PREV | PAGE-SELECT | NEXT

北京1日目・798芸術区


201707052326107a3.jpg
北京駅

北京に着きました。凄まじい人ごみです。いや本当の人ごみではとても写真など撮れなかったので、これはまだマシになった所で撮ったものです。


ここから地下鉄で宿に移動したのですが、切符売り場も大混雑でした。そしてそんな状況に目をつけ、地下鉄切符を売って回る商売人のおばあちゃん達がいました。

買ってみてもいいのですが、何となく料金を誤魔化されそうな気がしてしまいます。3元払ったのに2元の切符を渡されるとか。地下鉄切符はカード式で、いくら分入っているか見ただけでは分からないのです。

手数料として3元+1元払うとかならいいのですが、3元分あるとばかり思っている切符で改札を出ようとしてガツーン!と挟まれたら嫌です。中国の自動改札なんていかにも痛そうです。どっかの国の改札が滅茶苦茶痛かったことが思い出されます。ロシアだったかな・・

そして痛いだけならまだしも、挟まれた瞬間駅員さんが飛んできて

駅員さん「この切符は違う!料金が足りない!」
私「ごごごごめんなさいおばあちゃんが・・・」
駅員さん「あ!?何だって!?もういいや逮捕!」

となったらと思うとうわあああああ




20170705232610816.jpg

20170705232610e4e.jpg
本日の宿

宿は値段だけ見て適当に決めましたが、これが割と落ち着いたエリア、かつ故宮に徒歩で行ける好立地でした。北京には4泊しますので、その間に行ってみたいと思います。

宿はいつものようにドミトリーを予約していたのですが、この宿はつい先日警察のガサ入れがあり、6人部屋を4人部屋にしないといけなくなったから君のベッドが今ちょっと無い、みたいなことを言われました。

宿の人の英語が実に早口でほとんど聞き取れなかったため、上の解釈で合っているのかわかりませんが、やはり中国では民宿も色々ルールがあって大変なんだなと思った次第です。

なお、チェックインは夕方までずれこんだものの、なんだかんだでちゃんと泊まれました。




20170705232610412.jpg
北京駅再び

宿に荷物を置いて北京駅に戻ってきました。もうすぐ中国のノービザ滞在期限が切れるため、モンゴル行きの切符を押さえに来たのです。

モンゴルの首都、ウランバートルには北京から直行の国際寝台列車が出ていますが、これはちょっとお高めです。なので私は北京から中国国境の町まで列車で行き、バスで国境を越え、モンゴル国境の町からまた列車でウランバートルに行くルートを取ろうと思います。

が、この北京発・中国国境の町行きの列車は週に3回のみの運行。そして午前発で夜遅くに着く便なので、この日は中国国境の町で一泊し、国境越えは翌日ということになります。

私が買おうとしているのは土曜発の便ですが、私のビザは日曜に切れるため、国境越えがギリギリになってしまいちょっと怖いなあ・・・と、いうのが今の私がおかれている状況です。



仮に土曜出発、日曜にモンゴル入国に挑んだとして、万が一入国できなかったら私は滞在期限最終日にして船も出てない飛行機も飛んでいない中国国境の町に取り残されることになります。

いや、モンゴル入国に挑んでいる時点で一応中国は出国しているはずなので、中国でもないモンゴルでもない空白エリアに取り残され、映画「ターミナル」状態になる、の方が正しいでしょうか。

モンゴルには入れず、中国にも戻れず、警察のご厄介となり、強制退去処分を受け、二度と二国には入れず日本の国境でも白い目で見られわあああああ


・・・いや、でも待ってください。

モンゴルに入国拒否された日本人の話など聞いたことがありません。(まあ調べてないだけですけど。)それに私にやましいところはないのでまず間違いなく入れるはずです。(やましくないのにたびたび連行されている件はともかく。) 何より、私はその列車に乗りたいのです。是非この列車に乗って、国境間近の風景を見たいのです。

・・・よし、大丈夫何とかなる!やりたいことをやろう!勇気出して行こう!!

私「どようびの切符ください!」
駅員さん「売り切れです。」



あ、そうですか。




20170705232610252.jpg

798芸術区というエリアを見に来ました。

ここは巨大工場群跡地、といいつつまだ使っている工場もあるっぽいエリアに作られた、ギャラリーやカフェが集まるオサレスポットです。

・・と聞いて一応一番綺麗なTシャツを着てきましたが、町は適度に小汚ない感じだったので私でも入れました。





2017070523323690d.jpg

201707052332366be.jpg

こんな雰囲気のエリアです。他にも、あまり近寄れませんでしたがカフェエリアがオシャレで、服屋とかセレクトショップみたいなのもあって、ギャラリーやスタジオの類ももちろん多くて、




20170705233236790.jpg

このスペースなんかはかなりいい感じだなとか思いましたが、そんなことよりも




201707052332360db.jpg

工場群がですね!!

んまあ~興奮するのなんの!




20170705233236dd8.jpg

どなたの発案か知りませんがグッジョブ!な空中回廊があり、工場群の目と鼻の先まで近寄れます。





20170705234148606.jpg

パイプたまらん!




201707052341486a0.jpg

鉄骨たまらん!




20170705234148a53.jpg

洗濯物干してる!
パイプか鉄骨に干してくれたらもっといいのに!





201707052341484a4.jpg

何か分かんないやつ!




201707052344461aa.jpg

あっあれはもしや・・・




20170705234446483.jpg

鳥の巣ううううう!




20170705234148d7b.jpg

棟の上の雑草!




20170705234148f1b.jpg

トイレだった!




201707052344464f4.jpg

何か分かんないやつ2!




20170705234446b3a.jpg

立入禁止そそられるう!


という感じで、なんかもう全部たまらんかったのです!




20170705234812be6.jpg
本日の晩ごはん

はしゃぎ過ぎたので反省してカップ麺にしました。
右は牛乳が飲みたくて買ったのですが、練乳入りの甘いやつでグフっとなりました。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ 798芸術区の行き方

地下鉄2号線東直門駅のE出口から出たところにあるバスステーション(東直門枢紐站)から市バス401路に乗り、「大山子路口南」下車。所要20分くらい、2元。

◯ 北京の宿

「Beijing Alley Hostel」
地下鉄駅徒歩5分。故宮や北京駅も駅数個分と近い。

| 中国 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/726-c5081289

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT