PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ひたすら走る、一人きり

P6201208.jpg

朝からパンク修理でごさいます。
昨日のあれは、やはりパンクだったのです。まあどう見てもパンクでしたけど。

タイヤを新調したばかりだというのにどういうこったコレと思いながら修理したら、
原因は細い針金の様な金屑だということが分かりました。
これは仕方ありません。
オナモミだったらタイヤごと駆逐してやろうかと思っていたところです。



P6201209.jpg

小さな穴を塞ぐだけなので、修理はあっと言う間に完了。
ガソスタ犬と戯れながらタイヤに空気を入れていたら、



P6201210.jpg

空気入れが壊れました。

絶句しました。

ポンプを押してもスカスカ音がなるばかりで、全く使い物にならないのです。
内部の何かの部品が外れただけだろうということは分かるのですが、
分解の仕方が分からず直す事ができません。

空気入れ無しにチャリ旅をすることはできません。
パンクなどいつ起こるか分からないのです。
なので、直せないのなら、今すぐこれを買い直す必要があります。

幸いここは町に比較的近い所にあるガソスタで、
店員さんに聞いたところ町へ向かって10キロほど走れば自転車屋はあるそうです。

しかし、そこまで行くためにはチャリンコが必要です。
そしてチャリンコで走る為には、空気の入ったタイヤが必要です。

何この八方塞がり。

・・と思いましたが、そういえばここはガソスタでした。
空気なぞ入れ放題ではありませんか。

なので早速店員さんに相談したところ、お隣のゴメリア(タイヤ屋さん)を紹介してくれ、
タイヤを持って訪ねたら一瞬で空気満タンにしてもらえました。

「ありがとうございました」
「いいよ、どうしたの?」
「空気入れが壊れてしまって」
「見せて」

キュキュキュ

ポンッ

クイッ

キュキュキュ

「直ったよ」


なんと。


自転車屋に行く必要がなくなりました。

そこが外れるんですね・・・意外と簡単・・・



IMG_5911.jpg
通りすがりの行商人に貰ったおやつ

しょうもない話に行数を割きすぎましたが、
そんなトラブルがありつつも無事出発できましたよというお話でした。
空気入れが壊れた瞬間は一瞬色んな覚悟を決めてしまいましたが、解決して良かったです。



P6211214.jpg
お昼休憩中

今日も今日とてひたすら走るのみです。

特に面白い景色もなく、イベントがあるわけでもなく、おやつのオレオもちょっと飽きてきて、
雨が降りそうで、膝が痛くて、疲れて来て、

なんか急に、一人きりだなと思いました。

アウストラル街道でもチャリ旅2でも、
一緒にではなくても、同じ道を走っている人がいました。
それはとても心強いことでした。

今は、一人です。

何も無い道を一人きりで、ただ毎日走って、登って、下って。

それだけで楽しかったはずなのに、ふと、寂しさが勝ってしまう瞬間があります。

お天気が悪い日は気持ちが沈んでしまって良くないです。
まだまだ先は長いというのに。



IMG_5919.jpg

とか言ってる間にガソスタに着きましたよコレ。

沈もうが浮かぼうが、こいでいれば着くのです。
チャリ旅の良いところです。
そういうところが好きです。



本日の走行距離はだいぶ短めの75キロ。
夕方から雨予報が出ていたので、早く着ける様に昨日のうちに距離を稼いでおいたのです。

本日の狙いは町の近くにあると思われるガソスタでしたが、予想通りの所にあったものの、
ネットが使えない様だったので町の中のガソスタまで移動しました。
上の珈琲はそこでサービスしてもらったものです。とても嬉しかったです。

が、このガソスタでは野宿は断られてしまったので、
ネットだけ借りてツイッターで生存報告をし、一軒目のガソスタに舞い戻りました。



P6211219.jpg
本日の寝床

今夜から明日にかけて雨だそうなので、閉店後のゴメリアの軒下を借りました。

ちょうど店仕舞いのタイミングだったので店員さんに聞いてみたところ、
明日の開店までに撤退してくれればOKとのことだったので。



P6211220.jpg

ゴメリアの店員さんが何故かトウガラシをくれたので、
夕飯はトウガラシ入りトマトリゾットにしたら、辛くしすぎてお腹痛いですなう。


<情報コーナー>

○ コンコルディア付近、国道沿いのガソスタOil〜チャハリ付近のガソスタYPF/75キロ

8.5キロ地点左手ガソスタ。35キロ左手ガソスタだが、多分潰れてる。横にパリージャレストランあり。こちらはやってる。45キロ地点右折18キロでフェデラシオン。分岐にガソスタYPFあり、大き目。58キロ地点ラ・アレマナ。土産物屋兼ご当地グルメ屋みたいなお店。よくわからないがなんか面白そうだった。フリーWi-Fiが飛んでるっぽい。68キロ左手ガソスタesso。75キロ右折でチャハリ(町)、町に入って1キロ左手にあるガソスタはWiFiありで綺麗だが、野宿不可。右折せず、14号線を直進300mでガソスタYPF。カフェに電源ありだがWiFiなし、シャワーあり。
道は緩い登り下りを何度も繰り返す。民家やエスタンシア、ホテル、何かの会社みたいなのとかが数キロ起きにある。バス停も多くて休憩しやすい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そんな

>なんか急に、一人きりだなと思いました。

私も最悪な出来事や、天気で気分が酷く落込むことが多々あります。
ブルーを通り越して群青色とかしょっちゅうです。

写真の中に荒涼とした景色が散見されますが、寂寞感っていうんでしょうか、余計辛いですよね。私なんか写真見ただけで、ああ駄目だとか思いますので日本人はああいう風景に弱いんじゃ無いでしょうか。

それと人ですよね。
日本でも仕事で地方に行くと怖くなるほど人が居ない場所があったりしますが、人が居すぎるのもあれですが、人が居ないというのもストレスになりますよね。
そう、寂しい感ってやつ ズシーンって来ます。

このブログを見て応援している人沢山いますので、決して一人きりじゃ無いと思いますよ。

<空気入れ>
なおって良かったですね。
女性だから仕方がないのかも知れませんが、簡単な工具(プライヤ、ニッパー、モンキーレンチ、針金、高強度接着剤)とか持っているといいですよ。
自転車とその周辺機器などは単純な構造のものが多いので、とりあえず分解してみれば直せるか応急処置的にトラブル回避出来るものがあると思います。

割れたとか、折れたは致命的ですが、外れたとか曲ったはなんとかなります。

緊急じゃなければ、写真UPしておいて貰えれば、対策考えますよ。

あ、遅れましたが、機械設計のエンジニアですので・・・
現実世界では毎日色んな意味でサバイバルしてます。 (^^;

| airs | 2013/06/23 14:10 | URL | ≫ EDIT

>airsさん

毎日代わり映えのしない道を走っていて、考える時間がありすぎるのも原因かもしれません。
つい先日まで賑やかな場所にいたので、そういうのを思い出してみたり、日本にいる人達の事を考えてみたり。
お天気は本当に気分を左右しますよね。
最近ずっと天気が悪いので、今はただ、早くゴールしたい気持ちが大きいです。笑

エンジニアさんでしたか!
工具はごくごく基本的なものは持っているのですが、お察しの通り、
分からないことが多過ぎて持っていても使えないものも多く、本当に基礎の基礎しか揃えていません。
これでも以前に比べたら格段に頼もしくなったんですけどね。笑

| 低橋 | 2013/06/25 21:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/434-bc109989

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT