PREV | PAGE-SELECT | NEXT

イタイプダム、動物園、モンダウの滝、イグアス移住地資料館

昨日までのんびりやっていた私ですが、今日は本気です。
一気に4つの観光をこなしたいと思います。

まあ、他の人達が行くというので便乗して着いて行くだけなんですけども。
一人で一日4つの観光なんて、そんな体力も気力もあるわけ無いでしょうがハハッ


781.jpg

宿のスタッフさんがハンドルを握るツアーワゴンに揺られ、やってまいりました。

まずはこちら。
世界最大の水力発電所、イタイプです。

こちらはパラグアイとブラジルの国境にまたがる場所に造られており、
両国、及び両国の民間企業によって運営されています。



792.jpg

こちらはイタイプのマークです。

左がパラグアイ国旗カラーで、右がブラジル国旗カラーです。


さて、先述しましたとおりここは世界最大の水力発電所なのですが、
世界最大とはどんなもんかと言うのを分かりやすく羅列したいと思います。


789.jpg

(1)まず、水量が半端ないです。

見学バスの車窓からしか見られないのでこんな写真しかありませんが、かなり巨大なパイプです。

このパイプ2本分で、イグアスの滝の水量に匹敵するそうです。

それが20本あります。


パイプは両国で半分ずつ所持していますが、
パラグアイは土地も人口も少なく電力が有り余っているため、
発電量のうち8割をブラジルに売っています。

なお、基本的には稼動しているのは18本で、
残り2本は何か異常が起きたとき用の予備だそうです。


(2)幅が一キロあります。

何の幅だったかは忘れましたが、
とにかく大きいです。


(3)世界を2日間灯せます。

もしものときのために、パラグアイとブラジルには逆らわない方が良さそうです。


(4)ダムの底にはイグアスより巨大な滝が眠っています。

ダムをつくるために地面を何百メートルも持ち上げ水を貯め、結果、滝はダムの底に沈みました。
これが現役ならイグアスもナイアガラも真っ青な規模の滝だそうです。

そんな仰天の観光名所を潰すなど何ということを・・・と思ってしまいますが、
ダム建設当時は今ほど環境保護や観光収入に力を入れていなかったので、
滝はあっさりダムの底に沈んでしまったそうです。


今は無きイグアスより巨大な滝。
イグアスの10倍の水量を誇る水力発電所。

そんなことを聞いてしまうと、イグアスの滝とかもう行くの面倒くさいというか
もともとあんまり興味無いし大きいだけでただの滝でしょうってい・・・

や、何でもないです。



795.jpg

続いて、動物園へ。

ダム建設時にそのあたりに住んでいた動物達を保護し、それが動物園になったそうです。
水は本来3ヶ月かけて溜まるはずで、その間に動物達には近郊の森に逃げて貰う手筈だったのが、
予想外に2週間で溜まってしまったためにこういうことになったんだそうです。



798.jpg

810.jpg

結構色んな動物がいますが、係の人に誘導されながら必ず歩道を歩かねばならず、
遠くのほうに気になる動物がいても好きに近づけないため、あまり楽しくありません。

以前は自由に見学できたそうですが、
行儀の悪い客が多くて動物達が危険にさらされたため、こういうことになったんだとか。
客のせいなら仕方ありません。



821.jpg

続きまして、モンダウの滝を見に来ました。

こちらもまた何かが自慢の滝だったと思うのですが、
暑さと車酔いにやられてグロッキーだった私は何も聞いていませんでした。
暑さはともかく車酔いには強かったはずなのですが、最近乗っていなかったので弱くなったんでしょうか。




822.jpg

あまりに頭がクラクラして滝つぼに転落するかと思いましたが、
水しぶきを食らっているうちに治ってきました。
マイナスイオン効果でしょうか。
マイナスイオンって何ですか。
本当に人体に有効なんですか騙されませんよコンニャロー。



842.jpg
資料館

イグアス移住地に戻ってきました。

こちらは、イグアス移住地の歴史を展示した資料館です。
写真に写っているおじさんは解説の山中さんです。

ピラポ移住地より2年遅れて始まった、イグアス移住地開拓。
ここはパラグアイにいくつかある移住地のうち、一番新しい町なんだそうです。




834.jpg
密林から最初に切り出した木

ピラポで聞いた話と同じく、こちらの移住地の開拓もまた大変な苦労があったんだそうです。

山中さんもその大変な日々を生き抜きながら、何度も諦めかけ、
そのたびに歯を食いしばってそれを乗り越えてきたんだとおっしゃっていました。



694.jpg

「為せば成る 為さねば成らぬ成る業を 成らぬと捨つる 人のはかなさ」


ピラポ移住地と、イグアス移住地。

地球の裏側にあるもうひとつの日本から、
とても大切なことを学びました。


<情報コーナー>

○ イタイプダム

私達は宿のツアーで連れて行ってもらったので詳細不明だが、バスでも行けるそう。
入場無料。見学中は受け付けにパスポートを預ける。

○ 動物園

ダムから2キロ。歩いても行けるし、ミニバスも出ているらしい。
入場無料。見学は係の人と一緒に回るため、人数が集まるまで待ち時間あり。

○ モンダウの滝

多分バスで行くんだろうけど詳細不明。ペン園の人に聞いてください。
入場料5,000ガラ。

○ 資料館

中央公園の近く。毎週水曜のみオープン。入場無料。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| パラグアイ | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/454-9dfa7816

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT