PREV | PAGE-SELECT | NEXT

いただきます

豚の解体のお話です。


もともと、弓場農場に来たいと思った理由のひとつは、
「自分が食べるものを自分でつくる生活を見てみたい」というものでした。

この「つくる」は料理を作るという部分ではなく、その前の段階です。
「採る」「狩る」「捌く」など、
食材になる前の部分を見たい、見なければいけない、と思ったのです。


日本ではほとんど全ての食材が「食べられる状態」で売られているため、
そうなる前の状態を意識する機会はあまりありませんでした。

しかし南米の市場では、よく知る食材が日本で見るそれの少し前の姿で売られていました。
土が付いたまま山積みにされている何百種類ものじゃがいも。
生きたまま売られているニワトリ、小動物。
今まさに解体されようとしている牛の死体。
これまでは知識でしかなかった「スーパーの向こう側」を、自分の目で見ることができました。


また、自転車旅をしたことで、「食べる」ことに対する意識が大きく変わりました。

自転車で旅をしていると、一日のスケジュールはほぼ
「走る」「食べる」「眠る」の3つに集約されます。
そのどれか一つを欠いたらもう進めなくなるため、
それぞれの行動が持つ意味は私にとってとても大きなものでした。

自転車旅では、
列車やバスでの移動と違いその日自分がどこまで行けるかが不確かなため、
水や食料の調達にいつも気を揉んでいました。
また、補給のタイミングを誤ってエネルギー切れを起こし、
体が動かなくなる状態を体験しました。

こうした経験を経て、
「食べなければ生きていけない」というあたりまえの事を意識する様になりました。
食べ物が自分の体を動かしている、そして自分の命をつないでいる事実を、身をもって知ったためです。


そして次に興味が湧いたのは、「食べるもの」のことです。

一日の走行を終えてテントの中で夕飯を食べながら、
ふと、今食べている物を見つめました。

パンを作る為の小麦、バター。
スープに入っているトマト、タマネギ、鶏肉。

全ての食べ物は植物と動物からできています。

野菜の根を切り鶏の首を落とすことで、私は生きて、走っていたのです。




P9260452_2014031020583905d.jpg
豚小屋

弓場農場では、食肉用に豚を飼育しています。

他に牛と鶏も飼っていますが、
現在これらは鶏卵とミルクを得る為の飼育で、食肉用ではありません。

弓場農場では約1〜2週間に一度豚の屠殺・解体をするということで、
迷惑でなければ、是非手伝わせてもらえないかとお願いしました。


なお、ここから先、屠殺の写真はありません。
「あまり面白半分で撮るものではないよ」と言われ、納得したからです。

「屠殺の現場を知る」という意思の他に、ブログのネタ探しをしているような、
不純な感情がわずかながら自分の中にある事実に気がつきました。
何の為に見せてもらっているのかを思い出し、
カメラは置いて、エプロンを着けて現場に向かいました。



屠殺の現場は、独特の緊張感に包まれていました。
いつもこれを担当している弓場住人のHさんが、
ナイフ・・というか細くて長い包丁を片手に、豚小屋に入ります。

やり方は様々ありますが、弓場農場では
包丁で豚の心臓を刺すという方法を採用していました。

よく育った豚を2匹、小部屋から出して通路の柵の中に追い込みます。
必要な豚は1匹ですが、ダミーのために2匹出すそうです。
1匹だけだと豚がより緊張して興奮し、危険なんだとか。

押さえつけられる訳でもなく、何かを察して興奮しうろうろと動き回る2匹の豚と、
そのわきをゆっくり歩くHさん。
しばらく豚2匹を見比べていたと思ったら、いつの間にか1匹選び、
あっと言う間に前足のわきから心臓を一刺しにしました。

血を流しながらも毛を逆立て歩き回っていた豚は、
やがて動きが鈍くなり、その場に倒れ、動かなくなりました。




001_20140310205838f29.jpg

豚を作業台に運びます。

豚はすでに絶命していますが、解体の手伝いのために足を押さえたら、
いま触れているこれは紛れもなく生き物の足なのだということを再確認しました。
まだほんのり温かく、「生きていたんだな」と、そう感じました。


Hさんと弓場の少年達数人が包丁を手に取り、
解体作業が始まりました。

熱湯をかけながら全身の毛を剃り、まずは足先を落とします。
次に腹にまっすぐ包丁を入れ、内蔵を取り出します。
腹を開いた瞬間、中から湯気がたつのが見えました。
落とした首は耳を切り離しほほ肉なども取り、
体の方はパーツごとに大きく切り分けられました。

背中の肉がロースになっていく。
肝臓がレバーになっていく。
腸がホルモンになっていく。

生き物が、食べ物になっていく。

先ほどまで生きていた豚は、あっという間に、
トレイの上に並ぶ肉になっていました。




014_20140310205838ad2.jpg

「屠殺を見たら肉を食べられなくなるだろうか」
と思っていましたが、そういうことはありませんでした。

肉は変わらず肉の味だし、
美味しいものは、美味しいです。

ただ、いつもより大きな声で、「いただきます」と言いました。



Hさんは、この仕事が一番嫌だと言っていました。
屠殺の何日も前からナーバスになり、そればかり考えてしまうそうです。

「生き物を食べる」ということを考えると同時に、
「生き物を食べ物にしてくれている人がいる」ということ、
また、「食べ物を育ててくれている人がいる」ということも、
ちゃんと知っておかなければいけません。

米麦野菜を育てる人、牛豚鶏を屠殺する人がいなくなったら、
自分の力だけで、私は何日生きられるでしょうか。



032_201403102058375d1.jpg

生きることは、食べること。
食べることは、生き物の命を奪うこと。

野菜の根を切り、鶏の首を落とすことで、私は生きています。
その行為を、誰かにまかせながら。
すなわち、自分の命を人の手に預けながら。


子供のころ、「頂く命と、それを育ててくれた人と、料理してくれた人への感謝」
であると教わった「いただきます」は、その言葉以上に大きな意味を持っていました。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 弓場農場 | 21:26 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/03/12 01:15 | |

>Mさん

食べ物を粗末にしたり、「いただきます」や「ごちそうさま」を必要ないと言ったり、
残念な考え方をする人がいるという話をよく耳にします。
かくいう私も、これを習った幼少期には、実際にはよく分かっていなかった気がします。
いまや世界一食べ物を粗末にしているとも言える飽食国日本に生まれてきて、
生活を通して思う事、反省すべき点は多々あります。
それでも今回、もう一度自分の食生活を見つめ直せたことは、本当に良い経験でした。

それに、食べ物の裏側を知って、
動物、植物、牧場の人、農家の人、スーパーの人、料理してくれた人・・・
という風に大勢が関わってつくってくれたごはんだと思うと、
「嬉しい楽しい美味しい!」になるんですよね。笑

| 低橋 | 2014/03/15 21:36 | URL |

生きること

低橋さん、お久しぶりです。
わたしも同じことを考えて弓場を目指しました。日本で生活していると命を食べているという実感が希薄です。南米の市場で出会った肉の塊(一部は皮をはいだ獣そのもの)には、少なからず衝撃を受けました。自分の手は汚さず、命を食品として消費するだけの自分。自分が食べているものが食卓上がるまでの過程をきちんと知っておくべきだと思いました。残念ながら日程の関係で弓場には数日しか滞在できず(迷惑な滞在者でした)、この解体の現場も見ることは叶いませんでした。なので今回の記事を低橋さんがあげてくれたことにとても感謝しています。「いただきます」って、とっても大切な気持ちですよね。この記事、うに丼にリンク貼ってもいいですか?

| うにまる | 2014/03/23 09:34 | URL |

>うにまるさん

お久しぶりです。
無事帰国されたようですね。長旅お疲れ様でした。
うにまるさんが居たころはあまり解体はやっていない時期だったようですね。
あの後クリスマスに近付くにつれ、増えていったようです。
記事のリンクについてですが、こんな拙い記事で宜しければどうぞお使いください。

| 低橋 | 2014/03/24 20:33 | URL |

ありがとうございます

明日の記事にリンクを貼らせてもらいます(*^_^*)
低橋さんの再出発を楽しみにしてます!っていうか、わたしもしたい!!

| うにまる | 2014/03/24 22:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/503-cc76e342

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT