PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ロトルア2・地熱地帯観光


P7302935.jpg

P7302936.jpg
クイラウ・パーク

そういえば昨日足湯に入ったのですが、書くのを忘れてたので今更しれっと載せてみました。
ロトルア市内の公園にある足湯で、無料で入れます。


P7313122.jpg
i-site前の足湯

ロトルア中心部の観光案内所「i-site」の前にも無料の足湯はあるのですが、
公園の足湯の方が深さがあり、膝下くらいまで温まれるのでお勧めです。

ロトルアは温泉の町なので当然温泉に入る為にここへ来た私ですが、物価の高いニュージーランドでは温泉ひとつとってもなかなかのお値段なので、踏ん切りが着きません。いえ、もちろん必ず入ろうとは思っているのですが、どうもこう、体が温まる前に財布と心が冷えて行く感じが・・・。
まあせいぜい20ドル(1600円)とかなんですけど、日本ならもうちょっと安いよなあとかつい考えてしまって。しかも、こちらの温泉は基本水着着用で、水着のいらない個人風呂を借りると30分だとかの時間制限があるんです。
温泉の気持ちよさはプライスレス(いや1600円だけど)だと思うので悩む所じゃないんですけどね。心が貧乏なんです私。

でも、足湯につかったらものすごく気持ちよくて我慢ならなくなったので、やっぱり入りに行きます。やはり日本人は湯舟に浸からないと戦えないのです。ニュージーいま冬で寒いですし。



P7312946.jpg

さて、ここから今日の日記です。

いきなり地獄絵図みたいになってますが、本日の遊び場は「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」という観光名所です。ワンダーランドとかいう景観ですかこれ。
なんでもこのワイオタプなんたらランドは、ここいらの地熱活動エリアの中でも最大規模で、国内で最もカラフルな地熱地帯なんだそうです。地球の歩き方より。


P7312976.jpg

煮えたぎっております。

ワンダーランド入り口より少し手前にあることから、「地獄の入り口」と呼ばれているかどうかは知りませんがこの場所では、地熱活動により煮え立った泥の海を見学することができます。硫黄くさい湯気がとっても温かいです。



P7312978.jpg
レディノックス間欠泉

続いてはこちら。

こちらの間欠泉は人工的に作られたものだそうで、観光客向けに石鹸を投げ入れて噴水を作り出すパフォーマンスをやってもらえます。パフォーマンスは1日1回、朝の10:15に行われます。



P7312981.jpg
石鹸投げ入れ係の人

マオリ族の人でした。ロトルアの観光地やホテルでは、マオリ族の人がたくさん働いています。
皆さん優しいしフレンドリーで話しやすいしオールブラックスだし、好きです。



P7312985.jpg

おもむろに石鹸を投入し、待つ事1分少々。



P7312993.jpg

温泉の噴水です。温泉の噴水ってなんか言いにくいですね。



P7312998.jpg

一旦止まったかと思ったら、



P7312999.jpg

もう一度吹き出す温泉の噴水。

もう終わりかと思って先頭の観光客が引いたタイミングでの、第二噴射です。さっきまで後ろで見ていた観光客達は大喜びで前に出ます。さすが観光地の間欠泉。よく調教されています。



P7313006.jpg

ワイオタプ地獄ランドに入場しました。

あちこちから煙が立ち上る園内には計25カ所ほどの見所があり、それら全てに「悪魔の家」「レインボークレーター」などの名前が付けられています。入り口で貰える地図に各見所の解説が載っており、それを読みながら歩いて園内を観光します。


P7313003.jpg

まず最初に現れる観光ポイントは、「悪魔の家」です。



P7313005.jpg

結構散らかってますね。



P7313011.jpg

こちらは「サンダークレーター」。

噴煙で何が何だか分かりません。



P7313031.jpg

でっかい温泉池を渡って向こう岸へ。



P7313027.jpg
シャンパン池

これは園内最大の温泉池で、こう見えて深さは60mほどあるそうです。
間違っても落ちたくないですね。熱いどころの騒ぎじゃないし、足がつかないどころでもありません。



P7313038.jpg

巷でウワサのドローンを初めて見ました。何かの撮影をしていたようです。思わず激写。



P7313071.jpg

P7313044.jpg

P7313065.jpg

P7313014.jpg

格好良い景観が次から次へと現れます。



P7313090.jpg

ニュージーランド国内で最もカラフルな地熱地帯・・と言う割にはわりと地味な色合いが多いのですが、これらは温泉に含まれる化学物質によって作られる色で、その日によって濃くなったり薄くなったり、状態は変わるようです。具体的な色としては、硫黄が含まれていれば黄色、ヒ素が含まれていれば緑、マンガンならムラサキ・・・などがあるそうです。



P7313079.jpg

小川や湧き水みたいなものも見かけますが、たいてい煮え立っています。
もう少し適温なら足湯タイムとしけこみたいところですが、ちょっと無理そうです。
そもそも、ヒ素が入っているかもしれないお湯に安易に浸かってはいけません。



P7313118.jpg

P7313121.jpg

さきほどは悪魔の家にお邪魔しましたが、「悪魔の風呂」というのもあります。
悪魔も風呂入るんですかねと思い解説を読んでみたところ、ヒ素風呂だそうです。
悪魔っぽいじゃないですか。



P7313054.jpg
ことり

と、言う感じの地熱地帯観光でした。

ツアーバスの出発時刻の関係上1時間半で回りきらないといけなかったのですが、
結構スタスタ周ってもギリギリの時間でした。小鳥をパパラッチしている場合じゃなかったです。

今後このツアーに参加される方は、ご注意を。
歩きやすい靴で来るのが良いと思います。



IMG_1218.jpg

ロトルアの町に戻り、この寒いのにアイスクリームを買ってしまいました。
美味しいと評判のアイス屋さんだと聞いて、つい入店してしまったのです。
「Lady Janes Ice Creams」 というお店です。

辺りには温かい珈琲を両手で持ちながら「寒い寒い」と言って歩いている人達が何人もいましたが、
アイスクリーム片手に「寒い寒い」言いながら歩く私の「寒い寒い」は貴方達の比じゃありません。

私も宿に戻って温かい珈琲を飲みたいと思います。
心も体も凍えそうですし。



明日はバスで1時間ほどのタウポという町に移動します。
こちらも、ロトルアと同じ地熱地帯の上に作られた温泉の町です。


<情報コーナー>

○ ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド

入場料32ドル。市の中心から27km離れているので、レンタカーなどのない方はツアー参加が便利。2社が運行しており、9:00発、13:00発などがある。ツアー料金は、私が参加したものは65ドルだったが、季節や出発時間によって多少違うんだそう。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ニュージーランド | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/552-edb59567

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT