PREV | PAGE-SELECT | NEXT

授業っぽくないけど授業2(会話集)

授業について2です。
先生方との印象深かった会話をまとめました。


会話1(スピーキングクラスの先生の場合)

私「boring(ボーリング)ってなんですか?」
先生「なんだと思う?」
私「退屈?」
先生「それはboring。綴りは一緒だけどこれは違う意味の単語だよ」
私「ボールを転がしてピンを倒すゲームで・・」
先生「それはbowling」
私「飛行機に乗る時に提示するチケットのことをボーディング・パスと・・」
先生「それはboarding!」
私「ブーブー!っていう・・」
先生「それはbooing!」
私「(笑)」
先生「何がおかしいの!(怒)」

なお、正解はboring(穴を開けること)でした。


会話2(同上)

私「長年の疑問なのですが、これってどうやって言い分けるんですかね?」
先生「何?」
私「えーと、私以外にも犬が好きな人がいる場合(私も犬が好き)と、」
私「犬が好きだけど他の動物も好き(私は犬も好き)とでは。」
私「日本語では明確に言い分けられるのですが、英語だと両方『 I like dogs, too. 』だと思うんです。」

先生「一緒でいいんじゃない?」
私「でも全く違う意味ですよ?」
先生「その違いは大した問題じゃないと思う」

私「大した問題じゃない・・!?

そりゃ対象が犬ならいいですけど、「僕も君が好きだよ」と「僕は君も好きだよ」じゃえらい違いでしょうが!うっかり後者を言おうものなら「私以外の誰を好きだって言うのよ!?」って彼女怒り心頭ですよ!3年目の浮気ですよ!!離婚裁判ですよ!!」

(とまくしたてられるほど2ヶ月前の私は英語力もガッツもなく、)

私「そうですね。大した問題じゃないですね。」
先生「でしょ」


会話3(発音クラスの先生の場合)

先生「僕は5人兄弟なんだけどね」
私「はい」
先生「皆色んな才能があるんだ。一番上はギターがうまい、2番目は仕事ができる、
4番目は歌がうまい、5番目は絵の才能がある、でも僕にはなんの取り柄もないんだ。」

私「そんなことは・・・」
先生「でも気付いたんだ。僕は噓が上手いって!」
私「あんたろくでもないな」


会話4(同上)

先生「英語圏の人、特にアメリカ人は早口だからね。」
私「はい」
先生「これくらいスムーズに喋れるようにならないとね。ペラペラペラペラぐふっ
私「噛みましたよね」
先生「噛んでないよ」


会話5(同上)

先生「今日は感情表現の練習をしようか」
私「はい」
先生「同じフレーズでも、言い方や強調の仕方で全く違う意味になるよ」
私「はい」
先生「『本当です。』・・・これを怒った感じで言ってみて」
私「本当ですよ!」
先生「じゃあ次は悲しそうに」
私「本当なのに・・」
先生「困惑して」
私「本当・・なんですけど・・」
先生「噓をついているように」
私「本当ですよぉ・・?」
先生「何とか信じてもらいたくて」
私「本当なんです・・!」
私「・・ここってタレントスクールでしたっけ」
先生「そうだよ」
私「違うでしょ」


会話6(同上)

先生「shauvinist(ショービニスト)ってわかる?」
私「聞いた事あるようなないような」
先生「辞書引いてみて」
私「(辞書引く)わかりました」
先生「日本語で何て言うの?」
私「一応日本語もありますが、滅多に聞かない単語です。むしろ『ショービニスト』の方が一般的です」
先生「でも知りたいの」
私「『好戦的排外主義者』です」
先生「ショービニストでいいじゃない」
私「だから言ったでしょうが」


会話7(スピーキング&語彙クラスの先生の場合)

(例文作成中)
私『彼が会議で発表した案は上司の合意を得られなかったので、次回までに別案を再考しなくてはいけない。』
先生「なんで?」
私「な、なんで?・・いや、これはただの例文なのでそこまでは考えていません」
先生「ええ、でも今考えてみて。会話練習のひとつよ」
私「あ、はい。じゃあえーと、彼の案は完璧ではなかったのではないかと・・」
先生「どんなところが?」
私「どんな!?えっと・・多分革新的なアイデアだったと思うんですけど、予算オーバーだったのかも・・」
先生「どんなアイデア?」
私「どんなアイデア・・!?えっと、彼は新しく子供向けのサービスを考えたんです。
そうしたら家族ごと新規の顧客にできるので・・」

先生「へえ・・彼は有能な人物なのね」
私「そうなんですよ・・・」
先生「彼って誰?」
私「知りませんよ・・・」


会話8(同上)

(CNNニュースを見てまとめた内容(宿題)を読み上げ中)
私「・・・という事件があったために、銃規制を求める声が大きくなっているそうです。」
先生「悲しいニュースね・・・」
私「そうですね・・・」
私「こういうニュースを取り上げるとどうしても暗い雰囲気になってしまいますね」

先生「そうね・・・じゃあ恋バナでもする?」
私「いいですね」

〜略〜

私「そして結局その恋は始まる前に終わり、虚しさだけが残ったのでした・・・」
先生「・・・・」
私「・・・・」
先生「・・・・」
私「・・・話題変えましょうか・・」


会話9(同上)

私「ビッグニュースですよ」
先生「何?」
私「こないだ紹介したニュースの、痴呆症のおじいさんのご家族が見つかったそうです」
先生「ワーオ!」
私「でも失踪から10年以上経っているので、おじいさんはもう死亡扱いになっていそうですね」
私「フィリピンではどうか分かりませんが、日本では7年で死亡扱いになるんですよ(失踪宣告)」
先生「へーそうなの」
私「でも訂正できるはずです。とにかく良かったです」
先生「そうね。あなたも訂正できるといいわね」
私「私は2年で帰ったし連絡もとっていたし死亡扱いにはなっていません。」


会話10(同上)

(例文作成中)
私『不景気の影響は様々な面に現れている。例えば、就職率の低下などがそうである。』
先生「日本の話?」
私「そうです。以前はバブルエコノミーという好景気の時期もあったのですが、それが駄目になって。」
先生「どうして駄目になったの?」
私「すみませんそんなに詳しくは・・・」
先生「じゃあそれ宿題にしましょう(ニコリ)」
私「・・・・」


という感じの会話のキャッチボール(死球あり)を日々繰り広げています。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| フィリピンで英語 | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/517-35ec6566

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT