PREV | PAGE-SELECT | NEXT

タナトラジャ到着、この地方での見所は。


IMG_2091.jpg
本日の朝ごはん

宿の無料朝食です。朝からなんと豪勢な。



IMG_2101_20150903133127c81.jpg

朝食と荷造りをさっさと済ませ、朝9:30くらいに宿を出ました。
その後大通りまで少し歩いて、現在トラジャ行きのバスを待っているところです。
この道をトラジャ行きのバスが通ることは昨日の時点で確認済みですので、それを捕まえようと思います。

木陰でバスを待っていると、道端のおっちゃんが「どこ行くんだ?トラジャ?そーかそーか」と話しかけてきました。そして知り合いらしき乗合バンの運転手さんを引っ張って来て、「トラジャ行くならこれだ!」と言っています。

私「いえ、バスで行きます」
おっちゃん「バスはないよ!」
私「ノー、バスはあります」
おっちゃん「バスは12:00しか来ないよ!」
私「いいえ、すぐ来ます」
おっちゃん「来ないよ!」

私はインドネシア語が分からないのでほとんど単語とジェスチャーと心の会話ですが、だいたいそんな感じのやりとりでした。

そして、



IMG_2102_2015090313312904c.jpg
バス車内風景

その10分後に来るトラジャ行きのバス。

バスに乗り込む私に対し、「気を付けてなー!」と笑顔で手を降るおっちゃんです。
貴方という人は悪びれもせず。



IMG_2105.jpg

本日乗ったバスは大型長距離バスではなく、地元民向け中距離バスみたいなやつです。車内はいい感じに薄汚れており、英語はもちろん通じません。そして値段が分かりません。でもまあどうせ相場の2、3倍あたりを言ってくるでしょうから、その半額を払えば充分かと思います。



P8296230.jpg

車窓から見える風景は、マカッサル〜パレパレ間とはまた雰囲気が違います。どんどん山岳地帯の村の方に向かっているので、大きな建物を見なくなり、替わりに木製やトタン屋根の民家が立ち並ぶ様になりました。また、写真の様に、大きな山も見え始めました。



IMG_2107_20150903133152aa6.jpg

IMG_2116.jpg
休憩中

運転手さんが何も言わずにお昼休憩に入ったので、それを確認して私もおやつ休憩です。一応、バスから目を離さないように気を付けながら。バナナチップとジュースを買いましたが、このジュースが美味でした。

写真下は、店の軒先に吊るしてあったお菓子です。
吊るす用の道具がS字フックなどではなく、木の枝なのが素敵です。
こういう知恵というほどでもない小さな生活の知恵が、とても好きです。



IMG_2122.jpg
バス車窓から

山岳地帯に入ったようで、こんな感じの風景が見え始めました。



P8296275.jpg

P8296255.jpg
トンコナン

トラジャ地方に入りました。
このあたりの名物といえば、やはり伝統家屋トンコナンです。

私がトラジャに来たかった理由のひとつがこれですが、目的地に着く前に早くも見る事ができました。道沿いの至る所に建っているのです。トンコナンはかなり古い伝統だと思っていましたが、しっかり現役のようです。

トンコナンはまた後日しっかり見に行くので、そのときに詳しく書きたいと思います。



P8296284.jpg
マカレ

マカレに到着しました。

タナトラジャ観光の中心地(位置的に)は今向かっているランテパオですが、この辺りで一番大きな町はここマカレです。町の真ん中にでっかい人工池があり、わかりやすく栄えている良い感じの町です。

私が泊まるのはこの先のランテパオですが、
マカレからランテパオは車で30分と非常に近く、アクセスも容易とのことです。



IMG_2148.jpg

P8296297.jpg
本日の宿

最終目的地、ランテパオに到着しました。

バスが宿まで送ってくれると言うので、
ランテパオで一番有名っぽい「ウィスマ・マリア」という宿で降ろしてもらいました。

なおバス運賃はと言うと、最初は「100,000Rp(900円)」というマカッサルからトラジャまで行けてしまう値段を言われたので無言でその半額を渡しましたが、集金係の少年が運転手の方をチラチラ見て困った顔をするので、なんだか気の毒になってもう20,000追加しました。つまり70,000Rp(630円)です。



P8296300.jpg
なんかパレード

町が異常に賑やかだと思ったら、何かのパレードをやっていました。
ツーリストインフォメーションを探したいのに、道を横断することすらできません。



P8296308.jpg
ツーリストインフォメーション

なんとか標識を見つけ出し、ツーリストインフォメーションに来ました。
想像していたツーリストインフォメーションとは違いましたが、少なくともツーリスト向けのインフォメーションはくれそうなので、その名に間違いはないのでしょう。

最初はインドネシア語のおっちゃんが出迎えてくれましたが、何故かどこかに電話をかけ、私に受話器を渡しました。誰ですかこの人は・・と思いながら話した相手は、英語を操るツアーガイドの人でした。あと10分で行くのでそこで待っていろと。

10分後、到着したツアーガイドさんと話をしました。しかし目的の個人ツアーの金額が聞いていたよりだいぶ高かったので、ちょっと他の所でも聞いて見ようと思い一度外に出ました。



私がタナトラジャに来た最大の目的は、「ランブソロ」というこの地方伝統のお葬式を見る事です。

お葬式を面白半分に見学するなんて不謹慎ではないかと当然思いますが、この辺りのそれは沢山の人を招いてできるだけ派手に、盛大に執り行うのが良しとされているそうなのです。なので、見学するにあたりいくつかのルールはあるものの、不謹慎とかは気にせずどんどん参加して良いとのことです。

なお、お葬式ですのでいつでも見られる訳ではない、そもそも「お葬式見られるかな〜」と思いながら行くのは誰かが亡くなるのを期待しているようで、それはいくらなんでも駄目だろうと思っていましたが、6、7、8月辺りはお葬式のベストシーズンなのでほとんど毎日どこかの村でこれが見られるそうです。


・・・葬式のベストシーズンって何。


何かおかしな世界に迷い込んでしまった気分ですが、その詳細はまた後日の日記で。


P8296311.jpg
本日の晩ご飯

宿近くの食堂にて、「チョト・マカッサル」というスープを頂きました。
その名の通りマカッサル名物ですが、彼の地では食べ損ねたので。
濃厚な牛の煮込みスープです。

また、昨日パレパレで食べられなかった臓物スープバルバサですが、このチョト・マカッサルと良く似ているそうです。なので、これでパレパレの無念は晴らしたこととします。


明日は近郊の山に泊まりにいきます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ パレパレからランテパオ

Jl. Jendral Ahmad Yani通りを通る中型バスを捕まえて、所要約5時間。多分50,000Rpも渡せば充分と思う。知らんけど。私の見間違えでなければ、大型バスもこの道を通るはず。

○ タナトラジャの観光拠点

町の大きさと宿の多さで選ぶなら、おそらくマカレの方がいい。単に位置的な中心地、及び観光中心地と呼ばれているのはランテパオ。こちらは小さいが、コンビニなどはあり必要なものは揃う。マカッサルからのバスはランテパオまで行ってくれる。
どちらの町にもツーリストインフォメーションっぽいものやツアーガイドはいる。
両町間の移動は中型バスやバイクタクシー、あとおそらく市民の足ベモもあり、所要約30分。

○ ランテパオの宿

「Wisma Maria」

Ratulangi通り沿い。有名なので人に聞けばすぐ分かるはず。シングルまたはツイン一泊115,000Rp。トイレ,冷水シャワーつき。ホットシャワーの部屋は確か170,000Rpくらいだった。無料朝食つき。ラウンジに無料Wifiあり。犬やら猫やら鶏やらが歩き回る自由すぎる宿。庭が広い。安い部屋は水回りが古く蛇口が壊れていたりするが、高い部屋はもう少しちゃんとしてると思う。

○ ランテパオのツーリストインフォメーション、バイクレンタル

(1)Penanian通り沿いのツーリストインフォメーション
(2)サッカーグラウンド脇のツーリストインフォメーション(マルコスさん家)
(3)Wisma Mariaのレセプション

ツーリストインフォメーションを語る店は少なくとも2軒あるが、どちらも町の公式という感じはしなかった。どちらかと言うと(1)の方がちゃんとしており、英語が堪能なツアーガイドを何人も抱えている。
(2)は完全に個人経営だが、オーナー兼ツアーガイドのマルコスさんが良い人。Wisma Mariaを出て左に曲がり、最初の角(サッカーグラウンドの角)を左折してすぐ。
(3)は文字通りウィスマ・マリアの受付だが、3つの中で一番綺麗な地図をくれた。宿には英語を話す自称ツアーガイドが何人も出入りしており、その人達にツアーを頼むのもあり。多分どこの宿でもこういう人達はいる。上記3つとも、バイクレンタルもやっている。

詳しいツアー金額などについてはまた後日の情報コーナーで。

| インドネシア | 21:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スラマッ・パギ。
久しぶりです。
葬式のこと、興味深いです。
その前にパプアニューギニア、気を付けて楽しんできてください。

| オフ | 2015/09/06 10:06 | URL |

>オフさん

スラマッバギー!お久しぶりです。
タナトラジャは色々と面白かったのでブログに書く事がたくさんで、早くお伝えしたいのですが、かなり時間がかかってしまっています。できればニューギニアに行く前に書いてしまいたかったのですが・・。

ニューギニア、楽しんできます!

| 低橋 | 2015/09/06 15:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/582-72b0fd88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT