PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブエノス・アイレス秋のパンク祭り

ウシュワイアでは確かに冬の訪れを感じていましたが、
アルゼンチンは実はまだ秋なんだそうです。



IMG_5618.jpg
昨日こぼしたスープに浸食されていたようで被ったら頭をタマネギまみれにしてくれたヘルメット

本日はブエノス・アイレス目指しての最後の走行日です。

昨日頑張って走っておいたので、今日は多分90キロくらいで着けるんじゃないかと思いますが、
目標にしている宿までの距離がさっぱりわからないので何とも言えません。
なので、時間的余裕を持たせる為に9:00前に出発しました。



IMG_5623.jpg

ウシュワイアから続く国道3号線は、残す所あと76キロです。
最初は1500キロとか書いてあったのに、ずいぶん可愛らしい数字になったものです。



出発地点の料金所から10キロほどで小さな町に入りましたが、ここで少々道に迷いました。

私の持っている地図はドライバー用なのであまり細かくなく、
ブエノスまでまっすぐ行けるルートは1本しか書かれていません。
しかし、実際にはこれが3本現れたのです。

そんなわけで、
何も知らずにとりあえず3号線方向に進んだら途中で変な道に入ってしまい高速に乗りかけたり、
慌てて引き返したら謎の広い道(後から調べたらこれが3号線だった)に出たり、
情報を得る為にガソスタのネットを使おうとしたらアクセスできなくて途方に暮れたりで、
結局1時間以上のタイムロスを食らってしまいました。
あんまり時間無いと言っているのに・・・


その後、何故か道端に落ちてた野良Wifiを受信してネット情報を得ることができ、
その辺にいた人に聞いたりもして何とか迷子は脱出。

ちょっと遠回り&交通量の多そうな3号線は避け、
205号線というマイナー気味な道を走ってみる事にしました。



IMG_5627.jpg
お昼休憩

黙々と走っていたらお昼を過ぎたので、ガソスタのカフェでお昼休憩です。

ガソスタは何から何まで高いのでいつもはジュースくらいしか買わないのですが、
今日は最後ですしちょっと贅沢してみました。

それに、ブエノスが近づいた影響で気付いたら人も車もものすごく増えており、
のんびり昼食休憩を取れる場所が見つからなかったのです。



IMG_5629.jpg

昼食休憩後すみやかに出発しましたが、
ブエノス都市圏にすっかり入ったかな〜という辺りで前輪がパンクしました。

またオナモミか!?

と思ったらまたオナモミでした。

なんで街中に落ちてるんですか貴方は。

今回もまた一気に3カ所やられ、修理に1時間近く取られました。
近くにあったガソスタの水場を使わせて貰えたのは幸いでしたが。


残りわずかとなった修理パッチと、もう一本も残っていないスペアチューブ。
そして目標の宿までの距離とオナモミの存在を考えるとテンションは下がる一方でしたが、
とりあえずタイヤをはめ直して再出発しました。

一応まだ日は高いですし、街にはもう入っていますし、
この後何も無ければ日暮れ前に余裕をもって着けるはずです。大丈夫です。

・・と、5キロくらい走ったら今度は後輪がパンクしました。


オナモミいいいいいいい!!!


というのは誤解で、今回はホチキスの芯みたいなやつにやられていました。
あとだいぶ前に塞いだパンクのパッチが剥がれ、そこからも空気が漏れていたようです。

しばらく自転車を押して近くのガソスタまで辿り着き、パンク修理再び。

もういい加減してくださいと思うと同時に、
今度タイヤを買う時はちゃんとしたメーカーのにしようと固く心に誓うのでした。



その後はとにかく必死でこぎました。

2度目のパンク修理を終えた時点ですでに16:00。
目標の宿は街のだいぶ奥の方なのに、
こんな時間になっても私はまだ街の入り口あたりでくすぶっていたのです。

このままでは日暮れまでに宿に着く事ができません。
日暮れ後のブエノス・アイレスはなんか治安が悪そうで嫌なので、
できれば日暮れまでに着きたかったのですがもう無理ですねコレ!ハハ!



IMG_5633.jpg
宿の中庭

そして日もすっかり暮れた18:45。
無事、今チャリ旅の最終目的地であるブエノス・アイレス(の宿)に到着致しました。

入り口が大人し目だったのでうっかり通り過ぎてしまい、プチ迷子になっているところを
ウシュワイア仲間のライダーさんとチャリダーさんに発見・保護されるという間抜けなゴールでしたが、
とにかく無事に到着出来て幸いでした。



IMG_5636.jpg
本日の晩餐

ここに着く前に話す機会があったライダーさんとは予定通りの再会ですが、
特に待ち合わせをしていた訳でもない、全く違う場所を移動していたチャリダーさんも
同じタイミングでブエノスに到着するというミラクルを起こし、
私の(距離だけは)長かったチャリ旅セカンドはこれにて終了致しました。

何も無い道でしたが、毎日とても楽しかったです。


<情報コーナー>

○ ビージャ・カニュエラス手前の料金所〜ブエノスアイレス、日本旅館/80キロ

4キロ地点左手にガソスタYPF。9キロ地点確かペトロブラス、12キロ地点知らないガソスタ。このあたりからなんとなくカニュエラスの町に入っている。少し進んで3号線と205号線の分岐。この分岐に野良Wifiが飛んでいる。直進で205号一般道、左折のち右折で205号高速道、左折のち直進で3号線。この辺りにもガソスタ何軒かあり。高速道路はチャリは入れない。3号線はチャリも走れるが、街の手前か入ってからかの辺りから高速っぽくなるらしい。また、日本旅館に行くには少し遠回りなので私は205号一般道を選択。205号線はずっと線路と並走しており、道の左右には店や民家など何かしらの建物がある。だんだん人も建物も増えて来て、35キロ地点くらいから気付いたら町に入っており、そのままブエノスに続く感じ。ガソスタや食堂もこのあたりからやたらある。チョリパンの店多数。
どの道を走るかにもよるが、私はできるだけ距離が短くなる様に走って80キロで日本旅館着。

○ ブエノス・アイレスの宿

日本旅館
http://www.geocities.jp/nihonryokan_ar/


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 23:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/06/02 16:43 | |

いつも楽しく読ませていただいております。

いつもオナモミが気になっていました。
タイヤをパンクさせる程の鬼オナモミがどんな姿なのか見てみたいです。
随分苦労させられているようですので、もう見たくないとは思いますが‥
もし画像をお持ちで、余裕のある時がございましたらよろしくお願いいたします。
あいつの正体が何者なのか知りたくてたまらないのです。

| とな | 2013/06/02 20:27 | URL |

>となさん

こんにちは!

すみません、オナモミの写真を探してみたのですが、撮ってなかったみたいです。
パンク修理のときって必死だったりゲンナリしたりしているので。。。

鬼オナモミは日本で見るオナモミとは全く違って、
少し潰れたピーナッツみたいな色と形をしており、トゲは1個につき10本以内くらいです。
そのトゲがかなり堅くて強くて、指でちょっと触るだけでものすごく痛いです。
何せゴムのタイヤを貫通するくらいなので。

以上、アルゼンチンの鬼オナモミ情報でした。笑
また遭遇する機会があったら撮っておきますね。

| 低橋 | 2013/06/03 00:23 | URL |

オナモミ情報ありがとうございます!
旅先で忙しい中、画像を探させてしまってすみませんでした。

「潰れピーナッツでトゲ10本以内」覚えました!(・∀・)b
いつか、近い将来に中南米に行きたいと思っているので、それが叶った暁には血眼で地面を凝視し、鬼オナモミを発見したいと思います。踏まないように気を付けます。

中南米、気を付けていっぱい楽しんで来てくださいね。
お鳥様の写真、期待してます♪
ケツァールとかハチドリとかオニオオハシとかっ!

| とな | 2013/06/03 22:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/399-01720b4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT