PREV | PAGE-SELECT | NEXT

帰国


DSC05875.jpg
神戸港

帰国しました。



DSC05876.jpg

熱烈に歓迎されております。
穀潰しが一人帰って来ただけなのになんかすいませんね。


しかしこんな私でも一応日本国民なので、印籠を見せたことによりあっさり審査を通過し祖国の土を踏む事が出来ました。疑いの眼差しどころか「おかえりなさい」とか言ってくれる審査官の人に対し、これはどういう罠なのかと逆に疑いの目を向けてしまいました。油断させておいて次の部屋で檻が降って来るのかもしれません。

日本人ってだけでそんな簡単に信用していいんですかね。私のパスポート写真は「北の工作員にしか見えない」と評判なんですけども。そうでなくてもバックパックに危ない物を持っているかもしれないし、おかしな病原菌を持ち帰ってるかもしれませんよ。もう少し自国民を疑った方がいいですよ。




DSC05877.jpg
もちぷにゃが売ってなかった

帰国後最初に食べたものです。

帰国したら必ず食べようと思っていた話題のコンビニスイーツ・もちぷにゃが売ってなかったので、類似品で我慢しました。ほんと日本はこういう小賢しいお菓子が多いなと思いました。



で、この後予約した名古屋行きのバスが3時間くらい先だったので、神戸近辺の酒蔵を冷やかしに行ったら軒並み閉まっており特に収穫も無いままとぼとぼ帰郷しました。

そして4年振りに日本で年を越しました。特別番組に映るひな壇芸人も紅白に出てる人気歌手達もほぼ知らない人達で浦島太郎感が半端無かったですが、半年振りに帰国したら実家がリフォームされており実家なのにトイレの場所が分からなくて愕然とした8年前のあの日に比べればマシかなと思いました。

元旦は最寄りの神社にお参りに行きましたが、おみくじを引いたら「物事をあまり進んでするな」とか「失物:出にくい」とか「旅立:盗難に用心せよ」とか「学問:雑念が多すぎる」とか「商売:利無し」とか散々な言われ様で、地元の神様は久しぶりに帰郷した地元っ子にも辛辣なんだなと思いました。



というわけで、4ヶ月遅れで年末の日記を書いている5月8日現在、私は日本で暮らしております。

何故こんなに更新が遅れたかと言いますと、日本の殺伐とした空気に飲まれ全てのやる気をなくしたというのもありますが、ニートからフリーターにジョブチェンジして忙しくなった、という理由もあります。

4年ほどまともに働いていないのでリハビリのつもりで始めたバイトですが、準備体操ってことで週3、4日くらいからかな〜?と思っていたのに何故かフルタイムで働くことになり、短期で応募したはずがいつの間にか長期でやれるんだよね?みたいな空気になっており、身体を使い頭を使わない仕事を選んだはずが何故か事務仕事を任され一日の大半をパソコンに向かうという、当初の予定とは全く異なる頭の痛い日々を過ごしています。身体がなまり、脳みそが冷え、夢や希望の類がどこぞへお出かけしたまま帰って来ない感覚を覚えます。

そんな感じです。
海外放浪が長過ぎて社会復帰はもう無理かもしれないとずっと思っていましたが、実際働きだしてみたら思ったより無理だった点には気付かないふりをして、しばらく日本で頑張ります。そしてお金が貯まった暁にはまた地球の裏側まで逃げたいと思います。心身共に冷えきって立ち上がれなくならない限り、年明け又は来年の春くらいには出発したいと思っています。


というわけで、皆様しばらくごきげんよう。
ブログには定期的に何か書くかもしれないし、書かないかもしれません。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 日本 | 20:19 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おかえりなさい!
もう更新ないのかな?と勝手に思っていたので、まさかの更新有難いです!笑

いつも低橋さんのブログを見て、
自分も行ったつもりになって、楽しませてもらってました!
仕事の合間のちょっとした現実逃避にもなりました!笑

次の更新ももしあるのなら、待ってます!
お仕事まさかのフルタイム!笑
応援してますっ!

| ピロシキ | 2016/05/09 00:31 | URL |

>ピロシキさん

たった3日の航路を数ヶ月かけて帰って参りましたー。笑

ブログは自分にとっても現実逃避手段になっているので、フルタイムジョブ(笑)に嫌気がさしたら何か書きに来たいと思います。というか書きたい事は実は沢山あって、しかし中々まとまった時間が取れず叶わない感じです。

しばらくは我慢して頑張ります。ピロシキさんもお仕事頑張って下さい!

| 低橋 | 2016/05/10 21:37 | URL |

低橋さま

おかえりなさいませ。
ブログ、自分もいった気分になってたのしませていただいておりました。
シベリア鉄道でアドバイスをいただいた2012年から4年、このブログ見ていました・・・。
次の旅路に立たれるその日を、わたしも楽しみにしております。

| さば | 2016/05/17 02:46 | URL |

>さばさん

ありがとうございます。
シベリア鉄道は旅の最初に挑んだものであり、また長年の夢だったこともあり、今でも色んな出来事が思い出されます。あの後色んな事を試して旅の幅が広がったのが面白かったので、もう少し広げるべく、次なる旅の形を模索中です。
きっとまたどこかの国へ飛び出しますので、末永く見守って頂けますと幸いです。

| 低橋 | 2016/05/19 20:21 | URL |

>レッドソース山岡さん

フライパンで炒飯ならそこそこ派手だし美味しいし良かったのですが、残念ながらもっと地味なお仕事です。賃金のためだけに働いております。そんなことより山岡さんめっちゃ良いお名前ですね。

| 低橋 | 2016/07/25 19:55 | URL |

低橋さまのブログ情報でいつも助かってます。
もうまもなく年が明けます。
社会復帰し結婚してる可能性もなきにしもあらずだとは思いますが、続編が始まるのならば読みたいので予定があったら教えてください

| レッド山岡 | 2016/11/16 11:51 | URL |

>レッド山岡さん

残念ながらそんなめでたいお話は全くなく、社会復帰もしているとは言い難い状況でございます。
でも一応働いてはおりまして、だいぶお金もたまって来たのでそろそろ次の旅に出たいと思いつつ、
偉い人に退職の意を伝えるタイミングが掴めずグダグダやっております。
出発の時期ははっきり決まっていませんが続編は必ずやるので、その際は是非見てやってください。

| 低橋 | 2016/11/17 21:52 | URL |

低橋さんこんにちは。アウストラル街道の情報を調べていてこちらのブログにたどり着きました。
わたしも今南北アメリカをチャリ旅しています。わたしもブログを書いているのですが、このブログが面白すぎてちょっとやる気をなくしました。嫉妬です。
道端に落ちてる玉ねぎを拾うところとか(わたしもオレンジ拾いました)、トラックのおっちゃんに拾われまくるところとか(わたしもたくさん拾われてます)、その時の心の葛藤とか、服装とか(わたしも紫のカッパにグレーの短パンにレギンスです)、もういろいろ共感しすぎてわたしかと思いました。
今チリのサンティアゴにいて、これからアウストラル街道を走るのですが、ウシュアイアまで行ったあとにどうしようか悩んでいるところです。
そこまで行ってから考えようかなとも思ってるのですが、2月にキューバで友人と合流するのもいいかな、でもそうするとパラグアイやブラジルに行けないな、とかうだうだ考えているうちに数日が過ぎました。
低橋さんの行った弓場農場もとても魅力的ですね。
いつかどこかでお話したいです。
長文乱文失礼しました。
よかったらブログのぞいてやってください。

http://mayataro.hatenablog.com

| まやたろ | 2016/11/25 07:50 | URL |

>まやたろさん

こんにちは!
チャリ旅をされてるんですね。これからアウストラル街道に向かわれるとのことで、懐かしいやら羨ましいやら、なんだか私までワクワクしてしまいます。
ブログも拝見しました。私の方こそ、まやたろさんのブログに嫉妬してしまいました。まずプロフィールにある「農業と狩猟」の文字を3度見して興奮し、過去の記事に出て来た毛が舞うタンバリンや鹿の脳みそにノックアウトされました。そして最近のチャリ旅の記事も、「そう!それ!あるある!」と一人大興奮でした。
少し話題を戻しまして、「農業と狩猟」のうち「狩猟」の方は私が憧れてやまず、しかし未だ知らずにいる夢の様な二文字なので、本当に嫉妬してしまいます。まやたろさん、滅茶苦茶格好良いです。そのサバイバル能力に加えて北米から南米まで走り抜ける気力、体力、そしてコミュニケーション能力。そんな方に褒めて頂いてビビっている小心者のわたくしでございます。

引き続きのチャリ旅お気を付けて、頑張って下さい。私もまやたろさんの旅を、ブログを通して追いかけたいと思います。

| 低橋 | 2016/11/26 22:35 | URL |

お返事ありがとうございます。わたし何を隠そう低橋ファンなのでとてもうれしいです。

狩猟はわたしも日本で2-3年やっていただけですが、元々自分がお肉を食べる以上はそれがどのようにしてできるのかを知りたいと思ってはじめました。わたしはわなの免許しか持っていないのですが、わな免許は銃に比べるといろんなハードルが低いのでおすすめです。動物との知恵比べ、命と向き合うことはとても疲れますが、それだけにお肉のありがたみを感じます。ちなみに、まさか旅先でも鹿を解体することになるとは思いませんでしたが、カナダとアメリカにいる時にたまたま見つけたロードキルの鹿をみんなでいただきました。意外と役に立つ技術です。

そうそう、話が変わりますがわたし低橋さんとテントまで一緒なのです。はじめてブログのテントの写真を見たときは3度見した上でズームして確認してしまいました。ボリビアの宝石の道で知人にもらったいいテントを落としてしまい、とりあえずとスーパーで買った3000円ぐらいのテントです。本当はサンティアゴで新しいテントを買おうと思ってたのですが、どれも高かったり重かったりで、結局シルバーシートを買ってしのぐことにしました。低橋さんもこのテントで行けたのだからきっと大丈夫だ!ととても勇気をもらいました。ありがとうございます。

チロエ島に突入しました。早くウニが食べたいです。

| まやたろ | 2016/11/28 19:39 | URL |

>まやたろさん

意外と、どころか滅茶苦茶役立つ技術だと思いますよ!
私は本物の女子力とは「どこでも食える、食わせられる」だと思っているので、まやたろさんは最高だと思います。

>テント
似てるなあと私も思いましたが、同じだったとは!
あのテントは安くて軽くて寒くて雨に負けまくりでしたが、私もブルーシートに助けられました。
なので、ブルーシートさえあれば大丈夫だと思います。笑

| 低橋 | 2016/12/03 20:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/705-8929b9c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT