PREV | PAGE-SELECT | NEXT

メーホーンソーンへ


DSC03793.jpg
昨日の夜食

昨夜はまた深夜2時にディナーとは名ばかりの夜食を取らされ、
タイ人の夕飯は深夜2時に取るのが普通だという説が私の中で濃厚になってきています。





DSC03794.jpg
チェンマイバスターミナル

バスは予告通りの朝7:00にチェンマイに到着しました。

ピマーイを出てからここまでおよそ12時間。
すでにちょっと腰が痛いですが、本日はもう少し移動が続きます。







チェンマイももちろん寄るつもりなのですが、今都会の気分じゃないのでちょっと後回しにして、今日はメーホーンソーンという村に行ってみようと思います。ミャンマーとの国境近くにある、山間部の村です。チェンマイからは大体6〜8時間くらいとのこと。

チェンマイのバスターミナルは1~3までありそれらは隣接しているようで、
人に聞きながら歩いてお隣のターミナルに移動し、メーホーンソーン行きのバスを探しました。

すると、目当てのバスは今まさに出ようとしています。
なので慌てて切符売り場に駆け込んだら、

「満席です。」

と言われました。
なんと。では次の便は?

「オーマイガー今日は夜まで全て満席です。」

だそうです。

それは非常にオーマイガーですね。今日はメーホーンソーンで何かあるのでしょうか。

平静を装いながらだいぶ困っていたら、売り場の女性は「パーイ行きなら席があるからそれに乗って、パーイでローカルバスに乗り換えれば行けるわよ」と教えてくれました。パーイはチェンマイとメーホーソーンのちょうど中間くらいにある町です。パーイ行きのバスもまた今出るところだと言うので、慌ててチケットを買ってそのバスに乗り込みました。




DSC03804.jpg

DSC03801.jpg
トイレ休憩中

夜行バス明けのさらなる移動なのであっという間に寝入ってしまった私ですが、気づいたら山岳地帯のグネグネ道を激しく揺さぶられていました。よく座席から放り出されなかったものです。

先ほどは急いで乗り込んだために写真を撮れませんでしたが、乗ってきたバスはこんなのです。
エアコンがよく効いておりものすごく寒いです。





DSC03808.jpg
パーイバスターミナル

7:30にチェンマイを出発したミニバスは、3時間少々で無事パーイに到着しました。
メーホーンソーン行きの市バスは11:00に出るとのことなので、ちょうどいい待ち時間です。最近ハマっているセブンイレブンのタイ式アイスミルクティー(45円)を飲んで、のんびりしたいと思います。




DSC03807.jpg
パーイ

パーイは小さいながらも一丁前にコンビニがあり、土産物屋もあり、オサレなカフェやレストランもあるし、それでいて地元民向けの安価な屋台や食堂もあるという、非常に過ごしやすそうな町でした。

そして欧米人バックパッカーがものすごく大勢います。景色はタイなのに、道ゆく人が8割方欧米人です。ここはのんびり滞在を好む彼らの、小さな聖地なんだそうです。そういえばオーストラリアにいるときに、日本人バックパッカーカップルにこの町を強く勧められました。

「バックパッカーの聖地だし、日本人が集まる小さな村があるし、皆で盛り上がったりのんびりしたり毎日超楽しいよ~☆」とのことでした。

絶対行きたくねえ と思いました。





DSC03811.jpg
メイホンソーン行きローカルバス

これに乗ればメイホンソーンに行けるそうです。

先ほどまでメーホーソーンと書いていたのが急にメイホンソーンになったのは、地元の人の発音がそんな感じであることに気づいたからです。ソーンを強調する感じです。メイをはぶいてホンソーンと言っている人もいました。

と言うわけで、以下メイホンソーンで統一します。




DSC03815.jpg

バス車窓からの景色がどんどん山岳地帯のそれになっていくのが、とてもワクワクしました。
むき出しの岩肌とか田園風景とか、すごく好きな感じです。メイホンソーンに着くのが楽しみです。




DSC03830.jpg
メイホンソーンバスターミナル

3時間半くらいでメイホンソーンに着きました。

ここから市街地までは3キロくらいだそうなので歩くつもりでしたが、一緒にバスに乗っていた人達が次々バイクタクシーを捕まえて去っていくのでなんか不安になり、私もそのようにしました。そしたら町は結構遠く、バイタク正解だったなと思いました。ちょっと登り坂気味でしたし。




DSC03840.jpg

DSC03838.jpg
本日の宿

町の中心あたりで降ろしてもらい、歩いた範囲で一番安かった宿に入りました。
トイレシャワー別のシングルが150バーツ(500円くらい)です。

見た感じ町中でドミトリーは見かけませんでしたが、シングルでもバンコクのドミ平均より安いです。この町のシングル平均は200〜400といったところ。300出せば選択肢はかなり広がります。小さな田舎の観光地はこういうところが良いです。




DSC03866.jpg

観光地と書きましたが、実際のところは観光客の姿はほとんど見かけません。
同じ宿にバックパッカーが数人泊まっている他は、ほぼ全く。夜に屋台街に行ったらそこそこ会いましたが、それでもバンコクやパーイに比べたらものすごく少ないです。全くのゼロだと寂しいですが、これくらいの感じはとても好きです。

町は小さいですが、私が見た範囲だけでも10軒以上の宿があり、コンビニも2軒、ツアーデスクも数軒、レストラン、郵便局、銀行、市場など、大抵のものはあります。





DSC03841.jpg

DSC03848.jpg

まだ日暮れまで時間があるので、市内散策に出かけました。まずは市内で一番高いところにあると思われるお寺さんへ。上の写真の山の上に見えている白いのがそうです。

下から見るとかなり近そうでしたが、階段は思った以上に段数が多く、息が切れました。




DSC03854.jpg

しかし登り切った先にある空は綺麗で、真っ白な仏塔とよく合っていました。




DSC03861.jpg

メイホンソーンの眺めです。
小さい町でありながら、なんと空港があります。

ここまでの山道はかなりグネグネでちょっと酔ったので、
車酔いが心配な人は飛行機でひとっ飛びするが良いのかもしれません。





DSC03873.jpg
ワット・チョーン・クラーン

DSC03871.jpg
ワット・チョーン・カム

下界に下りて、有名な2つの寺院も見に行きました。

ちょっと勉強不足でして、ここが有名だということは聞いていますが何がどのように有名なのかは全く存じませんので、外から見て「ほーこれが噂の・・・」と呟いてみるだけで終わりました。
いけませんね。せっかく知らない国の有名な何かを見ているのに。





DSC03886.jpg
屋台街

町の中心には大きな池があり、夜になるとその周りに屋台が出ました。
飲食系だけでなく、民芸品を売っているお店もあります。
どこにいたのか、観光客達もちらほら集まっていました。





DSC03895.jpg
本日の晩ご飯

豚レバーのマリネみたいなお料理にお米を付けてもらいました。お米は手前の袋に入っているやつです。

辛さ控えめにしてもらいましたが、やっぱり辛かったです。
私も辛いものは好きな方だと思うのですが、タイ人の舌と胃はどうなっているんでしょうか。


明日はレンタバイクを借りて、首の長い民族の人達に会いに行きます。


<情報コーナー>

○ チェンマイからメーホーンソーン

直行バスが一日10本くらいある様子。所要7〜8時間。
または、パーイまで行ってバスを乗り換える。チェンマイからパーイへは1時間に1本程度と頻発。所要3.5〜4時間。パーイからメイホンソーンへは8:30発と11:00発の二本。所要3.5〜4時間。

○ メーホーンソーンの宿

「Friend House」

町の中心、チョーン・カム湖の北側。グーグルマップで検索すると出る。
トイレバス別のドミが一泊150バーツ。トイレバス付きは200と言っていたような。
Wifiあり。朝食なしだが簡易レストラン併設。すぐそばにレンタバイク屋、徒歩圏内にコンビニがあり便利。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| タイ | 22:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

絶対行きたくねぇに吹きました
低橋さんの旅の姿勢がとても好きです
ハードボイルドというか…(うまく言葉にできない、すみません)
相変わらずごはんおいしそうです! いつも楽しみにしております。

| さば | 2015/11/30 22:45 | URL |

>さばさん

ハードボイルド・・!なんか嬉しいですそれ。笑
都会に行くと割とソフトボイルドになりがちなのですが、僻地やジャングルに入ると俄然元気になります。

| 低橋 | 2015/12/01 19:51 | URL |

>さばさん

中央アジアは最も楽しみにしているエリアのひとつなので、絶対行きます◎
青蔵鉄道については今初めて知ったので調べたのですが、いいですね!高原を走るというのがすごく良いです。是非乗りたいと思います。中国はかなり面白い国だと思うので、今行きたい所をリストアップしているところです。ビザが何日降りるのかとかそういう基本情報も調べていないのに、夢ばかりが広がっている状態です。笑

| 低橋 | 2015/12/01 19:57 | URL |

>さばさん

ふ、船の墓場・・!
またしても情報ありがとうございます。
いつも目先の予定でいっぱいいっぱいでして、全然世界の事を知らない私でございます。
教えて頂いた情報はさりげなく例のリストに足させていただきました。テヘ。

| 低橋 | 2015/12/04 23:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/646-dc3525d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT