PREV | PAGE-SELECT | NEXT

これまでの旅とこれからの旅(金欠)

5日ほど前のことですが、5月26日は私が旅に出てちょうど1年経った日でした。

1年前の5/26、鳥取県境港市から船に乗り、ロシア極東の町ウラジオストクへ渡りました。

そこからシベリア鉄道に乗ってユーラシア大陸を横断し、モスクワを経由してヨーロッパへ。
中欧と東欧を中心にヨーロッパを南下し、旧ユーゴスラビアを通ってトルコへ。
トルコ全土を1ヶ月かけて彷徨い、再び東欧を北上及び中欧を横断してドイツへ。
ドイツから飛行機に乗り、南米エクアドルへ。
数ヶ月かけて南米大陸を南下し、チリの主都サンチアゴへ。
サンチアゴで魔が差してチャリンコを購入し、チャリダーとしてアウストラル街道へ。
アウストラル街道完走後、調子に乗ってそのまま南米最南端ウシュワイアへ。
1ヶ月間駄目人間をやった後、またチャリを駆ってブエノス・アイレスへ。←今ここ


当初の予定では、一年で旅を終えるつもりでした。
それどころか、半年くらいで帰るかもな〜とか思っていました。



002.jpg 当初の予定


ところがどっこい、一年経っても世界の半分も回れませんでした。
そして、残り半分の行程をこなせるだけの旅費が残っておりません。

旅立ち当初の予算は200万円。

出国の為の船と、シベリア鉄道と、海外旅行保険一年分と、予防接種と、
バックパックなど必要物資購入の初期費用を覗いてのお金です。
これにはだいたい30万くらいかかったと記憶しています。

その後は、食費・宿代・移動費・観光費合わせて、
一ヶ月だいたい10万くらいで過ごしてきました。
物価が高いヨーロッパではときに13、4万かかり、
ボリビアなど安い国では5、6万で済む時もありました。

チャリンコやキャンプ用品の購入など、
チャリ旅用の準備金はなんだかんだと8万くらいかかりました。

チャリに乗り始めてからは移動費はかからなくなりましたが、
その分、移動距離に対しての所要日数が増え、
考えようによっては宿代と食費はかさむ様になりました。
チャリ旅セカンドでは毎日野宿だったので、宿代・移動費ともに無料でした。


どんぶり計算ですが、そんな感じで1年間旅を続け、
残ったお金はだいたい80万くらいです。

そこから海外旅行保険の延長にまたいくらか飛び、
カメラ修理代とか他にもなんだか色々飛び、
残金はだいたい70万くらいとなりました。
いや、60万くらいかも。
あまりちゃんと見ていません。(現実逃避)


1年旅をして、120万円の消費。
そして地球半周。

この計算で行くと残り半周にも1年かかるので、
単純に考えて必要経費は100万越え。

残り70万円。


ああ無理だなって、思う昨今です。




002.jpg 再確認


なのでやはり、ルートを変えなければいけません。

この地図に書かれた予定はすでに狂っていますが、
少し修正しつつ当初の予定を最大限採用して日本に帰るとなると、
これから中米、北米、中東、アジアを回って行かなければいけません。
加え、ちょっと時間がかかりそうな旅程をいくつか組み込みたいと考えています。

その為には、どう考えても資金が足りないのです。

物価の安いアジアに着けさえすればこっちのものですが、
行きたい国を全部回って行くと、おそらく、そこに辿り着く前に財布が空になります。


そこで、今後も旅を続けるために、私に選択できる道は2つあります。

(1)一度帰って日本でバイトをし、旅の資金を稼いで再出発する。
(2)外国で不法就労し、旅の資金を稼いで旅を続行する。
(3)カナダかオーストラリアあたりのワーホリビザを取得し、旅の資金を稼いで旅を続行する。


あ、3つだった。


足し算もろくにできない点はさておき、この3つのどれかを選ぶなら、私は

(1)一度帰ったら旅の足が途切れる感じがして何か嫌だ。
(2)ビビリのくせにそういうことすると頭髪が抜け落ちそうだから何か嫌だ。
(3)ワーホリ中は旅人ではなくなるので、結局旅の足が途切れる感じがして何か嫌だ。


あ、1個も残らなかった。


というわけなので、今すごく困っています。

でも、困って悩んで答えを出せずにダラダラ過ごしている現状が駄目すぎるので、
残ったお金を何かしょうもない事に使って、自分にトドメを刺そうかなと思っています。

そして、

(4)臓器を売る
(5)油田を掘り当てる
(6)トヨタさんお小遣いちょうだい


あたりを中心に、旅の資金を得る方法を真剣に考えたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:25 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

資金はシビアな問題ですよね。
しかし、私なぞは逆に「120万で一年間こんなに沢山楽しめるものなんだ!」と感動してしまいました。
どうにか工面して旅を続けて頂きたいと切に願っております。

案として、道端で似顔絵を描いて売る、とかはどうでしょうか。
あとは今から書籍化の話をどこかとまとめて前払いでいただくとか…

| 第五福福丸 | 2013/06/11 11:21 | URL | ≫ EDIT

>第五福福丸さん

前払い良いですねえ・・笑
本当に、自分の書いたもので旅の資金を得られたら理想的です。

たまに贅沢したり、お高いホテルに泊まらされたりもしつつの120万円ですので、
もう少しうまく節約できれば100万を切ることもできたかなと思います。
むしろ、安上がりの旅の方が刺激的で面白いのかもな〜なんて思ってしまう昨今です。笑

| 低橋 | 2013/06/12 04:09 | URL |

はじめまして

はじめまして。
先週日曜日にパタゴニアとかの地図をボーッと見てて、こんなとこに町があると思って調べたのがケジョンでした。それで引っかかったのが低橋さんのブログなわけです。

最初は男性の方と思ってましたが読んでると女性だと気がつきました。(失礼)
ブログの内容面白いです。男でもしんどい旅なのに凄いな~、気力あるよなって感動します。
とくにアルゼンチンの強風の中を自転車で走るなんて、見てるだけで涙が出そうです。
お疲れ様でした。

で、資金ショートでお困りとか。
現地で不法就労も面白そうですが、効率よく稼がないと生活費で消費し残金が全然増えないってことになりそうだし、そもそも先進国じゃないと思うような稼ぎにならないでしょう。

日本に戻ったりしたら気持が萎えるし、どうせ同じお金を使うのなら、借りてでも継続した方が良いんじゃないですか。

クレジットや銀行でのキャッシングは利息の面で不利ですから、親兄弟か友人に借りるとか。

貸してくれる人が居ないよ~って場合、私で良ければ都合しますよ。(60万以内ね)
その場合はブログのプロフにメアドでてますから、そちらに連絡下さい。

あと、ペイパルの口座作って、寄付を募るとかって手段もあるけど、ブログ読者多ければこの手は案外旨くいくかも。
一口1万円にして、旅が終ったあとに投資頂いた方には趣向をこらしたプレゼントを贈呈とか?

まとめて集めなくても、旅の期間中に継続的に集れば良いので、なんかアイディア練れば思わぬ結果につながるかも。

一人1万円で50人集れば50万だから、そんな無茶な数字じゃないかも。

そうそう、投資額の半分は日本では絶対に手に入らない様な面白いものを買って送りますとか・・・

ブログで事例提示できるしね。

あ、とりとめのない話で長くなってごめんなさいね。

| airs | 2013/06/12 17:29 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます!

(4)臓器を売る  じゃないですが、ヨーロッパ方面に戻る予定があればドイツやイギリスで治験のボランティアって手もありますね。
会社によっては現地までの移動費用を負担してくれるとこもあるみたいです。
拘束期間が長いものだと報酬が40万を超えることもあるようですが…これも"旅人"って感じではないですねー。

良い方法が見つかるといいですね!

| さとこ | 2013/06/12 20:14 | URL |

低橋さん久しぶり。
私は、第五福福丸さんに賛成。
我らには、黄金の右腕がある。(と思う)
そして、私なら親に頭を下げる。下げまくる。
そして、日本に帰ってきてから親ローンを払う。
気持ちよく旅を続けてくださいね。

| あらさん | 2013/06/12 21:44 | URL |

こんにちは。
このブログを読むのがとってもとっても楽しみです♪
私も、最初男の人かと思ってた(だって、異国をチャリで走って野宿なんて…!!)けど、女の人だとわかって、勝手に親近感(笑)
ところで、資金ですが、とりあえず、このブログでアフィリエイト広告をしてみたらどうですか?…といっても私はブログもアフィリエイトもしてないので詳しくはご自分で調べていただいて…ってなりますが。読者が多ければ月10万くらいにはなるって、雑誌に書いてありましたよ。ほかのブロガーさんも、やってる人結構いますよねー。
まだまだ旅と楽しいブログ、続けてくださいねっ。

| はぴこ | 2013/06/12 22:27 | URL |

とりあえず、日本に帰国する分だけのお金を確保しといて、行ける所まで行ったら。

行ける所まで行ったら、一旦日本に帰ってきなよ。

日本に帰ってきて、お金貯めて再出発しなよ!


あと、親にお金借りるのは私は反対です!
自分で世界に行く決めたなら、自分のお金で行きなさい!

ブログ読んでると結構危険な感じのする所を旅してるから、低橋さんのこと心配になる。

| ウニ | 2013/06/12 22:39 | URL |

皆さん低橋さんに旅を続けてほしい!って気持ちが伝わってきますね~
「ブエノスゴールでハグしたい!」って思ってた分の旅費(へそくり)をそっくりそのまま送金したいんですけど…
直にお金ってのは何だかなぁ ですので(ですよね?)

ま 何とかなりますよ って 言い放っておくだけにしますww


そのうち偶然を装って 「神」が降りてきます。

それに…一時帰国を嫌う(?)方が多いですが 
どこにいてもあなたの生き方が途切れるわけではないので ひもじい思いをしてまで続ける(?)意味は ちょっとわかりません

とにもかくにも 今後もよい旅を!
あ! まだチャリででしたね… 十二分にお気をつけて!

| yuri | 2013/06/12 23:33 | URL |

>airsさん

こんにちは、初めまして!

色々な方法があるんですね。
知らないことばかりで、まさに目から鱗という感じです。

お金を借りるという方法は性格上ずっとヒヤヒヤしそうなので、ここはやはり、稼ぐ方向で参りたいと思っています。ご提案頂いてありがとうございます。お気持ちだけ、ありがたく頂戴致します。

お金を稼ぐにしても、旅のルートを確保しつつ、気持ちを保ったままで出来る方法を見つけたいところです。そうするとやはり、airsさんのおっしゃる通り、途上国ではあまり意味が無く、無計画に日本に帰るのは最善では無いように思えます。
不法就労やアルバイトに関しては、今2、3個候補を上げて、その方法が本当に現実的かどうか調べたり人に聞いたりしているところです。
3歩進んで2,5歩戻るような、あまり前進しない日々ですが・・・

お金が完全に尽きる前に、次の手を打ちたいです。

| 低橋 | 2013/06/13 01:04 | URL |

>さとこさん

初めまして!

ドイツあたりでの薬剤実験体は、実は、ちょっといいなと思っていました。
宿代(入院費?)が出るのならお金は溜まりますし、一ヶ月くらいならアリかも・・と。
ただ実験内容については口外出来ないでしょうから、
ブログに書きたいのに書けないウズウズが溜まりそうですね。笑

| 低橋 | 2013/06/13 01:09 | URL |

>あらさん

お久しぶりです。
黄金の右腕はもう錆が来ているので、使い物にならないのではないでしょうか。
でも道端アーティスト達を見ていると、「もっと練習して下さい」と思う時もあります。
目が良くなっているのか頭が固くなっているのか、もはや分かりませんが。

親はきっと貸してくれるのでしょうが、今回は自分の力で何とかしたい方向です。
お金が尽きて倒れるのも良いかもしれません。

| 低橋 | 2013/06/13 01:18 | URL |

>はぴこさん

まさかの女性でした。笑
意外と何とかなるものですよ〜。もちろん、沢山助けて頂いているからなのですが。。
この辺りは治安が良いので何の問題もないですが、別のところを走るとなると、
色々考えないといけないっぽいです。

アフィリエイトは私もよく知らないので、調べてみたいと思います。
旅もブログも頑張ります!

| 低橋 | 2013/06/13 01:25 | URL |

>ウニちゃん

そうね。とりあえず行ける所まで行きたいです。
日本に帰る分を確保しないで、ゼロになるまで行きたいです。
ちょっとやけくそになってる今ならどこまででも行けそう。
こういう勢いも必要なんじゃないかな〜と思うんですよね。
命にかかわるような無茶はしませんが。

親に借金はしないでおきますね。

| 低橋 | 2013/06/13 01:31 | URL |

>yuriさん

本当に、沢山応援メッセージを頂いて嬉しい気持ちでいっぱいです。
すごく心配もして頂いているので、申し訳ない気持ちも。。

お金の事は・・・そうですね。ま、何とかなりますねw

一時帰国に関しては、性格上、慣れ親しんだ環境に甘えてしまう気がするんです。
もう少しだけのんびり・・なんて。何となく、旅の勢いを保っていたい気持ちがあります。

でも、yuriさんの「どこにいてもあなたの生き方が途切れるわけではない」という一文にドキッとしました。
私はこの旅をひとつの形として考えていましたが、考えてみれば、長い人生のほんの一幕なんですよね。
どの道を選ぶのかが「私の旅にとって」最善かではなく、「私の生き方の中で」納得がいくのかを、ちゃんと考えてみます。

| 低橋 | 2013/06/13 01:42 | URL |

その他の手段

うーん 更に頭をひねった。

>アフィリエイト広告
これはボクもブログでやってみるけど、月に数百円にしかなんない。
よっぽど影響力の強い、というかプロみたいな人しか稼げないと思います。

■ライブチャット
個人的には、暇なときにはこれで散在するんだけど、大体時給3500円ぐらいで、海外でも通信環境良ければやれます。
登録はカメラに向って免許かパスポート見せるだけ。

アルゼンチンに居る可愛そうな日本人という設定なら、しゃべりたいというオッサン、お兄さんは結構いると思う。

でもな、時差があるから・・・ヒクちゃんしんどいわな。
それ以前に「そういうお仕事は絶対いや!!」
というポリシーの人もいるしな・・・・

ノンアダルト系なら↓ これとか
http://www.macherie.tv/


■人の好意にべったり寄添う
とりあえず、応援したいって人も沢山居るだろうから、お金送れる仕組考えたらどうですか。
Donate 1番になります。

そういうのが絶対嫌だという考え方もあるけど、今の時代、意味のあることにお金使いたいって人は大勢いるし、ヒクちゃんみたいなガッツのある人には(特に女性だし)なんか見て見ぬふり出来ないから応援したいという奇特なおじさんは日本に100万人以上は居ると思いますよ。

そういう善意を受継いで、本人も見てる方も面白い旅を続けてくれたら、これほど愉快な話もないだろって思うけどな。

でも、あまり人気が出ちゃったらヒクちゃん大金持ちになったりして。

専用のクルーザー買いました!! とか

アルゼンチンに居るなら、どうせなら南極とかにも行ければいいのにね。

今の季節じゃ遭難する?




v-275

| airs | 2013/06/13 12:38 | URL | ≫ EDIT

>airsさん

色々教えて頂いてありがとうございます。

ライブチャットや寄付をつのる方法は、日本にいる皆さんが優しくて、なまじ上手く行きそうな分少し怖いです。性格上お金儲けに熱中することはないと思いますが、優しくして頂いた分、私はその期待に応えようとしておかしな方向に行ってしまう気がして。企業スポンサーみたいなものであれば、それこそその期待に答えるのがお仕事なので割り切れる気もするのですが。

旅費に困っているのは本当なので、旅を続けたいと思うならなりふり構うべきじゃないのかもしれませんが、時間や手間がかかってでも、地道に稼いで行く方法がいいのかなと思い始めています。
ブログを見て下さっている人達からの声援が今ではかなりの心の支えになっているので、時間が開くことによってその人達を失ってしまうんじゃないかと怖がる自分もいるのですが。情けないですね。笑

でも、「本を書いてその旅費でまた旅をする」というのが目標なので、今回教えて頂いた方法はそれに近い気がします。そういうことがしたいのなら期待を背負う覚悟がないといけないんだなと、今回この返信文を書きながら思いました。
ちょっと色々考えてみますね!

南極は、私がウシュワイアに着いた前の週くらいに船が終わってしまった様です。漁船くらいは出ているかもしれないのでそれに潜り込むか、自作のカヌーで渡ればあるいは。。笑

| 低橋 | 2013/06/14 01:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/414-498d359e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT