PREV | PAGE-SELECT | NEXT

マニラ観光

昨夜の寝床であるラウンジはちょっと蒸し暑く、
結局3時間くらいしか寝られませんでしたが、思いのほかスッキリしました。
これなら朝から観光できそうです。


IMG_8610.jpg
本日の朝ご飯

でもまだ5:30ですので、もう少し空港で時間を潰したいと思います。
朝食は、ラウンジ申し込み時にフロントのお姉さんのゴリ押しによって付いたオプション(有料)です。

お姉さん「朝食つける?」
私「いりません」
「つけないの?」
「はい」
「なんで?」
「寝るだけでいいんです」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・じゃあ付けますよ・・・」

お姉さんは強かったです。

その後、

「もしかして朝食食べたくない?」
「(さっきの会話は何だったの・・)いえ・・・食べたいです・・・」

というやりとりもありました。
フィリピン人には一生勝てないと思いました。



P5090848_201405111349359a7.jpg
ニノイ・アキノ空港の朝

朝食の後は両替屋に行ってみたのですが、
やはり、聞いていた通り日本で替えるよりレートが良かったです。
ちょっとうろ覚えですが、日本(関空)では1万円→3800フィリピンペソくらいだったところが、
マニラの空港では1万円→4200ペソくらいでした。ドル→ペソも悪くないです。
マニラ市内に出たらもっといいレートがあると思いますが、とりあえずここで両替しておきました。

その後もベンチで時間を潰し、
7:00をすぎたのでそろそろいいだろうと思いタクシーに乗ってホテルに行きました。
でもチェックイン時間は14:00〜なので、荷物だけ先に預かってもらいました。

今回は久しぶりの海外だし、1泊だけだし、ちょっと贅沢したれと思って普段は泊まらない3つ星ホテルを
予約してみたのですが、久しぶりにちゃんとしたホテルに来るとアレですね。緊張しますね。

荷物を運んでもらっては「あ、すみません・・」とキョドり、恐る恐るチップを差し上げ、フロントの綺麗なお姉さんの流れる様な対応に感服し、微笑まれてまたキョドり、しかし必死に旅慣れてる風を装い「ではまた午後に戻りますから、ごきげんよう」なんてきどった台詞を吐きながらホテルの玄関を出て、1ブロック程歩いてホテルが見えなくなったところで、盛大なため息と共に流れる冷や汗を拭いました。

紳士な対応をされると緊張するのでやめていただきたいものです。
もっとこう、客を客とも思わない不遜な態度で接して頂きたかった。



P5090850.jpg
電車

気を取り直して、マニラ観光です。

ツーリストインフォメーションで地図をもらう予定だったのですが、
目星をつけた場所にそれがなく、何も分からない状態で町に放り出されてしまいました。
ホテルのフロントで何か聞いてくれば良かったです。

しかしふと思い立ち携帯を見てみたら、観光したい場所リストとだいたいの場所をメモしてありました。
いつかの私は賢い子だったようです。グッジョブですよ。

そんなわけでマニラ市内を移動することにしたのですが、
マニラっ子御用達の主要な交通機関は、

今にも壊れそうなミニバス「ジプニー」。
チャリンコにサイドカー(と言っていいものかどうか)がくっついている人力車、「トライシカル」。
トライシカルのバイク版で、名前知らないけど多分一緒で「トライシカル」。
いくつかラインがあり、主要な観光エリアにはだいたい行けそうな高架鉄道。
あとバスとかタクシーとか。

・・という感じのようで、
道を歩いていたらあちこちからジプニーやトライシカルお兄さんに声をかけられました。
トライシカルはかなり狭い道も進んでくれ、料金も安く、
「○○地区主要観光地一周ツアー」みたいなのもやってくれるので結構面白そうです。

私は今回、とりあえず高架鉄道を使ってみました。
窓口で行き先を告げてチケットを買い(12〜20ペソくらい/約28円〜47円)、
改札を通って電車に乗り込むだけの普通の電車でした。
驚いたのは、女性専用車両があることです。



P5090851.jpg
サン・アンドレアス市場

フィリピンっぽい雰囲気を求めて、市場に来てみました。
生鮮品の市場とのことでしたが、思ったより小規模だったので見学は数分で終了。
子猫をやたら見かけたのが印象的でした。



P5090853.jpg
バクララン・マーケット

鉄道駅の真下に展開しているということで高架上から撮影してみましたが、
なんか突入をためらう感じの乱雑っぷりです。



P5090854.jpg

でも実際降りてみたら、なんのことはない、普通のマーケットでした。
こちらは、衣料品を始めとした各種プロダクトのお店が軒を連ねています。
Tシャツなどかなり安く、2枚で150ペソ(350円くらい)とかでしたが、
その類は充分持って来ているのでハンドタオル10ペソ(23円)だけ買って帰りました。
あと、露店で売っていた生絞りマンゴージュース10ペソも美味でした。



P5090858.jpg
国立博物館

あまりにも暑いので博物館に逃げ込みました。

昨日まで日本でしていた服装のまま出て来てしまいましたが、フィリピンは常夏だったのです。
何故にと思い地図をよく見たら、赤道が近いではありませんか。そういうことは早く言って欲しいです。
日差しは真夏のスペインやブラジルよりはマシに思えましたが、
湿気が多いようでジトッとした暑さなのが非常に辛いです。


国立博物館は巨大な割に無料なのが良かったです。
お目当ては歴史、文化、自然などを扱った展示だったのですが、
改装中だったのか、それらのフロアを見つける事はできませんでした。
巨大な鳥の剥製があると聞き、楽しみにしていたのですが。

博物館は涼しく、ベンチに座ってぼーっと絵画を眺めていたら寝たので帰る事にしました。

思い返してみれば昨夜は移動続き、そして睡眠時間が足りていないので、眠たいのはあたりまえなのです。
それに、およそ3ヶ月振りにまともに歩いたために指先と足裏が重度の靴擦れを起こしております。
あまりに痛いので靴を脱いで見たら、左足小指が流血の大惨事になっておりました。
ぼちぼちチェックイン可能な14:00になりますし、一度ホテルに帰って休むのが吉です。



P5090859.jpg
歴史地区、イントラムス

とか言いつつ、割と近かったのでもう一件。
250年程前に作られた城塞都市跡地、「イントラムス」というエリアです。
スペイン統治時代に作られたものなので、建築物などはそういった風合いが強いです。

この地区にはトライシカルお兄さんが沢山おり、「イントラムス一周ツアー○○ペソだよ!」と
あちこちから声がかかりましたが、一周する気力はないのでお断りしました。



P5090860.jpg
カーサ・マニラ

スペイン統治時代のお貴族様のお家です。
中に小戯れたホテルもありました。

中は撮影禁止だったので写真はありませんが、古き良き調度品の数々が良かったです。
こういう、昔の生活を垣間見られる展示はとても好きです。



P5090862.jpg
リサール公園

いいかげん靴擦れが歩行困難な域に達してきたので、本当に帰ります。
こちらは帰宅ルートで横切ったリサール公園です。

この公園はかなり大きく、写真の様な綺麗な道もあれば子供用のお遊具エリアもあり、
浮浪者らしき人々の憩いのエリアもあり、おまけに日本庭園なんかもあるという
何が何だか分からない、とにかく巨大な公園です。

血まみれの旅行者には向かない観光地です。



P5090863.jpg

P5090864.jpg
本日の宿

快適です。

あたりまえですが、本当はこういう宿が好きです。
安宿やドミトリーもあれはあれで面白いのですが。



IMG_8628.jpg
本日の晩ご飯

仮眠を取ったら復活したので、夕飯を食べに出ました。
大衆食堂のような所に行ってフィリピン料理を食べたかったのですが、
今の私が歩き回れる小範囲ではそれっぽい店は見つけられず、適当にチェーン店ぽいお店に入りました。
確か130ペソ(300円)くらいでした。

フィリピン料理は口に合わない人が多いと聞いて、どんなゲテモノが来るかとワクワクしていたのですが、
少なくとも今日食べた物は美味しかったです。写真のこれがフィリピン料理なのかは定かではありませんが。

フィリピン料理は甘いか酸っぱいかだそうですが、
そういう感じのものは割と好きなので、楽しめる気がしています。


明日は語学学校があるパギオという町に移動します。


<情報コーナー>

○ 空港から市内へ

地元民が使うバスみたいなのもあるようだが、荷物を持って乗るのに適さないので基本的にはタクシーを利用。
道の混雑具合によるが、私が利用したときはエルミタ地区まで25分くらいだった。多分混んではいなかった。

(1)クーポンタクシー
料金は一番高いが、信頼度も高い。
黄色い車体のタクシーで、カウンターで申し込む。行き先によって料金が決まっている。
到着フロアの真ん中辺りのドアから外に出るとすぐ見つかる。
料金表には、エルミタまで530ペソと書いてあった。

(2)黄色いメータータクシー
クーポンタクシーより安く、白タクより高い。
こちらも黄色い車体だが、メーター制。乗車前にタクシー周辺にいる係の人に名前を書いた札を貰う。
メーターをごまかしていないか要チェック。札は下車時まで大事にとっておく。
クーポンタクシーの行列を左に見ながら先頭まで行くと、メータータクシー乗り場がある。
エルミタまで、係の人は250ペソくらいと言っていたが、降りる時にドライバーに450と言われた。

(3)流しのタクシー
出国ロビー(3階)の外でつかまるらしいが未確認。
メーター制だが、事前にだいたいの値段を聞いて判断した方が良い。
車体・車内が比較的綺麗で、運転手の身なりがきちんとしているタクシーを選ぶこと。
こちらもメーターを誤摩化していないか要注意。一番安いが、ぼったくりも多いそう。

○ マニラの宿

「Casa Bocobo Hotel」
リサール公園の南側にある3つ星ホテル。
部屋清潔、全館Wifi、各客室にエアコン、テレビあり。朝食付き。
周辺には数軒のコンビニ、飲食店などがあり便利。徒歩5分くらいのところに高架鉄道駅あり。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| フィリピンで英語 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/512-48accb86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT