PREV | PAGE-SELECT | NEXT

北の町コタバル着&観光

おはようございます。昨夜は若干うなされました。列車が一晩中グラリグラリと不気味に揺れ、横倒れしそうな恐怖があったので寝苦しかったのはそのせいかと思われます。



DSC02330.jpg

日が登り明るくなった窓の外は、霧の立ち込めるジャングルでした。が、窓が汚すぎて全然見えません。世界の車窓からはおそらくここにも取材に来たと思いますが、ちゃんと番組として成り立っていたでしょうか。

世界の車窓から、いい番組ですよね。
あと宇宙船地球号も好きです。




DSC02336.jpg
グア・ムサン駅

DSC02338.jpg
バス

さて、本日は朝っぱらから乗り換えがあります。
朝のまどろみの中車内販売の朝食を頂き、車窓を流れるマレーシアの田舎風景を見ながら優雅に珈琲を一杯・・・というロマンが全く叶わなかったではないですかマレー鉄道の馬鹿馬鹿。

・・・まあ言っても仕方がないのでそれは諦めるとして、列車は8:45グア・ムサン駅着、バスに乗り換え、トゥンパット行きバスの出発が9:15というスケジュールになっております。


乗り換えはさておき、上の写真がグア・ムサン駅な訳ですが・・・滅茶苦茶良いではないですか。
なんですかこの駅。こんな格好良い町だと分かっていたら絶対ここに泊まりましたよ。
マレー鉄道で終点まで行けるなら悩みましたが、どうせここで一度降りるのですから。




DSC02339.jpg
バス車窓から

トゥンパット行きの切符を破り捨てられるほど財布に余裕のない私は大人しくバスに乗り、バスが走り出す前にガクッと寝てしまいました。寝苦しいなりにそこそこ寝たつもりでしたが、意外と疲れがたまっているのでしょうか。

上の写真は、途中で眠気と戦いながらものすごく頑張って撮った珠玉の一枚です。
マレー鉄道東海岸線の後半はジャングルの中を突っ切るそうで、列車は駄目でもきっとバスから同じものが・・・というのを楽しむつもりでしたが、この有様です。



2015101301.jpg

DSC02343.jpg
WAKAF BHARU駅(読めない)

終点のトゥンパットはもう一つ先ですが、予定を変更して1個手前の駅で降りました。
多分ワカ・バル駅と読むのではないかと思いますが、全然調べる気がないので責任は取れません。

トゥンパットを目指していたのは「マレー鉄道東海岸線の終点」だったからで、その足がバスになってしまったらもう行く理由はないからです。いや無い事もないですが、なんだかやる気がなくなってしまったのでもういいです。気が乗らない場所に無理に行っても、きっと得るものは少ないので。まあ拗ねてるだけです。




DSC02345.jpg
コタバル市内バスターミナル(市バス用)

駅近くのバス停から市バスに乗り、コタバルに到着しました。
ここはもともと、本日の寝床を探そうと目をつけていた町です。トゥンパットまで行ったとしてもコタバルには来るつもりでしたが、上のナントカ駅の方がだいぶ近いので途中下車したというわけです。

写真のバスターミナルは市バス用らしいのですが、長距離バスのチケットブースもあったのでついでに明日のバスを予約しておきました。明日はバタワースという町に移動します。




DSC02347.jpg

DSC02348.jpg
本日の宿

本日の宿は、ネットで見つけた15RM(420円くらい)のお手頃ドミトリーです。コタバルは観光客が多い町ではないので安宿もほぼ無いらしいのですが、こういうありがたいお値段の宿もあったのです。オーナーの青年は片言の日本語を話します。日本人の友達経由で覚えたんだそうで。


宿に荷物を置きちょっと調べ物をした後は、コタバル市内観光へ出かけました。




DSC02350.jpg
NAGOYA

こんなところに地元が。

本当は名古屋出身ではなくてその近郊の別の町なんですけど、
面倒なので名古屋ということにしています。外国では豊田と言った方が喜ばれます。

一応中に入ってみましたが、別に日本からの輸入品店でもういろう屋でもなく、普通の地元民向けショッピングセンターでした。店名の謎は謎のままです。




DSC02353.jpg
セントラルマーケット

こちらはコタバル観光のメインとも言える「カラフルな見た目も楽しいセントラルマーケット」のはずですが、ご覧の通りの有様でした。改装工事でもしているのでしょうか。



DSC02385.jpg
セントラルマーケット(観光パンフの写真)

本当はこういうのが見られるはずでした。




DSC02363.jpg

DSC02367.jpg

DSC02365.jpg
ロイヤルミュージアム

王族貴族の調度品を展示した博物館です。
小さいながらも意外と良かったです。




DSC02386.jpg

DSC02389.jpg

DSC02394.jpg
イスタナ・ジャハール

宮殿を改装した博物館で、王室の伝統などを紹介しています。
こちらも意外と良かったです。

コタバルには他にも州立博物館、イスラム博物館、戦争博物館、ハンディクラフトミュージアムなどがあり、どこも無料か2RMと格安ですしそれぞれが徒歩圏内なので、博物館巡りがしやすくて楽しいです。




DSC02446.jpg
大型ショッピングモール

宿の近く、バスターミナルの隣にはこんな巨大なショッピングモールがあります。



DSC02444.jpg
インスタント・カリーミー

ショッピングモールに用は無く、用事はモール地下にあるスーパー「ジャイアント」です。モールの壁に看板があったのでおおっと思って入りましたら、ついに目的のものを発見しました。

インスタントラーメンの、「ペナン・ホワイトカリー・ミー」です。
アメリカのインスタントラーメン愛好家か誰かが決めた、「世界の美味しいインスタント麺ランキング2014年版?だったかな?」で1位に輝いた品です。

マレーシアで出会った旅人に教えてもらい、一度は発見・購入し実家に送ったのですが、自分の分を確保しておくのを忘れていたのです。またすぐ買えると思ったら意外と売っておらず、今日まで探し続けていました。

で、これを購入し後日実際たべてみたのですが、確かにとても美味しかったです。ピリ辛かつ濃厚クリーミーで、ものすごく食べごたえがあります。でも想像の倍くらい濃かったです。野菜をたっぷり入れたら多分かなりクオリティが上がると思うので、お父様、召し上がる際はそのようにしてください。

もし日本で手に入ったら、皆さん買ってみてください。美味しいです。




DSC02447.jpg
本日の晩ご飯はこちらで

夜は宿の人お勧めの屋台街に行き、煮物っぽいものをかけたご飯を頂きました。
写真ももちろん撮ったのですが、お皿ではなくビニール袋に入れるスタイルだったために残飯みたいになり、見た目が非常に宜しくないので掲載は控えます。味は良かったです。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

◯ WAKAF BHARU駅からコタバル市街地へ

駅を出たら線路を横断して(南から北に横断)最初の角を右折。150mくらい歩くと左手にセブンイレブンがあり、その10mくらい手前に標識も何もないバス停があるのでそこからシティライナーと書かれた赤い市バスに乗る。コタバルのバスターミナルまで15分くらい。

◯ コタバルのバスターミナル

(1)街の中心のバスターミナル
大型ショッピングモールの隣、セントラルマーケットとも近くて便利。街を走る市バス・シティライナーの始発終点はここ。長距離バスは別のターミナルから出るが、チケットを買うだけならここにも何軒かチケットブースがある。

(2)テスコ・バスターミナル

市街地から3キロほど離れている。タクシーか、(1)のバスターミナルから「Tesco」と書かれたシティライナーに乗り約10分。かなり大きなターミナルで、バス会社も沢山入っている。


○ コタバルの宿

「TIMUR GUESTHOUSE」

市バスターミナルから徒歩5分かからないくらい。
グーグルマップで「コタバル TIMUR GUESTHOUSE」で検索したら場所が出る。

ドミ1泊15RM。珈琲紅茶飲み放題。街の中心にありどこに行くにも便利。オーナーの青年は一見クールだが実はすごく親切でフレンドリー。マップも貰え、色々教えてもらえるのでありがたい。無料WIfiあり。部屋にもギリギリ届く。混んでいなければ速度も悪くない。

| マレーシア2 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/627-4e12843c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT