PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ダナン・五行山


DSC03921.jpg
五行山入り口

本日は五行山を見に来ました。
ホイアンからの半日ツアーが入場料混みで10ドルでした。



2015121301.jpg

が、地図を見たらホイアンからだいぶ近かったです。そして、後で調べたら昨日乗ったダナン→ホイアン巡回バスがここの前を通っていたことが分かりました。すっかりツアー参加に疑問を持たなくなっていましたが、自力で安く来られたんですね。




DSC04079.jpg

DSC03965.jpg

DSC03983.jpg

五行山の中で一番大きなトゥイーソン山に入りました。

五行山とはダナン周辺にある5つの岩山の総称で、大理石で出来ている事からマーブルマウンテンとも呼ばれます。今ではすっかり観光地及び大理石の採掘場としての顔が目立ちますが、実のところは信仰の山であり、お寺さんや大きな大仏も見られます。




DSC03988.jpg

洞窟もあります。しかも内部は狭く、ちょっとした冒険気分が味わえます。




DSC04007.jpg
展望台

五行山の兄弟達。

平らな大地に唐突に生えている岩山が面白いです。こういうのは中国のイメージですが、ここはもうベトナム、中国はお隣の国ですので、似たような風景があっても不思議はありません。




PC138511.jpg

DSC04038.jpg

こちらの洞窟には、立派な座仏像とお堂が建てられています。ガイドさんの説明をほとんど忘れてしまったのですが、一昔前の国王が実の妹の為につくった場所だとか何とか。また、こちらの洞窟はかなりの広さがあることから、戦時中に野戦病院としても使われていたそうです。

ガイドさんの説明と言えば、ツアー参加者が私をいれて2人しかいなかったのでチャンスと思い、ベトナムに根付いた外国文化のこととか使用言語のこととか文字のこととか興味のある分野について質問攻めにしたのですが、色々聞きすぎてほとんど忘れました。知的好奇心と脳の容量が全く釣り合わないのが悩みです。




DSC04142.jpg

DSC04140.jpg
本日のお昼ご飯

半日ツアーはあっという間に終わり、ホイアンに戻ってきました。
今日はこの後また移動がありますが、少しだけ時間があるのでホイアン観光の続きです。

本日のお昼ご飯は、ネットで調べた有名店「バー・ブオイ」というところに来てみました。
こちらはコム・ガー(チキンライス)が人気の店で、小さな店内には地元のお客さんがミッチリ詰まっていました。歩き方にも乗っているようですが外国人はあまり来ないのか、席に着く前に「うちはチキンライスしかないぞ!いいのか!?」「本当にいいのか!?」と何度も聞かれました。「知ってるよ」「いいってば」と何度も答えました。

お味はと言うと、超絶品と言うわけでもないですがあっさりとして美味しく、リピーターが多い理由が分かる気がしました。




PC138397.jpg

PC138421.jpg

PC138442.jpg
進記家

ホイアン観光チケットの3枚目を使い、伝統家屋に入りました。
おばあちゃんが気怠そうにチケットを千切ってくれたと思ったら、その後奥の部屋で米を洗っている姿を見かけました。ここに住んでいる人だったようです。博物館の類だと思っていたのですが、現役のお家だったんですね。

家の作り自体も日本のものと違っていて面白いのですが、家具のデザインや細かな装飾や神棚など、さりげなく置いてあるものが珍しくて楽しめました。




PC138563.jpg

PC138597.jpg
貿易陶磁器博物館

チケット4枚目。ここ数百年の陶器の歴史を見る事ができる博物館です。伝統家屋をそのまま展示スペースにしているのでそう広くなく、展示物の数も多くないですが、じっくり見ると結構面白いです。




PC138669.jpg

PC138713.jpg
ホイアン民族博物館

チケット5枚目。個人的にはここが一番面白かったです。二階建ての家屋に伝統衣装や調度品、楽器、農具や漁具などが並べられており、見応えがあります。




DSC04158.jpg

DSC04159_20160224223644826.jpg
本日のおやつ

道端でやたらと売っているのでひとつ買ってみました。
牛皮の様なやわらかいおまんじゅうで、中身はナッツかきなこか、甘くてザクザクした具が入っていました。マンゴーケーキと言うからにはマンゴーも入っているのでしょうが、その味は割と大人しめでした。




DSC04161.jpg
本日の宿

ツアーの後、午後のバスでフエに移動しました。ホイアンは3、4泊してのんびり夜を楽しみたい町ではありますが、なんせ時間がありません。こんな風に毎日せかせか動いて鬱憤を溜めて行くくらいなら、最初から南部だけとか北部だけにしぼって、狭い範囲に全力を注ぐべきだったと早くも後悔しております。




2015121302.jpg

それはさておき、いよいよベトナムの真ん中くらいまで上って来ました。

本当に長いですねこの国は。迷惑です。日本のこと棚上げして言いますけど。
でも縦にも横にも長い国よりは効率よく回れるので、その点は助かっております。





DSC04165.jpg
本日の晩ご飯

ブンボー・フエというフエ名物の豚骨ヌードルスープを頼みました。
あっさりとこってりの中間くらいで、日本の豚骨ラーメンとはだいぶ違うものでした。

明日は王宮を見に行きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

◯ ホイアン発五行山ツアー

多くのツアー会社が扱っている。五行山のみだと半日ツアーが10~13ドル程度。五行山と他いくつかの名所を回る半日+αのツアーは17ドルくらいから。入場料15,000ドン混み。

◯ ホイアンからフエ

ホイアン市内からのツーリストバンが朝8:00ごろ、昼前、午後14:00ごろ、夕方17:00ごろの一日4本程度ある。色んな会社が出しているので総合すると本数は多い。所要3~4時間。運賃4ドルくらいから。

◯ フエの宿

「Kim's Homestay」

ネットで予約できる。ドミ一泊5ドル。宿やカフェなどが集まるエリアにあり便利。無料朝食が割と豪華。スタッフの人はいつもにこやかで親切。バスやツアーの手配もしてくれる。裸足で入場しなければいけない割に床がかなり汚いのと、シンクが完全に詰まっているのと、共同スペースがとっ散らかっているのが残念。シンツーリストオフィスまで徒歩30秒、王宮まで30分。周辺には屋台も沢山ある。総合的に見れば割とお勧め。

| ベトナム | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/690-fe76d9a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT