PREV | PAGE-SELECT | NEXT

シベリア鉄道3日目

069.jpg


どうせ一日暇なので朝は限界まで寝てるのですが、周りもたいてい寝ているので問題ありません。しかし年配の方などは結構朝が早く、気づいたら私のベッドの足元に誰かが座っていることがあります。上のベッドの住人などは特に居場所がないので、下のベッドのどこか空いてる所に腰を降ろすしかないのです。
そんなわけで昼間私のベッドの足元にはたいてい誰かいるのですが、気にせず横で昼寝します。



今日は隣の車両の若者2人に絡まれました。
兵役帰りなんだそうです。英語を少しだけ話してました。ロシアの第2言語は一応英語らしいです。

ウォッカ飲もうぜビール飲もうぜとうるさいので「私お酒は飲めないの」と大嘘をつきましたが、
それでもしつこいので何故そこまで勧めるのかと問うたところ、

「だってロシアに来たらウォッカ飲むのがルールなんだよ!」だそうで。

では今手に持ってるその瓶もウォッカなのか。そんなにウォッカが好きかと聞くと、

「いや、これはジュースだよ。僕お酒飲めない」


このガキ。



彼らと別れた後は、上のチンピラと斜め上の青年とその仲間に絡まれました。
いや、上2人のチンピラは意外にも大人しい奴で、絡んで来たのはお仲間です。

チンピラと斜め上はロシア語オンリーでしたが、お仲間が英語を少し話し、通訳してくれました。三人とも兵役帰りで1年ぶりにホームに帰るんだとか。それを聞くと一昨日の長電話も許せてしまいます。そこで、いつまでもチンピラ呼ばわりじゃいかんと思い

チンピラ→電話野郎
英語→酔いどれ
斜め上→マヨネーズ


と名付けました。

英語は酔っていて、斜め上は何にでもマヨネーズをかけるからです。



酔いどれもまたビール飲もうぜウォッカ飲もうぜとうるさく、またしても「君もロシアに来たならウォッカ飲まなきゃ!」と騒いでいました。ロシア人は本当に二言目にはウォッカなんですね。


酔いどれがそろそろ本当に出来上がってきたので、「私食堂車行ってくるわ」と言って逃げたら何故か付いてきました。しかし食堂車に行く途中に通る隣の車両は兵役帰りの荒くれ少年隊がギッチリ詰まった恐怖車両だったので、実のところは付いて来てくれて助かりました。

アジア人が珍しいのか、アーミー達に限らず乗客の多くがこちらをガン見してくるので怖いのです。檻の中の猿でも見てる気なのでしょうが、私はこう見えても人見知りで人混みが苦手な猿なので本当にやめてください。あとロシア人どいつもこいつもイケメンなのが腹立つんですよ。その鼻へし折ってシシトウみたいな顔にしてやろうか!



070.jpg

食堂車ではボルシチとコーヒーを頼みました。これがまたものっっっすごく美味しかったです。
「好きな食べ物なに?」 「ボルシチです!」 ってくらい美味しかったです。


071.jpg
食堂車



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ロシア | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/45-20c4c7a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT