PREV | PAGE-SELECT | NEXT

マレー鉄道東海岸線、夜行列車の旅


2015101201.jpg

本日は隣町のジョホールバルに移動し、マレー鉄道寝台車に乗ります。

地図で見てもすぐそこのジョホールバルですが、マレーシアです。なので国境越えということになりますが、シンガポールージョホールバル間は国際バスが20分に1本運行しているため、行き放題日帰りし放題です。日本人は両国共にビザもいりませんし。

なお、ジョホールバルへは電車で行くことも出来ますが、電車は本数が少ないのと、私の宿からだとバスの方がだいぶ安いので私はバスを選択しました。


バスは20分に一本という頻発っぷりなので乗ってすぐに出発し、その後30分ほどたった所ででっかい建物に寄り、シンガポールの出国審査がありました。一度バスを降り、建物に入ってシンガポール出国印をもらい、また建物を出て同じバスに乗り込・・・もうとしたらバスが私を置いて出発しようとするので、走って追いかけました。ちゃんと人数を数えてください運転手さん頼みます。私は確かに少し出遅れ最後尾になりましたが、特に問題なくイミグレを通過して早足で戻りましたよ。

ジョホールバルはすぐそこですのでまあ置いて行かれても何とでもなるでしょうが、車内にバックパックを置いて来ているので、それを持って行かれるとだいぶ困ります。

なお、バスに乗り込んだら、真ん中あたりの座席に置いておいたはずの私のバックパックが運転席横に移動していました。そして運転手さんは、「あーそれ君のか。誰のかと思った」と言っていました。つまりこのバックパックの持ち主がここにいないことを知っていた上で、出発しようとしたわけですね。この野郎。




DSC02292.jpg

この橋を渡ればマレーシアです。

バスはマレーシアのジョホール・バルに入ってすぐ、イミグレの建物に寄りました。この後バスターミナルまで行くそうですが、私が用があるのはイミグレ横の鉄道駅なので、ここでバスを降りました。

そしてジョホールバルの巨大入国審査会場の、ズラリと並んだよりどりみどりの入国審査官の中から優しそうな人を選び、あっさりとマレーシア再入国が完了しました。私は入国審査の際は、初老のおじさまか若い女性を選ぶ傾向にあります。優しい場合が多いので。



イミグレと鉄道駅は隣同士なので、連絡通路を5分程歩き、マレー鉄道JBセントラル駅に到着しました。ここから列車に乗ることになります。

駅構内の商店に並ぶお菓子類は見知った顔ぶれで、シンガポールでもよく見かけたものですが、お値段が急に可愛らしくなりました。一時間前まで200円だったオレンジジュースが急に80円に。この値段設定、ほんの2、3日前のことなのにすごく懐かしいし、安心感があります。




2015101202.jpg
ジョホールバルからトゥンパット

DSC02295.jpg
トゥンパット行き切符

ジョホール・バル発、トゥンパット行きの切符を無事購入しました。
満席になっていると色々予定が狂うので不安でしたが、問題なく買うことができました。人気のある下段が普通に取れたので、そんなに混んでいないのかもしれません。

切符は英語表記がちゃんとあり、売り場のおばちゃんが丁寧に書き込みもしてくれました。

本日私が乗るのは夜行列車で、4人コンパートメントの1等車と、特に区切られていない2等車があります。ちなみに普通座席もあります。寝台車は上段か下段かでもまた料金が違い、使いやすく人気が高い下段の方がやや高いです。私は下段を買いましたが、56RM(1,630円)でした。なお、上段はさらにお安い50RMです。

私はマレー鉄道公式サイトが使いこなせなかったため、他の人のブログで見たジョホールバル発クアラルンプール行き西海岸線/39RMを参考にして、「距離で言うとトゥンパット行きはその倍に近いので多分80はするかな~」と思っていたらこのお値段です。予想は大ハズレでした。

東海岸線は西海岸線より安いんでしょうか。あるいは、シーズンが関係するのでしょうか。よく分かりませんが、予想より安いのならそれに越したことはありません。





DSC02297.jpg

DSC02299.jpg
本日のお昼ごはん兼晩ごはん

駅のロッカーに荷物を預け、腹ごしらえに行きました。
現在午後4時ですが、昼を抜いており腹ぺこなので。

本日の昼なのか夜なのかご飯は、歩き方先生オススメのカフェのチキンチョップです。歩き方のシンガポール編に、「ちょっと日帰りで隣国へ」コーナーとしてジョホール・バルのページがあったのです。

店の看板には「この町一番のチキンチョップ」と書いてあり、自信の程が伺えます。そもそもこの町に他にチキンチョップの店があるのか?という疑問は置いておくとして、とても美味しかったです。

このお店で他に特筆すべきことと言えば、お店のおばちゃんに「一人?」と計7回聞かれたことです。3回目あたりから「一人じゃ悪いのか?この店はカップル限定か!?それとも友人グループか!?」とプンスカなりましたが、その後「チキンチョップでいい?」も4回ほど聞かれたので、多分ただ単に耳が遠いか忘れっぽいおばちゃんだったんだと思います。




DSC02296.jpg
ショッピングモール

DSC02304.jpg
クレープ

JBセントラル駅は巨大ショッピングモールとも隣接しており、そこには魅力的な食べ物が(シンガポールと比較すれば)お手頃なお値段で売っていたので、つい贅沢してクレープなぞ買ってしまいました。

しかしこのクレープ、お手頃価格なだけあって生地が焼け過ぎのバリバリ・・を通り越してお焦げ一歩手前であり、生クリームはホームセンターの日曜大工コーナーみたいな味がしました。

日本のクレープが恋しいです。外国でたまに「トーキョークレープ」とか「ジャパンスタイルクレープ」とか書かれたお店を見かけます。クレープはおフランス発祥だったはずですが、いつの間にか横取りしてしまったようです。まあ「日本発祥」とか言い出さない限りは問題ないと思いますが。




DSC02308.jpg
本日の列車

鉄道駅で書き物をしながら時間を潰し、発車30分前の20:00、
乗り場ゲートが開くと同時にトゥンパット行きの列車に乗り込みました。




DSC02309.jpg

DSC02318.jpg

久しぶりの寝台車です。いつぶりかと言うと・・・いつぶりですかね。ウクライナで乗ったのが最後だとしたら3年ぶりですが、その後もどっかで乗ったような乗っていないような。




DSC02311.jpg

私のベッドはこちら。下段です。ベッドの縦幅は185センチくらいで、平均的日本人なら問題ありませんが、平均身長180センチのオランダ人には辛そうです。

荷物置き場は特に見当たらなかったので、バックパックはベッド脇の通路にそのまま置きました。今日は空いているので問題ありませんが、満席のときは通路が荷物で埋まる惨事になりそうです。

トイレは車両両脇にあり、綺麗に清掃されていました。




DSC02314.jpg

上段はこんな感じです。
転落防止用のベルトがついている他、小物入れの網が設置されていました。




DSC02329.jpg

カーテンを閉めるとこのように秘密基地感満載になり、ワクワクせずにはいられません。いくつになっても、こういうのは良いです。旅人は永遠の少年ですからね。単に大人になれていないという



私の乗っていた車両では、乗客は私の他2人しかいませんでした。ガラガラです。
そんな状態のまま、定刻の20:30になると列車はゆっくりと動き出しました。

このあとの停車駅で少しずつ乗客は増えていきましたが、満席にはならず、しかし一人一人がうっさいので車内は割と賑やかになりました。

しばらくしたら車掌さんが切符を確認しに来ましたが、
「この列車はトゥンパットには行かないよ」と言われました。

あ、やっぱりと思いました。

実は、公式サイトで調べた時刻表にそんな様なことが書いてあったのです。
時刻表はちゃんとトゥンパットまで伸びていますが、途中のグア・ムサンという駅で一旦途切れ、「接続を保証します。通しチケット。バス」と書いてありました。なので乗り換えが必要なんだろうな~と。

案の定、車掌さんは「グア・ムサンでバスに乗り換えるよ。時間はたっぷりあるから焦らなくて大丈夫。ちゃんとアナウンスするし、全員乗り換えだから」と説明してくれました。

やはりバスに乗り換えるのですね。しかし、私は乗り換え先も列車だと思っていました。思いっきり「バス」と書いてありますが、バスと言う名の列車かと・・・。始発から終点まで列車を楽しみたいばっかりに、希望的観測が過ぎたようです。

なお、以前は確かにあったはずのトゥンパットまでの鉄道線が今回途切れている理由について、車掌さんは「橋がまだ準備できていないんだ」とか言っていました。修理中か何かでしょうか。


「マレー鉄道東海岸線の始発から終点まで乗る」というロマンが真ん中でバキッと折れ、テンションが急激に下がっていくのを感じましたが、とりあえず明日朝までは寝台車に乗っていられるようなので、これを楽しみたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

◯ シンガポールからジョホールバル

<電車で>
ウッドランド駅から電車で5分、運賃5ドル、一日片道7本、復路を入れて計14本運行。

<バスで>
Bugis駅から徒歩5分のクイーンズ・ストリート・ターミナルから、およそ20分おきにジョホールバル行きのバスが出る。運賃3.3ドル。バス会社は一つじゃないので、運賃は多少違うかも。

途中シンガポールイミグレで一度降り、出国審査。再び乗り込みマレーシア・ジョホールバルへ。イミグレで降ろされ入国審査。バスはここでも待っていてくれ、この後ジョホールバルのバスターミナルに行くらしいが、JBセントラル駅に行きたい場合はここでバスと別れる。入国審査後、連絡通路を通ってJBセントラル駅まで徒歩5分。

○ JBセントラル駅のコインロッカー

KFCの横。24時間(小)10バーツ、(大)20バーツ。私が使ったときは(小)は空きがなく、(大)も残り1室だった。

○ チキンチョップの店

「IT ROO CAFE」
グーグルマップで検索すれば場所が出る。駅から徒歩10分かからないくらい。

◯ マレー鉄道東海岸線、ジョホールバルからトゥンパットへ

毎日20:30発、翌日12:55着の夜行列車がある。安い方の寝台車ベッド上段が50RM、下段か56RM。私は当日窓口で買ったが、マレー鉄道の公式サイトから予約もできる。
私が乗った時は列車はグア・ムサンまでしか行かず、そこからはバスだった。これは一時的なものだと思うので、利用の際はマレー鉄道サイトから要確認。

| マレーシア2 | 14:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/626-8250a9c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT