PREV | PAGE-SELECT | NEXT

サボりたい


1306231.jpg

決意表明として、この様な発言をしてから出発しました。

別に言うほど頑張ってはいないのですが、
もっとこう、「今日はいっぱい走る!」「今日は走らない!」と言う感じの
メリハリのある走行デイズを送りたいなあと。



P6241255.jpg

今日はようやく平坦と下りの多い道に入りました。
登り地獄はどうやら脱した様です。
でも昨日一昨日で何十キロも登ったのに対し、この程度の下りでは割に合わない感じがします。
それとも実は、登りに疲れて意識を失いながら、いつの間にか下っていたのでしょうか。



P6241256.jpg
のどかな風景


P6241258.jpg
のどかな風景2


P6241254.jpg
のどかな風景を見ていたら路肩の泥にはまり転倒


P6231246.jpg
拾ったタマネギ

最近町に寄れておらず、食材が不足気味だったので道端にあったのを拾いました。
タマネギは割とよく落ちているのです。拾ったのは初めてですが。

落ちてる率が高いのは、タマネギ、パン、みかんあたりです。たまにカボチャとか。
特にタマネギはしょっちゅう見かけます。腐ったりもしていない、ちゃんと綺麗なやつです。
今回拾ったものはあんまり綺麗じゃありませんでしたが。
多分、お野菜輸送中のトラックとかが落として行くんだと思います。

落とし物の中で一番笑ったのは、
サラミの薄切りが10メートルおきくらいに点々と落ちていたことです。
チャリ旅2の、後半くらいの出来事だったと記憶しています。

あまりにもフレッシュなそれが良い間隔で落ちているものだから、
これを拾って行ったら5枚目くらいで上からザルが落ちて来て捕獲されるんじゃないかと思いました。

なので、拾えませんでした。対向車線上でしたし。
いや、罠でも対向車線でも無ければ拾ったのかと聞かれると、
流石にサラミは拾わないと・・いや・・腹が空いていたらあるいは・・・・

親に泣かれるといけないので、拾い食いは控えたいと思います。
ただ、火を通して食べるものは私の中で拾い食いにカウントされないので、
タマネギは今後も機会があれば拾います。



P6241262.jpg
本日のガソスタ

本日はここまでです。
今日はちゃんと狙った場所付近にガソスタがありました。



P6241265.jpg
本日の走行距離/約61キロ

走行距離も、ホレこの通り。
目標の60キロはややオーバーしましたが、これくらいなら許してやろうではありませんか。



P6241270.jpg
本日の寝床

本日のガソスタにはシャワーもWi-Fiもありませんでしたが、
広いキャンプスペースがありました。

こういうスペースがあるガソスタはたまに見かけます。
トラック野郎共が集まってアサード(焼き肉)パーティーでもするんでしょうか。
想像するだに楽しそうです。



IMG_5951.jpg
本日の晩ご飯

ショウガご飯とサバ缶とワサビ醤油で優雅なディナーとしけこみました。


<情報コーナー>

○ パソ・デ・ロス・リブレス手前の分岐のガソスタ〜ヤペユ分岐の3キロ先のガソスタ/61キロ

41キロ地点検問と民家っぽいもの数軒。48右手エスタンシアか民家。54右手ロッジホテル。56左キオスコだがやってる気配なし。日曜だから閉まっていただけかも。58キロ分岐右折7キロでヤペユ(村か集落)。
分岐にホテル、コメドール、民家あり。14号線をそのまま直進し、61キロ左手にガソスタ、パリージャレストランあり。WiFi電源シャワーなど何も無し。小さい売店があるがかなり高め。野宿スペースは広く、テーブルと椅子もあり快適。
道は最初下り気味&平坦だが、徐々に普通のアップダウンに変わる。勾配は緩い。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:15 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

サラミで小一時間…ヒクヒク笑かして貰いました。
腹筋がつりそうです。 まだ笑えます
 
極上のネタ ありがとうございました!

この後のことですが 弓場牧場は?

…と思いましたが 
滞在費はタダでも 低橋さんは 本当に農場に根付いてしまいそうなので あえて勧めません
まあ 北に向かっていけば行きついちゃうんでしょうけど…ww 

今後も気の向くままに・・ ひざ お大事に!

| yuri | 2013/06/27 13:14 | URL |

>yuriさん

弓場農場はものすごく興味はありますが、yuriさんもおっしゃる通り私は根付いてしまいそうなので笑、今回はやめ・・・ようと思っていたのですが、北へ向かえば行き着く・・・?

と、今初めて弓場農場の場所を検索し、思っていたのとだいぶ違うところにあることに衝撃を受けました。もっと南東の方だと思っていました。
この距離なら、おそらく2週間もあれば辿り着けてしまいます。

いやいやいやでも、私は本当に根付くというか住むと思うので、危険です!日本に一生帰れなくなります!笑

| 低橋 | 2013/06/27 14:13 | URL |

余計なお世話かもしれませんが、エルカンナ・シオンから6号で北上するのかと・・・
Googleの地形図で見ますと結構なアップダウンがイグアスの滝まで300キロも延々と続きます。
というか、イグアスの滝はパラナ川の水源方向なんですね。ということは自然の摂理でずーっと登りとなるわけか・・・

なるほど・・・

昔持っていたMTBはオンロードのタイヤ履いてましたがブロックタイヤより軽く走れます。
と、今更こんなこと書いても仕方がないか・・

でも、タイヤの空気圧は限界まで上げたら走行抵抗は下がります。乗り心地は悪化するけど。

ハブベアリングとか、ボトムブラケット(両ペダルの中央のベアリング)グリス切れてないかな
チェーンも渋々の状態だと重くなるから、適切なメンテナンスは大事です。

なんか 相当渋くて重いチャリを漕いでるような気がして・・・

すみませんな 余計なお節介ばっかで。

| airs | 2013/06/27 19:17 | URL | ≫ EDIT

サボっちゃえ応援メールその4

思いっきりの後にサボる感じと
サボってるんだか何だかの後(中)のサボる感じは
確かに全然違う。と思う。

後、「あ、この感じわかる」と思ったのは
「一人っきり」と思ったとき。
私は雑踏の中だったんだけど、「ああ、一人なんだな」って。

それからそれから、
「とにかく右と左を踏み出していけば前に進める」(だから自転車はいい)というようなことを書いてましたよね。
いろんなことに通じる、人生にも通じる哲学的なお言葉であります。この感覚にすごい共感です。

あと、、
車に囲まれてのテント。私は山スキーに行くのに、夜スキー場にテントを張って早朝出発するつもりだったのが、起きたら、リフト待ちの行列がテントの周りに輪を作っていたという、、。同じ?じゃない?

つらつらと書いたのは、このメールのテーマである「応援」にならって、共感したことを書き並べてみたのでした。落し物を拾うのはまだあんまり共感のレベルまでいっていない、、、。でも落し物を拾ったことを知ると、土管やおにぎり同様テンションあがります。

「サボっちゃえ」は単に「サボりたい」に対する返歌です。






| こおに | 2013/06/27 22:01 | URL |

>airsさん

アップダウンは好きではありませんが、自転車に乗っている以上どこかで
そういう地形に挑まないといけない時は必ず来るので諦めます。笑
アルゼンチン側を通っていたとしても、それは同じでしょうし。。

今履いてるタイヤは安物ですが、最初に買ったものよりは格段に走りやすいです。
まあ、最初のが酷過ぎたのかもしれませんが。笑
今回、本当はシュワルベのマラソンを買いたかったのですが、全然売っていなくて。
チェーンにはこまめに油をさしていますが、その他は割とほったらかしです。
一応グリスも持っていますが、性格上あまりマメには・・笑
最近は雨でグチャグチャになった泥の上を走らされる事も多く、
掃除しても油を注してもどんどん台無しになって行きます。


| 低橋 | 2013/06/28 06:35 | URL |

>こおにさん

チャリ旅って何となく自分の心身との戦いみたいになって来て、
自分を褒めたり駄目な奴だと叱ったり忙しいです。
最近は特に、体が鍛えられてきたのに精神が追いつかなくて、心との戦いです。
地形も気候も厳しいアンデスの辺りを走っているチャリダーは、
本当に信じられないくらい心も体も逞しいんだなと感動すると共に、
そういう人に会えたなら、ゆっくり話を聞いてみたいなと思う次第です。

スキー場のテントの話、慌てたでしょうね。笑
スキー場の人も起こしてくれれば良いものを・・・
私はいつもできるだけ目立たない所にテントを張っていますが、たまに暇な人が遊びに来ます。
たいていは酔っぱらいとか変な人なので、寝たふりしますがw


| 低橋 | 2013/06/28 06:51 | URL |

旅の手段

>アルゼンチン側を通っていたとしても

あっちは殆ど山岳路じゃないですか?
無理ですよ。今のルートが正しいと思います。

こんなハードな旅はしたことありませんが多分肉体的な困難さで言えば

歩く>自転車>バイク>車

だと思います。バイクや車が楽かと言えばスピードが出る分それ相応の距離を走りますのでやっぱ疲れますし、1日1000キロとか走れてしまうので、見える景色も変ってしまいますしね。

結局、旅に何を求めるのかで移動手段も異なるわけで、その過程までが旅であれば自転車という選択はベストだと思います。(まあ経済的な意味合いでそうせざるを得なかったということだと思いますが・・)

でも、延々と続く道路の写真とかたまに拝見しますと、

うわーー ここをバイクで走ったら最高だろな
バイクは当然Vツインかビッグシングル

とか

絶対 2シーターのスポーツカー、フルオープンで流す風景だよなとか

と、思ったりします。
日本にはあーいう風景や道路ってありませんから、あこがれます。

アップダウンとかタイトなコーナーが延々と続く道とかバイクで走るとホント楽しいんです。

今度はお金貯めて、250ccぐらいのオフロードで走ったら楽しいかもしれませんね。
 

| airs | 2013/06/28 07:33 | URL | ≫ EDIT

>airsさん

専門用語が多くてよくわかりません〜。笑
でも、バイクは確かに憧れます。
南米で何人かのライダーさんと知り合いましたが、昨日まで同じ町にいたのに翌日はもう遥か北にいたりして、格好良いやらうらやましいやらでした。バイクでロシア横断とか、アメリカ横断とか、そういうのをやってみたいなと割と本気で思っています。

アルゼンチン側ルートは、よくは知りませんが確かに起伏が激しい様です。
町やガソスタの充実度で言えばアルゼンチンに軍配が上がるっぽいので悩みましたが、こちらで正解だった様ですね◎良かったです。

自転車を選択したのは、経済的な理由というよりは単に刺激を求めてです。笑
旅も半年以上が過ぎ、少し中だるみ気味なタイミングだったものですから。
あと旅に何を求めるかですが、私はやはり「旅とは移動である」という考え方なので、airsさんのおっしゃる通り、自転車はこの考えにとても合っていたと思います。選んで正解でした。
キツイことも多いけれど、自転車をこぎながら見上げる空は最高です。

| 低橋 | 2013/06/28 10:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/437-a40093e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT