PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ちょっと日帰りでタイまで


DSC05701.jpg
タイ行き国際バス

今日はちょっとタイに行って来ます。

先日書きました通り観光目的によるラオス無ビザ滞在の限界は15日間なのですが、私はこれがあと3日で切れます。しかしラオスにはあと1週間ほどいたいので、一度外国に出国し、もう一度入国し、シレッとまた15日間の滞在許可を貰おうという作戦です。
こうやって書くと無謀な真似をしているみたいですが、ごく一般的なやり方であり法には全く触れていないのでので大丈夫です。

国際バスは一日6本あり、次のバスは9:30。ターミナルに着いた時点で9:40でしたがどうせバスは遅れているだろうと思ったらやっぱり遅れていたので、乗れました。期待を裏切らないラオスです。




DSC05702.jpg
友好橋通過中

30分少々で友好橋に到着しました。この橋がラオス側の町ビエンチャンと、タイ側の町ノーンカーイを繋いでいます。早速ラオス側のイミグレで出国審査をすませ、乗客が揃うのを待っていてくれる国際バスに再度乗り込み、橋を渡りました。

橋の向こうにはタイ側イミグレがあるので、ここで入国審査を済ませます。私はつい10日程前にタイを出たばかりで、短期間内の2度目の入国なので何か言われるかなドッキンコと思いましたが、

審査官「この後どこへ行くの?」
私「ノーンカーイでちょっと買い物をして、今日中にラオスに帰ります。」
審査員「OK」

で、問題なくハンコを貰えました。




DSC05704.jpg
なつかしのトゥクトゥク

で、タイです。

時間があれば前回やり残したタイ北東部および東部の観光をしたかったのですが、タイ観光どころか帰国フェリーに間に合うかどうかも怪しい状態なのでそんな時間はありません。

が、せっかくタイに来た事ですし今日はちょっとだけお買い物を。




DSC05714.jpg
テスコモール

タイとラオスを比べるとやはりタイの方が物が溢れており、値段も安く、質もちょっと良い感じがします。写真はノーンカーイで一番大きなショッピングセンター・テスコモールですが、中には大きなスーパーが入っており、食料品から日用品、家電に洋服など、広い店内に沢山の商品が並べられている光景に大興奮しました。




DSC05710.jpg

というわけで、色々買いました。
主に食べ物を。




DSC05713.jpg

ところでこのツイストドーナツ。

「1個買うともう1個サービス」と書いてあったのでとりあえず1個取ってレジに行ったら、店員さんが「1個サービスよ」と言ってもう1個袋に入れてくれました。しかし、後でレシートをみたら2個分の料金を請求されていました。それってサービスって言うんですかこのタイ野郎めが。




DSC05727.jpg

買い物を済ませ、友好橋に戻ってきました。

ここで両替をしたかったのですが、ATMはいくらでもあるのに両替屋が見当たりませんでした。
私が思う国境に揃えておいて欲しい3セットは、両替屋、ATM、英語を話す審査官です。宜しく頼みます。




DSC05730.jpg

さっき入ったばかりのタイを出国し、友好橋専用バスで橋を渡り、ラオス入国審査を済ませた結果、パスポートのスタンプページはこんな感じになりました。

左上からラオス入国印(2週間前)、出国印(今日)、タイ入国印(今日)、タイ出国印(今日)、ラオス入国印(今日)です。

普通に考えたら1日で国境を出たり入ったりかなりおかしな状況ですが、何も聞かれることはなくあっさりとラオス入国印及び2度目の15日間の無ビザ滞在許可を貰えました。

そして再びラオスに足を踏み入れようとしたら自動改札機のようなものがあり、そこを通るための切符(5バーツ)が必要だとかで、切符を買うために来た道を引き返す羽目に遭いました。「すいませんすいません」とヘコヘコしながら入国ゲートを逆走し、再び無国籍区間に舞い戻る私。

ここは曲がりなりにも国境で、こう見えても入国ゲートなのでそう簡単に行ったり来たりはできないはずですが、イミグレのおっちゃん達は暇そうにこちらを眺めているだけでした。貴方達そんなんでいいと思っているのですか。



DSC05734.jpg
14番バス

来た時に使った国際バスは時間が合わなかったので、今度は市バスを使って帰ります。
が、その前にちょっと「仏陀パーク」と言う公園に寄り道をしようと思います。




DSC05739.jpg

こちらです。

いやこちらは公園の中にある一作品であり決して私の目的地ではないのですが、




DSC05742.jpg

こちら中に入れまして、




DSC05752.jpg

さらに登れまして、眼下に広がっているこちらが仏陀パークとなっております。




DSC05776.jpg

この公園は、どこぞのアーティストが(1)仏教と(2)ヒンズー教と(3)自分の趣味を混ぜ合わせた彫像群を集めて作ったものです。こんなことになってしまった原因の大部分は、(3)にあると思われます。

タイ・バンコクの地獄寺といいチェンラーイの白い寺といいこの公園といい、
貴方達はちょっと宗教の扱いがぞんざい過ぎます。大丈夫なんですか。

私「大丈夫なんですか?」
ちょうど居合わせた少年僧「ユニークですよね」

大丈夫みたいです。




DSC05890.jpg

DSC05837.jpg

DSC05836.jpg

何十と並ぶ石像はだいたいどれもふざけた形をしているのですが、




DSC05819.jpg

DSC05796.jpg

一部異常に格好良い彫像があり、心を鷲掴みにされました。これが恋。

しかし悪ふざけなら悪ふざけ、格好良く決めるなら決めるでどちらかハッキリして頂きたいものです。見ているうちに「これは変」「これは格好良い」「これは・・・ど、どっちだ・・・!?」と自分の感性が果たしてマトモなのかどうか、信じられなくなって来るのです。



と、こんな感じの仏陀パークでしたが、今後人類に何がしか降りかかり文明が崩壊し、歴史がかき消され、何百年後かに生き残った人々がこの公園の遺跡を発見してくれたらいいなと思います。
だいぶ面白おかしな文明だったと思ってもらえるんじゃないかと。

同じ理由で、こないだ行った地獄寺も半永久的に残って頂きたいと思っています。




DSC05937.jpg
本日の晩ご飯

川沿いにナイトマーケットが開かれており、そこの屋台で頂きました。
ナイトマーケットはあまり民芸品は多くなく、ルアンプラバーンの方が格段に面白かったです。


明日はビエンチャン市内の観光をします。


<情報コーナー>

◯ ビザラン国境越え、ビエンチャンからノーンカーイ

(方法1)ビエンチャン中心部にあるタラート・サオ・バスターミナルから、ノーンカーイ行き国際バスが1日6本。運賃15,000キープ。7:30/9:30/12:40/14:30/15:30/18:00。国際バスはラオス出国審査が終わるまで待っていてくれ、もう一度乗り込んで友好橋を渡りタイ側イミグレへ。タイの入国審査も待っていてくれ、もう一度乗るとノーンカーイのバスターミナルまで行ける。テスコモールに行くならタイ側イミグレでバスは乗り捨て、トゥクトゥクで向かった方が近い。

(方法2)同じくタラート・サオ・バスターミナルから、14番の市バスが友好橋前まで行く。運賃6,000キープ。こちらは橋の手前までしか行けず、ラオス出国審査を済ませた後は友好橋を渡る専用バスに乗る。専用バスはラオス側からだと4000キープ、タイ側からだと15バーツ。

◯ 友好橋から仏陀パーク

14番バスで仏陀パークまで行ける。所要45分くらい、運賃6,000キープ。このバスは途中で友好橋前を経由する。友好橋前から乗る場合も同じく6,000キープで、所要時間は20分くらい。ここから14番バスに乗る場合、市内に戻るものと仏陀パークに向かうものと2方向あるので、乗車時に確認のこと。

◯ 仏陀パーク

入場料5,000キープ。カメラ持ち込み3,000キープ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ラオス | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/664-4c96b36c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT