PREV | PAGE-SELECT | NEXT

オーストラリア金策編1/仕事始め


2014年8月後半あたり〜10月下旬までの日記
「オーストラリア金策編1/仕事始め」


金策編です。

オーストラリアでワーキングホリデー制度を利用して働いている外国人は沢山いますが、
その仕事は大きく二つに分けられます。
町のレストランなどで働くシティジョブと、地方の農家で働くファームジョブです。
シティジョブは、日本人に限定して言うと、ジャパニーズレストランのアルバイトなどが人気です。

他にもリゾートバイトとか工場勤務とか色々ありますが、主なところは上記の二つだと思います。
また、ワーキングホリデービザでは同一雇用主の元で6ヶ月までしか働けないというルールがあるため、普通の会社員に落ち着くのは非常に難しいです。

稼ぎは勤め先によって様々ですが、一般的に、ジャパニーズレストランの時給は低いです。
とは言っても時給12ドルとか14ドルとか、日本の飲食店アルバイトの平均時給に比べれば割は良いですが、オーストラリアは物価が高く生活費も馬鹿にならないため、貯金をしたい人にはベストな環境ではありません。
また、政府が定めた最低時給を下回っている場合も多いため、ちょっと嫌な感じです。

私はもともと田舎が好きなのと、農家仕事が好きなのと、お金を稼ぎたいのと、
都会が怖いのと、人の集まりが怖いのと、笑顔が引き攣っているなどの理由から、
シティジョブなぞ全くできる気がしないので、ファームジョブにしました。

というか、もともと農家仕事がしたくてオーストラリアに来ました。
一日中野菜と土と虫とだけ語らえればいいのです。
新しい出会いも楽しい思い出もいりません。欲しいのは金だけです。



IMG_9629.jpg

さて、そんなファームジョブですが、オーストラリア政府がこのような冊子を発行しています。
「ハーベストガイド」という無料冊子です。ネット版もあり。こちらももちろん無料です。

この冊子には、オーストラリア全土の主要農村地帯の、収穫シーズンや宿泊先情報が載っています。
今は8月だから・・・お、この州のこの町がこれからイチゴの収穫シーズンで稼げそうだぞ、という具合に。
まあそれはあくまで目安で、実際はそんなに正確では無かったんですけれど。




IMG_218.jpg
キャラバン内部

そんな感じでブリスベン近郊の農業地帯に流れ着き、キャラバンパークに住み始めました。
キャラバンとは、日本で言う所のキャンピングカーみたいなものです。
ベッドや炊事場など、生活に必要なものが一通り揃っています。

ただしこちらのそれには運転席は付いておらず、別の車で牽引して移動します。
オーストラリアでは、退職後の老夫婦がキャラバンを引っ張って豪州全土を旅するなんて事も多いそうです。素敵な老後だと思います。私もそんな老後を迎えたいです。できれば一人と大型犬2匹がいいです。




IMG_9726.jpg
ダイバーシューズ

これから農作業に従事するということで、色んな道具を揃えました。

作業着は古着屋でTシャツ2ドルとか、キャップ1ドルとか、
キャラバンパークの事務所に置いてある無料古着などでまかないました。3ドル農夫の爆誕です。
あ、パーカーだけは日本のユニクロで買ったやつなので23ドル農夫です。

写真のダイバーシューズは普通の靴屋で買ったので、高かったです。
39ドルもしました。
つまり62ドル農夫ということです。
意外とお高い奴なんですよ私は恐れ入ったか。

ダイバーシューズとはその名の通りダイバー用の靴ですが、
水を通さず、軽くて動きやすく、長靴より働きやすいと聞いたので奮発しました。
長くファーム仕事をするのなら、良い道具の方が後々効いてくるかと思いまして。
良い仕事は良い道具からと言うではありませんか。



2015052802.jpg
ナイフ

良い道具うんぬんとドヤ顔で語った後でなんですが、
肝心の収穫用ナイフはその辺で拾ってきたやつです。

レタス、ブロッコリー、キャベツ苅りなどの仕事には、こういうナイフを使います。
刃渡り25センチほどの、日本で持ち歩いたら銃刀法違反でとっ捕まるやつです。
しかも収穫用にきっちり研いで使うため、めちゃくちゃ鋭利です。よく指を切ります。

なんでそんな凶器がその辺に落ちている(というかキャラバン内で発見した)かと言うと、
キャラバンパークには農夫がいっぱい住んでいるからです。皆持っているのです。

最初は農家の人から借りていたのですが、やはり自分のがあった方が便利です。
拾い物ではありますが、ちゃんと毎日手入れして、大事に使っています。



IMG_262.jpg
収穫は夜明けと共に

誰も興味が無い話を嬉々として語ってしまいましたが、
そんなこんなでファーム仕事を始めました。

町によってシステムは様々らしいですが、
私が住んでいた辺りではコントラクターなる仲介業者が幅を利かせていました。
農家と直接契約することもできますが、大抵の住人はこのコントラクターを通して仕事をしています。
そちらの方が仕事を見つけやすいのと、農家への送迎をしてもらえるからです。
難点は、コントラクターに給料を一部天引きされることです。

キャラバンパークを出入りしているコントラクターは少なくとも2、30人はいますが、
私はそのうち、とあるインド人コントラクターの元で働く事になりました。
仕事は簡単なのに結構お金になると聞き、特に後者が聞き捨てならなかったので。

このインド人コントラクターは、明るくて元気でフレンドリーな人が好きだと聞いたので、
応募する際に

「私農家の仕事がすごく好きなんですよー!(←本当)
楽しい事大好きだし友達も沢山欲しいなー!(←噓)
南米でも働いてたので農業経験豊富ですしー!(←オクラしかやってない)
私明るいキャラが売りなんですよヒャッハー!(←大噓)

くらいのノリで電話してみたら、採用されました。

噓も方便ですよ。


ただ問題は、このキャラを下手したら1年間演じ続けなければならないと言う事です。
長く働ける人が欲しいと言われたので、「1年やれますよチェケラー」と言ってしまったのです。
私本当は根暗なので1年どころか1週間と持たないと思うのですが、どうしたらいいですか。



それはさておき、インド人に貰った初仕事はレタス苅りでした。

私が勤める農家は色んな種類のレタスを栽培していますが、
うちアイスバーグと呼ばれるいわゆる普通のレタスが一番稼ぎが良いと聞いたので、
口八丁手八丁でボスに媚びへつらい、アイスバーグチームに潜り込みました。

農家によって様々ですが、この農家のレタス苅りのやり方は
(1)まずレタスの根元をナイフでカット、
(2)余分な葉っぱをはぐ、
(3)トラクターに積んであるでっかい箱にレタスを投げ入れる
という感じでした。

始めた当初は作業が間に合わず大慌てでしたが、慣れると非常に簡単で、1日何千個ものレタスをちぎっては投げちぎっては投げ、時にチームメイトが投げ損じたレタスが後頭部を直撃し、暑さにやられてレタス畑にひれ伏し、ひれ伏しているところをボスに見つかり小言を食らい、腹いせにレタスを大量に持ち帰りサラダパーティーを催すなど、大変有意義な農家ライフを送りました。

ところが、私が入った時期はどうやらシーズンの終わりの方だったらしく、1ヶ月、2ヶ月と働くうちに仕事はどんどん減って行き、ついに1日2時間あまりで帰される悲惨な状況になってしまいました。時給制でしたので、このままでは赤字になってしまいます。

それでもなんとか食いつなごうと、キャラバンパーク内の掃除のバイト(一定時間働くと家賃がタダになる)などをしながら何とか過ごしておりましたが、インド人コントラクターが「来週から忙しくなるよ」と一ヶ月前から言っている事実に堪忍袋の緒が切れたので、別のコントラクターに浮気をしてみることにしました。

季節は10月。ホラ吹きインド人の農家ではレタスが終わりかけていましたが、別のコントラクターの農家ではジャガイモ収穫が最盛期。こちらも時給制ながら一日8〜14時間とかなりの稼ぎになっていると聞いたので、そちらを当たってみる事にしたのです。

今度はオーストラリア人コントラクターで、特に明るいキャラをご所望ということもないようなので、ごくごく普通にメールをし、仕事を貰えないか相談。何回かしつこくメールしているうちに拾ってもらえたので、インド人の方は病欠ということにしてこちらに転職。コンスタントに仕事を貰えるようになったタイミングでインド人は捨てました。全く引き止められなかったので、捨てられたのは私という説もあります。



中編に続く。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| オーストラリア金策編 | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/547-fb77b733

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT