PREV | PAGE-SELECT | NEXT

地獄寺


DSC03001.jpg
地獄寺行きバス

良いお天気です。絶好の地獄寺日和ですね。




DSC03006.jpg

バスを乗り継ぎ、片道3時間かけてやって参りました。

地獄寺です。

このお寺の正式名称は「ワット・パイローンウア」。
これを日本語に訳すと地獄寺なのか単に日本人が付けた通称なのか、タイ語を解さない私には全く分かりませんが、とにかくここは「地獄寺」と呼ばれている仏教寺院なんだそうです。
そしてこのお寺では、その名の通りの地獄の光景が見られるそうなのです。

一昨日からの相方のチャリダーさんに誘って頂きまして、「明日晴れたら地獄寺に行きましょう」という爽やかなんだか病んでるのか分からない会話を日々繰り返しておりましたが、ようやく実現しました。





DSC03024.jpg

地獄寺境内に入りましたが、まずは普通の観光から。
お目当ての地獄絵図は敷地の奥の方らしいので、手前から順番に回っております。




DSC03018.jpg

DSC03019.jpg

まず入った先は金ピカの寺院で、中もキンキラでした。参拝客はお参りセットを購入し、セットに含まれる金箔を仏像や謎の大玉にペタペタ貼っていきます。金を払えば幸せになれるというアレでしょうか。金箔まみれで窒息しそうな座像群がなんだかシュールでした。




DSC03026.jpg

こちらはお墓でしょうか。
一方向に向いて座る101人仏陀様の台座には、それぞれ遺影らしき写真が置かれていました。

こちら側から見ると全ての仏像に背を向けられているようで何とも絶望的な気持ちになりますが、これらは小道を挟んで向かい合う形になっており、私達はその外側にいるというだけなので大丈夫です。まだ仏に見放されてはいません。

仏に見放されてもまだ神がいるし、神は八百万いるので7,999,999人までは見放されてもまだ後があります。

大丈夫。まだいけます。





DSC03041.jpg
巨大仏像うしろ

DSC03044.jpg


敷地内で一番大きな仏像です。この背中がバスの車窓からも見えるので、
今後地獄寺に行かれる方はこれを目印にするといいと思います。




DSC03043.jpg

地獄寺境内は想像以上に広く、中には何か壮大なストーリーを持っていそうな謎の造形群や、




DSC03056.jpg

ワイドショーを見ながら寝ちゃったおばちゃんの像などもあります。




DSC03048.jpg

どの像もヘタクs非常に味のある作りなのですが、誰が作っているんでしょうか。
小学生の夏休みの自由工作でしょうか。




DSC03054.jpg

DSC03052.jpg

小学生が作っているにしてはテーマがアレな感じですが、制作者の獄寺くん(推定小3)はどんな家庭に育ちどんな悩みを抱えているんでしょうか。早めに相談に乗ってあげてほしいです。




DSC03065.jpg

DSC03066.jpg

小さなお堂に入りました。

こちらの天上天下唯我独尊像にも金箔を貼れるようになっていますが、なんかこう、一銭も差し上げたくない気持ちにさせられる表情をしておいでです。「金箔?そこに貼っとけ」みたいな・・・。




DSC03067.jpg

お参りセットを購入したのでその写真を撮ったつもりでしたが、金箔の写真しか残っていませんでした。金に目がくらみ他のものが目に入らなかったんでしょうか。

お参りセットの使い方は受付の人が身振り手振りで教えてくれたので、私も真似をしてお線香を立てたり金箔を天上天下像に貼ったりしました。一体どんなご利益にありつけるやらウヘヘ。





DSC03079.jpg

DSC03088.jpg
お堂裏の庭

お堂の裏には綺麗な庭がありました。こちらの像たちは割とよい出来です。




DSC03082.jpg

これとかかなり気に入りました。

このデザインで、音が鳴ったら踊る玩具を作って欲しいです。フラワーロックみたいなやつ。
それを国会答弁席辺りに置くのです。





DSC03099.jpg

さて、なんかもう結構満足しましたが、本日のメインイベントはあくまで地獄寺の「地獄」の部分にありますので、そろそろそれを見に参りたいと思います。木々の合間にそれらしいものが見えております。

というわけで地獄に突入しますが、
この後出て来る写真はお食事時に全くそぐわない感じなのでご注意ください。



    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・





DSC03146.jpg

DSC03120.jpg

DSC03109.jpg

こちらです。




DSC03103.jpg

図工2って感じ。




DSC03148.jpg

DSC03114.jpg

いや、出来はともかく、ご覧下さいこのキモチワルイ造形群を。
子供も「アチャー」って顔をしているではないですか。
本当にアチャーですよ。なんでこんな所に連れてきたんですかお父さん。




DSC03130.jpg
地獄釜

DSC03132.jpg
中身

中を覗き込むと、お賽銭箱(?)が電動でグルグル回り、そこにコインを投げ込む仕掛けが作られていました。ゲームセンターですかここは。





DSC03131.jpg
ご立腹

そりゃ腹も立つでしょうよ。腹なさそうだけど。





DSC03133.jpg

DSC03135.jpg

こちらのお賽銭箱も回っています。

お賽銭投入と同時に回収される仕組みに感心すればいいのか、ゲームセンター的な遊び心に感心すればいいのか、何考えてんだこの寺と突っ込めばいいのか、どうしたらいいのか分かりません。

一応お寺だしあまりふざけた事を言ってはいけない気もするのですが、このお寺自体が大分ふざけているのです。





DSC03112.jpg
進撃の図工2(15m級)

DSC03145.jpg
針山地獄

DSC03128.jpg
これはちょっと可愛い

DSC03164.jpg
これは竹中直人





DSC03156.jpg
犯人発見

制作者の人がいました。

そして、ちょっと安心しました。
「小学生か」なんて馬鹿にしてしまって、本当に小学生だったらどうしようと思っていたのです。また、お坊さんたちが修行の合間にせっせと作っていた場合も詫びなければいけないと思っていました。

いやしかし、自分の無礼な発言の数々を誤魔化す訳ではないのですが、
この下手さが味になっており、不気味さを増大させているとも言えると思います。

これが仮に図工5の出来だったら、きっと怖いだけで印象には残り辛いと思うんです。「地獄はこんな怖いところだぞ、悪い事するなよ」という教訓のための施設としては、その効果は絶大です。これだけのインパクトは、そう出せるものではありません。



・・意外と上手く誤摩化せましたね。




と、そんな感じの地獄寺巡りでした。

気持ちの悪い造形群と周りの池から漂うヘドロ臭により、ちょっと具合が悪くなりました。

・・・というくらいしか感想として言える事がありませんが、これ以上何かを書くには地獄寺について調べなければならず、調べ始めてうっかり地獄寺の歴史とか重大なメッセージとかを知ってしまうと余計何も書けなくなるので、大人しくここで終わろうと思います。



<情報コーナー>

○ 地獄寺

バンコク南バスターミナルから「スパンブリ」行きバスに乗り、所要約1時間半。右手に白くて大きな仏陀の背中が見えたらそれが地獄寺。乗るときに「ワット・パイローンウア」と言っておけば入り口目の前で降ろして貰える。入場無料。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| タイ | 22:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

待っています

げんきそうですね。名造形の吉田です。お帰りを待っています。

| 吉田 豊 | 2015/11/20 23:28 | URL |

>吉田先生

ご無沙汰しております。
現在ラオスにおり、楽しく旅を続けています。
年明けに大学にご挨拶に参ります。先生にもお会い出来る事を楽しみにしています!

| 低橋 | 2015/11/21 20:08 | URL |

コブラのフラワーロック

このところ、「すごく行きたい!」という旅行先がなかったのですが
この記事を読んで、行きたいところが見つかりました。
私が行きたいところは、ここです!!ありがとうございます!

| カーミッコ | 2015/11/22 20:27 | URL | ≫ EDIT

>カーミッコさん

地獄寺ですか。驚愕のセレクトですね。
コブラのフラワーロックは電源が永久に切れていますが、境内右奥にあります。
何がカーミッコさんの琴線に触れたのかと非常に困惑しておりますが、ともあれ、良いご旅行を・・!

| 低橋 | 2015/11/22 22:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/638-9b255bc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT