PREV | PAGE-SELECT | NEXT

コタキナバル日曜市と、野生のテングザルを見に行くツアー


IMG_3239.jpg

おはようございます。
旅先ではいつも早寝早起きを心がけている低橋でございます。
現在朝5時です。ちょっと早過ぎた気はしてます。

まだ夜明け前ですが、窓の外ではすでに日曜市の準備が始まっていました。
是非行こうと思っていた日曜市ですが、まさかこんなに近くで開催されるとは思いませんでした。良い宿を取りました。




IMG_3241.jpg
本日の朝ご飯/宿の無料朝食

DSC01165.jpg
日曜市

腹ごしらえを済ませ、完全に日が昇るのを待ってから日曜市へ繰り出しました。




DSC01166.jpg
お菓子

DSC01177.jpg
ジュースや軽食

DSC01168.jpg
せっけん/ナマコ石鹸が有名らしい

DSC01172.jpg
はちみつ(蜂付き)

DSC01192.jpg
果物

DSC01175.jpg
動物

色んなものが叩き売られています。



DSC01181.jpg
センターポイント

特に買うものもないので、そのまま市場を通り過ぎて大型ショッピングモールへ。



DSC01182.jpg
なんか薄暗い

DSC01183.jpg
モール内のスーパー

クアラルンプールでも思いましたが、マレーシアにはショッピングモールが異常に多いです。
大きめの町はもちろん、小さい町にも郊外にもやたらとこれがあります。しかし、その乱立っぷりに反して中は結構寂しい風景な事が多いです。店舗数が足りていなかったり、シャッターが降りていたり、薄暗かったり、店はあっても商品棚がガランとしていたり。

こんな風にあちこちで恰好鳥を鳴かせるくらいなら、一、二カ所に店舗を集中させた方がいいのではないかと思うのですが、それでもさらにまた新しいショッピングモールを建てる不思議の国マレーシアです。バブル&建設ラッシュなんでしょうか。



このショッピングモールに来たのは買い物をするためではなく、モール内にあるツアー会社を尋ねるためです。実は同じ宿に同世代の日本人女性が泊まっていることが分かり、その人に安いツアー会社を教えてもらったのです。

彼女が本日参加するツアーは「リバークルーズ」。通称テングザルツアーです。コタキナバル近郊にいくつかある川沿いの森に野生のテングザルが生息しているそうで、それを茶化しにいくツアーです。
興味はあるもののちょっと高いなと思い断念したツアーですが、プロモーション価格でほぼ半額になっているとのことなので、私も便乗してみる事にしたのです。

テングザルとは、その名の通り特徴的なお鼻を持つ猿のことです。マレーシア観光情報サイトでその写真を見て以来、是非この目で見てみたいと思っていましたが、念願叶いそうです。

ツアーは午後からなので、午前中早い時間にツアー会社に聞きにいったら今日の席が空いており、無事予約をすることができました。通常200RMのところを、本日は120RM(3,300円くらい)ととってもお得です。



DSC01187.jpg

DSC01184.jpg
本日のお昼ご飯/牛モツカレーとその他のおかず

ショッピングモールの地下に「勝手に盛りつけてください」形式の食堂が沢山あったので、そこで頂きました。こういうのはビュッフェ形式って言うんですかね。バイキングって言い方はもう古いですか?私は選択語彙が時代遅れらしいです。リンスとかね。

マレーシアのこの手の食堂は品数に応じて値段が決まり、量は関係ないそうですが、そうとは知らず色々乗っけてしまいました。総計17RM(460円)です。どれも美味しそうなのでつい色々手を出してしまいます。




DSC01201.jpg
リバークルーズ

午後14:00発のツアーバスに乗って、コタキナバル近郊のなんちゃら川まで来ました。ツアー名はリバークルーズですので、舟に乗ってリバーをクルーズします。何リバーかは知りません。



DSC01200.jpg
軽食

その前に腹ごしらえ。
こちらの珈琲とおやつは、ツアー代金に含まれています。
特にゴマ団子が美味でした。




DSC01202.jpg

今日はお天気が悪く、辺りはうっすら霧が立ちこめています。
それとも、亜熱帯ではこれはよくある光景なのでしょうか。
お日様がぼんやりと揺れ、不思議な雰囲気を醸し出しています。




DSC01204.jpg

それはさておき、川の水が汚いです。なんですかこのみそ汁(赤出汁)みたいな色は。私が赤出汁大好き名古屋っ子と知っての狼藉ですか。

ゴミが散乱している類の汚さではないのですが、何故こんな色になるのでしょうか。アマゾンなんかでも川の水は茶色いイメージがありますが、そういうものなんですかね。その色になる仕組みを知りたいです。




P9277202.jpg

我らがツアー船は巨大ですが、一般的にはこういう小舟で行くのが主流のようです。
こんなでっかい船で渡っているのは私達だけです。



DSC01216.jpg

そして前を行く小舟が猿の姿を見つけ岸に寄ると見るや、その後ろからグイグイ幅寄せするヤンキーの様な我らが大船。小舟の皆さんがものすごく迷惑そうな顔をしています。すみません。犯人は船長です。



P9277197.jpg
テングザル

このリバークルーズの目的はテングザルを見る事です。
この川を囲むジャングルにはテングザルの群れが生息しており、クルーズを通して野生の彼らを見る事ができるのです。野生ですので必ず見られるものではありませんが、群れはいくつもあるため、遭遇確率は決して低くないそうです。

そして私達のツアーでも、無事その姿を見つける事が出来ました。
写真に写っているのが例のテングザルです。が、




P9277199.jpg

この人間臭さは一体・・・。

太ももの筋の感じとか、恰幅のいい体型とか、腹とか、座り方とか、
中年太りのオッチャンが木の上でくつろいでいるみたいですごく不気味です。




P9277201.jpg

そしてこの鼻です。誰に殴られたんですかそれは。
中身は骨なんですか。肉なんですか。他の猿より鼻は利くんですか。
気になる事だらけですが、本人に聞いたら舌打ちされそうで怖いです。



P9277220.jpg

猿達はそう近くまで寄って来てくれるものではないので、実際には、その鼻の形まで肉眼で確認するのは非常に困難です。ですので私は今日も望遠レンズを装備しております。



DSC01218.jpg

DSC01219.jpg
本日の晩ご飯

ツアーには夕飯代も含まれています。
このリバークルーズは猿だけではなく蛍鑑賞もするので、それに合わせて午後遅めの時間に始まり、夕飯の時間まで続くのです。ですので、ツアーの途中で夕飯タイムが用意されます。

小舟の皆さんは川沿いのレストランに行くようですが、大船の私達は船上でのお夕飯です。
夕飯は皆大好きビュッフェ形式になっているため、私は最初は遠慮して小盛りにし、皆さんがひととおり取り終わったのを確認して一人でおかわりパーティーをして盛り上がりました。おかずがどれもこれも美味しいので、ごはんもモリモリ進みます。

マレーシア料理ってすごく美味しいです。華僑が多いので中華もよく出て来るのですが、それも美味しいです。なのでそれらを同時に楽しめるビュッフェ形式は大好きです。




P9277213.jpg
普通の猿

川沿いの森には普通の猿もいました。
テングザルを見た後だと、見慣れたこの姿が異常に可愛らしく見えます。



P9277236.jpg
普通じゃない猿

そしてテングザルです。
何故座り方ひとつとってもそう人間臭いのですか。
「リモコンとってくれ」とか言い出しそうです。




DSC01220.jpg
この日はスーパームーンの日に近かったような

日が暮れてからは、蛍鑑賞をしました。
こちらもこのツアーの目的の一つです。

かなり小さな蛍であり、その儚い光は写真には撮れないのですが、
青っぽく小さく点滅する光の集合は、少し早いクリスマスの様な光景を作り出していました。

ところで、蛍って綺麗な水の近くでしか見られないんじゃなかったですか。
赤出汁の川でも大丈夫なら、君らはどこででも生きられる気がしますよ。


すっかり暗くなった道をまたバスで2時間ほど走り、宿に帰ってきました。
明日はコタキナバルの町を歩きます。


<情報コーナー>

○ リバークルーズ(テングザル鑑賞ツアー)

たいていどこのツアー会社も出している人気のツアー。
私が参加したのは期間限定のプロモーション価格で120RMだったが、通常は200RM前後が相場とのこと。ツアーはどこで頼んでも似た様な内容で、午後13:00〜14:00くらいに出発し、コタキナバルからのバス送迎、舟代、軽食や夕飯代込み。暗くなってから蛍を見て、夜21:00ごろコタキナバル帰還。ツアー会社によって船の大きさや行き先(テングザルが見られる川は全部で4つあるらしい)が異なるので、希望があれば申し込み前に要確認。大船より小舟の方がテングザルにより近づけるので、個人的にはそちらをお勧めしたい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| マレーシア2 | 22:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

更新ラッシュ有難いです!
仕事の行き帰りでチェックして、笑わせてもらってます!

マレーシア楽しんでくださいねー!

| ピロシキ | 2015/10/08 20:00 | URL |

>ピロシキさん

ありがとうございます。
更新ラッシュ、もう少し続く予定です。でもすぐ森に籠りたくなるのでいつまで続くか。。笑

| 低橋 | 2015/10/09 15:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/611-560266a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT