PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アルゼンチン冬のパンク祭り

IMG_5489.jpg
昨日の寝床

昨日はこんなところで寝ていた様です。
なかなか良い感じに隠れているではありませんか。
暗闇の中でもベストプレイスを探し出した私、グッジョブです。



IMG_5501.jpg
寄って来た犬

今日は早起きして走るつもりだったのですが、眠た過ぎて起きられませんでした。

昨日はテントを張ったのが22:00過ぎで、そこからご飯を食べ、
野犬に肉の残骸を見せびらかして遊び、一戦交え、ついでにアヒルにもちょっかいを出し、
はしゃぎすぎて目が冴えてしまい、寝たのは結局2:00過ぎだったのです。

で、うなり声をあげながら何とか起きた後、
ガソスタのWi-Fiでメールチェックなどをしていたために
出発は11:00過ぎになりました。

まあどうせ今日も拾われるし
今日も頑張って走りましょう!



IMG_5502.jpg

昨日長距離ワープをしたために、
ここはすでに3号線でも251号線でもなく、22号線という道です。

22号線は昨日まで走って来た道とは全く違う、のどかな景色の爽やかハイウェイでした。
道幅は狭くなりましたが、路肩には野花が咲き乱れており、冬なのに春の様な景色です。

お天気も良いし、暖かいのも嬉しいです。
今は暦の上では一応冬か、まあ秋の終わりかというくらいのはずなのですが、
このあたりは大分暖かいです。というか走ってると暑いです。水が減る減る。

でもまあ、寒いよりは良いです。
次の町バイア・ブランカまでは170キロあるので1日では行けませんが、
気候も気分も良い今日のうちに100キロくらい走っておいて明日楽するんだワーイ!

と思っていたら前輪がパンクしました。

ワーイ・・・



IMG_5504.jpg

まあパンクしたものは仕方が無いので、
野に咲く花の様に風に吹かれながら修理しました。
修理というかチューブを交換しただけですけども。
ついでにおやつも食べました。

パンクの原因はオナモミでした。
いやオナモミではないんですけども、オナモミがグレるところまでグレた最終形態みたいなやつで、
ものすごい強いトゲを持った鬼オナモミって感じのトゲ植物でした。
大型車を避けて何度か路肩に突っ込んだので、そのときやられたものと思われます。


修理とおやつタイムで40分くらいのんびりし、再出発。
今日は勾配がほぼ全く無い走りやすい道なので、スピードを出せてみるみる進みます。
おおこれは120キロくらい行けるんじゃないか!?
さっきタイムロスした分を差し引いても100キロ越えは軽いでしょ!

と思っていたらまた前輪がパンクしました。

ワーイこのオナモミ野郎!



IMG_5505.jpg

ボッコボコです。

さっきはタイヤチューブを交換しただけで済ませましたが、
今回は穴を塞がなければいけません。
もうチューブの予備がないからです。

予備は2本あったのですが、1本はウシュワイアに着く前に死んでしまわれたので。
で、ウシュワイアで売っているそれは高く、買い足さなかった為にこういうことになってます。
アスファルトだしそうそうパンクなんてしないかなと思って。
しましたね。私の馬鹿。

でも幸い、既に75キロほど走っているので何かもういいかなという気持ちになれます。
日暮れまではもう少しだけ時間があるし、とっととパンクを直して、
残りの時間であと20キロくらい進めたら及第点にしょうという事にしました。



IMG_5516.jpg
エスタンシア入り口

パンクを直して再出発。
予定よりかなり時間がかかってしまい、日暮れまであと1時間を切っています。

なのでもう寝る所を決めなくては〜と思いながら走っていたら、
エスタンシア(農家)を発見したのでここでお水を貰いました。

これで一安心です。
あとは適当な寝床を探すだけ。

エスタンシアのおじいさんにお礼を言って道に戻り、
さあワンダフルワールド(土管)へ!



IMG_5510.jpg

後輪がパンクしました。


滅びろオナモミ。



この場で修理しようかと思いましたが、日暮れまであと30分を切っています。
今回は面倒くさい後輪ですし、直してるうちに暗くなってしまうかもしれません。

とりあえずその辺の土管に降りて、修理は明日・・・
・・と思ってもその辺に土管は見当たりません。

そして振り向くと、200メートルほど後ろに先ほど水を貰ったエスタンシアが。



IMG_5515.jpg
本日の寝床

これは翌朝撮った写真でテント撤収後ですが、本日の寝床です。

「何処へ行くんだ?」
「バイアブランカまで!今日はもう少しだけ走ります!」
「そうか、気を付けてな」
「ありがとう!」

と爽やかに別れたエスタンシアのおじいさんに

「すみません今日ここに泊まっていいですか・・・」

と聞きに戻るこの虚しさときたら。



エスタンシアの敷地内にテントを張らせてもらい、
心の中で一通りオナモミに文句を言った後はパンク修理です。

溜め池のお水を分けてもらえたのでとてもやりやすく、今やられた1本、昼間交換した1本、
さっき直したはずなのに全然直ってなかった1本の、計3本っていうか全部修理しました。

オナモミは私に何の恨みがあるんでしょうか。



IMG_5511.jpg
本日の寝床 in 夜

チューブの穴を片っ端から塞いだところで日が暮れたので、今日はここで終わりにしました。
続きは明日です。


<情報コーナー>

○ ラ・アデラ(リオコロラドの隣町)からエスタンシア・アルガローボ/82キロ

ラ・アデラは小さな村で、見た範囲では数件の宿と小さな商店くらいしかなかった。
町を出てすぐ短い坂を登るが、その後はずっと平坦。ときおり坂とも言えない様な坂がある程度。道幅は狭く、路肩は芝生とお花なので走れない。下手に入ると鬼オナモミにやられるので注意。82キロ地点にエスタンシアと、隣に何かの工場?が。どちらも道から近く、尋ねやすい。
土管は良いのが結構あったが、道から近い。中に入ればいいけど、土管前はあまり死角にならない。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/392-57c85ee0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT