります。




20170706213043021.jpg

シャトルバスで移動後、長城エリアに入場しました。ここから長城までロープウェイもありますが、例によって歩きです。




20170706213043dae.jpg

なんか既視感のある光景ですが・・・また「ロープウェイが正解でした」という結論が出ないことを祈ります。





201707062137336db.jpg

2017070621373315a.jpg

20170706222003da3.jpg

20170706222208fc3.jpg
万里の長城

着きました。そんなに遠くなかったです。

曇天ですが、移動している間に雨は上がりました。やや霧が出ていますが、一寸先も見えなかった黄山登山に比べれば可愛らしいものです。そして噂通り、そう混雑していなくて良い感じです。

しかし、よくこんな立派なものを何万キロも作ったものです。長城はどこぞの皇帝が一気に作ったという訳ではなくて、長い年月をかけて少しずつ増築されて行ったんだそうですね。中国の長い戦国の歴史が伺えます。





20170706222343b6f.jpg

20170706222343084.jpg

登ったり下ったりの道のりには長い階段もありますが、見た目に反して比較的緩やかなものも多いので歩けてしまいます。ただ段の高さや幅がバラバラなので、むしろ下りの方が危ないし怖いです。





201707062225367c3.jpg

向こうのお山にも長城が続いているのが見えます。この「続いている」というのがロマンです。バスにはなくて列車にはあるロマンは、この系統だと思います。



長城には中国の人達と同じくらい、欧米の皆さんが沢山いました。

こういう人達はまず間違いなく旅行者でしょうから、私は親近感を覚え「お仲間」くらいに思うのですが、向こうからしたら私は地元中国人にしか見えない訳で、なかなかお仲間認定してもらえなくて寂しいです。

お仲間になれたらタクシー代を割ったりツアー代金の大人数割ができたりするのに。つまりまあ所詮は金目的の薄っぺらい仲間意識という





20170706222536fc8.jpg

入場券の裏には地図が印刷されているので、これを見ながら歩きます。

よく見るとハガキになっていますね。ポケットに入れていたのですでにクタッとしていますが、実家にでも出してみたいと思います。





20170706222343d1f.jpg

塔の中はひんやりしていて気持ちがいいですが、物陰からトイレの臭いがします。





20170706223750ce3.jpg

げんなりする長さの登り階段ですが、これが意外と遠くないです。登り階段に限らず、すごく遠くに見えた場所まで割とすぐ行けてしまいます。視覚マジックですかね。あるいは黄山で鍛えられた私の足が思いの外屈強になっているのか。





2017070622253663b.jpg
ゴール

・・・かと思いきや、まだ先を歩いている人がいます。物売りの姿も。どうみても行き止まりだし、地図を見る限りこの先は立ち入り禁止エリアだと思うのですが。

皆さんあまりにも普通に侵入するので実は私もちょっと付いて行きかけましたが、いい大人がそういうことをすると示しがつかないので伏せておこうと思いました。思いましたがつい書いてしまいました。いい大人の中国人及び欧米系旅行者達がウッキウキで侵入していた点は一応書き残しておきたいと思います。





2017070622430561d.jpg

出口に向かっています。

霧が晴れ、うっすらお日様の気配がしてきました。そこにいたんですね。ずっとお姿が見えなかったのでお出かけ中かなと思っていたところです。

天気が回復したためか、午後2時、3時くらいから長城を歩き始める人も沢山いました。全体を通して人が少なくて見学しやすかったですが、これが元々「この長城は空いている」というあれなのか、今日は天候のせいでことさらに空いていたのかは謎です。

濡れ鼠になることを覚悟して出て来ましたが、結果オーライな良い一日でした。




20170706205514f26.jpg
牛乳

先日練乳入り牛乳を買って自爆しましたが、今日はちゃんとしたのが買えましたので一応報告しときます。


明日は北京郊外の「川底下村」というところに行きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ 慕田峪長城の行き方

① 地下鉄2号線東直門駅、E出口のバスステーション(東直門枢紐站)から916路バスに乗り、「杯柔北大路」まで所要一時間くらい、12元。

② 杯柔北大路に着いたら道路を挟んで反対車線側のバス停に移動し、ここで936路バスに乗る。所要25分くらい、4元。慕田峪長城前の停留所で下車。未確認だが、H23路バスとやらでも行ける模様。

○ 慕田峪長城

入場券45元、チケット売り場から入場口までのシャトルバス往復15元。
何も言わなければ両方セットで売ってくれる模様。

| 中国 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/727-a6bbd440

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT