PREV | PAGE-SELECT | NEXT

イグアス移住地到着

668.jpg
昨日の寝床

昨日はこんなところで寝ていました。

アルゼンチンでのガソスタ泊は大抵いつも大型トラック達に囲まれていましたが、
このガソスタでは1台しか停まっていませんでした。
パラグアイはアルゼンチンに比べるとだいぶ小さな国ですし、
トラックもあまり長距離移動をしない=ガソスタ泊をしないのかもしれません。



670.jpg

さて、昨日予定より多めに走ったおかげでイグアスまではあと100キロ。
今日もおそらく坂続きなのでちょっと大変ではありますが、
早めに出れば1日で走れない距離ではありません。

頑張ります。



672.jpg

674.jpg

お昼休けええええい!!!

出発したばっかじゃないのとお思いの方、誤解です。
特筆することがないだけで、ここまで30キロは走りました。
今日も坂が多いので体力を削られ腹が減ったのです。

本日のお昼ご飯も引き続き、北村さんお手製のお弁当です。
最後の一個です。

本当はこれは今朝の分だったのですが、
やはりお弁当は青空の下で食べるのが一番なので取っておいたのです。
今日は涼しいですし、痛みにくいように工夫して作って下さったので全く問題ありません。



675.jpg

良いお天気です。

国道沿いの木の下で胡坐をかいて食べているので滅茶苦茶目立ちますが、
そんなに見たけりゃ見るがいいですよホレおにぎりですよ羨ましいでしょうププー!



676.jpg
牛乳休憩

坂にはもう飽き飽きです。

でもここまでで50キロは走りました。あと半分です。



677.jpg
トウモロコシ畑見学休憩

疲れました。

今80キロ地点まで来ています。
そして水が切れました。

坂がキツイのでできるだけ重量を減らそうと思い補給をしなかったのですが、
坂がキツイので汗をかき、喉が渇き、沢山水が要ることを計算に入れていませんでした。
阿呆でした。

まあパラグアイは国道沿いに商店やガソスタが沢山あるので、ちょっと我慢すれば大丈夫です。
と油断していたらしばらく商店もガソスタもなくて困っていますなうなのですが。
阿呆でした。


それはさておき、

現在80キロ地点で、
イグアスまではあと20キロで、
時刻は16:00を回っております。
日暮れは17:00です。

つまり時速20キロオーバーで走れば明るいうちにイグアスに着ける計算ですが、
疲れが溜まっているようで、先ほどから8キロくらいしか出ていません。

これは大丈夫なんでしょうか。



680.jpg
本日の宿

全然大丈夫じゃなくあっという間に日が暮れましたが、一応着きました。


エンカルナシオンからイグアス移住地に行くには6号線を0から終点まで走り、
終点でぶつかる国道7号線を左折してさらに11キロ走ります。

この7号線に入った時点で、お天道様は完全に引きこもっていました。
そして国道沿いには外灯がありませんでした。
あはーん真っ暗。

でもいくらなんでも目標の11キロ手前で野宿する気にはならなかったので、
暗闇の中を走ってイグアスを目指したのです。



679.jpg
ヘッドライトの間違った使い方

私のチャリはライトを付けていないのでヘッドライトの灯りを頼りに走りましたが、
これはあまり使い物にならなかったため、
前から後ろからぞくぞくと現れる車達のライトで路肩が一瞬照らされる隙に

「路面状態チェック!」
「異常無し!」
「30m先にトペあり!」


と叫びながら走るという 危険人物 危険走行をしました。

広い路肩を走っているのでまあ轢かれることはないでしょうが、
だいぶ怖かったので二度としたくないです。


さて、そんなこんなで辿り着いたイグアス移住地ですが、
ここは日系移民の町なので、宿も必然的に日本人宿になります。

いくつかある宿の中で一番有名なペンション園田というところに行ってみたら、
ブエノスで一緒の宿だった人が一人いて、ついこの間の事なのにちょっと懐かしさを覚えました。



685.jpg
とりあえず到着祝いのビール

腹が減っていたのでそのまま商店に行ったら、
お店の前でくつろいでいたお客さんらしき人に

「君はもしかしてブエノスアイレスから来たんじゃないよね?」
と聞かれました。

「えっ、来ましたが何故ご存知なのですか」
「トオル君がそろそろチャリダーの子が来るって言ってたから。そうか君かあ」

チャリダー師匠のご友人でした。

何を隠そう、いや何度も書いてるので何も隠せてないですが、
この町に来た最大の目的はチャリダー師匠のトオルさんに会うことなのです。

トオルさんはサンチャゴの宿で出会った人で、
チャリンコを買ったはいいものの荷物の積み方が無計画すぎて出発できずにいたところを助けてくれた人です。
詳しくは1月31日の日記をご参照ください。

「着いたはいいけど師匠とどうやって連絡を取りましょうかね、
メールだと確認が遅れますかね、どうしましょうかね」と考えていましたが、
商店前で偶然出会ったその方が電話して下さったお陰で、明日早速再会です。


<情報コーナー>

○ 名前知らない集落のガソスタ~イグアス移住地41キロ地点/100キロ

7キロ地点あたり(だったと思うけどちょっと失念)料金所か検問。チャリも有料(4500ガラニー)らしいが、端っこの道を通ればスルーできる。10キロ集落、商店あり。31集落。40ガソスタ2軒。このあたりから町っぽくなりそのままサンタ・リタに続く。サンタ・リタは銀行、大きなスーパー、ガソスタ、ホテルなどがあるそこそこの規模の町。63集落、ガソスタ、商店あり。67分岐。左の小道に入るとイグアスまで10キロくらい近いが畑の中の赤土ダートを走る道なので、現地の人達曰くこちらではなく6号線直進がオススメ。87から小さな町、ガソスタ、商店あり。89キロ地点に7号線との分岐。この分岐はキロメトロ30(30キロ地点)と呼ばれ、バスでエンカルナシオンからイグアスに向かう場合は、ここでイグアス方面行きバスに乗り換える。イグアス方面へはここで左折、11キロ走る。100イグアス移住地41キロ地点、ガソスタessoあり。ペンション園田へはesso前の道を右折して100メートル走った左手側。

○ イグアスの宿

ペンション園田
http://pensono.web.fc2.com/

二段ベッドドミ7ドル、普通ベッドドミ8ドル。他、トイレバス付きのシングルが一室とツイン一室あり。WiFi、快適シャワー、キッチンあり。米、味噌などの日本食材販売あり。スタッフの人達が面白くて親切。秋田犬が沢山いる。

シウダー・デル・エステから41キロ地点にあるガソスタesso前の道を右折し、100メートルくらい行ったところの左手側。看板あり。バスで来る場合、「キロメトロ・41(クワレンタ・イ・ウノ)」と言うとガソスタ前で降ろしてもらえる。41キロ地点にはガソスタの他「スーパマーケット41」という目立つ看板もあるので分かりやすい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/447-bb2297da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT