PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ロトルア郊外サイクリング


IMG_1235.jpg

今日は宿のレンタル自転車を借りられたので、サイクリングに行こうと思います。
朝ちょっと雨が降っていたので天気が回復するのを待って、11:00ごろの出発です。

良い感じの自転車を選んでさあ出発!

そして15分後!

チャリの調子が悪くて引き返しました。
なんかギアを変えるとガチガチと不穏な音がし、一瞬ペダルが空回りするのです。
これはいけませんぞ。結構アップダウンがあるらしいのに。

というわけでチャリを交換してもらい、本日の相棒はこちらになりました。
・・・と紹介したかったのに相棒の写真を撮り忘れていました。だいぶ焦っていたようです。
相棒はこの後の写真にさりげなく写りこんでおりますので、「へー」と思ってください。



P8023131.jpg

今日走るサイクリングコースは、ワイラケイ・パークという広い公園内にあります。
公園と言っても山あり谷あり森ありの、とても広いエリアです。公園内には地熱地帯ならではの観光ポイントや温泉、滝、サイクリングコース、遊歩道などがあり、タウポ観光の中心地とも言える場所となっております。

なお、この公園以外にも、タウポ周辺には沢山のサイクリングコースがあるようです。

私は、最初は普通の道路を走りました。
本日の最終目的地は直線距離にして15キロほどの所にあるアラティアティア・ラピッズというダムで、1日数回水門が開放される迫力満天のイベントがあるうち、14:00のが見られそうなのでこれを目指します。
ダムまではサイクリングコースが伸びていますが、こちらの車道側にも見所がいくつかあるので、先にこっちを走っております。途中から別のサイクリングコースにも入れるようです。



P8023130.jpg
展望台

まずは展望台に到着しました。タウポの町と、タウポ湖全体が見渡せます。このタウポ湖は、ニュージーランド最大の面積を持っているそうです。ちょっと天変地異の前触れの様な空模様ですが、天気予報を見る限り雨は振らなさそうなので、引き続きサイクリングを楽しもうと思います。

しかしただでさえ自転車交換でタイムロスしているというのに、ペダルが重くてなかなか進めません。以前少しチャリ旅をしたことのある私は空荷のサイクリングごとき屁でもないぜえ〜と調子に乗っていたのですが、体力が落ちているのでしょうか。チャリ旅終了は2年くらい前なので筋肉は完全に落ちているでしょうが、農作業で体は動かしていたのでまだまだ元気いっぱいの健康体のつもりでした。が、このペダルの重さは尋常じゃありません。特に登り坂のキツイこと。自転車ってこんなんだっけ・・・ギアも一番軽くしてるのに・・・

・・・と思ったらギアが変わっていないではありませんか。

なんだ!どうした!

何故ここまで気付かなかったのか不思議でなりませんが、とにかく何かおかしいです。距離は大して進んでいないものの、時間だけは異常にかかり、すでに1時間以上が経過しています。ここからまたチャリ交換に戻っていたら目的地まで辿り着けないぞ・・・と思いつつ、とにかくどこがおかしいのか探してみたところ、



P8023196.jpg

バックリ。

これは・・・。

ディレイラー(ギア変えるためのチェーンをガチャガチャ動かすやつ)から繋がるワイヤーがこのようにバックリ割けているために、ギアが変わらなかったようです。

これを見た瞬間その場に崩れ落ちましたが、よく考えてみれば、自転車本体やディレイラーそのものが壊れているよりは、よほどこの場での対処がしやすそうな故障です。テープか何かでぐるぐる巻きにしてやれば何とかなるのでは。



P8023200.jpg
巻きました

というわけで、ちょうど向かっていた観光名所まで何とか辿り着き、受付のおばさまにガムテープを借りて応急処置しました。そしたら、ギアもちゃんと変わるようになりました。良かったです。思わずガッツポーズをとりました。受付のおばさまも「良かったわね!」と笑顔です。笑顔ふたつで喜び200倍です。



P8023147.jpg
クレーター・オブ・ザ・ムーン

ちょうど向かっていた観光名所とは、こちらです。

タウポ中心地から徒歩で1時間半、壊れチャリで1時間、普通のチャリならおそらく30分ほどで辿り着けるこちらは、火山活動の影響によりところどころから噴煙が上がり、その名の通り、月面クレーターのようにボコボコと空いた穴を見学することができる場所です。
園内は綺麗な遊歩道が整備され、1周約45分〜1時間程で周れるようになっています。



P8023149.jpg
クレーター

火山活動で空いたクレーターです。



P8023150.jpg
拡大

この辺りにテント張って寝たら温かそうですね。
テントごと溶けて無くなるかもしれませんが。



P8023145.jpg

遊歩道脇にはこんな感じの小さなクレーターがポコボコといくつも空いており、つい覗き込んでしまいますが、こちらも煙が上がっていて危険です。ゴウゴウと音をたてている穴もあります。



P8023193.jpg

P8023183.jpg
本日のおべんとう

良さげなベンチを探して、昼食兼おやつタイムです。
ワイヤーばっくり事件により気力体力ともに根こそぎ奪われているので、回復アイテムとして持って来たココナッツウォーターが役に立ちました。あと、写真に写っているチョコマフィンはNZの大衆スーパーであるパーキンなんとかで買ったお手頃価格のやつなのですが、これにどハマりし、この後毎日のように買って食べていました。



P8023208.jpg
フカ・ハニー・ハイブ

クレーターナンチャラの見学を終え、お次はフカ・ハニー・ハイブという蜂蜜専門店に来ました。

色んな種類の蜂蜜に加え、蜂蜜ワイン、ビール、蜂蜜のおかし、おもちゃ、スキンケア用品、健康食品、調味料など、種々様々な蜂&蜂蜜用品を扱っているお店です。蜂蜜ワインは試飲もできます。私ももちろんしましたが、甘いんだけど甘すぎず、香りも良く、とても美味しかったです。買って帰って宿で一杯やろうかとも思いましたが、どちらかと言うと食前酒の様な感じで、がぶ飲みには向いていなさそうなのでやめました。



IMG_1236.jpg
蜂蜜アイス$4

名物らしいのでと軽い気持ちで頼んだはちみつアイスが、想像の3倍くらい美味しくて驚愕しました。あとコーンもやたら美味しかったです。大きい方にするべきでした。

店内には蜂蜜製造のビデオ紹介コーナーや、ガラス張りになった本物の蜂の巣見学コーナーなどもあり、買い物以外も色々楽しめます。蜂の巣にうごめく何千匹ものミツバチ達は、つい時間を忘れて見入ってしまうキモ可愛いさでした。



P8023209.jpg

蜂蜜屋を過ぎたあたりからサイクリングコースに入りました。

例によってかなりタイムロスしており、14:00の最終目的地水門開放イベントがとっくに終わっているばかりか、このまま行くと日が暮れそうだったのですが、ここで引き返したら悔しくて明日また挑んでしまいそうなので今日このまま突っ切ります。大丈夫です。町まではたったの12キロ。いざとなったらヒッチハイクでもして帰ります。

しかし山道で日が暮れたら洒落にならないので、このまま車道を行こうかとも考えました。が、この先はハイウェイで自転車は侵入できなさそうな気配です。なので仕方なくサイクリングコースに。



P8023212.jpg

P8023228.jpg

どっこい、このサイクリングコースが大変面白かったのです。

せいぜい森の中の平坦なオフロードをキャッキャ走る感じのゆるいやつを想像していたのですが、意外にもサバイバリャーな獣道だったのです。なんかこういうスポーツというかアトラクションというか、ありますよね。オフロードサイクリング?・・名前は知りませんが、山道を自転車で突っ走るアレです。いつかやってみたいと思っていました。チリ→アルゼンチン間の山越えでやったと言えばやりましたが、あれはサイクリングではなく自転車をかついだトレッキングに近い物だったのでカウントしかねます。



P8023222.jpg

綺麗な色をした小川がありました。湯気が出ております。試しに手を入れてみると適温です。

割と深さもあるしこれは温泉に最適なのでは?と思ったのですが、
「入れ」とも「入るな」とも書いておらず、人が入浴した形跡もありません。

もしかして人体に有害に水なんでしょうか。手突っ込んじゃいましたけど。
でも何も書いてないし、うーん・・・と悩んで一応やめました。景観保護地区かもしれませんし。



P8023224.jpg

少し進んだ先に注意書きがありました。

「めっちゃ注意。あっつい地熱のお湯です。」と書いてあります。
毒ではないようですね。言うほど熱くもないですし。まあでも、やっぱり止めておきましょう。



P8023231.jpg

車道に出ました。でも脇にサイクリングロードが続いており、「自転車はこっちを行きなさい」と書いてあります。日が暮れそうなので車道をビューンと行きたいのですが、許してもらえません。



P8023233.jpg

地熱発電所です。



P8023239.jpg

P8023237.jpg

再び森の中へ入りました。本当に時間がないのに、つい牛を見学及び激写。
牛はしょうがないです。可愛いですからね。牛もこっち見てますし。



P8023240.jpg

P8023241.jpg

本日の最終目的地、アラティアティア・ラピッズに到着しました。ダムです。
メインイベントの放水タイムが終わったダムはただのダムで、人っ子一人おりません。
寂しいし寒いです。なんですかこの悲しいゴールは。

しかし悲しみとかすかな達成感に浸っている場合ではありません。日暮れまであと1時間少々です。ここに来るまでに5時間かかっているのに、同じ距離を1時間少々で帰らなくてはいけません。しかもここからは遊歩道&サイクリングロードで、全編オフロードです。これはちょっとマズイかもしれません。



P8023250.jpg

でもつい寄り道して鳥を見ちゃいます。
鳥はしょうがないです。可愛いですからね。



P8023253.jpg

P8023254.jpg

最初はのどかな道だったのに、だんだんガチな感じになってきました。
誰か「遊歩道」とか言ってませんでしたか。遊歩道ってこんな殺伐とした感じでしたっけ。



P8023256.jpg
なんとかプラウンセンター

地熱を利用した海老の養殖場です。エビ釣りなんかもできるそうです。


P8023259.jpg

遊歩道っぽくなってきました。すぐ近くで羊の群れが草を食んでおります。
ニュージーランドには人口の8倍もの羊がいるそうですよ。



P8023268.jpg

つい寄り道してエビを探しております。エビ天丼が食べたいのです。



P8023273.jpg

P8023279.jpg
フカ・フォール

ワイラケイ・パークの名所のひとつ、フカ・フォールです。
フォールと言うので滝だと思っていましたが、落差は小さかったです。
でも水量はかなりのもので、うす水色の激流は迫力があり、綺麗でした。



P8023280.jpg

お日様はもう引っ込みましたが、町まであと4キロ程度なのでこのまま行こうと思います。
というか、行くしかありません。でも道も優しくなりましたし、なんとかなりそうです。



P8023283.jpg
スパ・サーマルパークの天然温泉

この橋の下に天然の湯浴みスポットがあります。完全に外なので水着着用。
サイクリングの終わりにひとっ風呂浴びる予定でしたが、もう暗いですし結構混んでいたので今日はやめときます。明日は移動日ですが、その前に少し時間があるので是非入りに来ようと思います。昨日の雪辱を晴らすためにも。

なお、写真に写っているのは私のチャリではありません。お仲間が入浴中のようです。



P8023288.jpg

「自転車はこの遊歩道に入ってはいけません」と書いてあります。
私この道走ってここまで来てしまいましたけども・・・向こう側に「自転車禁止」なんて書いてありましたっけね。日暮れに間に合わせようと結構慌てていたので、標識を見落としたかもしれません。ごめんなさいでした。

後からもう一度マップを見たら、遊歩道の横に別のサイクリングロードが用意されていました。
こちらからも、天然温泉にアクセスすることは可能のようです。



P8023290.jpg
スパ・サーマルパーク

宿に辿り着く前に暗くなってしまいました。この自転車ライトが付いていません。

それはさておき、この公園はきっとお天気の良い昼間に見たらき綺麗なんでしょうね。
なので、こちらも明日のお楽しみということで。

今日はトラブルがありつつも、とても楽しい1日でした。
やはりチャリは良いです。多少疲れはしますが、その何倍も清々しい気持ちになれます。


明日はバスでオークランドに戻り、翌日のダニーデン行きフライトに備えます。
その前に、橋の下の天然温泉に入りに行きます。


<情報コーナー>

○ タウポのレンタル自転車

私は宿でFull Day(8時間)30ドルのを借りた。他にHalf Day(4時間)20ドルというのもあり。タウポ市内には他にレンタルサイクル屋もある。値段は知らないが、こちらの方が整備やサポートがしっかりしている気がする。

○ ワイラケイ・パークの観光

スパ・サーマル・パークからアラティアティア・ラピッズまで遊歩道サイクリングコースが伸びているが、結構アップダウンがあり、片道12キロほどあるので自分の体力と要相談。クレーター・オブ・ザ・ムーン、フカ・ハニー・ハイブは遊歩道とは川を挟んで反対側(車道側)なので、徒歩では行き辛い。こちらはチャリかレンタカー、またはツアーバスやシャトルバスの利用がおすすめ。フカ・フォールは遊歩道、サイクリングロード、車道のどれからもアクセスできる。遊歩道だと、片道1時間ほどだそう。クレーター・オブ・ザ・ムーンは入場料$8。その他は無料。これ以外にも色々と観光名所があり、有料、無料様々。乗馬ツアーとか面白そう。
i-siteやホテルでタウポ広域マップがもらえる。遊歩道やサイクリングコースも載っている。

○ アラティアティア・ラピッズ

夏期は毎日10:00、12:00、14:00、16:00。
冬期は毎日10:00、12:00、14:00にダムの水門開放が見られる。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ニュージーランド | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/554-d452f4ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT