PREV | PAGE-SELECT | NEXT

チャリ旅、始まりの人



チャリダー師匠と再会しました。

今年の1月31日に出会ったので、実に半年ぶりの再会です。
関係ない話ですが、1月31日は確かスマップ香取君の誕生日です。
本当に関係ない話でした。


チャリダー師匠トオルさんとは、サンチャゴの有名宿Hostal Talesで偶然出会いました。
そのときの私はまだチャリ旅を始める前で、今旅始まって以来5本指に入るくらい困っている時でした。

チャリンコを買ったはいいものの、昨日までバックパッカーだった私はでっかいリュックを持っており、
それを上手くチャリに積むことができず頭を抱えていたのです。

そんな中現れたのが、チャリダー師匠のトオルさんです。

出発できずに連泊し、現実逃避で酒をあおり、ちょっと二日酔いの私がくたばる宿に
トオルさんがチャリンコを持ってチェックインしてきたのです。

おおチャリダーさん!

そしてバックパックを背負っている!?

そのスタイルは一体・・・!?

と衝撃を受け教えていただいたのが、
チャリ旅前半戦でやっていたリュックを背負いながら走るスタイルです。

詳しくは1月31日の日記をご参照ください。
真似する人はいないと思いますが。

トオルさんもまたウシュワイアでチャリンコを譲り受け、急遽チャリ旅を始めた人だったので、
サイドバッグなどが無い状態からなんとか走り出すために考え出した方法なんだそうです。

現在の私はまた積み方を見直し、ノーマルな外見のチャリダーになりましたが、
当時まわりから散々ツッコミを食らったそのスタイルは実は結構快適だったことを、
ここに改めて主張しておきたいと思います。
いや、推奨はしませんが。



690.jpg
師匠が奢ってくれたお昼ご飯

そんな師匠と、ここイグアスで再会したわけです。

師匠、トオルさんは、10年ほど前にここイグアス移住地に移り住んできた人です。
つまり、イグアス移住地の住人です。
私とサンチャゴで出会ったのは、ちょっとそこまでアウストラル街道ぶらり旅を終えたタイミングでした。



始まりの人と再会した今こそ、ちょっと私のチャリ旅の軌跡を振り返ってみたいと思います。


1307043.jpg
(1)スタート地点/プエルト・モン
(2)ゴール/カラファテ

私がチャリンコを買った理由は、
「アウストラル街道を走るため」、ただそれだけでした。

設定していたチャリ旅のゴールは、
アウストラル街道を出て最初の町エル・チャルテンのちょっと先、エル・カラファテ。
総距離は確か1400キロくらいだったと思います。

そうして着いたエルカラファテ。
しかしそこではチャリを手放せず、「せっかくなのでウシュワイアまで」と、チャリ旅を続行しました。



1307044.jpg
(3)新しいゴール/ウシュワイア

設定した新しいゴール、ウシュワイアは、南米最南端の町です。
多くのチャリダー・ライダーが、この町を旅の最終目的地に据えていました。

なので私もここで終わりに。

・・・とはいかず、1ヶ月うだうだ悩んだ末
「ブエノス・アイレスまで行ってみようと思います」
とか言い出しました。



1307045.jpg
(4)ゴール3/ブエノス・アイレス

そうして辿り着いたブエノスアイレス。

ここで流石にチャリンコは手放し、
「普通のバックパッカーに戻りたい!」と叫んでマイクを置きステージを後にした私ですが、
地図を片手に

「なんかイグアスまで結構近いみたい~」

とか言いながら戻って来ました。




1307046.jpg
(5)現在地/イグアス移住地

そしてここまで来ました。


私のチャリ旅を支援してくれたチャリダーさんは、実は2人います。

一人は、チャリンコ購入を手伝ってくれたユリさん。
彼女はアラスカからウシュワイアを目指している、大先輩チャリダーでした。
自転車屋で働いていたそうで、チャリンコ購入からパンク修理の仕方まで、色々な事を教えてもらいました。

彼女とはブエノス・アイレスで再会しました。
たった2日しか一緒にはいられませんでしたが、
色んな話ができました。

そして今回再会した、2人目のトオルさん。
これで、チャリ旅スタートを支援してくれた2人との再会が叶ったことになります。

ですので、これをひとつの区切りにしようと思っていました。



1307047.jpg
(6)今のところの目標/アスンシオン

ここから300キロほど先にあるアスンシオンまでは行くつもりなので、厳密にはここでゴールではないのですが、
始まりの人2人との再会が完了するこのイグアスで、ちゃんと考えようと思っていたのです。

どこまでチャリ旅を続ける覚悟があるのかを。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・で、考えたのですが、

ちょっとアスンシオンの後に行きたい所ができまして、

まあとりあえずそこまで行ってから考えっかな~と

チャリ旅終了の決断はまた先送りになったのでした。


いつもの私です。


1307041.jpg

まあ、頑張って何千キロ走ったわよ!(一部全く走ってないところあるけど!)とは言っても
地球規模で見るとたったこれだけなので、結論を急ぐことはないのではないかと思うのです。

ですので、今後も危険地帯とかは断固避けつつ、気の向くままにふらふらしてみようと思います。

残金あと50万くらいしかないですけど。

こないだ姉に電話したら後ろで母が「自転車はもうやめなさいよ!」て言ってましたけど。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| パラグアイ | 22:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うわっ

久しぶりの更新お疲れ様です。
トオルさんの写真いいですね、お隣は? もしかしてひくちゃんですか? 

最初トオルさんの奥さんかとか?思いましたがそれなら説明あるだろって気がしますので、あえて触れてないということは・・・・

でも、人の写真っていいですね。旅のリアル感アップします。現地の人とかもっと見たいです。

あと、現地の犬とかネコとか

うわ、要望だけですいません。

| airs | 2013/07/25 09:20 | URL | ≫ EDIT

なんと、またもやチャリ旅が延長となるのですね!
このままアラスカまで北上してしまうのでは・・・とひそかに期待したりしています。
すてきな師匠に出会い自転車の魅力に魅せられて楽しく自転車をこぐ、なんだかとても雄大な世界一周の仕方だなあ、とうらやましく思います。

今後もお気をつけて楽しいチャリ旅を^^

| 中美 | 2013/07/27 02:27 | URL | ≫ EDIT

>airsさん

隣の人は私です。
南米は野犬は多いのですが、そのせいか猫をあんまり見かけない気がします。
今いるパラグアイは、野犬がおとなしいです。
インドとか行くと狂犬病が怖いので、野犬に近づいたりはできなくなるのでしょうね。。

| 低橋 | 2013/07/28 04:15 | URL |

>中美さん

いやいやアラスカは幾らなんでも遠いですが、
正直そそられるものはあっ・・・いやいやいや行きませんよ!?笑

お次のチャリ旅はとりあえずブラジル入りして、ちょっと走ってみようと思います。
治安が心配なので、様子見しつつどこまで行けるかな?という感じです。

| 低橋 | 2013/07/28 04:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/448-6b11baf5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT