PREV | PAGE-SELECT | NEXT

シベリア鉄道まとめ


084.jpg


とても楽しかったです。

が、眠いときに寝て食べたいときに食べるという自堕落な生活が許されているので、人として駄目になりました。

あと、絶対やらんだろうと踏んでいたロシア語の勉強を車内で少ししていました。
簡単な挨拶や基本フレーズ、よく使う単語や数の数え方を覚えた他、キリル文字をなんとなく読めるようになりました。駅名や案内板が読めないと死活問題に繋がるので必死なのです。

ただしロシアを出た瞬間にスパーンと忘れる予定なので、帰国後ロシア語の話題には触れないで下さい。




以下、シベリア鉄道に関する私の個人的な感想と次の人への情報です。


<二等か三等か>
二等に乗っていないので分かりませんが、個人的には三等の方が絶対面白いと思います。

プライバシーがあるのは二等とよく言われますが、そっちだって自分以外に三人客がいるんだから
対三人よりも対50人の方がかえって大らかになれるというものです。

三等は盗難がとても多いそうなので、その点はご注意ください。


<上段か下段か>
総合的に見ると下段がオススメです。

上段:
一日中寝ていられる。
下段よりはかすかにプライバシーがある。
転落防止柵は一応ある。
梯子が一段しかないので足腰の弱い人や体重が120キロくらいある人は上がれない。
下の人がいるとテーブルを使い辛い。
窓の外が見辛い。

下段:
楽。
座れる。
テーブルを使いやすい。
物を置く場所が多い。
上に比べると盗難に遭いやすい。
アジア人はガン見されがち。
いつも足元に誰か座っていてたまに退いて下さらんかと思う。


<電源>
3等車:
廊下に一個、トイレ内に一個、車両内に二個。混んでるときはなかなか空かないです。
廊下のはいつも空いてるけど人通りが多いので防犯上ほぼ使えません。
2等車:
各コンパートメント内に一個ずつ。
1等車:
不明ですが無いわけないと思います。


<wifi>
飛んで無かったと思います。私が寝てる隙をついて飛んでた可能性は否定できませんが。


<シャワー>
150ルーブルで車掌さんに借りたという人がいました。三等にはシャワー自体見当たらないので二等以上の特権かもしれません。お湯の出は悪いそうです。

車内は乾燥しているので、お風呂に入れない事は思ったより苦になりません。ただ、自分よりも周りの臭いの方が気になるかもしれません。一時は車両全体が腐ってるんじゃないかというような臭いがしていました。犯人はバイカル湖名物の魚の燻製です。魚を持った売り子達が乗り込んで来るのです。生物テロです。

ウェットティッシュやさらさらパウダーシートの類を持っていると非常に役に立ちます。


<盗難などはないか>
盗難はすごく多いようですが、気をつけていればある程度防げるかと思います。駅に長めに停車するときは人の出入りが増えるので要注意です。入り口は常に車掌さんが固めているので外からの刺客は入り辛いかと思いますが、車内に不届きものが居ないとも限らないので。停車時は荷物から目を離さないのがいいです。また、充電中の携帯なども必ず見張っているべきです。


<女性一人で危なくないか>
運が良かったのか何なのか分かりませんが危ない目にはあっていません。
酔っ払いなどに絡まれることもありますが、ただやかましいだけでそんなにたちの悪い人はいませんでした。そもそも周りの目があるので、そういう意味ではとても安全な環境と言えます。強いて言うなら途中1泊だけ乗っていたアル中のおじいちゃんを黙らせるのが大変でしたが、まあそれくらいです。


<持ってて良かった物>
小さいCコンセントプラグ:電源が陥没タイプで、世界対応プラグだと大きすぎて上手くはまらないため。

072.jpg

ロシア語会話帳:想像以上に活躍しました。
さらさらパウダーシート:さらさら爽やかに過ごせました。
使い捨ての下着:洗濯ができないので便利です。靴下くらいならこっそり洗って枕元に干します。
トイレットペーパー:一応補充はされますがよく切れてました。
mp3プレイヤー:若者達がロシア音楽をこれ見よがしに聞かせてくるのでたまに飽きて耳を塞ぎます。


<持ってこれば良かった物>
ファブリーズ:乗客達が醸し出すタバコやバイカル魚の臭いがシーツに染み込んでいつまでも消えません。
地球の歩き方シベリア鉄道編:あったら時間的空間的迷子にならずにすんだ気がします。
紙に印刷したタイムテーブル:地球の歩き方を持っている人はそれで事足ります。
ロシア語辞書:会話帳では間に合わない場面も多かったので。
ポータブル充電器:電源確保が難しかったので。


<食事>
食堂車は高いので基本的には持ち込み食料で過ごします。

一日数回車内販売がまわって来ます。ビールと乾きものが主です。

また、長めの停車駅だと物売りが乗り込んできたりします。
バイカル湖名物魚の燻製を持って乗り込んで来るのは今後やめて頂きたいです。

大きな駅のホームにはキオスクがあり、カップ麺なども手に入ります。個人販売のピロシキなどもあったようですがあまり外に出なかったので発見できませんでした。何の肉が入ってるか分からないと評判です。


<その他>

081.jpg

お湯はもらい放題なのでインスタント麺を食べたり紅茶を飲んだりできます。


083.jpg

各テーブルの下には栓抜きが。飲ませる気です。


082.jpg

このコップを何故か皆持っているので不思議に思っていたら、車掌さんに借りているようです。
紅茶混みだと有料の様なのですが、試していないので不明です。



以上です。

シベリア鉄道を降りた後思った事は、6泊7日風呂に入らなくても平気だと思っているのは自分だけだったということです。さわやかな外の空気の中でかいだ自分はシベリア鉄道臭がしました。また、リュックを開けるたびなつかしい臭いがよみがえります。奴はしぶといです。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ロシア | 23:59 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

無事、モスクワに着いてよかったです

紅茶のグラスが素敵~v-238
見てたら欲しくなっちゃうね
(こっそりパクったら、軽く国際問題になっちゃうね)

ところで『車内で知り合った日本人のセクハラ』って何されたん?
内容によっては、そっちの方が国際問題じゃんか!

| ウニ | 2012/06/08 08:34 | URL |

シベリア鉄道の中でも一番の醜悪日本人のセクハラ?
↑の方と同じ意見 恥ずかしい限りですよね
まぁ久しぶりに日本人に合って日本語で会話できて嬉しい部分もあるんでしょうが  そういう時に「セクハラ」しか出来ないなんて基本的な人間部分の欠如でしょう

それはそうと私のブログでこのブログ紹介致しました
皆でポチッ!
現在59位 取り敢えず50位以内を目標にp(*^-^*)q がんばっ♪

毎日 コメント書き込んでますが…いつも長文で・(__)
さらっと流してください

| Daoo | 2012/06/08 09:40 | URL | ≫ EDIT

はじめまして、とても面白い且つわかりやすくて、シベリア鉄道に乗ってみたくなってしまいました。
脳天直撃した5ルーブルの没収にクソ笑いました。笑
私はローカルな旅行はあまりした事がないのですが、やはり紙製の本って大事なんですね…ipadにデジタル化していれていても結局見れない事が多いっていうのが現実・・・
他にも、マックブックにチェーン付けられるんだ!と勉強になりました。
これからもブログ楽しみにしていますi-179

| ねすこ | 2012/06/08 14:10 | URL | ≫ EDIT

>ウニちゃん
紅茶のグラス売ってるらしいよ。車掌さんから買うとかなんとか。でも結構高いらしい。
日本人のセクハラはまあ普通のありがちなセクハラだけど、ちょっと陰湿な感じだったので脳天幹竹割りしてやろうかと真剣に考えたよ。笑

>daoo先生
一日に何度も来るので大変でしたが、アル中のおじいちゃんがロシア語で執拗に絡んで撃退していたのには笑いました笑。日本人同士の私はともかく、現地の女性に阿呆な事をしでかしてないことを祈るばかりです。
ブログ拝見しました。ありがとうございます!昨日から急激にランクアップしてますね笑。daoo先生のお力恐るべしです!

>ねすこさん
シベリア鉄道本当に楽しかったし、良い経験になりました◎
ガイドブックはなくても何とかなるにはなるんですが、やはりあった方が断然楽しいなと思っています。こぼれ話などが載っていると、何でも無い景色にも「へえ〜」と感じられたり。
今後も情報を交えつつ色々書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

| 低橋 | 2012/06/08 15:41 | URL |

現在56位 (*^^)v 
久々に「燃えてます」ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

| Daoo | 2012/06/08 23:00 | URL | ≫ EDIT

自分たちも乗ります!

シベリア鉄道の事調べてたらこのブログにたどり着きました!
明後日からシベリア鉄道に乗りにロシア行きます!
1週間風呂なしきつそうですが、自分達と同じような旅してる人発見できて嬉しいです!行ってきます!

| れいじ | 2017/03/15 02:26 | URL |

Re: 自分たちも乗ります!

>れいじさん

こんにちは。もうモスクワに着いている頃でしょうか。
一週間お風呂無し、意外と大丈夫じゃなかったですか?感覚が麻痺してくると言うか。笑
引き続きご旅行楽しんでくださいね!

| 低橋 | 2017/03/22 13:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/49-3ef42fb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT