PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ニュージーランド情報まとめ

旅行して、ニュージーランドがすごく好きな国になりました。

綺麗だし、人は優しいし、食べ物は特に変わったものはないけど美味しいし、良い国でした。

ただ、物価が高いのがつらくてつらくてもう・・・私が滞在した時期は1NZ$=80円くらいだったのですが、1個観光しただけで平気で50ドルとか200ドルとか取ってくるので、気になる所全部はとても行けませんでした。

あと宿が最安15ドルとかで、町によっては30ドルが最安値だったりしてどんどん貧乏旅行感覚が崩壊していきました。多分ニュージーランド3週間で15万円くらい飛んでると思います。計算を頑に拒んでいるのですが、もしかしたらもっと。ドミトリーに泊まり、ほぼ全食自炊で、お金のかかる観光もできるだけ避けていたにもかかわらずです。

でも、旅行自体は楽しかったです。
シーズンオフで閉館中の施設があったり、できないことがあったり、色々と面倒なこともありましたが、雪景色は綺麗でした。また、温泉が結構あるのでそれが良かったです。

でも、やり残したことが沢山あります。

・ オタゴトレイルの2泊3日サイクリング(ダニーデン近郊)
・ ミルフォードサウンドトレッキング(ミルフォードサウンド)
・ ケプラー・トラック2泊3日トレッキング(テ・アナウ)
・ テカポ湖の星空を写真に収めること(レイク・テカポ)
・ マウント・クックトレッキング(アオラキ、マウントクック)
・ 羊の毛刈り(そのへんの牧場)

などです。

今度は是非、夏か、できれば紅葉の時季に来たいです。
特にオタゴトレイルサイクリングは本当にやりたかったので、絶対また来ます。


というわけで、ニュージーランド編終わりです。
明日からはインドネシア編です。3週間の滞在です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


以下、ただの旅行情報です。


<情報コーナー>

<観光案内所i-siteに行けば全てが解決>

別にi-siteの回し者とかでは無いですが。

ニュージーランドの大抵の観光地には観光案内所i-siteがある。i-siteの人達はとにかく親切で、宿からバスからツアーまで色々手配してくれるし、相談にも乗ってくれる。自分でネットで探しても見つからなかったり売り切れていたのに、観光案内所に聞いたら一発で押さえてくれたりするので本当に頼もしい。

また、バスの予約に関して、ニュージーランド最大手バス会社のinter cityはネットでも予約ができるが、これは4ドルの手数料がかかるのに対し、観光案内所で頼むと手数料無料なのでお勧め。宿で頼んでもおそらく無料。


<宿泊(安宿)>

物価が高いので、そもそも安宿がない。
安いのはホステル(バックパッカー)で、ドミ1泊15〜30ドルくらい。町によって15ドル代が沢山ある所もあれば、30ドル以上しかない所もある。たいていのバックパッカーはwifi付き。

ニュージーランドにはユースホステルYHAが多く、主な観光地には必ずと言っていい程ある。
また、YHA会員になっておくと宿泊費の割引率がかなり高いのと、各種ツアーの割引なども付いて来るので、少し長めに滞在するなら会員になっておいて損はない気がする。年会費がかかるので、そのあたりを計算してプラスになるようなら。宿泊費割引については、例えばレイク・テカポのYHAは会員は1泊29ドルだが、非会員は35ドル、など。他のYHAも4〜6ドルくらい安くなる。私は2、3回しかYHAは利用しなかったが、どこも設備が整っていてスタッフの人達が親切で、とても居心地が良かった。


<ニュージーランドのWifi事情>

大抵どこのホテルでもドミトリーでもWifiはあるが、有料の場合も少なくない。大体の所が最安値5ドルで、制限は500メガ〜無制限と様々。また、無料の場合でも容量がかなり少なかったり、時間制限付きだったりする。もちろん、無料で無制限の宿もある。その他、カフェ、レストラン、博物館、観光案内所、長距離バス車内(intercity)、町中の公園などで無料wifiを飛ばしている所も多い。

ただ、ニュージーランド全体の問題なのか何なのか、宿にWifiはあっても壊れていたり不調だったりという事がかなり頻繁にあって困った。


<ニュージーランドの国内移動>

飛行機、バス、電車、レンタカーなど移動手段は様々。

私はバスをメインに移動した。
バス会社は色々あるが、有名どころは以下の通り。

「inter City」(と「Newmans Coach Lines」)
ニュージーランド最大手のバス会社。2社は提携しておりタイムテーブル検索ページも一緒。車体も車内もとても綺麗で、ドライバーさんも皆親切。ほとんど全ての車両に無料Wifiが付いている。全体的にクオリティは高いが、他のバス会社に比べ少し料金は高め。上にも書いた通り、ネット予約だと手数料が4ドルかかるので観光案内所での予約がお勧め。

「Atomic Shuttle (Atomic Traval)」
南島に強いらしい。割と安いバス会社。intercityに比べると質は落ちるが、特に問題は感じなかった。よほど郊外でなければ、宿への送迎も無料でやってくれる。ネットでこれをやる方法が分からなかったので、電話でなければ頼めないのかも。それか観光案内所か宿で。

「Nakid Bus」
一回しか利用していないのでよく知らないが、これも安かった。

「Kiwi Experiens」
私は利用しなかったので詳しくないが、色々な種類や区間に分けられた周遊券を事前に買い、観光地を巡る仕組みらしい。うまく利用すれば安くすむが、そうでなければかえって高くつく。今地球の歩き方を見たら、普通の長距離バスと同じ1回切りの利用も可能とのこと。


バスは早めに予約した方が安くなり、前日になると急に値上がりすることがある。1.5倍とか、結構上がる。予約はおそらく全てのバス会社がネットでできるが、観光案内所で聞くと色々探してくれるのでそっちもお勧め。また、ニュージーランドの長距離バスは発着ターミナルが無い町が多く、その場合はたいてい観光案内所前から発着する。発着場所が別にある場合もあるので、予約時に確認が必要。

私が旅した時期はシーズンオフだったのでほとんどのバスが前日ぎりぎりでも買えたが、夏のシーズン中はおそらく売り切れも早いので、日程が決まり次第予約した方が良い。


<レンタカー>

私は結局使わなかったが、レンタカーは結構安くて、大きな会社なら町から町への乗り捨ても出来るので便利そう。キャンピングカーを借りてホリデーパークに泊まりながら旅をしている人などにも何組か会った。複数人での旅だったら結構安くつくし、良いと思う。また、ニュージーランドではオーストラリアの免許が使える。


以上です。
また何か思いついたらこっそり書き足すかもしれません。

| ニュージーランド | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/569-f41d5da8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT