PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アスンシオン到着

昨日は夕涼みをしていたら遠くの空が光りだし、
おお不穏な気配が・・・と思っていたら案の定大雨になりました。

が、明け方にはしっかり止んでくれたため、今日も無事出発することができました。



079_201308040702404b3.jpg
5キロくらい走ったところ

アスンシオンまであと85キロだそうです。
一日中雨かと思ったらそうでもなさそうなので、問題なく着けると思います。

頑張って参りたいと思います。



080_20130804070239435.jpg
チーパ休憩

バス停で休憩していたら、チーパ売りのお姉さんが来たので一個買いました。
チーパとはパラグアイ名物のパンで、チーズ風味で固めの食感です。

町中にも国道沿いにもチーパ屋は沢山あって、
チーパ売りの女性達が大きなザルを抱えてこれを売り歩いています。
プロのチーパ売りは重たいザルを頭に載せて歩いており、見事なものです。

一個の値段はだいたい2000ガラ(45円くらい)です。
チーパ売り達はバスの中にも売りに来てくれるので、手軽に買えてありがたいです。



081_20130804070239602.jpg
本日のお昼ごはん

そういえばパラグアイ料理を全然食べていないなと思い、国道沿いの簡易食堂に入ってみました。
でも本日のランチはミラネッサ(ミラノ風カツレツ)だったので、パラグアイ料理を食べたと言えるかどうか・・。

お値段は15,000ガラ(300円ちょっと)でした。
パラグアイの物価は思ったほど安くありません。
アルゼンチンやチリに比べればそりゃちょっとは安いですが。



そんなことより、店内に停められている小ぶりなチャリンコがパンクしているのが気になりました。
お店では12,3歳と見られる少年が働いていたので、おそらくこの子の持ち物です。

一生懸命働いている姿に心を打たれたので、よおし任せろ私が直してやるぞお~
と思いタイヤ見てみたら、タイヤチューブが入っていませんでした。
そしてタイヤそのものに、3センチ×4センチくらいの大穴が開いていました。
どういう走り方をしたらこういう事態になるんでしょうか。

呆然とタイヤを見つめていたらいつのまにか少年が背後に立っており、
期待を込めた眼差しでこちらを見てきたのでものすごく心が痛みましたが、
ちょっと直せそうにないです。

なので、「新しいタイヤとタイヤチューブを買ってね・・」と言い残してお店を後にしました。

通りすがりのヒーローになりたかったです。




082_20130804070238d1c.jpg

後半は小さな町がいくつも繋がっており、
気づいたらアスンシオンの街中に入っていました。

アスンシオンはそこまで巨大な街ではありませんが、
やはり首都なだけあって人も車も多いです。
そして、一番端っこを走る私は必然的に市バスのお尻を追いかけることになり、
正面から排気ガスを食らい続けるのでした。



083_201308040702387a8.jpg

日暮れまでに宿に着くのは難しそうだったので、
早々に諦めてスーパーに寄り、のんびりちんたら走って来ました。

日暮れから30分ほどすぎた18:00前。
無事、本日の宿に到着です。

チャリ旅のゴール地点では、まずビールを飲むのがチャリダーの神への礼儀です。



084_20130804070237a83.jpg
本日の晩御飯

そして晩餐。
先日作ってどハマりしたトマトカレー再びです。


本日の宿は、去年できたばかりの「らぱちょ」という日本人宿です。
とても快適だと評判だったので是非来てみたいと思っていたのですが、叶いました。

オーナーご夫妻の一人娘、まなちゃん(1歳半)が超かわいいです。


アスンシオンは特に観光向けの街ではありませんが、
私はカメラ修理など色々とやりたいことがあるので、1週間ほど滞在します。


<情報コーナー>

○ イタクルビ・デ・ラ・コルディジェア入り口あたりのガソスタ~アスンシオン、民宿らぱちょ/91キロ

町の手前からスタート。町にはガソスタ数件、商店などあり。7、15ガソスタ。16分岐。右手500メートル先にガソスタあり。アスンシオン方向は左手側の道。26ガソスタ。35あたりからカアクペ(町)。40あたりからイバラカイ(町)、ここからアスンシオンまでいくつかの町があるが、全て繋がっているためずっと町中の道を走っていく。
今日は昨日より阪が多い印象を受けた。真ん中あたりで7キロくらいの爽快な下りがある。
アスンシオンに入ってからは人も車も多く、排気ガスがひどいため結構つらいかも。

○ アスンシオンの宿

「民宿らぱちょ」
http://minsyuku-lapacho.net/

シャワー、キッチン、共同スペースなど何もかもが快適で、素晴らしい宿。
オーナーご夫妻は共に世界一周ライダーさんで、色々なお話を聞ける。
ネットが少し遅いが、宿というよりパラグアイ全体の問題な気がする。
ドミ一泊40,000ガラ。一週間以上の滞在で35,000ガラ。
バスターミナルとセントロの中間くらいにあり、ターミナルから宿へは市バス+徒歩で15分くらい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/463-cd1a868a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT