PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スロバキアを目指して

今日はスロバキア入りするのが目標です。




大きな地図で見る

スロヴァキア中央、やや東部よりにレヴォチャという街があり、ここからスピシュ城という世界遺産に登録されている廃城へのバスが出ているのです。この城の最寄りの街はスピシュカー・ポトフラディエという所ですが、そんなに広い街でも無さそうなので近郊のレヴォチャを拠点にすることにしました。今日はこのレヴォチャに到達し、宿を取るのが目標です。

ルートは

クラクフ(ポーランド)
 ↓
ザコパネ(〃)
 ↓
ポプラト(スロバキア)
 ↓
レヴォチャ(〃)


で、全てバスを利用します。

クラクフからザコパネはともかく、そこから先のルートについてはネットで見かけただけで時刻などはさっぱり分からないのでとりあえず行ってみる事にしました。割と不安ですが、ネットではうまく探せなかったので仕方ありません。


大きな地図で見る

クラクフからザコパネは問題なく移動完了。所要時間は2時間少々でした。


P6181145.jpg

ザコパネはポーランドの人がよく利用する避暑地なんだそうです。
雰囲気も軽井沢みたいな感じ。軽井沢行ったことないけど。

ここには私が興味をひかれるものは無さそうなので、予定通り次の街を目指します。

しかしターミナルの時刻表を見ても目的のバスは発見できず、切符窓口の人も英語が通じなかったので街の中央にあるツーリストインフォメーションに行ってみることにしました。小さい街ながらツーリストインフォメーションは3軒ほどあります。また、バスターミナル内にはロッカーがあります。中くらいで6PLNか、大きくて9PLN。ツーリストインフォメーションの充実ぶりといい、わりと動きやすい街です。

インフォメーションの女性に聞いてみた所、ポプラト行きの次の便は16:15発とのこと。現在12:30です。噂では13:00くらいのバスがあるとのことでしたが、どうやら無くなってしまったようです。この時期の便は、午前2本、夕方2本の計4本のようでした。曜日によっても違うのかもしれません。

3時間ほどあるのでどうしたものか・・・もうここに泊まっちゃおうかななどとあっさり挫折しそうになりましたが、ターミナル内の喫茶店のソファが気持ちよかったので意外にも快適に乗り切りました。




大きな地図で見る


続いてザコパネからポプラトへの移動です。

窓口の女性との間には先ほど語学の壁を建設してしまい距離を感じたので、運転手さんから直接買う事にしました。そちらの方が楽だし確実です。金額が分かりませんが、ポーランドの移動料金事情から察するにおそらく25PLNくらいだろう、これでポーランドからは出てしまうので余計なお金は作りたくない、と思い財布をのぞいたら0.75PLN(約18円)しか入っていませんでした。さすがに足りない気がしたのでATMでいくらか降ろしました。

結果としては、ポプラト行きのバスは22PLN(530円くらい)でした。
国境越えするバスなのにやっぱりお安いです。

乗客は最初2人でしたが、各停留所で少しずつ増えて行きました。私以外にも旅行者らしき女の子達がいて、国境越えの瞬間大騒ぎしていて一緒に嬉しくなりました。やはりこの瞬間はワクワクします。


P6181180.jpg

ちなみに国境はこんなかんじ。国境審査はなく、単に停留所と小さなお店があるだけの場所でした。


P6181172.jpg

ザコパネからポプラトへのルートはタトラ山脈を越えて走ります。越えるといくか避けるというか。
バスが山道をうねうねと登って行くのは面白く、車窓からの眺めは壮大で素晴らしかったです。


その後無事ポプラトに到着しましたが、もう夕方6時を過ぎているのでターミナルは窓口もお店も閉まっていました。バスはまだまだ発着するので外に出れば人は多いのですが、構内は薄暗く静まり返っていて不気味でした。

レヴォチャへ行くためにバスの時刻表を見て唸っていたら、先ほどのバスで一緒になった女の子が話しかけてくれ、「ここの窓口は全部閉まってるから私たちは鉄道駅に行ってみるね。あなたも旅行者みたいだから気になって。頑張ろうね!」みたいなことを言ってくれました。
知らない子との一瞬の会話ですが、仲間ができたみたいですごく嬉しかったです。


さて、私ももう一踏ん張りという気持ちを強く持ってはいたのですが、どれだけ凝視してもバスの時刻表の見方やプラットフォームの場所がよくわからず、人に聞いても言葉の壁があり何ともならず、18:30に来るはずのバスをつかまえることができませんでした。どうやら、時刻表に載っているからといって今日来るとは限らないようなのです。季節や曜日など独自の見方があるみたいなのですが、スロバキア語が理解できない私には解読することができません。

そんなわけで、レボチャまであと30キロたらずのここで挫折しました。
実際はこのあと2本ほど便があったようなのですが、そのときは分からなかったのです。いや今でも本当にあったかどうかは分かりませんが。あの時刻表は本当に訳が分かりません。

挫折したということはこの街で泊まらなければいけないということなので、安宿を探してあたりを彷徨いました。しかしホテルは数件あるもののホステルは見つからず、結局バスターミナルの目の前にあるホステルに宿泊しました。

「HOSTEL INTERNET ○○←宿名。忘れた」と書いてある大きな建物です。シングル(何故かツインでしたが)1泊10ユーロ。バストイレ、wifi付きでした。ポプラトで安宿をお探しの方は是非こちらに。かなり大きいところなのでよほどの混雑時でなければ当日でもいけると思います。値段相応のザ・安宿ですが立地は良いです。
すぐ隣にはもう少し小奇麗なホテルもあります。値段は知りません。



<ポーランドまとめ>

観光地なら英語は通じます。田舎の方にいくと通じにくいです。

人はとても優しいです。ザコパネなどでは英語は通じにくかったのですが、困っていたらすかさず英語ができる通りすがりの子が助け舟を出してくれました。嬉しいことに、こういうことが何度もありました。若い人は英語が出来る場合が多い様です。そういう人に限らず、明らかに言葉の不自由な旅行者である私を周りの人はよく見ていてくれ、何かと面倒を見てくれました。

旅費については、宿泊費もですが、交通費がとにかく安いです。

治安については、東欧は治安が悪いとはよく言われますが他のヨーロッパ諸国に比べ特別悪いという印象は受けませんでした。ただ移民が多い国なので、少し不安定な部分はあるんだと思います。が、普通に節度を持った行動をしていれば大丈夫です。ポーランドの人々はとても優しく親切です。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ポーランド | 06:38 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わあああ!地図まで丁寧にありがとうございます!!
本当に助かります。お忙しいご旅行中なのに・・・感謝します。
本日ロシア大使館領事部でビザの申請してきました。空バウチャー、空招待状でしたがあっけなく通過しました(四時間待ちましたが)。レギについては72時説と7日説が入り混じってますね・・。
モスクワでは友人宅に泊まるので、念の為旅行会社からレジストレーションを買いました(オフィスに行けば、そこの旅行会社が経営するホテルに泊ったことにしてくれるってやつ)
次はシベリア鉄道のチケをとります!
http://www.russiantrains.com/?gclid=CKyZvvCww7ACFUZNpgodqH-qXA
ここで買おうと思ってるのですが、ここが発行してくれるのはEチケットだけです。これで大丈夫なのかと問い合わせても、大丈夫だ問題ないとこの会社にいわれました。
低橋さんのように、ウラジオのチケットカウンターの人にEチケットを見せて紙の切符を貰いたいと思います。
紙じゃないとやばいっぽいですよね・・。

シャウレイの十字架の丘と、タリンの死の舞踊を見に行くのが目的です。シャウレイめっちゃいきにくいですよね・・・・。

スロバキア、ポーランドはいけなかった国です!レポ楽しませていただいています。
ありがとうございました。

| 大島綾 | 2012/06/22 22:56 | URL |

>大島さん
Eチケットでの乗車は私も試してみたかったのですが、安全パイを取りました。
ウラジオやモスクワのホームで周りを観察していたのですが、印刷したEチケットを持っている人はみかけなかったのでやはりちゃんとしたチケットに交換した方が良さそうだなと私は思いました。まあ、ただチケットが好きなだけというのもありますが。。地下鉄の切符とかも取っておく性質です。笑

| 低橋 | 2012/06/25 18:26 | URL |

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

| 転職の履歴書 | 2012/10/26 21:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/62-b00ad492

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT