PREV | PAGE-SELECT | NEXT

モスクワ2日目/クレムリン

今日はクレムリンと赤の広場を見て来ました。
地下鉄の10回券を買ってしまったのですが、宿からクレムリンまで歩いていける距離なので使いませんでした。プーシキン美術館も歩いて行けるし5回券くらいで良かったかもしれません。



085.jpg
赤の広場

歴史が動く広場です。

広場中央では何かのステージを建設中であまり美しくなかったので端っこを撮ってきました。
このステージの後ろにレーニン像があるものと思われます。



086.jpg
グム百貨店

赤の広場の正面にはグム百貨店というデパートがあり、観光客で賑わっています。広くて階段の多い構造です。オシャレなカフェやお店が沢山入ってますが、デパートなだけあってお高めです。


087.jpg
本日のお昼ごはん

イクラが乗ったクレープを食べてみました。意外と合います。
イクラのサンドイッチなどもよく見かけます。



088.jpg
クレムリン入り口

なんか黄色い人が写ってますね。何者でしょうか。

クレムリンは広く、チケット売り場と入り口までたどり着くのに結構歩きました。
私の宿は入り口と間反対の方角だったので。

モスクワ最大の観光地なだけあってほとんどの案内に英語表記が添えてあるし、
チケット売り場やスタッフの人達も英語がよく通じます。

ただ問題は、クレムリンとその周辺施設のチケットがもう意味分からんくらい高いことです。

クレムリン入場券:350ルーブル
武器庫:700ルーブル
ダイヤモンド庫:500ルーブル


しめて3800円です。財布を持つ手が震えます。



089.jpg
ブラゴヴェッシェンスキー聖堂

ここの入り口で願い事をすると叶うとかなんとか。そんなこととはつゆ知らず、多分私は「ケバブ食べたい」とか考えながら入場しました。おかげで翌日ケバブにありつけました。



090.jpg


なんで割れてんのかなと思ったら、火事のときに水をかけたらヒビが入ってパカーンといったそうです。しかも一度も鳴らしてなかったそうです。悲しいお話ですね。
なお、鐘は200トンあるらしいです。200トンと言われてもピンと来ないので朝青龍に換算してみたら、1360人でした。これは重そうですね。



091.jpg
大砲

こちらも一度も撃ったことがないんだとか。なんでそんなんばっかなんでしょうか。



あとクレムリン内の主要な場所は全部見ましたが、いかんせん写真撮影禁止の場所が多いのと、ガイドブックがなくてちんぷんかんぷんなので何も書けることがないです。ただ、解説がない分純粋に美しさを楽しめたのでこれはこれでありだと思いました。



続いて武器庫とダイヤモンド庫に行きました。
さきほどのチケットオフィスではここの入場券は売っていなかったので、それぞれの入り口でまた新たに購入します。ダイヤモンド庫は武器庫の一角にありますが、チケット購入はまた別途です。ダイヤモンド庫入り口のインフォメーションみたいなところで購入できました。

武器庫とダイヤモンド庫はクレムリンとは入り口が別なので、こちらだけ入るのもありかと思います。

武器庫には豪華絢爛な防具や武具の他、食器や衣装などの日用品なども展示されています。日用品といっても金ぴかだったり宝石が散りばめれている王様の日用品ですが。いくらか払えば撮影できるそうですが、そうとは知らず早々に諦めました。惜しい事をしましたが、以前ヨーロッパ旅行をしたときに空前の武器庫ブームが来ていた私は、各国の博物館ですでに何千枚もの武器写真を収めているのでもう十分かなという気もします。



ダイヤモンド庫には女帝エカテリーナの戴冠式に使われたという重たそうな王冠が。横には、世界最大級のダイヤモンド「オルロフ」が飾られた王笏が展示してあります。オルロフとは女帝エカテリーナにこのダイヤを贈ったにもかかわらず振られた男の名前だそうです。せちがらい情報を聞いてしまいました。
このオルロフ、カットの仕方の関係か男の怨念か、そんなにキラキラしてませんでした。

ダイヤモンド庫は薄暗く、チケットが高いせいかお客さんもあまりいませんでした。黒服のガードマンが暗闇に立って見張っています。また、カメラや携帯の持ち込みは一切禁止されているので下のクロークに預けなければいけません。


クレムリン、武器庫、ダイヤモンド庫ともに、セキュリティが大変厳しく至る所にボディチェックゲートがあります。こちらはウラジオストク駅とは違いしっかりチェックしており、カバンもいちいち開けて見せなければいけません。

モスクワはデパートに入るにも駅に入るにもいちいちボディチェックのゲートがあります(全ての駅ではありませんが)。まあこちらはウラジオストクと同じく鳴りっぱなしの無意味なものですが、警備員が必ず立っているので結構緊張します。

あと、町中には警察やら軍人やらが至る所にいます。こういう状況は治安が守られてるとして安心感を覚えるもののはずですが、彼らは有無を言わさぬ雰囲気が滅茶苦茶怖いので私は目を合わせない様にしています。滞在登録証明書をもらうの忘れたまま遊び歩いているので、捕まると少々マズイです。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ロシア | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/50-bc0438be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT