PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ポーランド/クラクフ2

今日はクラクフ観光をしました。

以前来たときには時間が足りず、旧市街のメインであるお城と個人的に興味深かった竜の洞窟に行けなかったので今回の目標はその2カ所です。


クラクフの旧市街はそう広くはないので歩いて回れます。
また、旧市街の周りをぐるっと公園が囲んでおり、木に囲まれたそこはいつも涼しいので休憩するには最適です。



P6171022.jpg

お城は旧市街の端にあります。駅とお城が旧市街を挟んでいる形です。

お城内部の見学はチケットが細かく分かれており、見たい所だけ選んで購入できます。
私が選んだのは、

宝物&武器庫 18PLN
お城のメイン展示室 18PLN
ロイヤルプライベートルームとやら 25PLN
竜の洞窟 3PLN


で約1500円です。ちょっと欲張り過ぎました。
見なかったところが実は素晴らしかったら悔しいものですから。



P6171040.jpg

城壁の中はそう広くはないです。端から端まであっと言う間に歩いて渡れます。

竜の洞窟以外は見学スタートの時間が決められており、オフィスの人が見学ルートと時間を指定してくれます。割とあっさり見学してしまった私はいちいち時間が余りましたが仕方ありません。
また、時間ごとに入場制限を設けているようなので、夏休みなど混雑時に行かれる方は午前中に買いに行った方がいいかもしれません。売り切れる事はあまりないとは思いますが念のため。


建物内は写真撮影禁止だったので文字だけの説明になってしまいますが、以下にまとめます。


宝物&武器庫
小規模な展示ではありますが面白いです。
ポーランドだけでなく周辺諸国の武具や、周辺国から贈られた宝飾品なども展示されています。

城メイン
会場はそんなに広くはないです。お城ではありますが、エルミタージュなどのように豪華絢爛なそれではなく、どちらかと言うと落ち着いた内装です。しかしタペストリーや天井の装飾などは手が込んでいて素晴らしい出来です。

ロイヤルプライベートルーム
こちらはもれなくガイドツアーが付いてきます。だいたい50分くらい。私は英語ツアーに参加しましたが、まあ内容は分からなくてもツアーの後ろからノコノコついて行くだけでいいか、と思い集合場所に行ったら

まさかの1対1 という窮地に追い込まれました。

私はこのブログではあたかも英語が堪能なフリをしていますが、本当はそんなに得意ではないのです。そんな1対1でお城の歴史やら装飾やらの説明をされても脳がショートするのは必至。今なら走って逃げられるだろうか…と入り口付近で本気で悩んでいたところ、遅れて2組のカップルが参加してきてくれたので事なきを得ました。

そしてツアーの内容はと言うと、案の定専門的な話を早口で喋ってくれるものだから全然聞き取れず、

「この部屋は待合室ですがペラペラペラペラなのでゲストはずっと待つだけです。」

え、なんでずっと待ってんの?お客さんを待たせるんじゃないよ!

「このベッドはゲスト用ですがどうして短めなのかと言うとペラペラペラペラ」

え、なんだって?ゲストの足が短かったからとか? 失礼極まりないな!

という具合にみるみるうちに誤解は膨らみ、結果的に

参加者の中で一番楽しんでいたのはおそらく私です。



続いて竜の洞窟へ。

入り口はお城の敷地内にあり、そのまま城壁の外へと繋がっています。
この洞窟は竜が出るという伝説があるそうです。はたして遭遇できるでしょうか。


P6171048.jpg

狭い階段をどんどん降りていくとどんどん寒くなり、上着を持って来なかったことを後悔しました。が、内部はそう広くはなく、2.3分もあれば出られてしまうので問題ありませんでした。


P6171060.jpg

P6171071.jpg

P6171073.jpg


しかし短いながらもとても楽しく、100円程度の入場料では勿体無いくらいの場所でした。
写真は分かりやすくする為少し明るくしましたが、実際はもっと薄暗くて足下が見えないくらいです。
まさにRPGの世界で、あまり人もいなかったので薄暗い洞窟内を冒険気分で徘徊しました。

中では、唯一一緒になったご家族連れの小さな男の子が話しかけてくれました。
「これぼくのちけっとなの」
「そうなんだ〜」
「うん」
「・・・・」

終了。

心温まる交流でございました。



P6171078.jpg

あっと言う間に出口です。洞窟内では竜には出会えませんでした。
それもそのはず、竜は出口の外にいるからです。写真の左側が出口で、右の虫みたいなのが竜です。
さらっと暴言吐きましたが、龍は神聖な生き物だけど竜はただの動物でなのでいいのです。

この竜の像はたまに火を吹くそうです。足下ではいつも子供達が遊んでいるのでそんな危険なことはしないだろうと思っていたのですが、口元が黒く焦げていたので真のようです。もしかしたら夜中にそっと吹くのかもしれませんね。ゲップみたいに。


実は今日も駅で何時間か遊んでしまったので観光はこれだけです。
今後はもうちょっと真面目に観光しようという気持ちも僅かながらあります。

クラクフ中央駅には券売機はありませんが、窓口は、人によりますが英語は通じます。
ワルシャワと同様に必殺お助け人が配置されていました。

バスターミナルは線路を挟んで駅の向こう側にあり、アウシュビッツ行きのバスなどもここから出ます。
でっかいバス時刻表がありますので目的のバスを見つけるのは容易です。また、ターミナル内にはバス検索が出来る機械が設置されており、とても使いやすいです。目的地までの所要時間はもちろん、終点までにどんな駅を何時に通過するのか、目的地までの距離はいかほどかなど、かなり詳しい情報を得る事ができます。

チケットは窓口でも購入できますが、乗るときにドライバーから直接買うこともできます。
ほとんどの人はそうやって乗っているようでした。
行き先を言うと簡易レジに料金を表示してくれるので簡単です。

私が買ったのはクラクフよりさらに南部の街、ザコパネへの片道切符です。111キロありますのである程度のお金は用意していたのですが、料金は19ズボティ(450円くらい)でした。お安いですね。



今日はユーロ2012のチェコVSポーランドの試合の日で、
試合開始時刻になると宿の近くのお店は軒並みサッカー中継を始めました。

試合後は結果によっては危険ですが、試合中ならいいだろうと思いこっそり外の様子を見に行ったのですが、店の外にまで人がはみ出し町中が大騒ぎ。そこらじゅうから応援の声が響き渡り、その一体感が羨ましくてサッカーを見ていなかったことをとても後悔しました。あの応援の輪に加わりたかったです。

なお、人々は皆サッカーに夢中だったのでその後ろでビールを飲んでいる私などには目もくれず、むしろ普段より安全なくらいでした。もちろん、少し見たらすぐ宿に引っ込みました。危ない行動をしてはいけないということは分かっています。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ポーランド | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私はポーランドと言えばキューリー夫人しか思い出せないのです
ですが クラクフの市街地は世界遺産に登録されているんですよね 竜の洞窟、怖い気もするが 入ってみたいです
でも出口にあるあの石が竜?
ちょいと・・・夢が壊れます

しかし、いつの写真を見ても晴天に恵まれていますね
晴れ女?(⌒-⌒)



| daoo | 2012/06/21 10:30 | URL | ≫ EDIT

>daoo先生
竜の洞窟はひんやり涼しくて、夏は特にお勧めです。
竜は、写真だと分かり辛いですが石の上の黒い虫みたいな変なやつがそうです。私も「これが竜!?」と笑ってしまいました。

そういえば旅先で雨にふられたことは一度もないかもしれません。電車やバスの中にいるときならありますが。かなりお天気に恵まれるタチかもしれないですね!

・・・と思いきや今朝は雷を伴うドシャぶりでした。笑
宿を出るまでには上がりましたが・・・やっぱり晴れ女かも!?笑

| 低橋 | 2012/06/22 23:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/61-1af08e63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT