PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ピマーイへ

ちょっと長居してしまったバンコクや別れを告げ、別の町に移動することにしました。





次なる行き先はピマーイです。タイのクメール遺跡群のひとつ、ピマーイ遺跡を見に行きます。ピマーイへは、コラートという大きめの町を経由して行きます。

このコラートという名前は通称で、正式名称はナコーン・ラーチャシーマーと言うようなのですが、いちいち書きたくないので私はコラートと呼ぶことにします。バンコクからチケットを買うときもコラートで通じたので大丈夫です。

でも本当は、このナコーン・ラーチャシーマーと東部のウボン・ラーチャターニーを並べるとなんか強そうなので好きです。仁王様って感じ。




DSC03543.jpg
本日のバス

バンコクに着いたときにも利用した北バスターミナルより、コラート行きのバスに乗りました。

この北バスターミナルはかなり巨大でチケットブースも100を超えるのですが、私は宿にあった地球の歩き方情報をメモしておいた頭の切れる旅人なので、チケット購入なぞ朝飯前なのであります。バスは5分後出発でいきなり走らされたので、朝飯を食いそびれたのであります。




DSC03547.jpg
コラート新バスターミナル

DSC03548.jpg
ピマーイ行きバス

予定通りの4時間後、バスはコラートに到着しました。コラートにはバスターミナルが二つあり、バンコク発の便はそのどちらかに着きます。私は新ターミナルの方が都合が良かったのですが、運良く目当ての方に着いてくれました。こちらのターミナルからは、ピマーイ行きのバスが出るのです。

ここからさらに1時間少々で、本日の目的地、ピマーイに着きます。




DSC03557.jpg

DSC03553.jpg
本日の宿

ピマーイに到着しました。

バスを降りて歩きだし、とりあえず最初に目についた宿に聞いてみたところ、シングル一泊150バーツ(500円くらい)となかなかお安かったので決めました。エアコンがなくファンのみで室内はうだるような暑さでしたが、まあ夜になれば大丈夫だと思います、





DSC03561.jpg

DSC03563.jpg
本日の晩ご飯

到着後すぐ日が暮れたので、晩ご飯タイムとしました。
宿から外に出たら屋台街みたいなのが出ていたので、そこで色々買ったらちょっとハッスルしすぎてフルコースみたいになってしまいました。

メニューは左から串焼きソーセージ、チキンライス、生春巻きとなっております。チキンライスにビニール袋入りスープをつけてもらえたのが衝撃でした。滅茶苦茶飲みにくいのです。

明日はピマーイ遺跡観光をします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

◯ バンコクからピマーイへ

北バスターミナルから所要約5時間。

(1)コラート(ナコーン・ラーチャシーマー)行きチケット売り場は北バスターミナル3階の24番カウンター。コラート行きバス、エアコン付きが196バーツ。もう一段階安いのもあるとのこと。コラートまで所要3時間くらい。

(2)コラートにはバスターミナルが二つある。旧ターミナル(ターミナル1、ポーコーソー・カオ)は市街地に近く、新ターミナル(ターミナル2、ポーコーソー・マイ)はそこから北方向に1.5キロほど離れた町の外れ。どちらのターミナルもバンコク発着便を扱っている。

(3)コラートの新ターミナル41番乗り場から、ピマーイ行きバスが頻発している。所要1時間半くらい。運賃50バーツ。

(4)ピマーイでは時計塔前で降りるのが便利。市街地に入って右手に遺跡が見えたら、そのすぐ後の停留所がそれ。だいたい皆そこで降りるのですぐわかる。

○ ピマーイの宿

宿名がタイ語でしか書かれておらず、読めなかった。
時計塔前でバスを降り、来た道を振り返ると大きな交差点がある。そこを左折して遺跡正面の道に入るとすぐ左手にセブンイレブンがあるので、その横の小道に入る。正面に見えるのがその宿。ちなみにすぐ隣にはもうちょっと小綺麗なゲストハウスもある。

エアコンなしファン付きシングル150バーツ。トイレバス共同。水圧は弱いがホットシャワーあり。WiFiはあるがルーターは別館のレストランで、宿泊館一階にギリギリ届く程度。朝食なし。

| タイ | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/644-75a446da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT